バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ

バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ

バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ

バイナリーオプションの本質は”コイントスゲーム”

あいかわらずバイナリーオプションが人気です。

趣味の一環としてバイナリーオプションを楽しむのでしたら、私は良いと思います。バイナリーオプション商材も、ギャンブル(ゲーム)攻略のマニュアルとして購入されるのであれば、良い商材かもしれません。

ただ、バイナリーオプションを「投資」と捉えている人は、注意が必要です。バイナリーオプションは、投資と呼ぶにはリスクが高すぎる気がします。

理由は、このサイトで何度も述べていますが、バイナリーオプションの本質が「相場のノイズを当てるコイントスゲーム」のようなものだからです。

あなたは洗脳されている

もしも、あなたがバイナリーオプションを「投資」として捉えているのであれば、あなたは自分で気付かないうちに洗脳されている可能性があります。

FXですら、勝つことが難しいのに、さらに難しいバイナリーオプションで投資を行う理由が、私には理解できません。「バイナリーオプションはFXよりも簡単だ」という、都合の良い情報に踊らされている(洗脳されている)としか思えません。

バイナリーオプションが、FXよりも簡単に勝てると思っている方は完全に洗脳されています。いったい誰に洗脳されているのか?それは、証券会社(ブローカー)と広告が欲しいマスコミ(FX雑誌など)、そして情報商材販売者&アフィリエイターです。

バイナリーオプションを取り扱う国内業者は、当初は1社のみでした。しかし今はどうでしょうか?12社(2012年8月30日現在)を超えます。なぜ増えていると思いますか?

単純ですよね。儲かるからです、証券会社が。

金融庁公認のオンラインカジノ

バイナリーオプションは、金融庁が公認したギャンブル(オンラインカジノ)です。

オンラインカジノを白昼堂々と運営できるわけです。公(おおやけ)にカジノの胴元になれるわけですから、これほど美味しい商売はありません。

FXと違ってバイナリーオプションでは胴元(証券会社)側の利益を、かなり自由にコントロールできます。コントロールの方法は様々ですが、その一つが、ペイアウト率の変動や完売などの仕組みなわけです。

バイナリーオプションは、胴元側で利益を自由にコントロールできる、非常に儲かる商売なのです。だからこそ、金融庁から胴元側(証券会社=ブローカー)のモラルが求められているわけです。

金融庁から投資家保護のために公表された「デリバティブ取引に係る不招請勧誘禁止規制等のあり方について」に基づき、2011年4月1日(金)より、金融商品取引業者は、特定投資家を除き、全顧客との間で行う、店頭金融先物取引(弊社においては、バイナリオプション HIGH・LOW)について、顧客が理解し、顧客の判断と責任において当該取引を行う旨の確認書を徴求することが義務付けられました。

弊社の対応として2012年3月31日(土)に、弊社マイページ上にて注意喚起文書の交付及び確認書をご用意させていただきますので、継続してお取引ご希望のお客様に関してましては4月2日(月)7:00~のお取引前にマイページに一度ログインただき、ご同意お願いいたします。

引用:FXトレードファイナンシャルからのメール抜粋

つまり、バイナリーオプションは、証券会社(ブローカー)にとって金のなる木なんですね。あとは、カモになる人々を集めるだけです。

ギャンブルのカモを集める

バイナリーオプションの本質は、ギャンブル(ゲーム)なのですが、単純にギャンブルとして売り出すだけでは、人(カモ)がそれほど集まりません。だから、金融商品(投資商品)というオブラートに包んで売り出してるわけです。

FX証券会社は、すでに集めた個人投資家をたくさん抱えています。新しい投資商品として提供すれば、情報弱者である人ほど簡単に飛びつきます。

さらに新しいカモを集めるために、メディア(雑誌やネットなど)と組んでバイナリーオプションの魅力(?)を広める布教活動を行っています。

そこに便乗しているのが、情報商材販売者でありアフィリエイターです。

バイナリーオプションで勝ち続けることは難しい

FX投資でなかなか勝てないからバイナリーオプションを始める、というのはまさに愚の骨頂です。完全に踊らされています(洗脳されている)。怖いですね。

投資でお金を増やすことは、そんなに簡単ではありません。投資で失敗する人は、そもそも投資に向いていない可能性が大いにあります。そんな人は、投資などせずに銀行に預けておいた方が良いです。

