逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

逆転FX Trend GetterはPips Getterの兄弟分

今回は、逆転FX Trend Getterを取り上げてみたいと思います。以前、 逆転FX「Pips Getter」というFX商材がありましたが、同じ販売業者(株式会社Uシステム 内田浩一氏)の商材ですね。

前作の逆転FX「Pips Getter」は、EAでロジックを構築してシグナルツール化したもので、チャート上に矢印の売買シグナルを点灯させるタイプでしたね。

pipsgetterチャート画面

スキャル系のツールですので、利幅も小さく、シグナルが大量に点灯するツールでした。勝てるときもあれば、負けるときもある、というよく見かけるタイプの矢印ツールです。

このサイトで検証はしていませんが、現在も販売中です。

トレンドフォロー系の逆転FX Trend Getter

今回の逆転FX Trend Getterは、うって変わってトレンドフォロータイプのシグナル点灯ツールです。

TrendGetterチャート画面

シグナルの頻度も少なく、レンジは損切りで凌ぎつつ、ビッグトレンドを捕まえにいくタイプですね。必然的に損小利大となりますので、勝率は非常に低くなります。

検証用EAを作ってからインディケーター化するという流れは評価できる

今回の逆転FX Trend Getterも、EA(自動売買システム)でロジックを精査したうえで、インディケーター化するという制作過程を踏んでいます。

ベースとなるロジックをEAで検証するという考えは、私も賛成できます。ロジックが明快で裁量の余地が入らない手法であれば、EA化することは簡単です。ロジックの優位性を確認するためにも、EAでバックテストをすることは、当然やるべきであると考えます。

EAの検証期間が短すぎることについて

Trend Getterの販売ページにも、検証用EAのデータが複数掲載されています。これらのバックテストデータ期間は、非常に短い(1〜6ヶ月程度)です。もちろんバックテストデータ期間は長いに越したことはないのですが、私は短くても問題ないと考えています。

むしろ、最近の相場に合わせたロジックという点においては、非常に意味があると考えます。

逆に長期のバックテスト期間で優秀な成績を出そうとすれば、どうしてもカーブフィッティングの罠に陥ってしまいます。過去データでは成績が優秀なのに、フォワードではボロボロ、という悲惨な結果になりかねません。

そういった意味では、直近の相場に合わせたロジックを採用するという点において、販売者の考えには賛同できます。

ただ、その場合、相場の変化に応じてロジック(パラメータなど)を変更できる、ということが重要になります。逆転FX Trend Getterのサポート次第というところですね。

できればロジックそのものを公開していただけると、ありがたいですね。

逆転FX Trend Getterのサンプル動画

Trend Getterの販売ページには動画も掲載されています。

今年(2012年)2月15日~28日の間の、EURJPY(ユーロ円)のビッグトレンド発生時のチャートを使用しています。

以下のチャートをご覧の通り、非常に大きな上昇トレンドが発生しています。わずか2週間の間に800pips超のビッグトレンドです。

ユーロ円のチャート

ビッグトレンドが発生してた時期ですので、当然、Trend Getterのような、トレンドフォロー系のシグナルツールを使えば勝てます。勝てて当然です。この期間だけを切り出せばまさに大勝ちです。勝って当然の相場を動画で見せられてもまったく説得力ありません。

むしろ、レンジ相場でTrend Getterがどれほどの損切りを連発するのか?そのあたりの動画を見せて欲しいですね。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

FXスキャル・パーフェクトシグナルが、世界的なドル売り市場でトレンドを捉え”圧勝”

世界的なドル売りでUSDJPYが続落中 先先週後半(8月21日)からドルが続落しています。世界的なドル売り優勢は今週に入っても終わりそうにありません。主な原因は世界同時株安ですね。ニューヨークダウも続落中です。 FXスキ…

【要注意!】大学生に広がる投資DVD問題とは?

56万円の投資DVDで学生の間にトラブル急増 何度もニュースで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思いますが、未だにトラブルが多い事案です。NHKニュースによれば、トラブルの件数は、昨年に比べて増加しているようです…

PAMM運用会社「Nextory」が逃亡か?

PAMM運用会社のNextoryが夜逃げ? PAMM運用会社Nextoryのサイトがアクセス不能になっています。 http://fx-nextory.com/index.html ネット上では、Nextoryが逃げたので…

ポリバレントFX 【検証とレビュー】

ポリバレントFXはシグナル点灯ツール ポリバレントFXは、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツールですね。 ボリバレントではなく、ポリバレントです。ポリバレント(polyvalent)の和訳は、”万能の”という形容詞ですね…

一撃バイナリー 【検証とレビュー】

一撃バイナリーは、クリック証券対応の自動売買ソフト 一撃バイナリーは、バイナリーオプションの自動売買ソフトです。GMOクリック証券のみに対応しており、EURJPY(ユーロ円)専用となります。販売ページには詳細が記載されて…

バイナリーコア 【検証とレビュー】

わずか1年で10万円を6526万円に増やした? 最近はバイナリオプションの商材が増えてきてますね。このサイトでは何度も書いてますが、バイナリオプションという金融商品は極めてバクチに近いギャンブル性の高い金融商品であると私…

【業務停止命令】みんなのクレジットのお粗末な実態とは?

証券取引等監視委員会が「みんなのクレジット」の行政処分を勧告 2017年3月24日、証券取引等監視委員会が「株式会社みんなクレジット」を行政処分するよう金融庁に勧告を行いました。 行政処分としては非常に重い1ヶ月間の業務…

スイングマスターFX 【検証とレビュー】

スイングマスターFXの実績 スイングマスターFXは、読者様より検証依頼を頂いた商材です。 残念ながらスイングマスターFXの販売ページには、東正太郎氏の実績を裏付ける証拠は掲載されていません。2010年から2012年にかけ…

Basic FX 【検証とレビュー】

Basic FXはたんなる”FX学習教材” 読者様からの検証依頼です。Basic FX(ベーシックFX)です。 販売ページを見てみる 本格的FX学習教材… 販売ページより引用 本格的FX学習教材、つまりFXを学ぶためのテ…

ドラゴンストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

ドラゴンストラテジーFXのエッジ(優位性)を高める工夫 ドラゴンストラテジーFXについて多くの反響をいただいています。 ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証…

欲にまみれたオプザイル残党がついにメルカリ進出

オプザイルの残党がメルカリに進出?! 華々しく登場しTwitterで猛威を奮ったオプザイル集団も、最近は鳴りを潜めています。 投資家集団オプザイルが”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウン始まる オプザイルを世に…

Easy Scal FX【検証とレビュー】

矢継ぎ早にFX商材をリリースするクロスリテイリング社 FX情報商材の総合商社のような「クロスリテイリング社」が、またもや新商材をリリースです。その名も「Easy Scal FX」です。 タイトル:Easy Scal FX…