【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”

イニシア・スター証券が登録取り消し

2012年12月5日に、イニシア・スター証券が金融庁から行政処分を受けました。

イニシア・スター証券については、当ブログでも以前取り上げたことがあります。

上記記事の中で、イニシア・スター証券に関して気になる点を記事にしていました。

イニシア・スター証券以外は全て海外ブローカーです。

日本国内では、IB行為に関しては金融庁が目を光らせているはずですので、基本的に海外ブローカー(金融庁から許可を得ていないブローカー)でしか、IB行為はできないはずです。しかし、イニシア・スター証券は日本国内のブローカーです。

金融庁から許可を得ているブローカーがIB行為を行っていることが、不思議なのですが、もしかしたら、イニシア・スター証券は、口座開設アフィリだけなのかもしれませんね。

ちょっと気になるのは、イニシア・スター証券のカバー率です。イニシア・スター証券のサイトには、カバー先に関する記述が全くありませんので、もしかしたらカバー率が低い可能性がありそうです。

実質的な廃業勧告

行政処分といっても登録取り消しですので、実質、廃業させられたことになります。

本日、当社に対し、下記(1)については、金商法第 52 条第1項第6号及び第7号の規定に基づき、下記(2)については、金商法第 51 条の規定に基づき、以下の行政処分を行った。
(1) 登録取消し
関東財務局長(金商)第144号の登録を取り消す。

イニシア・スター証券株式会社に対する行政処分について

上記の通り、イニシア・スター証券に対して金融商品取引業者の登録取り消しというかなり厳しい処分が下されました。

イニシア・スター証券の「法令違反行為」とは?

金融商品取引業者の登録取り消し処分を下されるのは、かなり異例です。イニシア・スター証券は、どんな行為(法令違反)をしてしまったのでしょうか?対象となった法令違反行為は4つです。

  1. 純財産額及び自己資本規制比率が法定の基準を下回っている状況
  2. 当局に対する虚偽報告
  3. 顧客区分管理必要額を運転資金等に流用している状況
  4. 支払い不能に陥るおそれのある状況

う~ん、どれもアウトですね。

2億円が存在しなかった!?

まず、1と2の法令違反ですが、預金(純財産)が2億1400万円あると虚偽の報告をしていたことが、バレたということです。本当は、2億円は存在せず1400万円しか預金がなかったそうです。結果的に、自己資本規制比率が法定の基準に満たないということになりました。

顧客のお金を不正に流用して支払い不能に・・・

次に3と4の法令違反ですが、これはひどいです。顧客のお金1億1600万円を不正に流用した結果、支払い不能に陥っているということです。

不正流用の先は、自社の運転資金であったり第三者への貸し付けだったりします。

イニシア・スター証券が”破産”

結局、イニシア・スター証券は、2013年2月1日に破産開始手続き決定を受けました。


出典:イニシア・スター証券は破産開始手続決定を受けました

登録取り消しという厳しい処分を受けて、再建を目指すのはほぼ不可能だと思います。こうなることは、既定路線だったのかもしれません。

顧客のお金は戻ってこない・・・

投資家がイニシア・スター証券に預けていた資金の大半は、戻ってこないのではないでしょうか。そもそも、イニシア・スター証券にお金がほとんど残ってません。税金の未払いも存在します。

破産申立ての際に提出された一件記録によれば、破産者には多額の財団債権(税金の未払い等)が存在する一方で、資産は乏しく、現状では債権者の皆様に破産債権の届出を頂いても配当することが困難な状況となっております。

破産管財人からのお知らせ

顧客にとっては、最悪の状態ですね。負債総額は、約2億9000万円です。一方、債権者の数は、約460名だそうです。この460名の大半は、口座開設した投資家だと思われます。

ゲムトレードの説明責任は?

イニシア・スター証券を国内初の取り扱いブローカーとして謳っていた、ゲムトレードの対応はどうだったのでしょうか?ゲムトレードのポータルサイトを見ても、なにもアナウンスがありません。

イニシア・スター証券が、ゲムトレードに対応したのは、2012年3月だったと思います。今まで、海外のブローカーしか対応できていなかったゲムトレードでしたが、初の国内ブローカーとして強力にプッシュしていましたね。ゲムトレードを経由して、イニシア・スター証券に口座を開設したユーザーも多かったのではないでしょうか?

