ツナギ売り実践塾~勝率9割!損切り不要のFX投資術 【検証とレビュー】

評価する

万人向けでない、評価の難しい商材

「勝率9割!損切り不要のFX投資術」という商材をご紹介します。

>>販売ページを見てみる

この商材ですが、評価が非常に難しいです。ロジックの優位性という点では評価できますが、特殊な手法なので向き不向きがあります。

それでも「A評価」とした理由は、「勝率9割!損切り不要のFX投資術」が非常に練られたロジックであり、特定の相場においては優位性を発揮するからです。

また、この商材作者である山田剛士氏は、間違いなく日々トレードを行っている本物のトレーダーである、という点も評価できます。ゴミ商材を販売している「エセトレーダー」ではありません。

この商材は、ロジックを解説したPDF教材と、会員制サイト(ツナギ売り実践塾)への2年間のアクセス権がセットになっています。

「ツナギ売り」とは、”両建て”のこと

おそらく、販売ページを見てもどのようなロジックであるか、理解するのが難しいと思います。

>>販売ページを見てみる

「つなぎ売り」というロジックを使用しているわけですが、そもそも「つなぎ売り」というのは、株式投資で使われている言葉です。

株式投資において「買いポジション」を持っている状態で、信用取引で同一銘柄を空売りすることを「つなぎ売り」と呼んでいます。

FXでは、むしろ「両建て」と表現した方が、ピンとくる人が多いと思います。

そうです、今回ご紹介する「ツナギ売り実践塾~勝率9割!損切り不要のFX投資術」は、いわゆる「両建て手法」を解説した商材です。

ここで両建てについて、簡単に解説します。

ひと言で説明すれば、同一通貨「買いポジション」「売りポジション」の両方を持つことです。

通常は、片側のポジションのみを建てて、思惑通り利益が乗れば利益確定し、逆行すれば損切りをしますね。しかし両建ては、売りと買いのポジションを建てるわけです。

両建てを行うメリットは?

ところで、なぜ両建てをするのでしょうか?どんな意味があるのでしょうか?

両建てをすることによって、1つだけ明確になることがあります。それは、評価損益が固定されるということです。

USDJPY(ドル円)で解説してみます。たとえば75円で買いポジションを建て、その後レートが円高方向へ動き、今度は74円で売りポジションを建てたとします。これが両建ての、1パターンです。

レートが74円時の評価損益はマイナス1円ですね。(話を単純にするために、スプレッド・スワップは除きます)

その後レートが73円に動いた場合、評価損益はどのように変化するでしょうか?

買いポジションは、75円 → 73円 = マイナス 2円

売りポジションは、74円 → 73円 = プラス 1円

合計=マイナス1円(評価損益)

評価損益は変化していません。マイナス1円のままです。レートが72円になっても71円になっても、評価損益はマイナス1円のままです。これが両建ての特徴です。

両建てを使うメリットというのは色々とあるのですが、比較的知られているのは損切りをしないで済むという点ですね。 評価損益をプラスマイナスゼロ(マーケットニュートラル)、もしくは一定幅に固定できるため、思惑と逆方向にレートが動いても損切りの必要性が低くなります。

両建てって意味無いでしょ?

先ほど解説したように、両建てはそのままでは全く意味がありません。たんなる相殺に過ぎませんし、同一レートで両建てすれば、それは単なる「ノーポジション」と同じことになります。

むしろ、両建てするくらいだったら、片方を決済して新規に建てた方が、証拠金を倍に使わないので合理的です。

両建てに反対する人の意見は、大抵この2点に集約されます。つまり「無意味である」「合理的でない」ということです。

はたして本当にそうなのでしょうか?

