バババババイナリー評価に対する「反論メール」が的を得ていない件

バババババイナリー評価に対する「反論メール」が的を得ていない件

バババババイナリー評価に対する「反論メール」が的を得ていない件

D評価商材

バババババイナリー評価に対するご意見を頂きました

以前ご紹介したバババババイナリー【検証・レビュー】記事に、複数のご意見を頂いています。

メールの転載(掲載)許可は頂いておりませんので、内容の概略をご紹介します。

  • バババババイナリーは勝てますよ
  • 某検証サイトのコメントを読めばわかる
  • 自分も勝っている(1週間で○十万円)
  • こんな素晴らしい商材をマイナス評価するのは間違っている
  • サポートもしっかりしている
  • 販売者は本物のトレーダーだ

過去の評価記事のなかで何度も述べていますが、短期的には勝てても長期的には勝率が50%に近づくと私は考えています。

バババババイナリーは、GMOクリック証券を推奨されています。GMOクリック証券のペイオフ率は1.0、つまり勝てば2倍になり負ければ全額没収です。しかしレンジ外判定があるため、勝率50%では期待値がマイナスです。

レンジ外に入る率はここ最近(2012年11月)は6~7%を推移していますね。つまり”単純賭け”において勝率50%では長期で勝てません。

505勝495敗でOKなのだが・・・

結局のところ裁量部分が勝率を大きく左右しそうです。シグナルを参考にしつつ裁量を加えていくことで、50%を超える勝率(つまり勝ち越し)を狙い、長期的な期待値をプラスにしていく必要があります。

短期的には勝ち越せることはあっても、長期的に(数ヶ月以上にわたって)勝ち越しが可能なのか?短期的には勝ち越せてもトレード回数が増えれば増えるほど、勝ちと負けが拮抗してきます。

10回のトレードでは、7勝3敗(4勝ち越し)でも、100回ではどうでしょうか?1000回では?

もちろん、トレード回数が増えれば増えるほど一定の勝ち越し回数を確保するための勝率は下がります。(つまり勝率が低くても勝ち越しやすくなるということ)

同じ10回勝ち越しを確保するためには、100トレードでは55勝45敗(勝率55%)ですが、1000トレードでは505勝495敗(勝率50.5%)でOKです。

※逆に言えば、勝率の低いロジックにおいて一定の勝ち越し数を確保するためには、トレード回数を増やすことが絶対的に求められるということ。勝率51%しかなければ、100賭けで51勝49敗(2勝ち越し)、1000賭けで510勝490敗(20勝ち越し)。

1000回賭けて、505勝495敗(10勝ち越し)でもスゴイ成績だと思いますし、それが継続できれば確実に資産は増えます。しかしこれは理論上(机上)の話です。実際にトレードするとなると、想像以上の強靱な精神力が求められます。

505勝495敗(10勝ち越し)を達成する過程では、負け数が勝ち数を上回る時(ドローダウン)が、何度もあると思います。

実際に、バババババイナリー開発者のライブトレードにおいても、1日で35%を超えるドローダウン(資金125万円に対しマイナス45万円)を、瞬間的に発生させています。たった1日で、瞬間的とはいえ、▲45万円のドローダウンです。あなたはこのプレッシャーに耐えられますか?

確率的に勝ち越すことが頭ではわかっていても、実践するとなると負けが上回ることもあるので簡単ではありません。この辺りの心理的なプレッシャー話は、トレードアイランド上位者のブログなどを見ればよくわかります。

さらに、確率的に勝ち越せるだけのロジック(手法)が絶対的に求められます。これ(勝率の高いロジック)がなければそもそも成立しない話です。

頭ではわかっていても簡単ではない、ということですね。

誰一人トレードアイランドで成績を公開しないのはなぜ?

バババババイナリーが本当に勝てるというのならば、誰かトレアイ(トレードアイランド)で成績を公開してはどうなのでしょうか?

