【金融庁】FX取引で法人もレバレッジ規制へ

法人口座もレバレッジ規制の対象に

とうとうきました…ウワサはありましたが、FX取引において法人もレバレッジ(倍率)規制が導入されるようです。昨年(2015年)1月に起きたスイスフランショックによって多くの法人が損失を出したことが規制のきっかけになった模様です。

【速報】アルパリが破綻

FX取引、法人も倍率規制 金融庁 来年にも通貨ごとに上限

2016/4/13 1:30

金融庁は外国為替証拠金(FX)取引の規制を強化する。すでに個人の取引は元手となる証拠金の25倍までに制限しているが、法人にも倍率規制を導入する。過去の相場の変動を踏まえ、通貨ごとに倍率の上限を決める。相場の急変で個人だけでなく中小企業などが過度なリスクを負うことを防ぐ。

金融商品取引法の内閣府令を改正し、来年にも規制を適用。FX取引を扱う業者に対し、法人も一定以内の倍率での取引に抑えることを求める。

FXは担保にあたる証拠金を業者に預けて外貨を売買するしくみで、証拠金を大幅に上回る金額の取引ができる。例えば個人の場合、足元の円相場なら108万円(1万ドル)の証拠金で最大25万ドル分まで取引できる。少ない元手で大きな為替差益を狙える半面、倍率が高いと小さな相場変動でも多額の損失を被るリスクがある。

金融庁は証拠金の500倍といった高倍率の取引が存在していたFXで、個人は2010年に最大50倍、11年には25倍までとする規制を導入した。ただ中小企業などの法人は対象外で倍率規制はなかった。新規制は法人を対象にし、「ドル・円」や「ユーロ・ドル」などの通貨の組み合わせごとに過去の相場の変動幅に基づいて倍率の上限を決める方針だ。

FXの取引規模は15年12月に月間354兆円に達している。大半は個人投資家による取引とみられているが、15年1月にスイスフランがユーロに対して約3割上昇した際には、法人投資家に証拠金を上回る損失が発生した。新たな規制の導入ではこうした事態を防ぐ。

引用:日本経済新聞

国内のFX個人取引は2010年に50倍、そして2011年に25倍にまで引き下げられました。その煽りを受けて、規制のない海外FXブローカーに流れる個人投資家が増えたことは記憶に新しいです。

一方、規制対象外の法人口座では、今までどおり100倍から200倍、中には400倍(国内業者)という大きなレバを掛けてトレードできていたわけです。ところが今回の金融庁の発表では、厳しいレバレッジ規制を法人口座にも拡大して適用するという内容です。

実は私は法人口座を所有しトレードをおこなっています。ただ、もともとレバレッジは数倍程度でおこなっていますので、影響はありません。ただ私の知人などは、100倍程度のレバレッジで日常的にトレードをおこなっており、彼らにとってレバレッジ規制は大きな影響を及ぼしそうです。

証券会社のリスク管理を促すことが目的か

今回の規制は、通貨ペアごとにレバレッジを定めるという点がキモだと思います。一律規制ではなく、通貨ペアによっては25倍から100倍くらいの差があるのではないかと予想しています。

FXブローカーにとっても、レバレッジが高ければ高いほど未収金発生リスクが高まるわけで、レバレッジ規制の流れは必然なのでしょうね。金融庁としてはむしろ、法人投資家保護というよりは証券会社のリスク管理を促す目的があるのかもしれません。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

金融庁が悪質ブローカーを本気(マジ)で潰しにかかってきた件

最大1億円の過怠金を含むFX業者規制内容とは? 金融庁が、悪質FXブローカーの取り締まりに本気を出します。2013年5月31日(金)の日本経済新聞ニュースです。 FX取引、売買価格公正に超短期取引も制限  2013/5/…

『高勝率トレード学のススメ』レビュー

投資の良書をご紹介 今日は、久々に蔵書を紐解いてみました。投資に関する書籍は、自宅に120冊くらいあります。所有する投資本の大半が4~5年前に購入したものです。最近は、購入していません。改めて読み直すと、当時とは違った気…

チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのアービトラージ手法 今回紹介するチーティングトレーダー育成プロジェクトは、読者様から検証依頼のあった商材です。 チーティングトレーダー育成プロジェクトは、マーケットの歪みを狙ったアービトラージ的な手…

GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました

GMOクリック証券の外為オプション実績が公表された FXトレード・ファイナンシャルに続いてGMOクリック証券も、バイナリーオプションの月別実績を公表しましたね。 出典:GMOクリック証券外為オプション取引の月次取引実績 …

FX-Sync Trade System(FX-STS) 【検証とレビュー】

”元ファンドマネージャー”の運用実績 販売ページから漂ってくる自信と裏腹に、運用実績は残念な結果となっています。FX-STSの運用実績は以下のサイトから見ることができます。 http://sync-ts.net/fxsi…

クロスファイアFX 【検証とレビュー】

ロングラン販売中のクロスファイアFX このEAですが、2010年の3月から販売開始して、未だに売れ続けていますね。販売当初は49800円でしたが、今は10000円で販売されています。開発者はMr.Brain氏です。よく名…

ヴィッキースマイル 【検証とレビュー】

ヴィッキースマイルはポンド円専用EA ユニークな名前のEAが登場しました。ヴィッキースマイルというEAです。ポンド円(GBPJPY)専用の自動売買システムですね。 証券会社フリー版(49,800円)と指定証券会社対応版(…

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝 【検証とレビュー】

4時間足を使ったスイングトレード 「ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」を購入しました。 最近はあまりFX商材を購入していないのですが、この商材の検証依頼を受けて販売ページを見た時に非常に気になってしまい…

GOLD KOUSUI (幸水)の公式成績が破綻した

GOLD KOUSUIが口座破綻 このサイトで過去に取り上げていたGOLD KOUSUIが、どうやら破綻していたようです。口座破綻したのは、販売者の公式成績です。 出典:http://www.myfxbook.com/m…

デイトレンドFX 【検証とレビュー】

ルールが明確な裁量系デイトレ商材 デイトレンドFXは、2008年8月から販売されていて未だに地味に売れている商材です。チャート上に複数のテクニカル指標を表示させ、厳密なルールに従ってエントリー・エグジットを行います。 ル…

池辺雪子の1億円投資家倶楽部【検証とレビュー】

池辺雪子のFX塾の入会費は200万円!? あの池辺雪子さんが高額FXスクールを始めました。「池辺雪子の1億円投資家倶楽部」という名称です。コースは2つ。 通常コース(6ヶ月)288,000円 パートナーコース(12ヶ月)…

Flash Zone FXの販売終了まであと12時間

【残り12時間】Flash Zone FX販売終了へ いよいよFlash Zone FX(フラッシュゾーンFX)の販売終了まで1日を切りました。終了時刻は10月1日の午前2時。つまり今日の深夜2時です。 Flash Zo…