エルドラドBO 【検証とレビュー】

バイナリーオプションは金融庁公認ギャンブル

エルドラドBOは、バイナリーオプションの自動売買ツールです。エルドラドBOの販売ページには、以下の様の記載されています。

あくまでもバイナリーオプションは投資です。

バイナリーオプションの本質は、投資ではなくギャンブルです。金融庁公認のオンラインカジノのようなものと考えています。

投資と言い切る販売者の姿勢に大いに疑問を感じます。

オンラインカジノの感覚で楽しみましょう

バイナリーオプションは、投資と考えずに、普通にギャンブルとして楽しむべきです。オンラインカジノやオンラインポーカーのように、ネットでできるギャンブルだと認識すれば良いのです。

一般的なオンラインカジノのように、法的にグレーゾーンでもありません。金融庁が公認し証券会社が胴元となって日夜開かれる賭博場、それがバイナリーオプションです。

オンラインカジノのようにこそこそ隠れて(怯えて)賭ける必要はありません。真っ昼間から堂々とギャンブルが楽しめます。しかもカジノ(マーケット)は、24時間開いています。 オンラインカジノでコソコソと隠れて遊ぶよりもよっぽど健全です。

システムは半丁賭博に酷似

バイナリーオプションは、非常によくできたゲーム(ギャンブル)です。射幸心を煽り依存性を高める工夫が随所にあります。最もメジャーなバイナリーオプションの一つ、HIGH&LOW(プラスマイナス)のシステムは、半丁賭博に酷似しています。

小さな金額からスタートができ、UP・DOWN(半・丁の2択)に賭け、瞬時に勝敗が決まり、そしてテラ銭を胴元(証券会社)が搾取する。

まさにギャンブル(半丁賭博)ですね。バイナリーオプションは、ギャンブル(ゲーム)として楽しみましょう。

バイナリーオプション規制の方向に動いている?

ゲームにはルールがあり、公平性・透明性が求められます。当然ですよね。胴元が裏でこっそりと自分の利益誘導をしていたら、ゲームの公平性が失われてしまいます。そのあたりを金融庁が監視しているわけですね。

ところで、日本で過熱気味のバイナリーオプションは、規制の方向に動きつつあります。規制といっても投資家保護の観点からの規制です。つまり、公平性や透明性を維持するためのもののようです。

金融庁の、デリバティブ取引に対する不招請勧誘規制等のあり方についてという通達があります。ざっと読んだだけではわかりにくいと思いますが、ポイントは「複雑で理解しにくいバイナリーオプションについてもっとしっかりと顧客へ説明して下さい 」ということのようです。

少し前の通達ですがこの通達を元にFXブローカーが動き始めています。

一例として、今年の3月中旬に、FXトレードフィナンシャル(旧FXForJapan)から、顧客に対して一斉メールが配信されました。※過去にも配信されています。

内容は以下の通りです。

金融庁から投資家保護のために公表された「デリバティブ取引に係る不招請勧誘禁止規制等のあり方について」に基づき、2011年4月1日(金)より、金融商品取引業者は、特定投資家を除き、全顧客との間で行う、店頭金融先物取引(弊社においては、バイナリオプション HIGH・LOW)について、顧客が理解し、顧客の判断と責任において当該取引を行う旨の確認書を徴求することが義務付けられました。

弊社の対応として2012年3月31日(土)に、弊社マイページ上にて注意喚起文書の交付及び確認書をご用意させていただきますので、継続してお取引ご希望のお客様に関してましては4月2日(月)7:00~のお取引前にマイページに一度ログインただき、ご同意お願いいたします。

引用:FXトレードファイナンシャルからのメール

こちらからも確認できます。

今後ますます、バイナリーオプションという金融商品の透明性や公平性を保つことが、FX会社に求められていくことになると思います。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

FXスキャルマスター 【検証とレビュー】

王道ロジックを採用した順張りスキャル 2009年の10月から販売されていて、今でも売れ続けているヒット商材です。オリジナルインディケータとPDFマニュアル(全113ページ)で構成されています。 FXスキャルマスターのロジ…

94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻

2年9ヶ月ぶりに94円突入でクリッパー破綻 先日の記事で、クリッパーが破綻の危機に瀕していることをお伝えしました。その記事の翌日(2月6日)には破綻してしまったようです。 W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機…

週刊SPA!と疑惑のトレーダー”三村雄太”

※2013年12月6日裁判の判決が出ました。 ”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました 週刊SPA!の投資記事で裁判勃発 本日は、気になる情報をご紹介します。 FXではなく、株式投資に関する話題ですが、…

バイナリーギミック(BINARY GIMMIC)検証とレビュー

バイナリーギミックは、VTTRADER(VTトレーダー)対応のシグナルツール バイナリーギミックは、MT4(メタトレーダー)ではなく、VTTRADER(VTトレーダー)というプラットホームに対応したシグナル点灯型ツールで…

FX情報商材をヤフオクで転売すると逮捕されますよ

ゴールデンスパイダーFXがヤフオクで転売されています 読者様からの情報を元に記事を書いています。ゴルスパFXがヤフオクで出品されているが、購入しても大丈夫か?とのご質問を頂きました。 ゴールデンスパイダーFX(ゴルスパF…

損切りしない戦略と”トラップリピートイフダン”

損切りしない戦略 ここ数日、損切りしない戦略について記事をアップしてきました。 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 4億7000万円稼いだカリスマ主婦…

バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリーオプションの5月の取引高の落ち込みが半端ない 一般財団法人金融先物取引行協会が2014年6月13日に発表した、個人向け店頭バイナリーオプション取引月次データが、非常に興味深いです。以下のデータをご覧ください。 …

BINARY Capture 14’ 【検証とレビュー】

海外バイナリーオプション業者を使うBO商材 日本国内のバイナリーオプション規制がスタートしてからというもの、バイナリーオプション商材も息を潜めている印象です。特に、GMOクリック証券に最適化されたBO商材は完全に姿を消し…

【新たな投資詐欺の温床か?】金融庁、未上場株投資のネット勧誘5月に解禁

クラウドファウンディングによる小口資金調達スキームを構築 日本経済新聞WEB版のニュースです。 未上場株投資のネット勧誘、5月解禁 金融庁 金融庁は5月にインターネットを通じた未上場株の投資勧誘を解禁する。不特定多数から…

セブンインベスターズに業務停止命令

セブンインベスターズに業務停止命令 先日、イニシア・スター証券が登録取り消し→破産開始手続きとなった話題をアップしました。 イニシア・スター証券がかなり悪質である件 イニシア・スター証券に限らず、まだまだ問題のあるブロー…

オール・イン、不起訴

オール・イン詐欺容疑幹部、不起訴に オール・インによるFX詐欺容疑で逮捕された元幹部が不起訴になりました。 FXめぐる詐欺容疑、3人不起訴 札幌地検、嫌疑不十分 2014年10月15日20時17分 札幌市に本社があった投…

デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証する

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証 最近、デブトレFXに関して問合せが増えています。その大半が、NYダウ平均とUSD…