FXで毎月ずっと57万円を稼ぐ方法 【検証とレビュー】

7万円のセミナー参加権が売られている

「FXで毎月ずっと57万円を稼ぐ方法」という名の商材が販売されています。この商材の中身は、7月6日(金曜日)19時から開催されるオンラインセミナー参加権です。

現在6月14日ですから、約20日後に開催されるオンラインセミナーの参加権を販売しているということになります。参加費用は、70,000円です。セミナーの時間は60分です。

1時間で7万円のセミナー参加権が売れるのか?と思うのですが、ランキングに入っているので買っている人がいるのでしょう。

7年間連続してFXで1000万円以上の利益

もちろん、統計的に優位性のある手法を再現可能な形で教えてもらえるのであれば、7万円でも安いと思います。しかし、販売ページを見る限り、その優位性について私達が事前に確認できる証拠(証明)は掲載されていません。

実は、ここに面白いデータがあるのですが・・・

私のトレードフォームで1000万円の利益を出さなかったことは、私がFXをはじめてから過去7年間、一度たりともないんです。

私はもう数十種類のフォームを、数十以上の相場で使ってきましたが、その中で一回たりとも、利益ベースで1000万円を下回ったことがないのです。

7年間連続して、FXで1000万円以上の利益を出し続けているそうです。本当であれば凄腕のトレーダーなのですが、残念ながら裏付けデータがないので、信ぴょう性に欠けます。

できれば、証券会社の口座残高キャプチャでもいいですし、7年分の確定申告の控えでも結構ですので提示して頂ければ、私もFXEDGE氏の是非セミナーに参加してみたいです。

過去7年分の確定申告の雑所得の欄に、1000万円以上の数字が並んでいるはずです。それがあれば、FXEDGE氏の信憑性が私の中で増すのですが・・・

ロジックのベースは ”フィボナッチ”

販売ページを何度読み返してもロジックの詳細が不明です。チャート図など一切ありません。読み取れるのはフィボナッチを活用するロジックであるということです。オンラインセミナーでは、以下の3点について、解説があるようです。

  • 完璧なフィボナッチフォーム
  • フィボナッチのあてはめ方
  • あなたが今後つまずくであろうことを“全て”解決する環境

最終的には、セミナーを通じてフィボナッチの4種類のトレードフォームをについて教授してもらえるようです。さらに180日間のメールサポートがついていて、7万円という価格です。

フィボナッチって何?

フィボナッチについてご存じない方に、簡単に説明したいと思います。フィボナッチ(テクニカル)とは、フィボナッチ数(数列)という数式を、トレードに応用したものです。フィボナッチ数列の定義ですが、

  • 1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、233、377・・・

という数列のことを言います。漸化式で表すと、

  • 1=1、a2=1、a=an-1+an-2 (n=3、4、・・・)

こんな感じになります。これだけではちょっと意味不明ですよね。ところが、ここからが面白いところです。フィボナッチ数列の隣同士の数の比をとると、

  • (1÷1、2÷1、3÷2、5÷3、8÷5、13÷8、21÷13、34÷21、・・・)

その比が次第に「黄金比」に近づいていくのです。

黄金比・・・1.618

黄金比については、結構知っている人がいると思います。自然界や過去の歴史的な建造物にも、至る所で黄金比が確認できます。有名どころでは、ピラミッド、パルテノン神殿、ヒマワリの種の並びかた、トンボの眼、ミツバチの群れにおける雄と雌の個体数、カタツムリの殻・・・

なぜ1:1.618になるのか?これは、未だに判っていないそうです。 この不思議な1:1.618という黄金比を、相場の押しや戻りの目標価格を推測する手法に応用したものが、「フィボナッチ(リトレースメント)」です。

フィボナッチは、メタトレーダーにも標準で備わっているテクニカル指標です。38.2%のラインや、61.8%のライン、そして半値の50%のラインなどが、よく使われます。

安値と高値から押しや戻りを予測する際にこのラインを活用します。単純に高値から安値にラインを引いて、その38.2%、50%、61.8%にフィボナッチラインを引くことで、押しや戻しを予測するわけです。

トレードにおけるフィボナッチの応用方法は、他にもたくさんありますが、基本は先ほど説明したものです。

フィボナッチは、一種の「占い」のようなものです。当たりもあれば、ハズレもあります。特に根拠があるわけではありませんが、多くのトレーダーがそのポイントを信じていれば、それが現実化する可能性が高まります。サポート&レジスタンスラインと同じような感覚ですね。つまり、「たくさんある注目ポイントの一つにすぎない」ということです。

今回ご紹介している「FXで毎月ずっと57万円を稼ぐ方法」という商材のメインロジックは、このフィボナッチを活用したもののようです。

セミナー予告(販売ページ)で判明していることは、FXEDGE氏のメイン手法がフィボナッチを活用するものであるということだけです。

その手法が70,000円です。うーん。

ユーザーからどのような評価が下されるのか?

