PSPBANK【検証とレビュー】

法律と消費者を軽視しているPSPBANK

PSPBANKという正体不明の情報商材に関する問い合わせをいただきました。

販売ページを見る限り、断定的判断の提供のオンパレードであり、消費者の誤認を誘発しそうなフレーズがこれでもかと並んでいます。

  • 年利60%を完全保証
  • 何もせずに、年収が1.6〜3倍に
  • マイバンク口座だけは変わらず毎年、毎年60%ずつ「現金」が増えていきます
  • マイバンク口座であれば年利60%以上は保証されています
  • 最低でも年利60%ということですので100%、200%という桁違いな利率も可能です

これは何かの冗談でしょうか?このブログで何度も述べていますが、この「年利60%」がもしも虚偽ならば、購入者はいつでも契約取り消しが可能です。消費者契約法4条1項2号では断定的判断を提供したうえで勧誘し消費者が誤認をした場合、その契約は取り消すことができるとしています。

消費者契約法第4条

消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに際し、当該消費者に対して次の各号に掲げる行為をしたことにより当該各号に定める誤認をし、それによって当該消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。
一  重要事項について事実と異なることを告げること。 当該告げられた内容が事実であるとの誤認
二  物品、権利、役務その他の当該消費者契約の目的となるものに関し、将来におけるその価額、将来において当該消費者が受け取るべき金額その他の将来における変動が不確実な事項につき断定的判断を提供すること。 当該提供された断定的判断の内容が確実であるとの誤認

引用:Wikipedia

また、特定商取引法第12条にも「誇大広告の禁止」が明記されています。

第12条 誇大広告等の禁止

事業者は、通信販売をする場合の商品・サービス等の提供条件について広告をするときは、サービスの性能・内容、クーリングオフ・契約解除についての特約や、その他の経済産業省令で定める事項について、著しく事実に相違する表示をしたり、実際のものよりも著しく優良であったり、有利であると人を誤認させるような表示をしてはならない。

引用:特定商取引に関する法律

驚くことに、PSPBANK販売ページの特定商取引法に関する表示には、販売者の住所すら記載されていません。完全に法律(そして消費者)を軽視しています。ちなみに、特定商取引法第12条「誇大広告の禁止」に違反するとどうなるか?

第15条 業務の停止等

主務大臣は、販売業者又は役務提供事業者に対し、通信販売に係る取引の公正及び購入者又は役務の提供を受ける者の利益が害されるおそれがあると認めるとき、14条の指示に従わなかったとき、その販売業者又は役務提供事業者に対し、1年以内の期間を限り、通信販売に関する業務の全部又は一部を停止すべきことを命ずることができる

引用:特定商取引に関する法律

つまり、業務の全部または一部の停止命令が下されることになります。いわゆる行政処分です。販売ページの特商法表記の一番下に「表現、及び商品に関する注意書き」として以下のような文言が記載されていますが、

本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

この記載があるからといって、誇大広告表現が許されたり断定的判断の提供をしてもよいということではありません。

経済合理性に欠ける販売者の行動…

年利60%が完全保証されるならば、販売者が自分でお金を借りまくって、運用したほうがよっぽど儲かります。

ここからは販売者の方(開発者柴田章吾氏を含む販売メンバー)への私からのアドバイスです。銀行は貸してくれないでしょうから、消費者金融をはしごして、枠ギリギリまでお金を借りまくってください。クレジットカードを持っているのであれば、その枠も全部現金化してください。さらに友達、親戚にもお願いして借用書でも書いてお金を借りまくって下さい。もちろん金利は20%くらい支払うと約束します。消費者金融の金利2も0%くらいでしょう。それでも年利60%が完全保証されるのですから、

60% − 20% = 40%

つまり、毎年40%の利回りでお金が増えていきます。仮に借金1000万円をしても、1年後には1400万円になりますよ。すごいですね!さらに複利で回せば2年後には、1960万円です。2年後に借りたお金(元金)1000万円を返しても、960万円が手元に残ります。もちろん借金の返済を先延ばししてさらに複利で回せばとんでもないことになります。

