当ブログのオリジナル特典はこちら

モンスタースキャルFX【検証とレビュー】

モンスタースキャルFXは、まさに”居合抜き”トレード!【検証とレビュー】
モンスタースキャルFXは、まさに”居合抜き”トレード!【検証とレビュー】

本日は、LTCM合同会社が販売するFX情報商材『モンスタースキャルFX』を購入しましたので、詳しく検証レビューします。

モンスタースキャルFX
モンスタースキャルFX
販売元:LTCM合同会社
開発者:加藤ムネヒサ&Gaia(ガイア)
発売日:2021/02/08
公式サイト:https://monsterscal-fx.com/

開発者の加藤ムネヒサ氏は、FX専業トレーダーとしての経験も長く(7年以上)、その経験を活かして『FX商材比較ゴールドナビ』というFX商材レビューサイトも運営されています。

今回の『モンスタースキャルFX』商材は、その加藤ムネヒサ氏と彼の師匠とされるFX歴9年のGaia(ガイア)氏との共同開発とのこと。

『モンスタースキャルFX』検証とレビュー

モンスタースキャルFXの会員サイト(購入者専用サイト)がこちら。

購入者専用サイトにて取引マニュアルや専用ツール(MT4)を提供

モンスタースキャルFXの購入者専用サイト
モンスタースキャルFXの購入者専用サイト

会員サイト上で取引マニュアルや専用ツール(MT4)が提供されます。

『モンスタースキャルFX』の概略

まずは、『モンスタースキャルFX』の概略を簡単にまとめておきます。

取引手法:

  • 市場オープン時高速スキャルピング

取引時間足:

  • 1分足のみ

通貨ペア:

  • USD/JPY(ドル円)
  • EUR/JPY(ユーロ円)
  • GBP/JPY(ポンド円)

取引時間:

  • 東京時間オープン|09時00分

応用編として以下の市場のオープン時間帯も取引可能

  • 欧州時間オープン|16時00分(冬17時00分)
  • NY時間オープン|21時00分(冬22時00分)

リスクリワード:

  • 利益1:損切り1 (利益幅と損切り幅は同じ=原則)

『モンスタースキャルFX』はどのようなFX商材か?

『モンスタースキャルFX』は1分足のみを使った順張りスキャルピング手法です。特徴は3つ。

  1. 1分足のみを使ったスキャルピング(順張り)
  2. たった1つのパターンのみでローソク足の形状確認)で仕掛ける
  3. 東京市場オープン時をピンポイントで狙い撃つ

以下詳しく解説していきます。

1.1分足だけを使ったスキャルピング手法(順張り)

最初の特徴は、1分足のみを使うという点です。上位の時間足(5分足や30分足、1時間足など)は一切チェックしません。本当に1分足しか使いません。

商材購入後に提供されるツールをMT4(MetaTrader4)に設定したチャート画面をご覧ください。

モンスタースキャルFXをMetaTrader4に設定
モンスタースキャルFXをMetaTrader4に設定

上のチャート図は、モンスタースキャルFX購入者サイトで提供されるMT4専用のインジケーター・テンプレートをそのままコピペして設定した画面です。ご覧の通り、シンプルな1分足チャートが3枚だけ。

左のチャートから、

  • USD/JPY(ドル円)の1分足チャート
  • EUR/JPY(ユーロ円)の1分足チャート
  • GBP/JPY(ポンド円)の1分足チャート

の順番で表示されています。

一番左側のUSD/JPY(ドル円|1分足チャート)を拡大してみましょう。

モンスタースキャルFX|USDJPY|1分足チャート
モンスタースキャルFX|USDJPY|1分足チャート

すごくシンプルですよね。

MTF(マルチタイムフレーム)のように、上位の時間足(5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足・日足)をチェックすることも一切行いません。1分足チャートのみで取引が100%完結します。

