バイナリーオプションの危険性

バイナリーオプションブームの背景にあるもの

昨日の記事はかなりの反響がありました。

バイナリーオプションの本質(リスク)について、日頃私が考えていることを書いてみたのですが、多くの方から「とてもわかりやすかった」という感想を頂きました。そこで今回はもう少しバイナリーオプションについて別の面から、掘り下げてみたいと思います。

日本でもバイナリーオプションが拡大しています。取扱ブローカーは増え、バイナリーオプションの情報商材も毎日のようにリリースされます。

このサイトでは幾度となく”バイナリーオプションの本質はギャンブルである”とお伝えしてきました。純粋にギャンブル(娯楽・ゲーム)として楽しんでいるであれば、問題ないと思います。

ところが、バイナリーオプションを「投資」と捉えて大切な資金を投じているユーザーも少なくないようです。

FX業界の起死回生「バイナリーオプション」

FX業界は、昨今のレバレッジ規制によって取扱高の大幅減を危惧しました。企業としての存続を左右するほどの危機です。実際に多くのブローカーが淘汰されましたね。

そして、FX業界を再度盛り上げるために作り出されたのが、今回のバイナリーオプションブームです。このブームの仕掛けは成功しつつあるといえます。現在、FX業界全体でバイナリーオプションをプッシュしており、それらを後押しするような口座開設アフィリエイトサイトも増え、ユーザーの誤解を招くような記事もたくさん増えてきています。

これほどバイナリーオプションがブームになるとは、正直思っていませんでした。しかし色々と調べてみると、バイナリーオプションのブームは、日本人の国民性を考えれば必然だったのではないか?と思えるようになりました。

日本人は世界一のギャンブル好き?

ところで世界最大のギャンブルは何かご存じでしょうか?そうですパチンコですね。パチンコの売上高は、2003年以降毎年減少しているそうです。それでも2010年の売上高は19兆4000億円です。1年で、19兆4000億円のお金が動く業界、それがパチンコ業界です。

パチンコ遊技人口推移

パチンコの売上高は合法カジノの6倍

19兆円というお金がどれほどすごいか?たとえば、世界最大のカジノ都市であるマカオの年間売上は、335億ドル(1ドル80円換算で、2兆6800億円)、二番手のラスベガスの年間売上は、66億ドル(1ドル80円換算で、5280億円)です。

  • パチンコ・・・19兆4000億円

マカオとラスベガスを合計した世界二大カジノの年間売上を大きく上回っています(約6倍)。

  • マカオ・・・  2兆6800億円
  • ラスベガス・・・ 5280億円
    ______________
    カジノ合計   3兆2080億円

圧倒的ですね。世界最大のギャンブル場が、日本に存在するわけです。

馬券の売上も日本が ”世界一”

パチンコだけではありません。日本の公営競馬(JRA)の売上も、文字通り世界一です(2011年…2兆3000億円)。世界第二位はアメリカですが、約2兆円です。

  • 日本の公営競馬…2兆3000億円(※レースの数は米国の10分の1)
  • アメリカ競馬…2兆円
  • イギリス競馬…9600億円

日本の人口はアメリカの2分の1程度、かつレースの数はアメリカの10分の1程度なのに、馬券の売り上げはアメリカを超えています。ちなみに競馬発祥の地・イギリスの馬券売上高は、9600億円です。

驚きますね。日本人が、これほどまでにギャンブル好きだとは思いませんでした。

これが日本人の国民性なのか、もしくは都市伝説のように意図的に誰かに洗脳されているのか?私にはわかりません。日本人は勤勉であるというイメージが強いと思うのですが、これほどまでに、ギャンブルが好きな国民だったとは、意外です。

この国民性と、バイナリーオプションブームは無関係と言えるのでしょうか?

パチンコの中毒性について

パチンコやスロットを一度もやったことのない人にとっては、パチンコにハマる人の心理は理解できないでしょう。

「なにが面白いの?」
「時間の無駄!」
「理解できない!」

しかしパチンコをやってみれば、パチンコにハマる人の感覚がわかります。私も学生時代にパチンコをしていたので少しは理解できます。今はやりません。

パチンコの面白さは大きく2つあります。

  1. 当たりを引くことで得られるお金
  2. 非日常的な興奮

1つは、当然「お金」です。パチンコは玉を買って、それを打ち込むことで当たりを引くゲームです。当たりの確率は台によっても違いますが、ざっくり1/300くらいです。つまり300回転させて1回当たるかどうか?という感じです。