  • 1年後…1400万円
  • 2年後…1960万円
  • 3年後…2774万円
  • 4年後…3842万円
  • 5年後…5378万円
  • 6年後…7530万円
  • 7年後…1億541万円

7年で1億円になります。もちろん金利(20%)を支払ったうえでの数字です。PSPBANK開発者の柴田章吾氏は、他人にPSPBANKを売らずに、自分一人で借金してでも元手を作り、こっそりと運用したほうが、経済合理性が高いはずです。

それをナゼわざわざ他人に売ろうとするのか?年利60%完全保証のツール(?)を独占することこそが、経済合理的な行動であるはずです。元警察庁のプログラマーならば、こんな簡単な計算ができないわけがありません。不思議ですね。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

みんなでFX -Rising Sun-
みんなでFX -Rising Sun- 【検証とレビュー】評価…B

関連記事:「みんなでFX -Rising Sun-」のチャートを無料インジケーターで再現してみた 「みんなでFX -Rising Sun-」とはどんなFX商材か? ”運転免許証”を販売ページで公開する販売者は初めて… 自…

TREND RIDE SCALPING NEO 【検証とレビュー】

TREND RIDE SCALPING NEOは意外と真面目な商材 ド派手な販売ページとは裏腹に、商材そのものは真面目です。 TREND RIDE SCALPING NEOは、メタトレーダー用のインディケータを使ったトレ…

逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

逆転FX Trend GetterはPips Getterの兄弟分 今回は、逆転FX Trend Getterを取り上げてみたいと思います。以前、 逆転FX「Pips Getter」というFX商材がありましたが、同じ販売…

エッセンシャルFX【検証とレビュー】

エッセンシャルFXは、チャートマスターが販売元だ 株式会社チャートマスターは、金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。 登録番号:関東財務局長(金商)第2086号 このブログでもチャートマスターが販売してきたFX情報…

今年もやってきた!『リアルトレード頂上決戦グランプリ』

賞金総額1000万円を奪い取れ インヴァスト証券が主催する『リアルトレード頂上決戦グランプリ』の季節がやってきました。 今年も開催されます。リアルトレードグランプリの概要は以下の通りです。 開催期間:2017年6月12日…

60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件

60万円の自動売買システムが問題だった 気になる記事を見つけたので、ちょっとご紹介します。 個人投資家が60万円という高額なFX自動売買ツール(コピートレードツール)を購入したのですが、実は運用などまったくされていなかっ…

第3回24グランプリ
第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー

注目の”第3回24グランプリ”がスタート! 2013年5月1日に待望のインヴァスト証券24グランプリの第3回大会がスタートしました。大会期間は、5月1日~7月31日の3ヶ月間です。 24グランプリの公式ページでは第3回大…

バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?

  【最新情報】 2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。以下の記事をご覧下さい。 バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? バイナリーオプション自主規制案で、GMOクリッ…

【スクープ】与沢翼さんの周辺を探偵が調査している…?

与沢翼さんの会社が、税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ 探偵ファイルに目をつけられた与沢翼さん このブログでも取り上げた与沢翼さんですが、周辺で何かが起こりそうな予感です。探偵ファイルという人気サイトに、与沢翼さん…

パリス昼豚の5万円FX 【検証とレビュー】

FX投資の教科書です おちゃらけの販売ページに騙されてはいけません。非常に芯のある真っ当なFX教材です。商材というよりは「教材」と呼ぶにふさわしいと思います。トレーディング技術を磨きたいのであれば一押しの教材です。しっか…

トリニティスキャルパーFXが鳴かず飛ばず

久々のナイアガラ(暴落)を見た 先日(2月26日)のドル円・ユーロ円のナイアガラ(暴落)は乗り切れましたか?暴落前に危険な臭いはしていましたね。最近発売されたEAは、今回のドル円・ユーロ円の暴落を乗り切れたのでしょうか?…

日本最大手は外為どっとコム?それともGMOクリック証券?

本当にGMOクリック証券が日本一? 前回、GMOクリック証券の取引高が世界一になったという記事を書きましたが、 「日本の最大手は、外為どっとコムじゃないの?」 「外為どっとコムが一番だと思ってました・・・」 という質問を…