両建ての難しさは、ポジションを外すタイミング

両建て後に利益を出すためには、どこかのタイミングで両方のポジションをタイミングをずらして決済し、トータルでプラスに持って行くことが必要になります。

つまり、両建て手法においてこのポジションを外すタイミングこそが、最大の難所なのです。この難しさが、両建て手法を特殊なものにしている原因です。

特に初心者の方が両建てを行うのは大変です。複数ポジションを管理する必要があるため、1ポジション時よりもよけいに神経を使います。

両建てしている時点では何も変化はありませんが、どちらかを外すタイミングに差し掛かってからは、気を抜くことができません。

ちょっとした気のゆるみやミスで、損を拡大してしまいます。

両建て手法を、優位性のあるロジックに高めた商材

今回ご紹介する「ツナギ売り実践塾~勝率9割!損切り不要のFX投資術」では、この両建て手法を駆使し、ポジションの建て方から、外すタイミングまで、論理的に解説されています。

その解説内容は、まるで論文を読んでいるようです。緻密であり、理路整然としています。

両建てによって固定された評価損益(この商材の場合は評価損)をいかにして少なくするか?そして、どのようにして利益を拡大させていくのか?この辺りの解説が、非常に詳しくなされています。

感覚的な両建てトレードを、誰でも再現可能なロジックとして構築されたことは、とても意義があることで、評価できます。

両建てに興味があるかたや、今まで直感に頼って両建てをしていた方であれば、この商材を読むことで、目からウロコが落ちるはずです。

また、商材作者の山田剛士氏、自らがこの手法をベースに、毎日トレードを行って利益を出しています。

優位性を発揮できる場面が、ある程度限定される

当然ですが、万能のロジックではありません。まずは、絶対的に勝てるわけではないということです。

両建てにより評価損益(この手法の場合は評価損)を固定したとしても、自分の建てたシナリオがはずれた場合は、最終的にトータルプラスに転じることができないケースもあります。

この場合は、トータルでマイナスとなります。

商材の中では、このマイナス部分を両建てによって限定させ、片張りの場合に比べて損失を限定できるという点が解説されています。

それからもう一つ、このロジックが最大限に優位性を発揮する場面というのは、限られています。

この商材における両建て手法が、最も優位性を発揮するのは、レンジ相場においてです。一定幅を上下するようなマーケット状態であれば、この手法は優位性を発揮できます。つまりレートが戻されることを前提に、メインシナリオを作るわけです。

逆に言えば、一方向にトレンドが発生するような場面では、この手法の優位性は著しく弱まってしまうということになります。

レンジに強く、トレンドに弱い手法なのです。

この点については、販売者の山田剛士氏も認めており、一応、トレンド発生時の両建て手法についても補足されています。が、やはりこの手法が威力を遺憾なく発揮するのはレンジ相場でしょう。

手法(ロジック)の強みと、弱点をしっかりと把握した上で、取り組む必要があります。

結論:両建て理論を学びたいならば、おすすめ

これまで、FXにおける「両建て手法」を詳しく解説した書籍などは、なかったはずです。(株式での両建て手法を解説した書籍は出版されています。)

ツナギ売り実践塾~勝率9割!損切り不要のFX投資術では、両建て手法を、誰でも再現可能なロジックとして構築することに成功していると言えます。

また、実際に販売者である 山田剛士氏が、この手法によって、利益を上げ続けているという現実があります。ご自身のブログで、定期的に収支報告をされています。

>>山田剛士氏のブログはこちら

両建て手法を解説した商材というのは過去にほとんどありませんでしたので、この商材の存在意義は大きいと思います。

ただし、簡単ではありませんし、ウィークポイント(弱点)もあります。

また、両建てはやってみるとわかりますが、難しいと言うよりも面倒です。同一通貨で複数ポジションを監視するため、神経も使います。

この辺りは、好み(向き不向き)が分かれる点でしょうね。

従いまして、両建てに興味がある方や、現在両建てに取り組んでいる方などであれば、この商材を購入しても、メリットを感じることができるはずです。きっと、この商材から得られるものも大きいでしょう。

ただ何となく気になる・・・という方は、まずはじっくりと両建てについて、学んでからの方が良いと思います。

両建てできない証券会社が多いという情報もありますが、私の知る限り大抵の証券会社で両建ては可能なはずです。

評価する

オリジナル特典(SQシリーズ)のご紹介

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入いただきました方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。メタトレーダー専用のオリジナルインディケーターは、一つ一つの完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

これらのインディケーターは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」の会員に限り、極秘で数十人にのみ配布されたものです。高額で売られているFX商材に劣らず、高機能なツールであることがご理解いただけると思います。

sqi
sqbox
sqs

当サイトオリジナル特典を手に入れるには?