購入している方々は、FXEDGE氏の実績をご存じなのでしょうか?色々と調べてみたのですが、私にはよく判りませんでした。私は、よくわからないトレーダーの優位性すら不明のロジックを、7万円もの高額で購入する勇気(チャレンジ)は持ち合わせていません。

7月6日(金曜日)19時~が楽しみです。本当に、70,000円の価値があるセミナーなのか?はたして、ユーザーから、どのような評価が下されるのでしょうか?

7万円とうい価格に見合うだけの、充実した内容であることを期待したいところです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”

イニシア・スター証券が登録取り消し 2012年12月5日に、イニシア・スター証券が金融庁から行政処分を受けました。 イニシア・スター証券株式会社に対する行政処分について イニシア・スター証券については、当ブログでも以前取…

FXトレンドグライダー【検証とレビュー】

インディケータ系のFX商材が再びブームの兆しを見せている 最近、MetaTrader4専用のFX情報商材が、再びブームの兆しを見せています。FXスキャル・パーフェクトシグナル、ニュートンFX、パラダイム・トレーダーFXな…

Flash Zone FX【検証とレビュー】

Paul Zimon(ポール・ジモン)監修のFlash Zone FX Flash Zone FXというFX商材がランキングを賑わせているようです。販売ページを見ましたが、なかなか興味深い商材です。Paul Zimon(…

経済的成功は一つじゃない

興味深いグラフをご紹介します。 ※画像クリックで拡大します。 昨日、ネットで拾った画像です。日本と海外の主要5資産の推移グラフですね。1969年から2011年までの43年間の推移グラフです。日本の株式(紫色グラフ)は19…

TRY/JPY(トルコリラ円)という「鬼門」を開けたFXプライム

FXプライムもTRY/JPY(トルコリラ円)を開始 GMO傘下のFXプライムがTRY/JPY(トルコリラ円)の取扱を開始したとのニュースが流れました。 株式会社FXプライムbyGMO(代表取締役社長 安田和敏、以下FXプ…

100円を目前にしたUSDJPYに気になるEAは息をしているか?

99円台の攻防が続くドル円 ドル円がまた、すごいことになっていますね。 キプロスショック後から、あらためて急上昇しているのがわかります。この急激なドル円の上昇(円安)は、市販されているEAにも少なからず影響を与えたようで…

SCALPANIC-FX 【検証とレビュー】

スキャル”ピング”ではなく、スキャル”パニック” 検証依頼を頂いていた商材をご紹介します。SCALPANIC-FXという商材です。SCALPANIC-FXの綴りは「スキャルピング-FX」と思いきや、よく見ると「スキャルパ…

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが追加枠を用意しての限定募集・・・

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが追加枠を用意しての限定募集(先行販売枠) 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールがわずか2時間で150名の定員に達して募集締切をしたとの記事をアップしましたが、17時に…

【速報】アルパリが破綻

スイスフラン(CHF)ご乱心でアルパリが破綻した スイスの中央銀行である国立銀行が相場介入を廃止(対ユーロの上限を撤廃)する発表を受けて、為替相場が大荒れしました。スイスフラン日本円(CHFJPY)は、ご覧のとおりです。…

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクール【検証とレビュー】

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールは”3ヶ月間のFXオンライン塾” 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが本日(2016年12月16日)より一般募集を開始しました。 一般販売の前におこなわれた先行販売(…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】…

鉄板マスタートレンドのMR.コージ(kojitrading)について

鉄板マスタートレンドのMR.コージ(kojitrading)について 先日、鉄板マスタートレンドの検証記事をアップしました。 鉄板マスタートレンド【検証と評価】 その後MR.コージ(kojitrading)氏に関する情報…