一撃バイナリー 【検証とレビュー】

一撃バイナリーは、クリック証券対応の自動売買ソフト

一撃バイナリーは、バイナリーオプションの自動売買ソフトです。GMOクリック証券のみに対応しており、EURJPY(ユーロ円)専用となります。販売ページには詳細が記載されていませんが、これ非常にハイリスクなマーチンゲールですね。

バイナリオプションはご存じの通り、現在値より上か下かの2択でエントリーします。※バイナリオプションのリスクについてはこちらでも解説しています。

倍賭けマーチンゲールの危険性について

GMOクリック証券の場合、15分毎にエントリーできる仕組みですが、このソフトは怒濤のごとく全てのエントリーチャンスにポジションを建てていきます。そして、もし負けたら次のポジションで2倍の掛け金を建てます。それも負けたら、次はさらに倍です。いわゆる倍掛けマーチンと呼ばれる手法です。

仮に100円でスタートした場合、1敗すると次は200円でエントリー、2連敗すると次は400円、3連敗すると次は800円、という感じで倍掛けマーチンゲールを行います。100円スタートのマーチンゲールで、10連敗すると損失の総額はいくらになるでしょうか?正解は10万2300円です。(実際には10回目は上限の50,000円までしか掛けられないため、10万1100円となります)

1000円でスタートすれば、単純にこの10倍ですので、損失額は102万3000円です。と言いたいところですが、そう単純ではありません。実は証券会社のルールで、一度にトレードできる上限が50,000円に制限されています。従いまして、1,000円スタートすると・・・

1敗目 ▲1,000円
2連敗 ▲2,000円
3連敗 ▲4,000円
4連敗 ▲8,000円
5連敗 ▲16,000円
6連敗 ▲32,000円
7連敗 ▲50,000円(上限の50,000円)
8連敗 ▲50,000円(上限の50,000円)
9連敗▲50,000円(上限の50,000円)
10連敗▲50,000円(上限の50,000円)
合計 ▲263,000円(最大ドローダウン)

つまり6連敗すると、7回目から毎回50,000円を掛けていきます。そして10連敗すると、全てリセットとなります。つまり、263,000円の損失が確定した上で、また最初から1,000円スタートするわけです。うーん、非常にスリリングなギャンブルですね。

自動売買ですので、10連敗するまでに、わずか2時間半しかかかりません。ヘタすると2時間30分であなたの26万円が吹っ飛ぶ可能性があるわけです。(1,000円スタートの場合)ちょっと目を離した瞬間に、あなたの口座が空っぽになっているかもしれません。

10万円を口座に入れて1,000円でスタートすると、6連敗した時点で口座残高が37,000円になります。わずか90分で63,000円を失うことになります。ここで打ち止めです。一旦手動で止めて再スタートするしかありません。残りの37,000円で再スタートすると、今度は5連敗で31,000円が吹っ飛びます。残りは6,000円です。10万円が6,000円になるということです。

6連敗や5連敗って、どれくらいの頻度で発生するのか気になりますね。次章で確認してみました。

連敗の頻度は?

一撃バイナリーの販売者が過去のトレード結果をまとめたPDFを公表しています。ちょっと見てみましょう。

最初は100円スタートしてますね。12月5日からは1,000円スタートに変更しています。11月28日から12月13日までの平日12日間で、

7連敗が1回
6連敗が2回
5連敗11回

わずか12日間(営業日)で、連敗がこれだけあります。7連敗ということは、1,000円スタートの場合、最大含み損が113,000円ということです。7連敗に要した時間は、わずか1時間45分です。結構しびれますね。

マーチンゲールなので、マーチンを止めるまで(10連敗するまで)、もしくは資金が底をつくまでは、次の1勝で全ての負けを取り戻せる可能性があります。でももし、10連敗したら?あなたは10連敗が起きないと絶対に信じられますか?10連敗しないまでも、5連敗や6連敗は頻繁に発生しています。

破綻させないためには、口座残高に余裕を持たせるしかありません。しかし、余裕を持たせた状態で10連敗してしまうと、大きな損失になります。50万円入れて、1,000円スタート、10連敗すると52%の損失が発生します。つまり、50万円が23万7,000円になるということです。

しかも月額課金制で毎月8万円の利用料がかかります。※15,000円(毎月)のお試し版は、100円スタートしかできません。1,000円スタートは制限解除版の80,000円(毎月課金)を申し込む必要があります。

