IQ190 超速スキャルFX【検証とレビュー】評価・・・B

IQ190 超速スキャルFX【検証とレビュー】

IQ190 超速スキャルFX【検証とレビュー】

「IQ190 超速スキャルFX」とはどんなFX商材か?

「IQ190 超速スキャルFX」はスキャルピングとブレイクアウトを巧みに融合させたロジックだ

作者の梶真英氏はIQ190の頭脳を持ち、MENSAにも入会したことがあるとPRしていますが、裏付けもなにもないので、スルーしましょう。梶真英氏の経歴を確認する術(すべ)を私たちは持ち得ていません。

FX情報商材の優劣を決めるポイントは、誰が作ったか?ではありません。ロジックに明らかな優位性(エッジ)が認められ第三者でも再現できるというポイントこそがFX情報商材の本質です。IQ100の凡人が考案したロジックであったとしても、優位性が証明され第三者が再現できる手法ならば、そのロジックはおおいに価値があります。

IQ190 超速スキャルFX タイトル:IQ190 超速スキャルFX
販売:梶 真英
内容:会員専用サイト(動画・テキスト)
発売日:2017年6月20日
IQ190 超速スキャルFX【公式サイト】

気を取り直し、IQ190 超速スキャルFXの中身をチェックしていきましょう。主要ロジックは以下の3つです。

  1. 1分足スキャルピング
  2. 5分足スキャルピング
  3. ブレイクアウト

スキャルピングで小さな利益を重ねつつ、ブレイクアウトの兆候を捉えたらピンポイントで大きな利益を狙うという複合的な投資スタイルです。

ベースはライントレードです。自動的にラインを描写してくれるインジケーターが会員サイト内で提供されます。

ちなみに梶真英氏の前作はライスキャFXです。こちらもライントレードをベースにしたスキャルピングロジックですね。

ライスキャFX DX完全版【検証とレビュー】評価・・・B

1分足スキャル&5分足スキャル

IQ190 超速スキャルFXでは1分足と5分足でスキャルピングをおこないます。

スキャルピングは相場のノイズ(波)を瞬時に拾って小さな利益を積み重ねていく手法です。

初心者ほどスキャルピングをやりたがります。なぜならスキャルは簡単に利益が出るので面白く感じるんですね。数秒〜数十秒程度で数ピプスを抜くことができます。運が良ければ連勝もします。ちょっとしたゲーム感覚でトレードできます。

ところが、数十回のスキャルトレードで利益を残すことは至難の業です。どれほどロジックを積み上げたところで1分足や5分足程度の短い時間足ではノイズ(波)にすぎないのです。ノイズ(波)に規則性はなく、値動きは予測不可能性を高めます。さざ波のようなレートの動きの中に、わずかな規則性を見つけたとしても、それを人間が瞬時に判断して仕掛けるというのも困難です。そこには機械的な動きが求められます。だからこそスキャルはEA(自動売買)向きなんですね。

IQ190 超速スキャルFXはそこに真っ向勝負を挑んでいます。EAが得意とする世界に手動&裁量で立ち向かう、その姿勢は評価できるかもしれません。

残念ながら1分足・5分足スキャルの優位性を証明するデータが提示されていないので、我々には事前に判断することができません。

ブレイクアウト

IQ190 超速スキャルFXのもう一つの特徴であるブレイクアウトロジック。

ブレイクアウトは、成功すれば大きな利益を得ることができる魅力的な手法です。しかしながらブレイクアウトにはやっかいな問題が存在します。そう、「ダマシ」です。ブレイクアウトにおいていかに「ダマシ」を回避するか?多くのトレーダーが頭を悩ませています。

FOREXFACTORYに代表される海外フォーラムにおいても、ダマシ問題はよく議論に挙がります。しかしながら未だに有効な対処方法は見つかっていないのが現状です。「ダマシ」を回避することは不可能であり、ダマシによる損失はブレイクアウトにおける「必要経費」として考えるべきだ、というのが多くの海外トレーダーの常識です。勝率が5割を切ってもトータルで勝ち越すことができるのがFXです。頻発するダマシによる小さな損失を一度のブレイクアウトの利益で取り返し、最終的にプラスにすること以外に、有効な手だては見つかっていません。

それほどブレイクアウトの初動を捉えることは困難なのです。

IQ190 超速スキャルFXはブレイクアウトの初動を捉え、ピンポイントで仕掛けることが可能とのことです。それが本当ならば、なかなか興味深いですね。ただスキャルロジック同様にその優位性は担保されていません。

「IQ190 超速スキャルFX」の欠点

IQ190 超速スキャルFXのデメリットについて触れておきます。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

1.裏付けデータが皆無

残念ながらIQ190 超速スキャルFXの優位性を裏付けるデータは、どこにも掲載されていません。もっと言えば製作者である梶真英氏がIQ190であることや、MENSA元会員であることも、確認することができないのです。非常に残念な点です。

IQ190 超速スキャルFXを購入する人は、何の裏付けも提示されないまま優位性が未知数のFX商材に代金を支払うことになります。

2.スキャルピングに不向きの人は買うべきではない

IQ190 超速スキャルFXのメイン手法は1分足と5分足でのスキャルピングです。スキャルピングは人を選びます。誰にでもできるトレードではありません。はっきり言って向き不向きがあります。

スキャルはそもそも人間が取り組む手法ではないというのが個人的な考えです。特に1分足や5分足でのスキャルはまさに相場のノイズ(波)を瞬間的に捉える超人的な感覚が求められます。言い換えればマシン(機械)のような動きが常に必要とされます。