バイナリーオプションで、簡単に継続的にお金を増やせるというのは幻想です。そのことに早く気付くべきです。

BO商材は単なる「ゲーム攻略マニュアル」だ

一般的に売られているバイナリーオプション(BO)商材も、単なるバイナリーオプションというゲームを楽しむためのマニュアルと考えれば価値があると思います。投資のためのマニュアルではありません。本質は、競馬攻略本や、パチスロ攻略本と同じです。そのように考えれば、バイナリーオプション商材の存在価値は十分にあると思えます。

バイナリーオプションはゲームとして楽しみましょう。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

一撃バイナリー 【検証とレビュー】

一撃バイナリーは、クリック証券対応の自動売買ソフト 一撃バイナリーは、バイナリーオプションの自動売買ソフトです。GMOクリック証券のみに対応しており、EURJPY(ユーロ円)専用と…

ストップ狩りとは?
国民生活センターが警鐘【バイナリーオプショントラブル急増】

アフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!? 儲かってるのに出金できない!? 海外FX取引をめぐるトラブル 【注意】BOBOXでトラブル続出 国民生活センターが警鐘…

バイナリーオプションの危険性
バイナリーオプション関連記事まとめ

バイナリーオプション関連記事まとめ 最近のアクセスをみてみると、バイナリーオプションの記事へのアクセスが増加している傾向があります。 これまでに多くの記事をアップしてきましたが、こ…

バイナリーオプションよりもTOTO-BIGをお薦めする理由

60セカンズは期待値が最初からマイナスのゲーム 先日紹介した60セカンズは、60秒後に結果がわかるバイナリーオプションです。60セカンズを投資と捉えている人は、さすがにいないと思い…

クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更
クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更

レンジ外総取りの”撤廃”とペイアウト率の変更 ご存じの通り本日(2013年4月22日)よりGMOクリック証券のバイナリーオプションルールが変更されました。ルール変更は2点です。 レ…

最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方
最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方

自主規制の最終報告が出た ついに最終報告書が発表(2013年4月24日)されました!報告書の正式タイトは以下の通りです。 通貨(通貨指標)を原資産とする個人向け店頭バイナリーオプシ…

BINARY Capture 14’ 【検証とレビュー】

海外バイナリーオプション業者を使うBO商材 日本国内のバイナリーオプション規制がスタートしてからというもの、バイナリーオプション商材も息を潜めている印象です。特に、GMOクリック証…

トリガーバイナリー 【検証とレビュー】

トリガーバイナリーはSmart Optionに最適化された矢印点灯ツール 今回も、検証依頼を頂いた商材の紹介です。 トリガーバイナリーは、海外証券会社スマートオプションに対応したシ…

ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプション 【検証とレビュー】

ゴルスパ1分バイナリーは24optionに最適化 ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプションは、大ヒットしたゴールデンスパイダーFXのバイナリーオプション版ですね。 ゴールデンス…

ネクストバイナリーアカデミー【検証とレビュー】

ネクストバイナリーアカデミーは、ゲーム攻略本だ 絶対空間零(村上公一)氏によるネクストバイナリーアカデミーに関する問い合わせをいただきました。私はこのブログで一貫してバイナリーオプ…

SBAサインツール
SBAサインツール【検証とレビュー】

「SBAサインツール」はバイナリーオプション専用シグナルツールだ SBA(シューティング・バイナリー・アカデミー)ツールをレビューします。 名前の通り、バイナリーオプション専用のシ…

オートオーダー販売予定から一転、無料ダウンロードへ・・・

”販売予定” から一転、”無料配布” へ 先日、このブログでご紹介したオートオーダーですが、どうやら無料で配布することが決定したようです。 オートオーダー検証とレビュー(2013年…