当たりを引くまでに、1万円~1万5000円くらい投入します。当たりがでれば、1500~1800発の玉が出てきます。(このあたりはざっくりです。台によっても異なります。)1玉4円(等価交換)とすれば、6000円~位が戻ってきます。

さらに確率変動(確変)を引くと当たりの確率が10倍になります。確変が続けば(連チャン)一気に数万円にまで膨れあがります。連チャンを引けば、5万円~8万円は戻ってきます。

大勝ちしたときの記憶というものは、なかなか忘れられません。今まで負け続けていても、一度の大勝ちで気分が良くなります。

脳内麻薬(アドレナリン)が駆けめぐる興奮

それから、連チャンを引いたときの興奮は凄いです。まさにアドレナリンが体中を駆けめぐる感じです。パチンコ台の演出(液晶画面の動画や、音、光など)も、非常に凝っていて興奮を盛り上げます。

当たれば当然周りのお客から注目されます。場内でもアナウンスされます。これもすごく気分が良いものです。まさに劇場型ギャンブルと言えます。

この感覚は、なかなか日常では味わうことができません。この非日常的な興奮を味わいたいためにパチンコをする、と言う人も少なくないと思います。

これが私の考える、もう一つのパチンコの面白さです。「当たりによる大金」と「非日常的な興奮」、この2つがパチンコ中毒になる主な原因だと考えています。

最近はお金よりも興奮 (非日常感)

最近では4パチが減ってきて、1パチや0.5パチが増えてきています。4パチとは1玉4円ということです。1000円で250玉買えます。1パチであれば、1000円で1000玉買えます。つまり、換金率が下がっていることを意味します。

遊ぶお金も少なくて済みますが、換金される(戻される)お金も少ないということです。勝っても昔ほど大金が手に入らなくなっているわけです。

パチンコ業界全体の売上高が下がっている原因は、4パチの減少によるものです。実際のところ、売上高は毎年減少していますが、遊技人口は、実はほぼ横ばいです(年間1600~1700万人)。

最近のパチンコは大金は手にできないけど、少ないお金で遊べてかつ「非日常的な興奮」が手に入れられるギャンブルとなったわけです。

そして「非日常的な興奮」を増大させるために、パチンコ台の演出(液晶画面の派手さ、音響、光など)は、より派手に豪華になっていく傾向にあります。

バイナリーオプションとパチンコの共通点

これってバイナリーオプションに似ていませんか?

FXと比較してみるとわかります。バイナリーオプションは少額で遊べて、勝てば2倍程度の返金率(1.7~1.9倍)です(それほど大きくはありません)。しかし、当たった(勝った)ときの興奮はあります。

パチンコにハマる人の属性と、バイナリーオプションにハマる人の属性は、極めて似ているのではないかと思います。非日常的な興奮に飢えている人や思考停止している人、他人の影響を受けやすい人、などがハマりやすい人ではないかと思います。

そして、ギャンブル好き(?)という日本人の国民性。

どちらも勝ち続けることが難しいゲーム

自宅で手軽に24時間、少額で遊べるギャンブル…それがバイナリーオプションです。

バイナリーオプションは、短時間で相場のノイズを当てるゲームです。普通に考えれば勝ち続けることが難しいゲームです。

パチンコも、しっかりと収支表をつければ、勝ち続けることが難しことなどすぐにわかります。しかし、パチンコの収支表などをつける人など、ほとんどいないでしょう。

もちろん、娯楽としてゲームとして遊ぶことは全く問題ないと思います。

パチンコとBO「本質はどちらも同じ」

パチンコをやらない人でも、バイナリーオプションはやっている、という人も多いと思います。パチンコのことはバカにしても、バイナリーオプションは投資だから・・・みたいな感覚なのでしょうか?私からすれば、バイナリーオプションもパチンコと本質は同じです。

「投資」というオブラートに包まれていますが、パチンコと同等もしくはそれ以上に射幸心を煽り中毒性が高いゲーム(ギャンブル)です。

それがわかっていて遊びとして楽しむのであれば、全然問題ないと思います。しかし、バイナリーオプションを投資として捉えている人は、注意した方が良いです。パチンコを投資として取り組むことが難しいことと同様に、バイナリーオプションも投資として行うことは、非常に難しいのです。

相場ノイズ当てゲーム=バイナリーオプション

先日の記事でも書きましたが、バイナリーオプションは相場のノイズを当てるゲーム(ギャンブル)です。しかも、50%を超える確率で、ノイズを当てなければ勝ち続けられません。これが、どれほど難しいことか、理解していない人が多いように感じます。

勝負がつくまでのタイムスパンが短く、短時間で仕掛けて相場のノイズを予測するゲーム。しかもテラ銭(手数料)を取られるために、絶対的に50%を超える勝率が求められるゲーム。それがバイナリーオプションです。

コイントスや半丁博打のようにルールが単純であるため、戦略や戦術を持ち込みにくいゲームです。これは投資と呼ぶよりも、ギャンブルと呼んだ方がしっくり来ませんか?

