鉄板マスタートレンド 【検証とレビュー】

鉄板マスタートレンドはインディケーターを組み合わせたシグナルツール

鉄板マスタートレンドは、メタトレーダーのインディケーターです。いわゆるシグナル点灯系のツールですね。1時間足と30分足のトレンドの方向性を確認し(インジの色合わせ)、15分足でエントリーのタイミング(インジの色合わせ)を計ります。

その後、相場が大きく動く(トレンド発生)まで放置する、という流れです。

ステップ1 トレンドの方向性を確認
ステップ2 エントリータイミングを計る
ステップ3 相場が大きく動くまで放置

トレンドフォロー系ツールですので、思惑通りトレンドが発生すれば、勝てるでしょう。しかし、相場の8割を占めるといわれるレンジ相場では、どうでしょうか?ダマシを連発することにはならないでしょうか?

他のトレンドフォロー系のツール同様、この点が最も気になりますね。

鉄板マスタートレンドのダマシ回避方法とは?

トレンドフォロー系のロジックは、トレンドが発生すれば大勝できますが、その一方で決定的な弱点を持っています。それはレンジ相場にめっぽう弱いということです。レンジ相場において、ノイズ・トレンド不発などで、ダマシを連発します。

相場の8割を占めるレンジ相場において、このダマシをいかに回避するか?という点がトレンドフォロー系ツールの肝(キモ)であると考えます。

鉄板マスタートレンドの販売ページをよく読んでみたのですが、レンジ回避のための詳細な解説が見当たりません。複数のインディケーターによる色合わせや、複数時間足観察によるトレンドの方向性チェック(これも色合わせ)が中心のようです。

詳細は実際に購入してみてマニュアルを読んでみないと不明です。できればもう少し販売ページで解説して頂けると嬉しいですね。

小さな損切り実現とトレンドに乗り切ることのジレンマ

鉄板マスタートレンドは、損切りが早いとの説明もあります。

コージさんのトレードは、損切りのレベルが非常に早いこと。
(中略)
コージさんの教え通り、損切りをかなり早い位置に設定しています。

一般的に、損切りを早く(小さく)しようとすれば、トレンドに乗り切ることがむずかしくなります。まさにジレンマです。

大きなトレンドを捕まえるためには、小さなノイズは排除(無視)する必要があります。しかし、小さなノイズを無視しようとすれば、ストップの位置を深くする必要があります。結果的に損切り幅が大きく(深く)なってしまうのです。

逆に損切り幅を浅く(早く)すれば、ノイズを捉えてしまい、大きなトレンドに乗り切ることが困難になります。これが、トレンドフォローにおける”ジレンマ”の正体です。

このように、トレンドフォロー系のロジックには、避けられないジレンマが存在しているのです。このジレンマと、いかに折り合いをつけるか?これがトレンドフォロー系ロジックの優位性を左右します。

鉄板マスタートレンドが、このジレンマをいかに回避しているのか?気になる点の一つです。

実績はすべて最近のもの

鉄板マスタートレンドの販売ページには、複数の成績が掲載されていますね。ただ気になる点もたくさんあります。全てのレビュアーの成績が、ここ最近の成績であるという点です。

  • 最初の240万円を獲得した動画は、5月3日から約1ヶ月間。
  • 次の3,432pips獲得した方は、6月5日。
  • 次の16,450pips獲得した方は、5月28日~31日。
  • 次の924pips獲得した方は、6月11日。
  • 次の4,365pips獲得した方は、6月18日。
  • 次の2,645pips獲得した方は、6月7日。
  • 次の1,950pips獲得した方は、6月5日。
  • 次の1,530pips獲得した方は、6月1日。
  • 次の4,780pips獲得した方は、6月8日。
  • 次の1,657pips獲得した方は、6月4日。
  • 次の1,584pips獲得した方は、6月4日。
  • 次の1,811pips獲得した方は、6月11日。
  • 次の1,643pips獲得した方は、6月11日。
  • 次の1,245pips獲得した方は、不明(文字が小さすぎて読み取れない)
  • 次の3,377pips獲得した方は、6月11日。
  • 次の846pips獲得した方は、6月11日。
  • 次の1,363pips獲得した方は、6月12日。

5月のトレード実績は2つだけで、あとは全て6月1日~18日の間ものです。そして6月11日の結果がダントツに多い点も気になりますね。

鉄板マスタートレンドの6月11日の実績

実績として掲載されているデータは、大半が5月~6月上旬、特に6月11日に集中しているのがわかります。

まず、一番最初の実績動画(240万円獲得)ですが、5月3日から約1ヶ月ポジションを保有しています。このときの世界情勢と、為替相場をご存じですか?ギリシャ総選挙(最初の選挙)が5月6日でしたね。

