チャンピオンシグナル 天羽義治 【検証とレビュー】

シグナル配信サービス運営の難しさ

毎年のように、新しいシグナル配信サービスが登場しますが、半年以上まともに成績を維持できたものって、ほとんど記憶にありません。

シグナル配信サービスを提供することは、相当大変だと思います。実際に勝っている(実力のある)トレーダーでも、配信するとなるとまた違ったプレッシャーに晒されます。これは結構精神的にきついものがあると思います。多くの配信トレーダーが、このプレッシャーに押しつぶされて消えていきました。

今回の、天羽義治さんも、トレーダーとしての実力はあると思います。マインドや資金管理能力もお持ちでしょう。ただ、成績不振時の配信プレッシャーに耐えられるだけの精神力については、トレーダーの資質とは別のような気がします。ある意味、図太い神経がないと、やっていけないかもしれません。

チャンピオンシグナルの中身

サービスの内容は、いたってシンプルです。複数の通貨ペアの中から、最も勝てそうなシグナルを1通貨ペア選択して、1日に1回配信をします。配信の時間帯も決まっていて、平日の20時~24時の間です。

基本的に、ほぼ毎日、1回、トレードすることになります。1回につき、1通貨ペアのみのシグナル配信を行い、決済は翌日の同じ時間帯となります。つまり、前日のポジションの決済メールと、新規ポジションのエントリーメールが、20時~24時の間に届くことになります。

エントリー・エグジット共に成り行きで行います。つまり、配信メールが届いたら、直ちにエントリーやエグジットを行います。ストップは200pipsに設定、リミットの指定はありません。できるだけ利を伸ばそうという考えですね。

募集開始後の成績について

チャンピオンシグナルの募集を開始してからの成績ですが、最初こそ好成績でしたが、8月以降ちょっと雲行きが怪しくなってきています。募集開始は2011年の5月ですが、以降の成績はこんな感じです。

2011年
5月 +361pips
6月 +684pips
7月 +162pips
8月 -265pips
9月 -383pips

9月末には、運営者から状況説明のメールがユーザー宛てに届いています。要約すると、特殊な相場環境により損失の拡大を余儀なくされた、ということのようです。10月に入ってからは、当初の20時~24時という配信時間を超えてシグナルが届くようになりました。ちなみに、募集の成績は、安定しています。

2011年
1月 +411pips
2月 +332pips
3月 +1722pips
4月 +1072pips

新しいスタイルのシグナル配信を提案します

結局、相場は楽して稼がせてくれない、ということに尽きると思います。相場と向き合わずに、他人頼りにしてしまうと、しっぺ返しも食らうし、そもそも自分の投資スキルの向上に全くプラスにならないです。

私は、常々、このシグナル配信サービスの仕組みには課題があると思っていました。毎月数万円の高額な費用を支払わされるユーザーと、成績が伴わない販売者。成績が好調の時は、何も問題ありませんが、不調に陥ったら、逆スパイラル的に破滅(サービス終了)に向かってしまいます。

そこで、提案があります。シグナル配信サービスは「成果報酬制」にすべきだと思っているのですが、いかがでしょうか?この新しい仕組みでは、シグナル配信に、チケット(ポイント)という概念を導入します。

会員であるユーザーは、まずチケット(=ポイント)を購入します。重要な点ですが、このチケットには、買い戻し特約が付いています。3ヶ月満期で、販売者側がユーザーから残ポイントを買い戻すという特約です。

たとえば、1pips=10ポイント=10円とします。ユーザーは、最初に、30000ポイントのチケットを、3万円で購入します。そして、獲得pipsに応じて、このポイントが減少していきます。

配信トレーダーの成績が、初月500pipsのプラスだった場合、ユーザーのポイントから5000ポイントが消費されます(500pips×10ポイント)。残りは25000ポイントになります。もし、翌月の成績がマイナスだった場合は、ポイントがユーザーに還付されます。

例えば、翌月の成績がマイナス250pipsだとしたら、2500ポイントがユーザー側に戻されるので、ユーザーの所持ポイントは、27500ポイント(25000+2500)と増えるわけです。

3ヶ月経過したときに、ユーザーの所持ポイントが残っていた場合は、その分を販売者が買い戻すことになります。仮に、残りが1000ポイント残っていれば、1000円をユーザーに払い戻します。もし、3ヶ月の満期が来る前に、30000ポイントを消化してしまったら、ユーザーは新たにチケットを購入することで、継続して配信を受けることができます。