昨年(2012年)の11月には、ゲムトレードにおいて、イニシア・スター証券対応のEAが、堂々の成績ランキング1位に輝いています。その1ヶ月後に登録抹消になるわけですが・・・

ゲムトレード側から、何らかの告知があっても良いと思うのですが、現時点では(WEB上で)なにもアナウンスがありません(もしかしたら、ゲムトレードユーザーには報告があったのかもしれません)。ゲムトレードの対応証券会社一覧から、イニシア・スター証券の名前が消されています。

ゲムトレードには期待しているので、できればユーザーに対してしっかりと説明責任を果たして欲しいところです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

THE HANABI PROJECT(花火プロジェクト)【検証とレビュー】
コピートレードのトラブルと和解事例

コピートレードの課題(問題点) コピートレードが相変わらず流行っています。最近も全コピFXというコピートレード商材が販売されたばかりですね。 全コピFXの記事を見る ご存じの方も多…

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・
今週末は注意が必要、中国で何かが起きるかも・・・

約24兆円(1兆5000億元)の償還が焦げ付く? ご存知の方も多いと思いますが、中国の金融機関がヤバそうです。 6月下旬(今週)に、約24兆円を超える中国の高利回り金融商品が、償還…

【逮捕速報】ソーシャルサポートが無登録でFXファンドへの投資勧誘の疑い
松田聖子似の自称38歳女による投資詐欺事件〜実は62歳だった!

自称38歳の詐欺女性、実は62歳だった?! つなぎ融資詐欺で7億円ものお金を集めた62歳のおばさんが逮捕されました。ワイドショーでも取り上げられたこの詐欺事件ですが、マスコミが喜び…

FXB-Manual 【検証とレビュー】
30歳で年収1000万円超の企業一覧【隣の家の芝は青かった】

30歳で年収1000万円に達する企業とは? 転職情報サイトVorkersが30歳で年収1000万円を狙える企業を発表しました。30歳で1000万円というのは、エリート中のエリートと…

GMOクリック証券がついに”世界一”

驚きのニュース 驚きのニュースがあります。GMOクリック証券が、2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングにおいて、世界一になったというニュースです。 リテールF…

【元国税庁が警鐘を鳴らす】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…
【元国税庁が警鐘】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…

仮想通貨は必ず衰退する!? 毎日のようにメディアを賑わす「仮想通貨」。 最近では、昨年「仮想通貨取引」で億万長者になった人が331人だったと国税庁が発表したばかりです。 2017年…

トラップリピートイフダンは本当に稼げるか?

チリ積もFXは”トラップリピートイフダン” チリ積もFXのという商材についてのお問い合わせを多数頂いています。販売ページをみただけで、勘の良い人はすぐにわかります。 販売ページを見…

第3回24グランプリ
第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー

注目の”第3回24グランプリ”がスタート 2013年5月1日に待望のインヴァスト証券24グランプリの第3回大会がスタートしました。大会期間は、5月1日~7月31日の3ヶ月間です。 …

トルコリラ円ホルダーが”情報弱者”であるこれだけの理由
【最後のチャンス】中国が仮想通貨に再参入すればふたたび仮想通貨バブルが訪れる?

仮想通貨への”再参入”を画策する中国政府 取引量「世界一」の中国が”仮想通貨”を全面禁止した理由 ご存知かもしれませんが、中国では仮想通貨取引が全面禁止されています。もともとは禁止…

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?
レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?

FXCMジャパン証券のレート操作に行政処分 FXブローカーによるレート操作に、とうとう行政のメスが入りました。 数ヶ月前の情報ですが、ご存じない方も多いと思いますので改めて取り上げ…

GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました
俺の口座、凍結されたよ!

俺の口座、凍結されたよ! 今日は、口座凍結に関するウワサを検証したいと思います。 表題の「俺の口座、凍結されたよ!」というのは、私の知人が電話口で発した第一声です。 彼は、某ブロー…

暴れん坊将軍「トルコリラ」がまたもご乱心で”殺戮ショー”を繰り広げる…
withcoinに対する集団訴訟の被害総額が13億円を超え、今なお増え続けている件

【被害総額13億円】withcoin集団訴訟で怯える”仮想通貨ユーチューバー” 【断末魔】HitBTCから姿を消し去ったwithcoin(withコイン) 被害総額は13億円超! …