2.たった1本のローソク足だけで仕掛ける=プライスアクショントレード

2つ目の特徴は、仕掛けのパターンがたった1つしかないということ。1分足のローソク足、しかも見るのは1本だけです。

1本のローソク足だけを確認し、その日の仕掛けの方向・仕掛けのタイミング・TP(利益確定ポイント)・SL(損切りポイント)を決定します。

たった1本のローソク足だけで仕掛ける=プライスアクショントレード
たった1本のローソク足だけで仕掛ける=プライスアクショントレード
ローソク足1本で以下の5つを決定
  1. その日のトレードの可否
  2. 仕掛けの方向(買いか売りか)
  3. 仕掛けのタイミング(ENTRYポイント)
  4. TP値(利益確定ポイント)
  5. SL値(損切りポイント)

細かなロジックについてはネタバレとなるため割愛しますが、驚くほどシンプルなロジックです。

3.東京市場オープン時を、ピンポイントで狙い撃つ

最後の際立った特徴は、東京市場のオープン時(09時00分)のみを狙った”寄り付き限定トレード”であるという点。

24時間オープンしているFX市場においては、寄り付きという概念はほとんどありませんが、それでも各市場のざっくりとした開始時間は常に意識されていますよね。東京時間(アジア時間)であれば日本時間の午前9時が市場オープンと認識されています。

『モンスタースキャルFX』は、その9時ジャストのタイミングのみを狙い撃つ手法となります。1分足を使うので、まさに09時00分〜09時1分の間に完成された足(1分足)をチェックすることになります。

モンスタースキャルFX購入者サイトで提供されるMT4専用のインジケーター・テンプレートでは、ちょうどその切り替わりの時間帯がすぐにわかるように、チャート画面が市場ごとに自動的に色分け表示されます。

東京時間になるとチャート背景色が自動的に変わる
東京時間になるとチャート背景色が自動的に変わる

補足:他の市場オープン時(欧州オープニング・NYオープニング)でも応用できる

”えー?東京時間のオープン(朝9時)しか使えない手法なの?”と残念に思うユーザーもいるかもしれませんが、実は他の市場オープン時も同じストラテジーが使えると解説されています。つまり…

  • 欧州時間オープン|16時00分(冬17時00分)
  • NY時間オープン|21時00分(冬22時00分)

欧州市場オープニングやNY市場オープニングでも、たった1本のローソク足(1分足)を確認することで仕掛けることができます。その詳しい解説も本商材のマニュアルに含まれています。

Londonオープン、NYオープンでの取引手法
Londonオープン、NYオープンでの取引手法

相場のエネルギーが最も高まる市場オープン時間を待ち伏せて、蓄積されたエネルギーが解き放たれる瞬間を狙う

『モンスタースキャルFX』は、1分足のたった1本のローソク足で仕掛けるという究極のシンプル手法です。ここではネタバレにならない程度に、そのロジックを解説します。

端的に言えば、相場のエネルギーが最も高まる市場オープン時間を待ち伏せし、蓄積されたエネルギーが解き放たれる瞬間のみを狙う手法といえます。

市場オープンのタイミングをピンポイントで狙い撃ちします。売買圧力が極限まで高まり、いっきに大勢のトレーダーが市場になだれ込むオープン時間を狙うわけです。イメージとしては株式投資における寄り付きトレードに近いですよね。

市場オープン時のローソク足の形状等で相場分析をするため、いわゆるプライスアクションに分類される手法となります。

ローソク足1本で以下の5つを決定
  1. その日のトレードの可否
  2. 仕掛けの方向(買いか売りか)
  3. 仕掛けのタイミング(ENTRYポイント)
  4. TP値(利益確定ポイント)
  5. SL値(損切りポイント)

1本のローソク足だけで上の5つの判断を瞬時におこないます。たった1本のローソク足の形状だけで取引判断するので、プライスアクションとしては究極に近いですね。

『モンスタースキャルFX』の1分足トレードは”居合抜き”だ!

たった1本のローソク足のみで、1分足で瞬時に仕掛ける…このイメージはまさに剣術の居合抜きです。

『モンスタースキャルFX』は”居合抜き”に似ている
『モンスタースキャルFX』は”居合抜き”に似ている

息を殺して静かに市場オープンを待ち伏せし、動いた瞬間に瞬時に仕掛ける…。

1分足ですから、そのわずか1分後には次の足が形成されてしまいます。その間にローソク足を分析し、仕掛けの可否・方向を瞬時に判断する必要があります。

早ければ数分後に勝敗が決まります。遅くとも1〜2時間後くらいにはTP(利確)もしくはSL(損切り)にヒットします。でも実は仕掛けた瞬間にTPもSLも設定してしまうので、その時点ですでに(未来の)勝敗が確定してるのですね(その後はOCO注文でほったらかしだから…)。