現時点で、私の知る限りトレアイでバババババイナリーの成績をアップしている方は、皆無です。

もしいたら、教えていただけませんか?とても興味があります。

※その後、読者様情報によりトレードアイランドで成績を公開しているユーザーがいることが判明致しました。

バババババイナリーは、300名を越すユーザーが購入し使用していると考えられます。しかしながら、トレードアイランドで成績を公開している方を、見つけることができません。

そもそも某レビューサイトで、このことが一切話題にならないことが不思議です。

バババババイナリーに限らず、GMOクリック証券に最適化した商材であれば、トレードアイランドで成績を公開することが優位性の実証に最も適しています。成績の偽装もできませんし、リアルタイムに資産の増減が確認できます。取引回数や、収益額、収益率が一目瞭然です。

トレアイは、BO商材のフォワード成績公開に最適なシステムといえます。商材の優位性を誰でも簡単に確認できるのがトレードアイランドです。

ぜひトレアイで成績を公開してください

このブログに反論メールを送ってくる方にお願いです。バババババイナリーの優位性を私に納得させたいのであれば、ぜひトレアイで成績をアップしていただけませんか? トレードアイランドで実証して下さい。

トレードアイランドへの参加方法は、簡単です(知ってると思いますが)。GMOクリック証券に口座を持っていれば、誰でもすぐに参加できます。

トレードアイランドへの参加方法

トレードアイランドへの参加方法

今後、トレードアイランドで、バババババイナリーの実績が公開されるのを、楽しみにしています。

D評価商材

 

バババババイナリーの成績が残念な結果に・・・

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

バイナリーオプションよりもTOTO-BIGをお薦めする理由

60セカンズは期待値が最初からマイナスのゲーム 先日紹介した60セカンズは、60秒後に結果がわかるバイナリーオプションです。60セカンズを投資と捉えている人は、さすがにいないと思い…

アキュレートバイナリー 【検証とレビュー】

アキュレートバイナリーは、FXトレードファイナンシャル専用の自動売買ツール GMOクリック証券バイナリーオプション対応の自動売買ツールが鳴りを潜めたと思ったら、今度はFXトレードフ…

凄技・バイナリー│1日で資産10倍!凄技!バイナリー
凄技!バイナリー【検証とレビュー】

『凄技!バイナリー』検証とレビュー クロスリテイリング社がバイナリーオプション商材をリリース FX商材の大御所である「クロスリテイリング社」がバイナリーオプション商材をリリースしま…

【知ってた?】BO公認国は世界中で「日本」を含め「キプロス」「マルタ」の3カ国しかない
【知ってた?】BO公認国は世界中で「日本」を含め「オーストラリア」「キプロス」「マルタ」の4カ国だけ

バイナリーオプションが”金融商品”として認められている国は世界中でわずか”4カ国しかない”という現実 キプロス・マルタ、オーストラリアそして日本、世界中でこの4カ国だけがBOを公認…

モバイルバイナリー【検証とレビュー】

スマホトレード用シグナルシステム「Mobile Binary」を販売する投資助言代理業者 金融商品取引業者であるトレードサイクロン株式会社がバイナリーオプションツールを販売していま…

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?
バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?

バイナリーオプションは本当にフェアか? バイナリーオプションの危険性 バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) 投資とギャンブルの”境界線” バイナリオプションは金融庁…

バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?
バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?

【最新情報】 2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。以下の記事をご覧下さい。 バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? バイナリーオプション…

GMOクリック証券11月4日より新バイナリーオプションのデモ取引スタート

新ルールBOスタート間近 バイナリーオプションの自主規制ルールに基づいた新BOが、どんどんリリースされていますね。2013年11月末には、新ルールへの完全移行が義務付けられています…

タートル・トリック バイナリーオプション 【検証とレビュー】

タートル流バイナリーオプション? どこかで聞いたことのある商材名です。その名も… 伝説のトレーダー集団タートル流タートル・トリック バイナリーオプション 商材の中身は、スマートオプ…

バイナリーエクスプレス 【検証とレビュー】

総獲得金額 4億614万円 小笠原さんのバイナリーエクスプレスですが、 わずか3年で4億614万円を獲得したそうです。掛け金1万円が、3年で4億円になったということです。単純に計算…

バイナリーオプションの危険性
バイナリーオプションの危険性

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは? バイナリーオプションは本当にフェアか? バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) 投資とギャンブルの”境界線” バイナリ…

最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方
最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方

自主規制の最終報告が出た ついに最終報告書が発表(2013年4月24日)されました!報告書の正式タイトは以下の通りです。 通貨(通貨指標)を原資産とする個人向け店頭バイナリーオプシ…