当サイトでご紹介しているFX商材をご購入頂きましたら、オリジナル特典を無料にてプレゼントさせていただきます。

特典の受け取り方

FX情報商材の購入画面に進むと、当サイトの購入者特典が付いているかどうかを確認することができます。
以下の特典表示を確認できないまま購入された場合、当サイトからの購入特典を受け取ることはできませんのでご注意ください。

特典確認画面
ご購入後はインフォトップ購入者ログイン画面の下部で、当サイト特典をダウンロードすることができます。
ご購入したその日に特典もダウンロードできます。ご購入後14日以内にダウンロードしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

マステリースタイルトレードクラブ
マステリースタイルトレードクラブ 【検証とレビュー】

マステリースタイルトレードクラブは高額FX塾 マステリースタイルトレードクラブは、高額FX塾です。 今回が8回目(8期生)の募集となります。販売会社は、株式会社SKナレッジです。 SKナレッジは、いわゆるプロダクトローン […]

タートルトリックバイナリーオプション
タートル・トリック バイナリーオプション 【検証とレビュー】

関連記事: >>FX投資塾タートルズから学ぶべきこととは? タートル流バイナリーオプション? どこかで聞いたことのある商材名です。 その名も、伝説のトレーダー集団タートル流タートル・トリック バイナリーオプシ […]

hp_483361
マイルストーンFXのその後

マイルストーンFXのその後 以前検証したマイルストーンFXというEAがあります。 >>マイルストーンFXの検証記事を見てみる マイルストーンFXは、今年2012年1月18日に新規登録され、販売がスタートしまし […]

AmbushFX
AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウトに優位性はあるか?

アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトに優位性はあるのか? 前回の記事でAmbushFXと類似する手法として、アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトをご紹介しました。 >>AmbushFX 検証とレビュー & […]

hp_47799
SCORPION(スコーピオン) 【検証と評価】

EAビジネスについて このEAを販売している会社(トレーディングオフィス社)は、PEGASUS(ペガサス)、HAWK(ホーク)やFALCON(ファルコン)など、過去にもいくつかEAを出してますね。いわゆるEAを専門的に販 […]

fxb-manual
FXB-Manual 【検証と評価】

ラインブレイクを極めた販売者 久々にまともな商材に出会いました。FXB-Manualです。 商材の内容ですが、ラインブレイク手法を解説した裁量マニュアルです。PDF(61ページ)と動画(33分)で構成されています。 販売 […]

FXスキャル・パーフェクトシグナル
FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入しました

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入 インフォトップのFX部門ランキグ上位のFXスキャル・パーフェクトシグナルという情報商材を購入しました。 販売元はクロスリテイリングです。このブログでもクロスリテイリングの商材はい […]

chartmaster
白船誕生FX 【検証とレビュー】

”白船誕生FX” と ”黒船再来FX” 今回は、読者様から提供して頂きました情報をもとに、FX商材を検証していきたいと思います。 その名も「白船誕生FX」です。・・・どこかで聞いたことのある名前ですね。数年前に「黒船再来 […]

あゆみ式 A Teachert FX Academy
あゆみ式 A Teachert FX Academyを稼働させてみる【検証とレビュー】その2

関連記事: あゆみ式 A Teachert FX Academyを購入した【検証とレビュー】その1 あゆみ式 A Teachert FX AcademyにSQIを重ねてみた【検証とレビュー】その3 あゆみ式 A Teac […]

FX裏技攻略塾TPSとスワップアービトラージ
FX裏技攻略塾TPSとスワップアービトラージ

【関連】FX裏技攻略塾TPSの「裏技」を勝手に推測してみる 【関連】FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万8000円〜 【関連】FXの巨額脱税で逮捕された溝田耕治氏と、TPSという裏ワザ系ツール TPSの手法 […]

hp_45975
ニューロFX 【検証とレビュー】

ニューロFXは未来のレートを予測する? ニューロFXは、メタトレーダーに設定して使用する半裁量ツールです。 ニューロFXは、未来のレートを予測してくれるそうです。最短で、5分後のレートから、最長で12時間先までの予測を行 […]

hp_48381
PF-MAX 【検証と評価】

メタトレーダー専用のシグナル点灯ソフト 手短にいきたいと思います。メタトレーダー専用のシグナル点灯インジケータです。 オリジナルインディケータで、チャート上にエントリーシグナルを点灯させます。矢印が点灯した次足始値でエン […]