9時のチャイムと同時に瞬時に仕掛け、あっという間に勝負が決まる…まさに居合抜きトレードです。

1分足トレードの経験の少ないユーザーは、最初は慣れが必要かもしれませんね。

一つ、典型的な『モンスタースキャルFX』の勝ちパターンをお見せします。以下のチャート画像はUSD/JPY(ドル円)です。

モンスタースキャルFX|買いENTRY
モンスタースキャルFX|買いENTRY

背景色が切り替わった箇所が日本時間の午前9時です。

ローソク足が買いENTRYの条件を満たしています(ネタバレ防止のためボカしています)。ENTRY後にSLとTPを設定、そのわずか4分後には利益確定です。ここまで短時間でしかもキレイに手仕舞いまでいくことは稀ですが、イメージは理解できると思います。

モンスタースキャルFX
モンスタースキャルFX
販売元:LTCM合同会社
開発者:加藤ムネヒサ&Gaia(ガイア)
発売日:2021/02/08
公式サイト:https://monsterscal-fx.com/

『モンスタースキャルFX』の欠点

まず『モンスタースキャルFX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

FX商材の欠点(デメリット)

取引時間帯が限定された1分足トレードは慌ただしいので”慣れ”が不可欠

『モンスタースキャルFX』は朝9時限定の1分足スキャルピングです。9時という決まった時間に、形成された1分足を瞬時に解析しトレード判断を行います。簡単なように思えますが、やってみるとなかなか最初は大変です。

慣れてしまえば、それほど難しい作業ではないので、まずはデモトレードで訓練することをおすすめします。もしくは慣れるまでは最小ロット(0.1ロット)でENTRYして徐々に建玉を大きくするなど、段階を経ることが大切です。

ENTRYした後は、TP(利益確定ポイント)とSL(損切りポイント)をOCO注文で設定することができますので、基本「放置」です。放っておけば自動的に利確、または損切りとなります。

つまり仕掛けだけが慌ただしいだけなのですね。ENTRYさえ慣れてしまえば、毎日機械的に作業することが可能になります。

FX商材の欠点(デメリット)

順張りだが、大きな利幅は見込めない

1分足を使うため、一度のトレードで得られる利幅はそれほど大きくはありません。当然といえば当然です。USD/JPY(ドル円)で5〜15pips、その他のクロス円で10〜20pipsが平均でしょう。

ENTRY時に、ある目安で損切りポイントを定めるのですが、その幅と同等幅で利確ポイントを決定します。従いまして、利益幅と損切り幅の比率は1対1、同じ幅です(=原則、例外もあり)。

順張りロジックがベースですので、トレンド方向へ仕掛けるわけですが、損切り幅と同等の利確幅であるため、利益が限定されてしまうのですね。この点は少しもったいないですね。

※『モンスタースキャルFX』の利幅を伸ばすためのオリジナル特典ツール(Monster_Scal_Advance.ex4)を無料で提供します!

『モンスタースキャルFX』の唯一最大の欠点は、利益幅が最初から決まっているため、ボラティリティが高い相場で利幅を伸ばしにくい点です。

この利幅をもっと伸ばすことができたらリスクリワードが大きく改善され、PF(プロフィットファクター)もグンと伸びます。トレードに余裕が生まれます。

そこで、当サイトのオリジナル特典として、『モンスタースキャルFX』の利幅を伸ばすためのオリジナルツールを作りました。

  • Monster_Scal_Advance.ex4

Monster_Scal_Advance.ex4は、『モンスタースキャルFX』の欠点である小さな利幅(TP)を、トレンドに追随していっきに伸ばすためのオリジナルインジケーターです。

『モンスタースキャルFX』の1分足チャートにMonster_Scal_Advance.ex4を設定した画面がこちら。

当サイトオリジナル特典|Monster_Scal_Advance
当サイトオリジナル特典|Monster_Scal_Advance

上昇トレンド・下落トレンドを帯でそれぞれブルー・レッドの帯で表示させたオリジナルインジケーターです。

『モンスタースキャルFX』は各市場(東京・ロンドン・NY)のオープン時間をピンポイントで狙う手法ですが、利益幅は損切り幅と同じですので、残念ながら大きな利幅を確保できません。

