あゆみ式 A Teachert FX Academyを稼働させてみる【検証とレビュー】その2

あゆみ式 A Teachert FX Academyの心臓部「ATeachert」

ATeachertをMetaTrader4に設定してみた

今回の検証記事では、あゆみ式 A Teachert FX Academyの根幹をなす「ATeachert(エーティチャート)」インディケータを実際に表示させみた結果をレビューします。

もう一度、あゆみ式 A Teachert FX Academyのロジックをおさらいしておきます。

  • トレンドフォロー(順張り)
  • 推奨通貨ペアはEUR/USD、AUD/JPY、GBP/JPY
  • ストップ(損切り)は〜20pips
  • リミット(利確)は25〜30pips
  • トレードチャンスは1日1〜3回程度
  • 執行時間足は5分足、トレンド確認は1時間足

では、FXDDのMetaTrader4に「ATeachert」インディケータを設置した画像をご覧ください。

ATeachert

ATeachert

チャートは6枚表示してありますが、通貨ペアは3つです。

ATeachert

ATeachert

執行時間である5分足チャートを大きく表示しており、その下に同通貨ペアの1時間足を縮小して表示しています。これが「ATeachert」の基本スタイルとなります。

5分足チャートと1時間足チャートの2枚でトレードをおこなう

EURUSDチャートのみを抽出してみましょう。

ATeachert EURUSD

ATeachert EURUSD

上段が5分足(執行時間足)チャート、下段が1時間足(トレンド確認)チャートという構成です。ご覧のとおり、非常にシンプルかつ視認性の高いチャート(インディケータ)となっており、好感が持てます。

ATeachertのトレードロジックとは?

トレンド判断は1時間足をチェック

ATeachertロジックはトレンドフォローであるため、相場の方向性の見極めが大きなポイントとなります。方向性(流れ)を無視したエントリーは、ダマシにも遭いやすく勝率を下げてしまう要因となるからです。トレンドフォローは、大きな流れを把握しその流れに逆らわず追随することが大切です。

ATeachertインディケータでは、トレンドの方向性や状態の見極め判断を下段の1時間足チャートでおこないます。ここで1時間足チャート(EURUSD)をもう一度見てみましょう。

ATeachert(EURUSD1h)

ATeachert(EURUSD-1h)

トレンド判断のポイントは2つ。1つ目は、ブルーライン(青線)とレッドライン(赤線)の位置関係です。これはチャートを見れば一目瞭然です。ブルーラインが上ならば上昇トレンド、レッドラインが上ならば下降トレンドです。これが1つめのポイントとなります。

もう1つのポイントは、ブルーラインレッドラインとローソク足との位置関係をチェックすることです。詳しくはマニュアルを読んでください。マニュアル(会員サイト)では、動画を使った奥山あゆみ氏による詳細な解説を視聴できます。

YouTube動画による解説

YouTube動画による解説

MTF(マルチタイムフレーム)という概念がしっかりとロジックに組み込まれている点は、高く評価できます。

1時間足でエントリー(前提)条件をクリアしたら5分足で執行する

1時間足チェックで相場の方向性(状態)を確認し、トレンド発生を確認することが第一段階です。この第一段階をクリアしたら、5分足にて仕掛け(エントリー)の具体的なタイミングを図ることになります。

ATeachert EURUSD 5m

ATeachert(EURUSD 5m)

5分足でのエントリー判断は3つ。

  1. ブルーラインとレッドラインの位置
  2. ラインとローソク足の位置
  3. 損切幅

長い時間足(1時間足)と同調する方向へ仕掛けていくことになります。

1時間足で上昇トレンドを確認

5分足で上昇トレンドを確認してエントリー

5分足チャートのサブウィンドウに表示されているヒストグラムは、トレンドベルトと呼ばれるインディケータです。

ATeachertトレンドベルト

ATeachertトレンドベルト

このトレンドベルトは、エントリー判断を最終的におこなう際のフィルターとなる。上昇相場でロングエントリーをする際に、トレンドベルトが青ならばOK、赤ならば見送る、という感じだ。

ATeachertの勝率を上げるための工夫

押し目・戻しのタイミングを捉えることで勝率を上げる

ATeachertでは、単純にトレンドに乗っかるスタイルではなく、トレンドの中の押し目や戻しをしっかりと確認したうえでエントリーすることで、ダマシを回避しやすくなります。初期のブレイクは戻されることも多く、ダマシに合いやすいことはよく知られています。いきなり乗っかるのではなく、一度戻されて反発し再度ブレイクするタイミングを見計らってエントリーを仕掛けます。

この反発(押し目・戻し)を視認するためにも、チャート上のブルーラインレッドラインを活用するわけですね。

ダマシによる損切りラインも明確

ATeachertによる損切りラインは明確です。上限は20pipsでありその範囲内で最適なポイントを精査し設定します。損切りラインを決定する際は、チャート上のブルーラインレッドライン及びローソク足との位置関係をチェックすることで、容易に判断が可能です。

損切りポイントは仕掛け(エントリー)と同時に設定することが推奨されています。つまり逆指値を入れておくということですね。手動での損切りは初心者であればあるほど、心理的負担が大きく実践が難しいです。だからこそ最初に逆指値で損切りを設定しておくわけです。