このやり方であれば、ユーザーのリスクは限定的になると思うのですが、どうでしょうか?少なくとも、配信サービスコストはリスクヘッジされると思います。(ただ、トレードによる損失は発生しますが)

もしも、3ヶ月のトータル成績がマイナス1000pipsであれば、ユーザーのチケットは40000ポイントとなり、これを販売者が4万円で買い取ることになります。

つまり、ユーザーは3万円で購入したチケットを4万円で売ることができるわけです。もちろん、その40000ポイントで、その後も継続してシグナル配信を受けてもいいわけです。まさに成功報酬型のシグナル配信サービスです。

実力のないトレーダーは、怖くて参加できないでしょうけどね。この方法であれば、トレーダー側のプレッシャーも相当軽減されると思います。

成績不振時のトレーダーには、ユーザーを二重に苦しめている(投資による損失と、配信サービス費用による損失)ことに対する申し訳なさがあると思います。しかしこの方法を採用することで、少なくとも配信サービス費用を無駄に払わせているという申し訳ない気持ちからは、解放されることになります。どうでしょうか?

試験的にやってみてくれる、勇気ある販売者はいないでしょうか?

 よく読まれている記事

【無登録の投資会社】FXへの投資うたい百数十億円集めたか?

【速報】 巨額のFXファンド事件に発展か? 大きなニュースになりそうです。NHKニュースWEB版による速報です。 東京新宿区にある無登録の投資会社が、FX投資をうたって、全国から百…

スキャルピングFXプロ 【検証とレビュー】

半裁量・半システムの”王道スキャル” スキャルピングFXプロの販売開始時期は2007年ですね。今でも売れ続けているので、相当なロングランヒットです。スキャルピングFXプロ開発者の青…

ライスキャFX
ライスキャFX DX完全版【検証とレビュー】評価・・・B

「ライスキャFX」は”IQ190”の天才が開発したライントレード手法だ IQ(知能指数)190の梶真英氏によるライスキャFX(ライントレードスキャルピングFX)DX完全版をレビュー…

ニュートンFX【検証とレビュー】

ニュートンFXを購入した 気になるFX商材があったので購入してみました。ニュートンFXです。このツールの最大の売りは、”大衆心理演算ロジック”を搭載しているという点だそうです。なか…

【注意】”鴨川式バイナリー予備校”のスパムメールが届いた件

スパムメールか?”鴨川式バイナリー予備校” 昨日、私の個人メールアドレスに、怪しげなメールが届きました。こちらをご覧ください。 今、1番手軽に稼げる為替投資「バイナリーオプション」…

優秀なEAを選ぶシンプルな方法とは?

EAは【成績】が全て 昨日の記事でORION FXを取り上げ、EAの優位性を証明するデータが不十分であることを記載しました。 ORION FX 【検証とレビュー】 EAを提供される…

レボリューションバイナリー 【検証とレビュー】

一般公募したロジックで商材を作成 FX商材とは本来、確率的に優位性のある手法を使って実績を継続的に出しているトレーダーが、その手法を再現性のある形で提供することに価値があると考えて…

秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」が届きました

たった2日で秋田式のDVDが届いた 2月5日(水)に秋田式トレーダー育成プログラムを購入したのですが、その2日後の2月7日(金)にDVDが届きました。 思った以上に早いですね。ちな…

FXスキャレーダー
FXスキャレーダー【検証とレビュー】評価・・・C

「FXスキャレーダー」を販売するアイプロダクション(渡秀明氏)とは? 販売会社のアイプロダクションはADR(紛争解決委員会)案件の過去を持つ 販売会社のアイプロダクション(=株式会…

与沢翼さんと探偵ファイルがガチでケンカを始めた

与沢翼さんの会社が、税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ 【スクープ】与沢翼さんの周辺を探偵が調査している…? 与沢翼さんVS探偵ファイルのガチバトル勃発 先日の記事で書いた、…

【速報】アルパリが破綻

スイスフラン(CHF)ご乱心でアルパリが破綻した スイスの中央銀行である国立銀行が相場介入を廃止(対ユーロの上限を撤廃)する発表を受けて、為替相場が大荒れしました。スイスフラン日本…

kakuseiDVD
FX専業トレーダー覚醒DVD【検証とレビュー】評価…D

「FX専業トレーダー覚醒DVD」は”裁量ライントレード学習DVD” 「3つの黄金ライン」をあぶり出し、FX初心者でも7日間で神トレーダーに覚醒する!【FX専業トレーダー覚醒DVD】…