FXシステム堅【KEN】 【検証とレビュー】

月利3%というリターンについて考察してみる

システム堅はナンピン・マーチンゲール型のEAです。状況に応じて両建ても行います。

マイクロロット(0.01)スタートで月利3%を狙うというコンセプトですね。名前の通り堅実すぎる数値です。EAのイメージとしては、W2C-Clipper クリッパーに非常によく似ています。

EAは、安全性を求めれば求めるほどリターンも低くなります。これは当然ですね。システム堅においても目標月利3%ですので、10万円に対し、3000円/月です。

システム堅の最低投資資金は、3000ドル(約24万円)です。24万円に対し月に7200円のリターンということになります。100万円を用意できても、月に3万円のリターンです。

1000万円をシステム堅の運用に回せれば、ようやく月30万円のリターンになります。しかし、単一EAに1000万円も投下できる個人投資家は、それほど多くないでしょう。1000万円の余裕資金があれば、もっと違った投資スタイルが選択できます。FX投資以外の投資活動を選ぶことも可能になります。

例えば、1000万円あれば投資不動産の購入も視野に入れられます。投資先の選択肢が一気に広がるわけです。

私にはそれほど魅力を感じられない ・・・

何が言いたいかといえば、「システム堅」運用のポジショニングが極めて狭い(限定される)ということです。月利3%の投資商品(元本保証なし)というのは微妙ということです。

少ない原資を運用してもリターンが少ないため、大してメリットがありません。(資金30万円に対し月9000円)

一方、大きな原資(1000万円~)を運用するとしても月3%というのは他の投資商品(FX以外)に比べて今ひとつ魅力を感じられません。

仮に今、宝くじで1000万円が手に入ったら、私が一番に考えることは投資用不動産の購入ですね。地方の競売不動産を狙っても良いし、1000万円を頭金にしてレバレッジをかけて、更に大きな投資不動産を購入することも不可能ではありません。もちろん、徹底的に勉強する必要はあるでしょう。

自身の裁量トレードへの資金追加はしません。なぜなら私自身の投資キャパシティが今はまだ3000万円を扱えるほど大きくないからです。

話がそれましたが、結局のところシステム堅の運用イメージは、300~500万円くらいの遊ばせているお金を持っていて、元本保証はないが比較的安全性の高い投資として月利3%(9万円~15万円)を狙って運用する、という感じです。

数十万円程度の資金をこのEAで運用することは、現実的ではないように感じます。また1000万円以上のお金をこのEAで運用することも、非現実的です。

月利3%よりも日利1.5%

300~500万円をシステム堅で運用することも、魅力的かと聞かれれば即答に苦しみます。少なくとも私はやらないでしょう。

私は裁量で日1.5%を目標にトレードを行っています。月に30%(20日)です。3000万円を運用したとすれば、一月で900万円のリターンです。もちろんリスクはありますが、自分なりに徹底的にリスク管理をしています。

システム堅で月3%のリターンよりも毎日1.5%のリターンの方が、魅力的だと思いませんか?

1日で1.5%という目標は非現実的でしょうか?しっかりと投資スキルを身に付け、エッジ(優位性)のある手法を徹底したリスク管理のもとに、日々行っていけば、決して不可能な数字ではありません。

私はこのやり方で、2年以上淡々とこなしてきました。

私のまわりには、同じような裁量トレーダーが沢山います。EAトレーダーは皆無です。本当に稼いでいる人で、EAを使っている人が、私の周りには一人もいません。(たまたまかもしれませんが・・・)

”EA好き”には魅力的に見えるはず

結局、EAを使っている人はEAが好きなのだと思います。趣味みたいなものですね。ですから私はEAを使っている人を否定はしません。好きで楽しければ良いと思います。(私には向いていませんが・・・)

システム堅は、EA好きな人にはたまらないEAだと思います。勝率はそれほど高くありませんが、ナンピン・マーチンや両建てを駆使して、少ないですが着実に資金を増やしてくれるEAは使っていて面白いと感じられると思います。(ただトレード回数はそれほど多くなさそうですが)

過去に乱発された「ゴミEA」に比べたら、はるかに真面目でまともなEAであると思います。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

ビクトリーメソッドアドバンス 【検証とレビュー】

全てのFX情報商材の”試金石”的な商材 2006年に発売されてからすでに8年が経過していますが、未だに売れ続けている怪物のような商材、それがビクトリーメソッドアドバンスです。FX商材の草分け的存在であり、その後発売される…

投資とギャンブルの”境界線”

ギャンブルって何? 私が常日頃チェックしているブログにChikirinの日記があります。そのブログに興味深いエントリー(記事)がありました。こちらです。 ギャンブルって何? 「ギャンブルって何?」への反応まとめ 上記記事…

FXトレンドレーダー 【検証とレビュー】

FXトレンドレーダーはMT4対応のシグナルツール FXトレンドレーダーは、メタトレーダーで使用するインディケーターですね。チャート上に矢印を点灯させるタイプのよく見かけるツールです。 トレンド発生を初期段階で察知して、チ…

ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる

ドラゴン・ストラテジーFXとSQI 先日の記事に引き続き、ドラゴン・ストラテジーFXについて検証しています。 ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴンストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順 …

バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?

  【最新情報】 2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。以下の記事をご覧下さい。 バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? バイナリーオプション自主規制案で、GMOクリッ…

鉄板マスタートレンドのMR.コージ(kojitrading)について

鉄板マスタートレンドのMR.コージ(kojitrading)について 先日、鉄板マスタートレンドの検証記事をアップしました。 鉄板マスタートレンド【検証と評価】 その後MR.コージ(kojitrading)氏に関する情報…

クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件の続報

ファンド勧誘者とGACKT(43)との間柄 クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件の続報です。 【113億円】クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件【芸能人の名前も】 クエストキャピタルマネージメ…

PAMM(パム)って何だ?

あなたはPAMM(パム)を知っていますか? PAMM(通称パム)という言葉を聞いたことはありますでしょうか?PAMM(Percent Allocation Management Module)は金融用語なのですが、FX情…

TREND RIDE SCALPING NEO 【検証とレビュー】

TREND RIDE SCALPING NEOは意外と真面目な商材 ド派手な販売ページとは裏腹に、商材そのものは真面目です。 TREND RIDE SCALPING NEOは、メタトレーダー用のインディケータを使ったトレ…

GMOクリック証券に業務改善命令

関東財務局より業務改善命令 10月12日に、GMOクリック証券に対し、関東財務局より業務改善命令が下されました。 金融商品取引法第40条第2号によるものです。金融商品取引業等に係る電子情報処理組織の管理が十分でないと認め…

良質なFXブログでも十分に学べる

良質な無料ブログでも学べる まだ自分の手法がそれほど確立されていないのであれば、勉強になる無料ブログをいくつか精読するところから初めてみてはいかがでしょうか? 良質なFXブログは、あなたの投資スキルの向上に必ず役立ちます…

94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻

2年9ヶ月ぶりに94円突入でクリッパー破綻 先日の記事で、クリッパーが破綻の危機に瀕していることをお伝えしました。その記事の翌日(2月6日)には破綻してしまったようです。 W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機…