バイナリーオプションは、純粋にゲーム(ギャンブル)として楽しみましょう。

バイナリーオプションの情報商材も、それらのゲームを盛り上げるためのツールと考えて、購入することをお勧めします。

 よく読まれている記事

SocialFXが破綻

SocialFXが破綻 以前このサイトでご紹介したSocialFXという面白い試みですが、2014年9月16日に破綻していたようです。 約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは? 【他人のお金でFX】の成績ww…

投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Investmentとの奇妙な関連性

ねずみ講的な勧誘で100億円ものFXファンド資金を集めた「シンフォニー」 先日話題になった逮捕速報年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕への続報です。 このニュースは、高配当FXファンド(年36%)と称して総額100…

平均投資額は116万円※日本人のFX事情が興味深い

40代会社員が最多…日本人のFX事情とは? ダイナミックトレードという海外FXブローカーをご存知でしょうか?その業者が、非常に興味深いインフォグラフィックを発表しています。 画像出典:http://jp.dynamict…

キューティーバイナリー 【検証とレビュー】

キューティーバイナリーの「佐藤あき」さん… 証券会社出身の佐藤あきさんの写真が、でかでかと掲載されていますね。証券会社出身だそうですが、できればどこの証券会社名か記載して欲しいですね。 ところで、投資情報商材には様々な経…

【無登録の投資会社】FXへの投資うたい百数十億円集めたか?

【速報】 巨額のFXファンド事件に発展か? 大きなニュースになりそうです。NHKニュースWEB版による速報です。 東京新宿区にある無登録の投資会社が、FX投資をうたって、全国から百数十億円もの資金を集めていたようです。F…

ボリ平式ドラゴンとスーパーボリンジャーは、どちらが優れているか?

”ボリ平式ドラゴン”と”スーパーボリンジャー” 先日の記事で、ボリ平式ドラゴンの詳細について記載しました。 ボリ平式バイナリーオプション講座 【検証と評価】 このボリ平式ドラゴンですが、マーフィー(柾木利彦)氏のスーパー…

津島式FXトレード塾 【検証とレビュー】

津島式FXトレード塾は初心者向けFXセミナー動画 津島式FXトレード塾は、いわゆるFXの動画教材です。読者モデルを生徒にして、初心者向けのFXセミナーを撮影し編集した内容になっています。 動画は9時間くらいあるのですが、…

FX−STS 【検証とレビュー】

FX-STSは月額39,800円のコピートレード FX-STSは、コピートレードです。当たり前ですが、コピートレードもシグナル配信も結果が全てです。 残念ながらFX-STSは、現時点ではめざましい結果を出せていないようで…

SJCシストレ実践CLUB 【検証とレビュー】

SJCシストレ実践CLUBは、単なるEAの販売 SJCシストレ実践CLUBは、本日(6月27日)現在、インフォカートでランキング1位の商材です。名前からして塾のようなものを連想させますが、基本的にはEA(自動売買システム…

ビクトリーメソッドアドバンス
ビクトリーメソッドアドバンスの佐野さんについて

佐野さんの情報 私がこのサイトで高評価している、ビクトリーメソッドアドバンスの作者「佐野さん」についての、最近の情報をお伝えいたします。 ビクトリーメソッドアドバンスの検証・レビュー記事 マエストロFXの検証・レビュー記…

ドラゴンストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴンストラテジーFXの優位性を高める工夫 ドラゴンストラテジーFXのエッジ(優位性)を高める工夫 ドラゴン…

FXスキャル・パーフェクトシグナル会員限定オンラインセミナーを視聴した感想

会員限定オンラインセミナーの案内が届いた FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入したその日に、以下の様なメールが届きました。 こんばんは、 SPSサポート事務局です。 講師の奥谷があなたの疑問に直接お答えする、「FXス…