オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイル撲滅運動が盛んです。この勢いだとオプザイルは年内にはこの世から消えてしまうのではないでしょうか?

オプザイルが反感を買っている理由は明らかです。集団でバイナリーオプション投資を勧めて高額な商材を買わせる(つまり「嵌め込む」)手口があくどいからです。エグザイルもいい迷惑です。

何度も述べますがバイナリーオプションの本質はたんなるオンラインカジノです。FXブローカーが胴元となって賭場を開き、参加者からテラ銭を取ってシンプルな半丁賭博をおこなっているだけです。それを金融庁が金融商品として公認しているのです。

ちなみにオプザイルが推奨する海外FXブローカー(ハイローオーストラリアなど)は金融庁の監視下ではないので、よりハイリスクな賭場(ギャンブル場)であると言えます。

ゲームならば情報弱者は釣られなかったはず

もしもオプザイル連中がバイナリーオプションではなく、オンラインカジノの勧誘をしていたらどうだったでしょうか?ここまで話題にもならず、そもそも情報弱者も釣られなかったはず。

オンラインカジノで派手な生活をしている人間を誰が信用する?オンラインカジノで勝てる方法というUSBデータを40万円も50万円も出して誰が買う?仮にオンラインカジノで大勝したとしても、そのお金で得たブランド品や高級ホテルでの食事などをSNSで見せびらかすことなど、恥ずかしくてできないはずです。

結局のところ、バイナリーオプションをまるで投資商品であるかのごとく演出しているFX業者、そしてそれを公認している金融庁にその責任はあると私は考えます。

バイナリーオプションは公営ギャンブルと認定すべき

競馬や競輪、競艇などは公営競技として公の機関が賭博(ギャンブル)として開催することが認められています。競馬の監督庁は農林水産省であり競艇は国土交通省、そして競輪とオートレースは経済産業省の管轄(監督庁)です。

ちなみにパチンコは公営ギャンブルではありません。風営法での縛りがあるだけで、国が正式に賭博(ギャンブル)として認めているわけではないのです。パチンコを取り巻く業界は、非常にグレーなのです。

バイナリーオプションの監督庁のボスは金融庁です。だから証券会社もバイナリーオプションを「投資商品」のように提供することになんの臆面もないのです。

非常に高い射幸性のあるバイナリーオプションが規制されたことは、どうやら日本国内で着々と進められているカジノ構想と深い関係があるとも言われています。バイナリーオプションの射幸性を低めることで、後に生まれるカジノ運営に与える影響を少なくするということです。2020年の東京オリンピックまでに「カジノリゾート」をオープンさせるために、国は「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(いわゆるカジノ法案)の成立を急いでいます。

なにせ、日本のカジノで想定されている市場規模は推計で1兆5000億円とも言われているのです。バイナリーオプションなど比ではありません。カジノが日本で解禁になれば、その周囲で恐ろしいほどの利権が発生するでしょう。パチンコの利権を遥かに凌ぐブラックマネーが生まれるのです。

いっそのこと、バイナリーオプションを公営オンラインカジノとすべきです。「投資」という枠の中に入れてしまうから、オプザイルのような輩を生んでしまうのです。最初からギャンブル・オンラインカジノと認識させれば、情報弱者が騙されることもなくなるはず。

むしろ、手軽なオンラインカジノとしてより国民に浸透する可能性もあります。少額から始められるゲームであり、スマホで賭け事ができるのです。勝てば2倍、負ければゼロ。勝敗はすぐに判明する。こんなエキサイティングで射幸性の高いゲームなどなかなかありません。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か? 前回の記事でポンドの大暴落を取り上げました。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) Flash crash(瞬間暴落)の原因は定か…

【即完】岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールの募集が2時間で終了

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが募集開始2時間で150名の枠が埋まり完売… なんと、岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールの募集(先行販売)が一瞬にして終了しました。 ※追加での募集が再開したようです…

FXの黄金律DVD 【検証とレビュー】

FXの黄金律DVDと期間損益報告書 FXの黄金律DVDは、2012年に1503万円をトレードで手にしたとされる谷氏(TANI氏)による裁量FX商材です。 販売ページには、マネーパートナーズとIG証券の期間損益報告書の写し…

画像盗用・ねつ造問題について

画像無断使用・ねつ造問題にようやくインフォトップが重い腰を上げた 先日(7月17日)、業界最大手のインフォトップからメールが届きました。内容を一部抜粋して掲載します。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012/0…

【新発売】30万円近い”FX専用パソコン”は本当に必要か?

外貨投資専用PC「外為パソコン」発売 株式会社ユニットコムがIntel第7世代プロセッサーモデルのFX専用PC「外為パソコン」を発表しました。 すでに受注生産販売をおこなっています。 発売元の株式会社ユニットコムは「パソ…

約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは?

他人のお金でFX!? とても興味深いサイトを見つけました。その名もSocial FXです。サブタイトルは「他人のお金でFX」。 Social FX(他人のお金でFX) 世界初のユーザー参加型FX取引プラットフォームだそう…

FX博士式マスタープログラム【検証とレビュー】

【FX博士】って・・・ FX商材業界がまた過熱しています。良くない方向に。 もうなんでもありですね。とうとう「FX博士」の登場です。FX博士式マスタープログラムを開発したとされる茶谷博樹氏ですが、どうやら”FX博士”と呼…

セブンインベスターズに業務停止命令

セブンインベスターズに業務停止命令 先日、イニシア・スター証券が登録取り消し→破産開始手続きとなった話題をアップしました。 イニシア・スター証券がかなり悪質である件 イニシア・スター証券に限らず、まだまだ問題のあるブロー…

【全世界で第1位】ストラテジーの最高峰「MultiAgent」のシグナル配信がスタート

年間収益率439.96%と驚異的な成績を誇る「MultiAgent」 昨年(2016年)、世界でもっともストラテジー数を揃えたとされるインヴァスト証券の「シストレ24」にて、年間アワードを獲得した「MultiAgent」…

デブトレFX【検証とレビュー】

デブトレFX【検証とレビュー】その2 デブトレFXを購入しました デブトレFXを購入しましたので詳しく検証していきます。 マニュアルやツール(インディケータ)は、IDとパスワードでアクセスできるユーザー専用サイトにて配布…

指標トレードほどスリル満点なゲームはない

指標トレードほどスリル満点なゲームはない 指標トレードをやってみればわかりますが、あまりのスリルに心臓がはちきれそうになります。レートの動き方が通常とは異なります。特に重要指標発表時にはありえない動きをします。スリッペー…

スキャルピングFXプロ 【検証とレビュー】

半裁量・半システムの”王道スキャル” スキャルピングFXプロの販売開始時期は2007年ですね。今でも売れ続けているので、相当なロングランヒットです。スキャルピングFXプロ開発者の青木陽一さんですが、雑誌「YenSPA! …