そして、ギリシャ政治の混迷(ギリシャのユーロ離脱懸念)とスペインの金融システム不安が重なって、ユーロは一方的に下落を続けました。そして、5月31日には、ユーロ円が、なんと12年ぶりに96.51円をつけました。ユーロ円がこれほど下落したのは12年ぶりです。

わずか1ヶ月で106.55円から96.51円まで、一気に10円も下落しました。

以下のチャートは、ユーロ円の日足です。ローソク足23本のうち、なんと、17本(73%)が陰線です。

ユーロ円のチャート

鉄板マスタートレンドの240万円の実績は、まさにこの稀に見るダウントレンドに、運良く乗ったことによる結果なのかもしれません。

ユーロは稀に見る大相場だった

私はこの相場で簡単に勝てましたし、私のトレード仲間も大きく稼ぎました。稀に見る一方的な下落相場でしたので、ポジションをピラミッディングしていくことで、非常に大きな利益を確保することができました。単に、ユーロを売っていれば稼げたわけです。

つまり・・・5月~末までのユーロ市場は、ファンダメンタルズが非常にわかりやすく、めったに発生しない簡単な下げ相場だったということです。

6月初旬は反転急上昇

次に、6月上旬の相場です。5月のユーロ大幅下落、そして6月1日の反転(反発)→転換、その後反転上昇するのか?という感じでした。結果的には、反転上昇しましたね。ユーロ円が100円台に戻すまであっという間でした。

とにかく、5月~6月下旬は、EU経済・政治にとっては、波乱の時期でした(まだ続いていますが・・・)。ギリシャ危機に端を発した財政破綻の他国への危機拡大で、EUはかつてないほどの混乱に見舞われています。

この時期の相場も非常に特殊と言えるでしょう。

そして6月11日の相場は・・・

鉄板マスタートレンドの実績が集中している、6月11日には、何が起きたのでしょうか?毎日トレードをしていた方は、記憶に新しいと思います。6月11日は月曜日でしたね。

ユーロ円は、1円以上の窓を開けてスタートしました。もちろんユーロドルも大きく窓を開けました。これほどの窓は久々です。

以下のチャートは、ユーロ円の15分足です。

窓開けと窓埋め

窓開けの原因ですが、先週末のスペインの銀行に対する最大1000億ユーロの支援が合意されたことによるものです。

この1円を超える窓開けは、その後、思惑通り窓埋めの方向にレートが動きました。私も「窓埋め」を予測して、売りポジションを建てました。※窓埋めこそ「鉄板」トレードです。

結局その日のレートは窓埋めに終始しました。窓埋め後もユーロ下落が止まらず、わずか1日で2円近く下げました(ユーロ円)。多くのトレーダーが、「売りポジション」を建てるだけで簡単に稼ぐことのできた日、それが6月11日です。

もう一度、鉄板マスタートレンドの6月11の皆さん(実践者)の実績をご覧下さい。全員、売りポジションです。

  • 次の924pips獲得した方は、全て「売りポジション」
  • 次の1,811pips獲得した方は、全て「売りポジション」
  • 次の1,643pips獲得した方は、全て「売りポジション」
  • 次の3,377pips獲得した方は、全て「売りポジション」
  • 次の846pips獲得した方は、全て「売りポジション」

6月11日はユーロは軒並み窓を開けてスタートし、その後窓埋めの方向に大きく動きました。1日でユーロは大幅に下げた(窓を埋めた)のです。非常に特殊な日、それが6月11日です。

特殊な期間での実績しか掲載されていない

ご覧の通り、鉄板マスタートレンドの実績が極端に偏りすぎていることが理解できます。言い換えれば、特殊な相場での実績しか掲載されていないとも言えます。

稀に見るダウントレンドとその後の急反転、それが5月から6月のユーロ市場です。そして6月11日の窓埋めによるダウントレンド。鉄板マスタートレンドの派手な実績は、すべてその時期に集中しています。というよりその時期のものしか掲載されていません。

2012年の1月~4月末までの実績(チャート)は、どこにもありません。

販売間もない商材ですので、たまたま検証期間が、5月~6月に重なったとも言えますが、鉄板マスタートレンドの派手な実績の背景には、異常なユーロ相場(ユーロ経済危機)が存在したという事実があります。