モンスタースキャルFXのTP
モンスタースキャルFXのTP

しかしながらMonster_Scal_Advance.ex4を導入することで、ビッグトレンド時に利益をギリギリまで伸ばすことが可能になります。

下図をご覧ください。Monster_Scal_Advance.ex4が下落トレンドを捉えて利幅を伸ばせていますね。

Monster_Scal_AdvanceのTP|売りトレード
Monster_Scal_AdvanceのTP|売りトレード

買いの場合も同様。ボラティリティが大きくトレンドが発生した際に『モンスタースキャルFX』の利確ポイントよりもはるかに大きな利幅を生み出してくれます。

Monster_Scal_AdvanceのTP|買いトレード
Monster_Scal_AdvanceのTP|買いトレード

最初に建てたポジションを複数に分けて利確するのもアリです。ポジションの一部を『モンスタースキャルFX』の利確ポイントで決済し、残りはMonster_Scal_Advance.ex4を活用して、できるだけ長くトレンドを追いかけて利確するなど。

また、Monster_Scal_Advance.ex4で直近のトレンド方向を確認しておくことで(=買い圧力・売り圧力どちらが優勢なのか)、モンスタースキャルFXが仕掛ける方向の優位性を担保することにも繋がり、自信を持ってENTRYすることができます。

Monster_Scal_Advance.ex4は単体でも使えますが、『モンスタースキャルFX』と組み合わせれば、欧州オープンやNYオープンなどのボラティリティが高い時間帯にさらに威力を発揮します。トレンドを極限まで追いかけ、手仕舞いする最適なタイミングを知らせてくれます。

※『モンスタースキャルFX』を当サイトからご購入いただければ、通常特典【SQシリーズ】に加え、Monster_Scal_Advance.ex4も合わせて無料プレゼントさせていただきます。

FX商材の欠点(デメリット)
  1. 取引時間帯が限定された1分足トレードは慌ただしいので”慣れ”が不可欠
  2. 順張りだが、大きな利幅は見込めない
  3. ※『モンスタースキャルFX』の利幅を伸ばすための特典ツール(Monster_Scal_Advance.ex4)を用意

『モンスタースキャルFX』の評価点

次に『モンスタースキャルFX』の評価できるポイントを解説します。

FX商材の良点(メリット)

”勝率の高さ”が本商材の優位性を生み出している

先に述べましたが、本商材のリスクリワードは1対1、つまり”利幅=損切り幅”となります。ENTRY時に損切り幅(SL)を決めて、その幅と同等の利益幅(TP)をOCOにて定めます。利幅と損切り幅が同じであるならば、この手法においては勝率の高さが優位性に大きく影響を与えることになります。

勝率については販売ページ上でも70〜80%と謳っています。実際に過去チャートで検証してみたところ、思った以上に勝てています。目視チェックだけでも勝率は60%を切ることはないのでは?という印象です(=今後リアルチャートで検証していく予定です)。

勝率が高いからこそ(50%を超えているからこそ)、リスクリワードが1対1でも十分に利益を残せるわけですね。さらにリスクリワード比を向上させるための当サイトオリジナル特典を用意しました。それがこちら。

  • Monster_Scal_Advance.ex4
当サイトオリジナル特典|Monster_Scal_Advance
当サイトオリジナル特典|Monster_Scal_Advance

Monster_Scal_Advance.ex4は、大きなトレンドを捉えて追随し、利幅を伸ばすためのオリジナルインジケーターです。1分足におけるトレンドをビジュアルでわかりやすく表示し、『モンスタースキャルFX』の欠点である利幅の少なさを補完して利益を拡大する可能性を高めます。

FX商材の良点(メリット)

トレードチャンスは少ないようで、実は多い

本商材の仕掛けタイミングは、東京市場オープン時、つまり午前9時となります。となると1日に1回だけですよね。とはいえ、対象通貨ペアは3通貨ペアです。

  • USD/JPY(ドル円)
  • EUR/JPY(ユーロ円)
  • GBP/JPY(ポンド円)