2択なので、連勝もあるが連敗もある

もちろん、ツール次第では連勝もあるでしょう。優位性のあるロジックを採用していれば、50%を超える勝率を維持できるかもしれません。こればかりは、やってみないと分からない(評価できない)ですね。

ただ、有利な点だけでなく、ネガティブな部分も知っておいて損はありません。ネガティブな点とは、上記に解説したとおり、連敗するリスクです。また、継続的に50%を超える勝率を維持しないと、期待値がマイナスのゲームなので資金が減ってしまいます。この点は、そのツール(商材)のロジック如何ですね。

結論:ギャンブルです

バイナリーオプションは、ギャンブルとして遊び金で楽しむのであれば、良いと思います。それなりに、ワクワク感があって、楽しめるかもしれません。でも、張る方向を指示されるギャンブルなんて、面白くないと思います。ギャンブルの高揚感を楽しみたいのであれば、自分で張る方向を決めた方がよっぽど楽しいと私は思います。

 よく読まれている記事

がんばれニッポンゴールド 【検証とレビュー】

がんばれニッポンゴールドは金ドル専用EA がんばれニッポンゴールドは、金ドル(XAU/USD)専用のEA(自動売買)です。 前回、Gold Rush Forex – Ultimat…

バイナリー大百科 【検証とレビュー】

バイナリー大百科は、裁量商材 バイナリー大百科は、バイナリーオプション商材にしては珍しい裁量系のマニュアルです。販売者であるニーノ氏は、ブログも運営されていますね。  バイナリーオ…

ボリ平式ドラゴンとスーパーボリンジャーは、どちらが優れているか?

”ボリ平式ドラゴン”と”スーパーボリンジャー” 先日の記事で、ボリ平式ドラゴンの詳細について記載しました。 ボリ平式バイナリーオプション講座 【検証と評価】 このボリ平式ドラゴンで…

バババババイナリー評価に対する「反論メール」が的を得ていない件

バババババイナリー評価に対するご意見を頂きました 以前ご紹介したバババババイナリー【検証・レビュー】記事に、複数のご意見を頂いています。 バババババイナリー 【検証とレビュー】その…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”

イニシア・スター証券が登録取り消し 2012年12月5日に、イニシア・スター証券が金融庁から行政処分を受けました。 イニシア・スター証券株式会社に対する行政処分について イニシア・…

100円を目前にしたUSDJPYに気になるEAは息をしているか?

99円台の攻防が続くドル円 ドル円がまた、すごいことになっていますね。 キプロスショック後から、あらためて急上昇しているのがわかります。この急激なドル円の上昇(円安)は、市販されて…

IQ190 超速スキャルFX
IQ190 超速スキャルFX【検証とレビュー】評価・・・B

「IQ190 超速スキャルFX」とはどんなFX商材か? 「IQ190 超速スキャルFX」はスキャルピングとブレイクアウトを巧みに融合させたロジックだ 作者の梶真英氏はIQ190の頭…

白船誕生FX 【検証とレビュー】

”白船誕生FX” と ”黒船再来FX” 今回は、読者様から提供して頂きました情報をもとに、FX商材を検証していきたいと思います。 その名も「白船誕生FX」です。・・・どこかで聞いた…

ナイトオブバイナリー 【検証とレビュー】

販売中の自社商材を「クソ」呼ばわりする会社… ナイトオブバイナリーの販売会社は、マイクロジャパン株式会社です。 マイクロジャパン株式会社は、バイナリーオプション ザ・シークレットと…

FX投資ソフト販売で337億円【オール・イン 逮捕】

300億円超のFX投資詐欺容疑のニュース 巨額のFX投資詐欺容疑ニュースです。 オール・イン元専務ら3人逮捕 FXソフト利用料詐取容疑、社長を指名手配 実在しない外国為替証拠金取引…

【速報】アルパリが破綻

スイスフラン(CHF)ご乱心でアルパリが破綻した スイスの中央銀行である国立銀行が相場介入を廃止(対ユーロの上限を撤廃)する発表を受けて、為替相場が大荒れしました。スイスフラン日本…

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?

FXCMジャパン証券のレート操作に行政処分 FXブローカーによるレート操作に、とうとう行政のメスが入りました。 数ヶ月前の情報ですが、ご存じない方も多いと思いますので改めて取り上げ…