オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイル撲滅運動が盛んです。この勢いだとオプザイルは年内にはこの世から消えてしまうのではないでしょうか?

オプザイルが反感を買っている理由は明らかです。集団でバイナリーオプション投資を勧めて高額な商材を買わせる(つまり「嵌め込む」)手口があくどいからです。エグザイルもいい迷惑です。

何度も述べますがバイナリーオプションの本質はたんなるオンラインカジノです。FXブローカーが胴元となって賭場を開き、参加者からテラ銭を取ってシンプルな半丁賭博をおこなっているだけです。それを金融庁が金融商品として公認しているのです。

ちなみにオプザイルが推奨する海外FXブローカー(ハイローオーストラリアなど)は金融庁の監視下ではないので、よりハイリスクな賭場(ギャンブル場)であると言えます。

ゲームならば情報弱者は釣られなかったはず

もしもオプザイル連中がバイナリーオプションではなく、オンラインカジノの勧誘をしていたらどうだったでしょうか?ここまで話題にもならず、そもそも情報弱者も釣られなかったはず。

オンラインカジノで派手な生活をしている人間を誰が信用する?オンラインカジノで勝てる方法というUSBデータを40万円も50万円も出して誰が買う?仮にオンラインカジノで大勝したとしても、そのお金で得たブランド品や高級ホテルでの食事などをSNSで見せびらかすことなど、恥ずかしくてできないはずです。

結局のところ、バイナリーオプションをまるで投資商品であるかのごとく演出しているFX業者、そしてそれを公認している金融庁にその責任はあると私は考えます。

バイナリーオプションは公営ギャンブルと認定すべき

競馬や競輪、競艇などは公営競技として公の機関が賭博(ギャンブル)として開催することが認められています。競馬の監督庁は農林水産省であり競艇は国土交通省、そして競輪とオートレースは経済産業省の管轄(監督庁)です。

ちなみにパチンコは公営ギャンブルではありません。風営法での縛りがあるだけで、国が正式に賭博(ギャンブル)として認めているわけではないのです。パチンコを取り巻く業界は、非常にグレーなのです。

バイナリーオプションの監督庁のボスは金融庁です。だから証券会社もバイナリーオプションを「投資商品」のように提供することになんの臆面もないのです。

非常に高い射幸性のあるバイナリーオプションが規制されたことは、どうやら日本国内で着々と進められているカジノ構想と深い関係があるとも言われています。バイナリーオプションの射幸性を低めることで、後に生まれるカジノ運営に与える影響を少なくするということです。2020年の東京オリンピックまでに「カジノリゾート」をオープンさせるために、国は「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(いわゆるカジノ法案)の成立を急いでいます。

なにせ、日本のカジノで想定されている市場規模は推計で1兆5000億円とも言われているのです。バイナリーオプションなど比ではありません。カジノが日本で解禁になれば、その周囲で恐ろしいほどの利権が発生するでしょう。パチンコの利権を遥かに凌ぐブラックマネーが生まれるのです。

いっそのこと、バイナリーオプションを公営オンラインカジノとすべきです。「投資」という枠の中に入れてしまうから、オプザイルのような輩を生んでしまうのです。最初からギャンブル・オンラインカジノと認識させれば、情報弱者が騙されることもなくなるはず。

むしろ、手軽なオンラインカジノとしてより国民に浸透する可能性もあります。少額から始められるゲームであり、スマホで賭け事ができるのです。勝てば2倍、負ければゼロ。勝敗はすぐに判明する。こんなエキサイティングで射幸性の高いゲームなどなかなかありません。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

buddhatrend A-Spec 【検証とレビュー】

GMMAを使ったツール 検証依頼が急激に増えている商材をご紹介します。「buddhatrend A-Spec」というツールです。GMMAというインディケーターをベースにしている、シグナル点灯型のツールです。 buddha…

実在しないFX自動売買ソフトで詐欺容疑

実在しない自動売買ソフトで集客か? オール・イン幹部逮捕の続報です。 FX投資ソフト販売で337億円【オール・イン 逮捕】 オール・インが337億円を集めた方法ですが、どうやら実在しないFX自動売買ソフトを使っていたよう…

ワンミニFXを別角度から検証してみる

ワンミニFXは ”乖離トレード”か? 先日ご紹介した乖離トレードに対する問い合わせを多数いただいています。 One Minute’s FX TAMURA式 1分足トレード法 【検証とレビュー】 TAMURA式1分足トレー…

ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】

ドラゴン・ストラテジーFXは、シグナル点灯ツール ドラゴン・ストラテジーFXは、MetaTrader4(メタトレーダー4)専用のインディケーターですね。チャート上の矢印マークやオリジナルメーターで、ENTRY・EXITの…

オール・イン、不起訴

オール・イン詐欺容疑幹部、不起訴に オール・インによるFX詐欺容疑で逮捕された元幹部が不起訴になりました。 FXめぐる詐欺容疑、3人不起訴 札幌地検、嫌疑不十分 2014年10月15日20時17分 札幌市に本社があった投…

重要経済指標【米雇用統計】に合わせて川合美智子さんがオンラインセミナー開催

混沌とした世界情勢の中でのアメリカ雇用統計発表で、何かが起こる? 本日10月2日は、重要経済指標であるアメリカの雇用統計が21時30分に発表されます。その30分前(21時)から、外為どっとコムにて川合美智子さんによるオン…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】…

100億円の被害か? FXファンド「リミットインベステージ」

虚偽説明で集めた100億円が消えた… ようやく金融庁が動いて表沙汰になってきましたね。証券取引等監視委員会からの連絡を受けて、金融庁がFX会社「リミットインベステージ」へ警告を行いました。 リミットインベステージは、90…

FXKousui Baggioが口座全損

GOLD KOUSUIに続き、FXKousui Baggioまで破綻か? 本日は読者様からの情報をもとに記事を書いています。 以前このサイトでも取り上げた金(ゴールド)専用の自動売買ツールGOLD KOUSUIですが、金…

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入しました

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入 インフォトップのFX部門ランキグ上位のFXスキャル・パーフェクトシグナルという情報商材を購入しました。販売元はクロスリテイリングです。 FXスキャル・パーフェクトシグナルを購…

FX-navi 【検証とレビュー】

FX-naviはトレンドフォロー系裁量ロジック FX-naviの販売ページですが、一般的なことがさらっと書いてあるだけで、具体的な手法についての説明は全くありません。購入検討者はどうやって判断すれば良いんでしょうか?ちょ…

モバイルバイナリー【検証とレビュー】

スマホトレード用シグナルシステム「Mobile Binary」を販売する投資助言代理業者 金融商品取引業者であるトレードサイクロン株式会社がバイナリーオプションツールを販売しています。 近畿財務局長(金商)第319号 ト…