1ヶ月にわたるダウントレンド(ビッグトレンド)と、その後の反転上昇トレンドのみでは、鉄板マスタートレンドの本当の実力(ポテンシャル)はわかりません。

鉄板マスタートレンドの優位性を証明するならば、できればもう少し過去の実績なども掲載して欲しいですね。

あらゆる相場で鉄板マスタートレンドの優位性が確保できるのかどうか、冷静に見極めたいです。

鉄板マスタートレンドの真の実力を見極めるには時間も必要

鉄板マスタートレンドは、トレンドフォロー系のツールです。たまたま、ビッグトレンドが発生した時期の実績を出されても、ツールの優位性を判断することは私達ユーザーには困難です。

トレンドフォロー系のツールですので、大半のレンジ相場では損切りを連発する恐れもあります。ダマシのリスクについては、販売ページでは、詳しく触れられていません。

ポテンシャルが不明のため、鉄板マスタートレンドの真の実力を見極めるには、もう少し時間が必要かもしれません。

 よく読まれている記事

侍マトリックスのエクイティカーブ(資産増減曲線)から何がわかるか?

侍マトリックスの資産増減曲線について考えてみる 侍マトリックスの検証の続きです。前回の記事はこちら。 侍マトリックス(EA)のロジックについて考えてみる 前回の記事において、侍マトリックスEAのフォワードデータ(?)から…

2012年(昨年)のFX業界を振り返る

2012年のFX業界を振り返ってみる 明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。 2013年最初の記事です。本日は今さらですが2012年をざっと振り返ってみたいと思います。何故なら、201…

ヴィッキースマイル 【検証とレビュー】

ヴィッキースマイルはポンド円専用EA ユニークな名前のEAが登場しました。ヴィッキースマイルというEAです。ポンド円(GBPJPY)専用の自動売買システムですね。 証券会社フリー版(49,800円)と指定証券会社対応版(…

FXシステム堅【KEN】 【検証とレビュー】

月利3%というリターンについて考察してみる システム堅はナンピン・マーチンゲール型のEAです。状況に応じて両建ても行います。 マイクロロット(0.01)スタートで月利3%を狙うというコンセプトですね。名前の通り堅実すぎる…

Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説します

Flash Zone FX【検証とレビュー】 Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと Flash Zone FXを買ったので中身を公開します 先日に引き続き、Flash Zone FXを検証・レビ…

Free Tribe(フリートライブ) 【検証とレビュー】

会員50人に1億円以上稼がせたFreeTribe 今回も、読者様からの情報を元に、記事を書いています。ご紹介する商材は、FreeTribe(フリートライブ)です。とりあえず、こちらのサイトをご覧下さい。 販売ページを見て…

FX-Sync Trade System(FX-STS) 【検証とレビュー】

”元ファンドマネージャー”の運用実績 販売ページから漂ってくる自信と裏腹に、運用実績は残念な結果となっています。FX-STSの運用実績は以下のサイトから見ることができます。 http://sync-ts.net/fxsi…

コピートレードのトラブルと和解事例

コピートレードの課題(問題点) コピートレードが相変わらず流行っています。最近も全コピFXというコピートレード商材が販売されたばかりですね。 全コピFXの記事を見る ご存じの方も多いと思いますが、コピートレードの課題は配…

TRY/JPY(トルコリラ円)という「鬼門」を開けたFXプライム

FXプライムもTRY/JPY(トルコリラ円)を開始 GMO傘下のFXプライムがTRY/JPY(トルコリラ円)の取扱を開始したとのニュースが流れました。 株式会社FXプライムbyGMO(代表取締役社長 安田和敏、以下FXプ…

管理人おすすめ優良FX情報商材【2016年版】

2016年版-優良FX情報商材一覧 本日は、2016年版おすすめFX商材をまとめてご紹介したいと思います。 毎年多くのFX商材がリリースされますが、そのほとんどは私の評価に値しません。中には販売者が儲けるためだけに作られ…

アキュレートバイナリー 【検証とレビュー】

アキュレートバイナリーは、FXトレードファイナンシャル専用の自動売買ツール GMOクリック証券バイナリーオプション対応の自動売買ツールが鳴りを潜めたと思ったら、今度はFXトレードファイナンシャルのHigh&Low専門の自…

セレブリティライフ(Celebrity Life)【検証とレビュー】

”セレブリティライフ”は女性をターゲットにしたバイナリーオプションツール 読者様からの検証依頼です。商材名はセレブリティライフ(Celebrity Life)。 販売ページを見てみる 女子の夢にはお金がかかるんです! 寝…