2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4【検証とレビュー】

1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4【検証とレビュー】

1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4【検証とレビュー】

D評価

『1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4』検証とレビュー

本日は、未来革命合同会社が販売するFX情報商材『1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4』を検証レビューします。

1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4
1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4
販売元:未来革命合同会社
開発者:EDGE
発売日:2013年8月30日
公式サイト:https://100pips.info/index.php?top

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

『1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4』はどのようなFX商材か?

EURUSD専用スキャルピングEA

本商材は、EURUSD専用スキャルピングEA(MT4自動売買ツール)です。

EAですので基本的には放置ですが、EAを可動させながら裁量でトレードすることも可能とのこと。毎日15〜35pipsの利益を積み上げていくロジックとのことですが、ロジックについては完全にブラックボックスであり、販売ページでもなにも語られていません。

XM口座推奨

商用EAにありがちの口座縛りはありませんが、XM口座(マイクロ口座)を推奨しています。

EA販売は投資助言代理業者登録が”必要”

未登録業者によるEA販売は違法(金商法への抵触)

先に結論を述べますが、EA販売には投資助言代理業登録が必要です。

前回レビューしたFX自動売買スナイパーもEAですが、未登録業者による販売でしたね。つまり違法(金融商品取引業法に抵触している)である可能性が高いです。

本商材を販売する未来革命合同会社(EDGE)も、どこを見ても投資助言代理業登録が確認できないため、法に抵触する行為をしていると考えられます。

※厳密に違法かどうかについては、監督庁の個別判断になります。

サポート付きでEAを販売する行為は投資助言・代理業登録が必要

えっ!EA販売に投資助言代理業登録が必要なの?と驚かれる方も少なくないでしょう。

正しくは、以下の行為に関しては投資助言代理業登録や第一種金融商品取引業登登録が必要とされています。

  1. EAを販売し、サポートを継続的におこなう行為
  2. 特定の口座縛りでEAを販売し、証券会社から利益(アフィリ報酬等)を享受する行為
  3. EAを会員制で販売・レンタルする行為

本商材は、無期限・無制限サポート付きでの販売ですので、1番に該当します。

無期限で回数無制限のメールサポートが付いています。

仮に、未来革命合同会社(EDGE)が、推奨口座である「XM」から利益(口座開設によるアフィリエイト報酬等)を受け取っていれば、2番にも該当しそうですね。

FX自動売買スナイパーも1番に該当するため、投資助言代理業者登録は必要ですが、どうやら登録はしていないようです。

一方、以下の行為は制限されていません。つまり金商法に関係なく可能な行為です。

  1. EAを開発する行為
  2. EAを売り切りで販売する行為(サポートなし)

EA販売が厳しく監視される理由は「ファンド」同様に投資判断を一任しているから

そもそもEAを販売するのに、どうして投資助言代理業者や第一種金融商品取引業登録が必要なのか、考えたことがありますか?

それはEAの”本質”がファンド(投資信託)と同じだからです。

ファンドは、投資家から広く資金を集め、専門家が様々な金融商品で運用して運用益を分配するサービス(商品)です。投資家が、投資判断を一任していますね。

同様に、EAも各投資家が特定のロジック(自動売買ロジック)に頼り、自身の資金をほったらかしで運用委託(他人の投資ロジックに依存)しています。つまり投資判断を一任して運用を委託してるようなものです。これはファンドと根源的に同じ行為です。

だから、ファンドの運用・勧誘・販売並みに、特定の販売形式を持つEA販売も、金融庁の監視下に置かれるわけです。

EA販売サービスに関わる各社の見解

ゴゴジャン「EA販売は金融庁に助言代理業登録を行なう必要がある」

ここで、EA販売サービスに関わる各社の見解を引用しておきます。まずはGogoJungle(ゴゴジャン)

EAの販売にあたり、金融の免許は何か必要でしょうか?

EAのご販売に際しての金融庁登録等のお問い合わせにつきまして、出品者様が金融庁への助言代理業登録を行なう必要性はないと判断いたしております。

EAをはじめとする金融商品の自動的な売買を行なうソフトウェアは、過去に考えられたロジックをコード化したものでありますので、具体的な売買の指示をしていることにはならない。
よって、有償で対価を得たとしても助言行為にあたらないとの見方がございます。

しかし、ソフトウェアを販売した後に、無償であってもバージョンアップ、あるいは何らかのお客様対応を行なう場合には、販売代金に継続的なお客様サポートも含まれると考えられるとの見解もございます。

そのお客様サポートは、過去に考えられたロジックに影響を与えるものであれば金融商品取引法で規定される助言行為にあたるとして、金融庁への助言代理業登録が必要との判断が、現在までのところ為されております。

販売後にお客様に対して何らかのご連絡等を行なわないということは現実的ではありませんので、EAの販売は、金融庁に助言代理業登録を行なう必要があると判断いたしております。

従いまして、出品者様はあくまでコードの著作権を持つ方、金融庁に助言代理業登録を行なう弊社がお客様への販売等のサービスを行ない、お客様に販売した都度に、出品者様に対して著作権の対価をお支払いするサービスとして運営いたしております。

引用:GogoJungle公式サイト よくあるご質問(FAQ)

回りくどい解説ですが、つまりサポート付きのEA販売は投資助言代理業者への登録が必要、という見解です。

ただし、投資助言代理業者であるGogoJungleのプラットフォームを利用すれば、登録は不要ですよ、と述べています。白か黒かと問われれば、グレーな販売スタイルです。

ココナラ「自動売買システム(EA)を販売する行為は投資助言・代理業に該当する」

次に様々なスキルを売切できる「ココナラ」の見解を紹介します。

自動売買システム(EA)の販売はなぜ禁止されているのですか?