勝率がそれほど高くないトレンドフォローにおいては、特に損切りによる損失は必要経費であると認識することが重要です。大きな利益を取るためのコストと考えるべきです。

損切りラインについては、含み益が拡大するごとに段階的に移動させることで、損失リスクを軽減していきます。この辺りの実践的な解説は「ケーススタディ」動画にて詳しく解説されています。

あゆみ式 A Teachert FX Academyケーススタディ動画

あゆみ式 A Teachert FX Academyケーススタディ動画

あゆみ式 A Teachert FX Academyロジックは極めて王道的なトレンドフォロー

シンプルだからこそ応用・アレンジが可能

ご覧のとおりATeachertを使ったトレンドフォローロジックに目新しさはありません。極めて王道的なトレンドフォローであり、しっかりと押し目・戻しを狙ってのエントリーも堅実さを感じさせます。トレンドフォローの一人である私にとっても、好感を持てるロジックです。

勝てるロジックというのは往々にしてシンプルなものです。シンプルなロジックであるからこそ応用が効き、アレンジが可能です。あゆみ式 A Teachert FX Academyのロジックを基本形として、自分なりのフィルターを加えるなどしてブラッシュアップし、トレードの精度を向上させることも不可能ではありません。ベースがシンプルだからこそ、アレンジ方法は千差万別です。

次回の記事では、当ブログ特典のSQシリーズとの組み合わせを試してみます。

あゆみ式 A Teachert FX Academy タイトル:あゆみ式 A Teachert FX Academy
販売:合同会社LLCS
発売日:2016/06/15
内容:MT4インディケータ・会員サイト

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

【ドローダウン】マイルストーンFXのその後が目も当てられない

マイルストーンFXのその後 以前検証したマイルストーンFXがその後どのようになったかご存知でしょうか。 マイルストーンFXの検証記事を見てみる マイルストーンFXは、今年2012年1月18日に新規登録され販売がスタートし…

キューティーバイナリー 【検証とレビュー】

キューティーバイナリーの「佐藤あき」さん… 証券会社出身の佐藤あきさんの写真が、でかでかと掲載されていますね。証券会社出身だそうですが、できればどこの証券会社名か記載して欲しいですね。 ところで、投資情報商材には様々な経…

まず生き残れ!儲けるのはそれからだ(ジョージ・ソロス)

勝てる方法よりも負けない方法を学ぶべき 毎日のようにブログ読者様から様々なご質問を頂くのですが、一番多いご質問は「どうしたら勝てるようになりますか?」というものです。 質問者は、あまり深く考えずにこの質問をしていると思い…

Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説します

Flash Zone FXを買ったので中身を公開します 先日に引き続き、Flash Zone FXを検証・レビューしていきます。このFX商材も、ワンストップ型でのサービス提供となっています。つまり会員専用WEBサイトを用…

「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス

「トレードと凡事のお話」を読んでいないなんて、もったいない! 本日は「トレードと凡事のお話」をご紹介します。 「トレードと凡事のお話」とは佐野裕氏のメルマガコンテンツとして提供されている読み物の一つです。佐野裕氏はビクト…

ソニックブームバイナリー 【検証とレビュー】

利回り、51100% 投資初心者がわずか1年半で20万円を1億220万円に増やしてしまった・・・ 販売ページからの抜粋です。20万円を1年で1億220万円に増やしたということは・・・51100倍です。5万倍です・・・。つ…

無登録FXファンド「ライフステージ」緊急差し止め命令

FX会社「㈱ライフステージ」へ裁判所命令 無登録でFXファンドへの出資を募った㈱ライフステージの続報です。 【無登録の投資会社】FXへの投資うたい百数十億円集めたか? ライフステージ(FX投資コンサル会社)が無登録で14…

FXのロスカットに関する貴重な判例

ロスカット裁判の前例があった 先日の記事で、松井証券のロスカット遅延による損害賠償訴訟を取り上げました。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、敗訴のコメントが意味するもの 実は、この判決(松井証…

殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash)

殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) 2016年10月7日早朝、ポンドが下落しました。その下落はまさに「Flash crash(フラッシュクラッシュ)」です。Flash crashとは瞬間暴落…

タイムゾーンブレークアウト 【検証とレビュー】

MAX氏のブレイクアウト系商材 タイムゾーンブレークアウトは、6月1日に発売以来インフォカートランキングで常に上位にありますね。ロジック考案者のMAX氏は、これまでにも数多くの商材を出されています。MAX氏の名前を冠した…

あまり知られていない、神王リョウ(神リッチプロジェクト)の投資戦略とは?

神王リョウ氏のスパイダー投資法 先日の記事で、神リッチプロジェクトをざっくりとレビューしました。 神リッチプロジェクト販売ページを見てみる ただ、具体的な投資手法(ノウハウ)については触れていなかったので、色々と調べてみ…

Super ADX 【検証とレビュー】

クセはあるが非常に面白いツール Super ADXという、珍しいシステムをご紹介します。おそらく多くの方が初めて聞く名前だと思います。それもそのはずです。インフォトップやインフォカートでは販売していないツールです。 海外…