午前9時の時点で3回の取引チャンスがあります。さらに、慣れてくれば東京市場以外の市場オープン時も狙うことができるようになります。

すなわち以下の3つの時間帯です。

  • 東京時間オープン|09時00分
  • 欧州時間オープン|16時00分(冬17時00分)
  • NY時間オープン|21時00分(冬22時00分)

つまり、

3通貨ペア ✕ 3市場 = 合計9回/日

となるわけです。こうして考えるとトレードチャンスは意外と多いですね。

またトレードタイミングは各市場のオープン時のみと限定されているので、その時間さえチャートを見ることができればトレード可能です。他の時間は別の手法でトレードしていても全く問題ないわけですね。

トレード時間帯が限定されていることで、ムダなトレードを省くというメリットもあります。

ただし、毎回必ずENTRYできるわけではありません。ローソク足の形状によってはトレードを見送る場合もあります。取引を見送るルールも、マニュアル内で明確に定められています。

FX商材の良点(メリット)

スキャルピングだが、OCO注文によって放置が可能

本商材は1分足スキャルですので、慣れるまでは仕掛けの作業(ENTRY作業)を慌ただしく感じるかもしれません。なにせ1本の足のみですべてを判断するのですから。

ローソク足1本で以下の5つを決定
  1. その日のトレードの可否
  2. 仕掛けの方向(買いか売りか)
  3. 仕掛けのタイミング(ENTRYポイント)
  4. TP(利益確定ポイント)
  5. SL(損切りポイント)

とはいえ、ENTRYしてしまえばあとの作業はTP(利益確定ポイント)とSL(損切りポイント)をOCO注文で入れるだけです。そして、そのまま放置(ほったらかし)でOK。数分後あるいは、数十分後にはTPかSLどちらかにヒットして自動的にポジションがクローズされます。

つまり最初の1分だけ集中力が求められるのです。そこさえクリアすれば基本的には放置です。超短期スキャルピングですが、慣れればやることは少ないと感じるはず。

FX商材の良点(メリット)

たった1つのチャートパターンを覚えるだけの極限までシンプルな手法

『モンスタースキャルFX』で学ぶべきことは、たった1つのローソク足パターンのみです。1分という短時間で形成されるローソク足ですべての判断を行います。究極のプライスアクショントレードといえます。

シンプルだからといってバカにすることはできません。なぜその足なのか?なぜその方向に仕掛けるのか?なぜ損切り幅をそこに置くのか?などについて、非常にロジカルな解説がなされています。詳しくは本商材のマニュアルをお読みいただくとして、『モンスタースキャルFX』の優位性は、Gaia(ガイア)氏と加藤ムネヒサ氏による長年の経験値から導き出されており、決して侮れません。

FX商材の良点(メリット)

スマートフォンやタブレットでもトレード可能(通勤時でも出勤時でもサクッとトレード)

『モンスタースキャルFX』のチャート画面は、恐ろしくシンプルです。

モンスタースキャルFX|USDJPY|1分足チャート
モンスタースキャルFX|USDJPY|1分足チャート

ご覧の通り、複雑難解なカスタムインジケーターは一切ありません。つまり、MT4などでなくてもトレード可能なのですね。お使いの証券会社のチャートさえあれば、取引できます。スマホやタブレットで証券会社のチャート画面や取引画面を表示できれば、外出先(通勤時や出勤時)でもトレードできるわけです。それくらいにシンプルな手法として完成されています。

FX商材の良点(メリット)

応用編の”ドテン売買”は中上級者にとって嬉しい

本商材の応用編(スペシャル特典)として、ドテン売買法が解説されています。基本ロジックで仕掛けた際に損切りになった場合に、すぐさま逆方向へ新たに仕掛ける手法です。

モンスタースキャルFX|応用編の”ドテン売買”が秀逸だ!
モンスタースキャルFX|応用編の”ドテン売買”が秀逸だ!