自動売買システム(EA)を販売する行為は投資助言・代理業に該当すると考えられており、投資助言・代理行の登録を受ける必要がございます。

そのため、当社においては出品者の方の法令違反を防ぐために、自動売買システム(EA)の販売を禁止させていただいております。

引用:coconalaヘルプ

明確に、EA販売は投資助言代理業に該当すると述べていますね。

1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4
1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4
販売元:未来革命合同会社
開発者:EDGE
発売日:2013年8月30日
公式サイト:https://100pips.info/index.php?top

『1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4』の欠点

『1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

FX商材の欠点(デメリット)

EA販売そのものがもはや”時代遅れ”

一昔前(2010年台初頭)は、商用EAが雨後のタケノコのように販売されていました。ちょっとしたEAブームだったといえます。

EA販売を絡めたIB(Introducing Broker=スプレッドバック)、口座開設アフィリエイトが隆盛を極め、それこそ粗雑なEAを大量に販売し、IBで大儲けした悪徳業者が溢れかえっていた時代でした。

過剰なカーブフィッティングで過去成績を偽造したEAのクオリティは最悪で、フォワード成績はボロボロ…最悪の場合は口座破綻

つまり、実際に勝てる(長期的に利益を上げられる)EAは、皆無だったわけです。(※一部の早朝スキャルEAはほんとうに勝てましたが、証券会社が使用を禁止したため、姿を消しました。)

結果的に、EA販売に対する規制は厳しさを増し、現在に至るわけです。

投資助言代理業登録が必要であり、勝てなければボロカスに言われる。もはやEA販売は割に合わない商売といえます。

FX商材の欠点(デメリット)

バックテストデータの提示がないのは業者の怠慢だ

そもそもEA販売には、バックテストデータは不可欠です。本商材にはそれすらありません。少なくとも過去数年のストラテジーテスターの結果くらいは、提示するべきです。

成績の良いところだけを切り取って提示されて、それを信じて購入するユーザーはお人好しというか無知ですね。情報弱者と笑われても仕方がありません。

過去5年程度のヒストリカルデータを使ってバックテストを走らせることなど、EA開発者であれば造作もないことです。それすらやらないのは、なぜでしょう?

FX商材の欠点(デメリット)

フォワード成績すらも表示しないEAは信頼ゼロ

本商材はなんと2013年8月に販売されています。であるならば、2013年8月以降のフォワード成績があるはず。5年以上のフォワード成績を見せてほしいですね。

ほんとうに、毎日15〜35pipsの利益を積み上げができているのか?毎月60万円も勝てているのか?もし毎月60万円を積み上げているのならば、5年で3600万円程度にはなっているはずです。

「あなたに隙間時間で毎月60万円稼いでもらう」
本当にできると思いますか?これからその証拠をお見せしていきます

そのフォワード成績を見てみたいですね。ないと思いますけど…。

FX商材の欠点(デメリット)
  1. EA販売そのものがもはや時代遅れ
  2. バックテストデータの提示がないのは業者の怠慢だ
  3. フォワード成績すらも表示しないEAは信頼ゼロ

『1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4』総合評価

D評価

【結論】優位性の裏付けがほぼ皆無のEA(自動売買ツール)を買うことの”愚行”をもっと自覚するべき
バックテストデータやフォワード成績の提示はEA販売業者の最低限の”責務”だが、それすら行わないのは投資商品(商用AE)としての体裁をなしていない
身内や知人がこの手のFX商材を買おうとしたら”全力で止めるレベル”だ

本商材は、バックテストもフォワード成績も皆無の、無根拠EA(自動売買ツール)です。なにを頼りにEAの信頼性を担保すればよいのか…

身内や知人がこの手のFX商材を買おうとしたら、全力で止めるレベルです。

まあ、それでも買う人は一定するいるのでしょうね。ご自由にしてください。

追伸:商用EA販売は時代と逆行している

ひところに比べると商用EAは激減しました。EA販売がもはや時代遅れになってきた証拠です。

長期的に勝てるEAなど存在しません。相場はそんなに甘くないのです。ナンピン・マーチンゲール型EAも、常に口座破綻リスクに怯えなければいけません。

EAで勝ち続けている人は、自らEAを開発できる人で、なおかつ相場に合わせてEAをチューニングできる人だけです。もしくは、複数のEAでポートフォリオを組み、相場環境に応じて使い分けできる一部のトレーダーだけ。

たった一つのEAで相場からお金を引き出そうとする甘い考えの人が、商用EAに騙されてお金をドブに捨てるのです。

サポート付きのEA販売は、投資助言代理業への登録が義務化され、金融商品販売並みに厳しい監視下に置かれています。もはやEA販売そのものが割に合わないのです。

それでもEAを売り続ける業者がいることが、本当に不思議です。

FX商材の欠点(デメリット)
  1. EA販売そのものがもはや時代遅れ
  2. バックテストデータの提示がないのは業者の怠慢だ
  3. フォワード成績すらも表示しないEAは信頼ゼロ
1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4
1万円からスタートできるユーロドルスキャルピングFX全自動売買ロボットEAメタトレーダーMT4
販売元:未来革命合同会社
開発者:EDGE
発売日:2013年8月30日
公式サイト:https://100pips.info/index.php?top
≫ 特典付きで購入する

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら