60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件

60万円の自動売買システムが問題だった

気になる記事を見つけたので、ちょっとご紹介します。

個人投資家が60万円という高額なFX自動売買ツール(コピートレードツール)を購入したのですが、実は運用などまったくされていなかったという驚くべきお話です。

当時の販売会社は、年利30%を確約し過去3年間でマイナス月はないとセールスしていました。さらには1~2ヶ月で募集を締め切ると、販売を急いでいたようです。

しかし、60万円の自動売買システムを購入したとたん、販売会社とは連絡が取れなくなってしまいます。

最終的に国民生活センターに仲介を依頼し、ようやく販売会社との話し合いの場を持つことができました。

資産運用など行われていなかった!?

販売者の説明は驚くべきものでした。

自動売買システムを使っての資産運用は海外業者に丸投げしており、販売会社は単なる日本国内での販売代理を行っていたのみだというのです。しかも、この自動売買システムによる資産運用は、実は全く行われていなかったという事実が判明します。

販売会社(代理店)も、ある意味、被害者だというスタンスです。当然、他の購入者からは損害賠償請求も受けているようです。

結局6万円しか戻ってこなかった・・・

依頼者は60万円全額の返金を求めていたようですが、販売会社は債務超過に陥っており、返金資金の捻出ができないと回答します。

両者話し合いの結果、60万円の代金のうち、わずか10%の6万円のみが返金されることになりました。さらに販売会社は、6万円の返金に対する条件として、今回の件を開示しないという約束を取り付けています(約定書の差し入れ)。

54万円は踏み倒され、なおかつ「誰にも言わないでね」と約束までさせられています。

詳しい内容(国民生活センター資料)は、コチラです。

投資トラブルに遭わないために

こうした投資トラブルは他人事ではありません。大なり小なり、似たようなことはFX情報商材業界でも起きています。

  • 豪腕トレーダーによるコピートレードのはずが、単なる自動売買だった・・・
  • 月利○%を謳っていたシステムのはずが、最初からIB(スプレッドバック)狙いで、あっという間に破綻してしまった・・・
  • 販売ページでは、月成績で負けなし、と豪語していたのに、販売スタート後に、全く勝てなくなった・・・
  • 架空の人物をでっち上げて、いかにも勝てそうな売り文句を並べ立てる販売ページ・・・

こうしたトラブルに巻き込まれないためには、常に疑って掛かるという姿勢が必要です。美味しい話など、絶対に転がっていません。

「儲かりそう」「勝てそう」と思ったら危険

「儲かりそう!」と、ちょっとでも思ったら、もう相手の術中にはまっています。もしも「儲かりそう!」「勝てそうだ!」と思ったら、あなたはダマされやすい性格だということになります。

販売ページに書かれていることを、鵜呑みにすることは危険です。儲かる話を、なぜ他人に公開するのでしょう?

もしも私が確実に儲かるロジックを発見したら、絶対に誰にも公開しません。こっそり使い続けます。それが普通だと思いませんか?

中身やリスクが理解できない場合は買わない

それから、商材(ツール)の中身がよくわからない(理解できない)場合は、絶対に購入すべきではありません。そのツールやシステムのリスクが、自分で把握できない場合も同様です。

コピートレードやEA(自動売買)では、ロジックが伏せてあるケースが大半です。ロジックが不明のため、内在するリスクの把握が非常に困難です。

どうしても購入したいという場合は、最悪の場合資金の全額を失う(海外業者が逃げるなど)ことも、想定した上で購入すべきでしょう。

オススメはしませんが・・・

聖杯は存在しない

投資商材において、聖杯など存在しません。仮に聖杯があったとしても、私たち一般人が手にすることは、まずあり得ません。ごく一部の選ばれた人々だけで、ひっそりと聖杯が使われるはずです。

ゴールドマンサックスが超高性能のシステムを構築して、他の投資家よりも早くマーケット情報を入手し、巨額の利益を上げていたことは有名です。アメリカのナスダック市場はゴールドマンサックスからお金を受け取る見返りに、一般に比べて0.03秒も早くマーケット情報を提供していました。