最初のトレードが損切りされたからといって、即座にドテンを仕掛けるという雑なルールではありません。相場分析によってドテンを仕掛けた場合の成功する確率を冷静に判断し、確度が高ければ仕掛けるというもの。中・上級者向にとって、こうした高度なアレンジ手法が用意されていることは嬉しいですね。

このドテン手法を実践する際も、当サイトオリジナル特典であるMonster_Scal_Advance.ex4が威力を発揮します。ドテン時のトレンドをきっちり捉えることが可能です。

FX商材の良点(メリット)
  1. ”勝率の高さ”が本商材の優位性を生み出している
  2. トレードチャンスは少ないようで、実は多い
  3. スキャルピングだが、OCO注文によって放置が可能
  4. たった1つのチャートパターンを覚えるだけの極限までシンプルな手法
  5. 応用編の”ドテン売買”は中上級者にとって嬉しい

『モンスタースキャルFX』総合評価

S評価

【結論】相場のエネルギーが最も高まる”市場オープン時間”を待ち伏せし、蓄積されたエネルギーが解き放たれる一瞬を狙う超速スキャルピング手法
たった1本のローソク足だけで即座にENTRY、その後はOCO注文でほったらかし(放置)が基本だ
間合いに入った瞬間に一瞬で仕掛ける手法はまさに”居合抜きトレード”といえる
リスクリワードは1対1だが、勝率の高さが本商材の優位性を高めている
機械的にスキャルしたい人、勝率の高いスキャル手法を求めている人におすすめできるFX商材だ

剣術における”居合抜き”、まさにこの言葉がふさわしいFX商材です。静かに市場オープンを待ち伏せし、動いた瞬間に瞬時に仕掛ける。その時点ですでに勝敗が確定するわけです(その後はOCO注文でほったらかし)。

相場の蓄積されたエネルギーが瞬間的に開放されるタイミングを見計らって、動いたところをサクッと刈り取ります。達人級の居合いです。

1分足を使うスキャルピングですが、覚えるべきはたった1つのローソク足パターンだけ。そのパターンさえ覚えてしまえば、瞬時の裁量判断によって機械的にトレードすることが可能です。

毎日、毎朝、トレードチャンスが訪れます(対象は3通貨ペア・クロス円)。また応用編として用意されている欧州オープン・NYオープンを狙い撃ちする手法も取り入れれば、さらにトレードチャンスは増えます。

リスクリワードは1対1で、損切り幅と利確幅が同じ値で設定しますが、そこは勝率の高さでトータルの利益をプラスに持っていく優位性を確保しています。

手法としてはFX初心者でも十分に実践できるほどシンプルかつ再現性の高いロジックです。しかも中・上級者向けに逆方向への仕掛け法やドテン売買法などの応用手法も複数用意されているので、購入の満足度は高いはず。

『モンスタースキャルFX』の利益を最大化するオリジナル特典をおつけします

完成度の高い手法ですが、順張り手法であるにも関わらずリスクリワードが1対1であるがために、残念ながらトレンド時に利益を伸ばしきれないケースが多々あります。東京時間はボラが低いためルール通りの1対1のリスクリワードでもOKだと思いますが、欧州時間やNY時間のボラティリティが高い市場ではちょっともったいないですね。

そこで『モンスタースキャルFX』の利益を最大化するツールを作りました。それがこちら。

  • Monster_Scal_Advance.ex4

当サイトのオリジナル特典として提供させていただきます。Monster_Scal_Advance.ex4は、トレンド判断を視覚的に容易にするツールです。『モンスタースキャルFX』のチャートに加えることで、トレンド発生時により大きな利益を狙うことを可能にします。

当サイトオリジナル特典|Monster_Scal_Advance
当サイトオリジナル特典|Monster_Scal_Advance

当サイトから『モンスタースキャルFX』を購入された方に、無料で配布させていただきます。

FX商材の良点(メリット)
  1. ”勝率の高さ”が本商材の優位性を生み出している
  2. トレードチャンスは少ないようで、実は多い
  3. スキャルピングだが、OCO注文によって放置が可能
  4. たった1つのチャートパターンを覚えるだけの極限までシンプルな手法
  5. 応用編の”ドテン売買”は中上級者にとって嬉しい
FX商材の欠点(デメリット)
  1. 取引時間帯が限定された1分足トレードは慌ただしいので”慣れ”が不可欠
  2. 順張りだが、大きな利幅は見込めない
  3. ※『モンスタースキャルFX』の利幅を伸ばすための特典ツール(Monster_Scal_Advance.ex4)を用意