であるからこそ、スキャルピングはEAのような自動売買に向いています。EAは瞬間的な動き、機械的な動きを得意とします。瞬間的な相場のノイズを捉えるにはEAが最適です。過去に多くのEAが猛威をふるった時期がありましたが、その99%がスキャルピングEAだったのには理由があるのです。

今ひとつ
  • 裏付けデータが皆無
  • スキャルピングに不向きの人は買うべきではない

「IQ190 超速スキャルFX」の評価ポイント

次にIQ190 超速スキャルFXの評価できるポイントです。

1.トレード回数の多さ

IQ190 超速スキャルFXは、1分足と5分足を使ったスキャルピングが中心です。またフィルター系のインジケーター(ストキャスティクス、MACD、RSIなど)を一切使わないため、必然的にトレード回数は多くなります。1日に多くのトレードチャンスが欲しい人には、向いているかもしれません。

2.勝率9割・・・

「勝率9割以上を狙える高性能ロジック」ということがウリのようです。たしかに勝率9割は魅力ですが、残念ながら裏付けデータがないので、評価しづらいですね。

ここがマル
  • トレード回数の多さ
  • 勝率9割・・・

「IQ190 超速スキャルFX」総合評価

【結論】スキャルピングとブレイクアウトを融合させることでトレード回数と利幅を同時に達成できそうなロジックだが、残念ながら裏付けデータがないためユーザーにとっては購入のハードルが高い

​興味深いロジックですが、結局のところ裏付けデータがまったく提供されていないため、購入判断に迷いが生じるユーザーも多いかもしれません。

本当に勝率9割なのか?年間15,000pipsの実績は本当か?ブレイクアウトのダマシを回避する有効な手立てはあるのか?再現性はあるのか?そもそもこのロジックでどれほどの利益が出せるのか?これらの疑問に対する納得できる回答が販売ページには確認できません。購入には相応の覚悟が求められるということです。

可能ならばこれらの裏付けデータを提示していただきたいところですね。それらのデータがあれば、購入判断におおいに役立つと思うのですが。

今ひとつ
  • 裏付けデータが皆無
  • スキャルピングに不向きの人は買うべきではない
ここがマル
  • トレード回数の多さ
  • 勝率9割・・・
IQ190 超速スキャルFX タイトル:IQ190 超速スキャルFX
販売:梶 真英
メディア:PDFテキスト
発売日:2017年6月20日
IQ190 超速スキャルFX【公式サイト】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 よく読まれている記事

資産10億円!FX長者ヒルズ族の絶頂と転落

資産10億円!元FX長者の”絶頂”と”転落” FXトレーダーで10億円を稼ぎ、六本木ヒルズ在住で名を馳せた磯貝清明氏を覚えていますか? 彼は2007年当時「日本で一番ポンドを持つ男…

バイナリーギミック(BINARY GIMMIC)検証とレビュー

バイナリーギミックは、VTTRADER(VTトレーダー)対応のシグナルツール バイナリーギミックは、MT4(メタトレーダー)ではなく、VTTRADER(VTトレーダー)というプラッ…

AmbushFXを購入するべきかどうか?

AmbushFXを購入しても良い人 連日、AmbushFXに対するお問い合わせを頂いております。 AmbushFX 検証とレビュー AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウト…

【逮捕】FXファンドで4億円を集金・愛知県

集めたお金は4億円弱 逮捕速報です。無登録でFXファンドの運用をおこなった会社社長が逮捕されました。詳細はこちらのニュース(ヤフーニュース)をご覧ください。 「FXで運用」4億円弱…

ドルエリオンFX 【検証とレビュー】

ドルエリオンFXはUSDJPY専用のEA ドルエリオンFXは、USDJPY(ドル円)専用の、EA(自動売買システム)です。一般的なナンピン・マーチンゲールタイプのEAです。 販売ペ…

ワンミニFXを別角度から検証してみる

ワンミニFXは ”乖離トレード”か? 先日ご紹介した乖離トレードに対する問い合わせを多数いただいています。 One Minute’s FX TAMURA式 1分足トレード法 【検証…

ACBオートキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】

Smart Optionに最適化された自動売買 ACBオートキャッシュバイナリーは、Smart Optionという海外のバイナリーオプション商品に特化した自動売買システムです。 S…

トレンド・ディスカバリーFX
トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは?

トレンド・ディスカバリーFXが重要視する相場環境認識=通貨の競争力 先日「トレンド・ディスカバリーFX」をレビューしました。 トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】評価・・…

FXの税金~申告分離課税と海外ブローカー~

総合課税から分離課税へ FXの税金について読者様からお問い合わせがあったので、一度記事にしておきたいと思います。 ご存じの方も多いと思いますが、FX取引に対する税制が2012年1月…

バババババイナリーの成績が残念な結果に・・・

バババババイナリー購入者による成績公開 バババババイナリーの実績について、トレードアイランド(トレアイ)で成績を公開してはどうか?と何度か提案をしてきました。 バババババイナリー …

損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた!

損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた… 損切りせずに資産7300万円超の資産を築いていたIcchan3氏ですが、正念場に立たされています。 損切りせずに資産7…

ステイブルバイナリー 山本有花 【検証とレビュー】

倍掛けマーチンのBOシグナル配信 ステイブルバイナリーは、バイナリーオプションの商材です。基本的には、以前レビューした「一撃バイナリー」という商材とほとんど同じです。 一撃バイナリ…