0.03秒といえども、大きなアドバンテージです。これって聖杯に近いですね。

でも我々一般人が、このシステムを使うことは絶対にできません。使えるとすれば、ゴールドマンに多額の資金を預けている、突出した億万長者や企業だけです。

私たち弱小個人投資家は、ゴールドマンのような化け物が存在する世界で戦っているのです。小手先で勝てるような甘い世界ではありません。

しっかりと自分の経験とスキルを積み上げ、市場のわずかなエッジ(優位性)を見いだして、リスクをコントロールしながら、投資を行っていくわけです。それは頭で考える以上に、大変な作業だと思います。

簡単に儲かるツールなど、存在しません。そのことを理解するべきですね。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

【10億円超?】貯金3億円男★大先生の保有資産が計り知れない・・・

貯金3億円男★大先生っていったいいくら持ってるんだ? 貯金3億円男★大先生を覚えているでしょうか?2016年だけで6億円もの損失を出した稀代の賭博師です。 貯金3億円男★大先生という稀代の賭博師が人々を魅了する理由(ワケ…

ハイローインベスターアカデミー【検証とレビュー】

「ハイローインベスターアカデミー」は21万円〜33万円 あのアルケミーシステムが「ハイローインベスターアカデミー」として販売を開始しました。価格は以下のとおりです。 217,000円(現金一括、先着10名) 267,00…

ドルエリオンFX 【検証とレビュー】

ドルエリオンFXはUSDJPY専用のEA ドルエリオンFXは、USDJPY(ドル円)専用の、EA(自動売買システム)です。一般的なナンピン・マーチンゲールタイプのEAです。 販売ページは派手なアニメチックなデザインです。…

損切りしない戦略と”トラップリピートイフダン”

損切りしない戦略 ここ数日、損切りしない戦略について記事をアップしてきました。 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 4億7000万円稼いだカリスマ主婦…

バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリーオプションの5月の取引高の落ち込みが半端ない 一般財団法人金融先物取引行協会が2014年6月13日に発表した、個人向け店頭バイナリーオプション取引月次データが、非常に興味深いです。以下のデータをご覧ください。 …

今週末は注意が必要、中国で何かが起きるかも・・・

約24兆円(1兆5000億元)の償還が焦げ付く? ご存知の方も多いと思いますが、中国の金融機関がヤバそうです。 6月下旬(今週)に、約24兆円を超える中国の高利回り金融商品が、償還の期日を迎えます。ところが、中国の一部の…

大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その2

「大市民流FX資産構築メソッド」の中身を解説 PDFファイル107ページ(本編60ページ、特典・特別レポート47ページ) さっそく「大市民流FX資産構築メソッド」の中身を解説していきます。商材の中身はPDFテキストです。…

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった 先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプションのようですね。 ネクストバイナリーアカデ…

Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと

Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしい 前回の記事で、FlashZoneFXの具体的なロジックについて解説をおこないました。 Flash Zone FX【検証とレビュー】 Flash Zone FXを…

ヒルズバイナリー(FX MAO)【検証とレビュー】

ヒルズバイナリーの推薦者であるFX孔明氏 ヒルズバイナリーの推薦者は、一部の商材でよく見かける人ばかりですね。 販売ページを見てみる その中のお一人、FX孔明氏については、このブログでも取り上げたことがあります。 成績不…

FXトレーダーは”社会の底辺組”なのか?

FXのCMに起用されているタレントが・・・ 最近FXブローカーのCMが話題ですね。多くのFX証券会社が人気タレントを使っています。例えば・・・ 外為オンラインは、AKB48の大島優子。 DMM.com(DMM FX)では…

GMOクリック証券11月4日より新バイナリーオプションのデモ取引スタート

新ルールBOスタート間近 バイナリーオプションの自主規制ルールに基づいた新BOが、どんどんリリースされていますね。2013年11月末には、新ルールへの完全移行が義務付けられています。 現段階での各証券会社のスケジュールを…