『モンスタースキャルFX』を購入したほうが良い人

  • シンプルなスキャルピング手法を探している人
  • 機械的にトレードしたい人
  • スマートフォンやタブレットでトレードしたい人

『モンスタースキャルFX』を購入してはいけない人

  • 中・長期トレード手法を探している人
  • いつでも好きな時にトレードしたいと考えている人
  • ポジポジ病の人
モンスタースキャルFX
モンスタースキャルFX
販売元:LTCM合同会社
開発者:加藤ムネヒサ&Gaia(ガイア)
発売日:2021/02/08
公式サイト:https://monsterscal-fx.com/

※『モンスタースキャルFX』の利幅を伸ばすためのオリジナル特典ツール(Monster_Scal_Advance.ex4)を無料で提供します!

『モンスタースキャルFX』の唯一最大の欠点は、利益幅が最初から決まっているため、ボラティリティが高い相場で利幅を伸ばしにくい点です。

この利幅をもっと伸ばすことができたらリスクリワードが大きく改善され、PF(プロフィットファクター)もグンと伸びます。トレードに余裕が生まれます。

そこで、当サイトのオリジナル特典として、『モンスタースキャルFX』の利幅を伸ばすためのオリジナルツールを作りました。

  • Monster_Scal_Advance.ex4

Monster_Scal_Advance.ex4は、『モンスタースキャルFX』の欠点である小さな利幅(TP)を、トレンドに追随していっきに伸ばすためのオリジナルインジケーターです。

『モンスタースキャルFX』の1分足チャートにMonster_Scal_Advance.ex4を設定した画面がこちら。

当サイトオリジナル特典|Monster_Scal_Advance
当サイトオリジナル特典|Monster_Scal_Advance

上昇トレンド・下落トレンドを帯でそれぞれブルー・レッドの帯で表示させたオリジナルインジケーターです。

『モンスタースキャルFX』は各市場(東京・ロンドン・NY)のオープン時間をピンポイントで狙う手法ですが、利益幅は損切り幅と同じですので、残念ながら大きな利幅を確保できません。

モンスタースキャルFXのTP
モンスタースキャルFXのTP

しかしながらMonster_Scal_Advance.ex4を導入することで、ビッグトレンド時に利益をギリギリまで伸ばすことが可能になります。

下図をご覧ください。Monster_Scal_Advance.ex4が下落トレンドを捉えて利幅を伸ばせていますね。

Monster_Scal_AdvanceのTP|売りトレード
Monster_Scal_AdvanceのTP|売りトレード

買いの場合も同様。ボラティリティが大きくトレンドが発生した際に『モンスタースキャルFX』の利確ポイントよりもはるかに大きな利幅を生み出してくれます。

Monster_Scal_AdvanceのTP|買いトレード
Monster_Scal_AdvanceのTP|買いトレード

最初に建てたポジションを複数に分けて利確するのもアリです。ポジションの一部を『モンスタースキャルFX』の利確ポイントで決済し、残りはMonster_Scal_Advance.ex4を活用して、できるだけ長くトレンドを追いかけて利確するなど。

また、Monster_Scal_Advance.ex4で直近のトレンド方向を確認しておくことで(=買い圧力・売り圧力どちらが優勢なのか)、モンスタースキャルFXが仕掛ける方向の優位性を担保することにも繋がり、自信を持ってENTRYすることができます。

Monster_Scal_Advance.ex4は単体でも使えますが、『モンスタースキャルFX』と組み合わせれば、欧州オープンやNYオープンなどのボラティリティが高い時間帯にさらに威力を発揮します。トレンドを極限まで追いかけ、手仕舞いする最適なタイミングを知らせてくれます。

※『モンスタースキャルFX』を当サイトからご購入いただければ、通常特典【SQシリーズ】に加え、Monster_Scal_Advance.ex4も合わせて無料プレゼントさせていただきます。

モンスタースキャルFX
モンスタースキャルFX
販売元:LTCM合同会社
開発者:加藤ムネヒサ&Gaia(ガイア)
発売日:2021/02/08
公式サイト:https://monsterscal-fx.com/

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

広告(スポンサーリンク)
FX情報商材ランキング|2021年版

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら