画像盗用・ねつ造問題について

画像無断使用・ねつ造問題にようやくインフォトップが重い腰を上げた

先日(7月17日)、業界最大手のインフォトップからメールが届きました。内容を一部抜粋して掲載します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012/07/17━━
販売ページに掲載の画像について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(中略)

画像を加工して掲載している販売者、中には、無許可で画像を他サイトから引用し、掲載している販売者も見受けられるようになりました。

(中略)

販売ページに利用している画像が、ねつ造されている、都合の良いように加工されているとなると、購入者の信用は地に落ちてしまうと思います。

(中略)

明らかに不自然なもの、加工されているであろう画像については、審査部より確認のメールや警告を出して、確認をしております。

(中略)

取引証明書の画像を販売ページへ掲載する際には、必ず発行元を明らかにした上で、掲載をしましょう。
今後、取引証明書の画像の発行元が明らかでない場合は、審査部から警告を出していく予定でいます。

もし、取引証明書を意図的に加工し、捏造したものを掲載すると私文書偽造行使等の罪に問われる可能性があります。そうなると、販売活動自体危うくなります。

(中略)

画像の偽造や捏造は、犯罪も誘発することを忘れてはなりません。

販売者の中に、万一上記に該当するような方がいたら、インフォトップへお知らせ下さい。

引用:インフォトップからの配信メール(2012年7月17日配信)

販売ページ内に掲載する画像に関する注意喚起ですね。画像の加工や無断使用(疑惑)に関しては、私自身も再三にわたってこのサイトでアナウンスしてきました。

商材を審査すべき立場のインフォトップが、こうして警告的なメールを配信することは、私達ユーザーにとって喜ばしいことです。

取引証明書の発行元を明らかにする義務

今回のインフォトップの注意喚起メールで、もう一つ注目すべき点があります。

投資商材等において取引証明書を掲載する場合に、発行元を明らかにするような指導が行われるということです。発行元が明らかでない取引証明書に関しては、インフォトップの審査部が警告を出す、と記載があります。

今後、取引証明書の画像の発行元が明らかでない場合は、審査部から警告を出していく予定でいます。

引用:インフォトップからの配信メール(2012年7月17日配信)

取引証明書とは、FX商材であればトレード明細であったり収支明細が該当するでしょう。

エクセルで作ったようなトレード明細や、収支明細は、今後掲載できなくなる可能性があります。ユーザー保護の観点からすれば、当然のことです。

何を今さら、という感もありますが、私たち購入検討者にとっては非常にありがたいことですね。

みんなで告発しましょう

もしも、今後いいかげんな取引明細や収支明細を見かけたら、すぐにインフォトップに通報しましょう。悪質業者を排除するためには、こうした地道な行動が、後々実を結びます。

インフォトップの審査部だけでは、毎日登録される全ての商材を完全にチェックできるとは到底思えません。

発行元の不明な(もしくは偽造疑惑のある)取引明細、収支明細を見かけたら、このサイトで何度でも掲載し警告を発していくつもりです。

悪質業者を駆除して健全化を目指す

取引明細や収支明細は、その商材を購入する際の最大の判断ポイントでもあります。だからこそ、発行元を明らかにして明細書を掲載するべきです。これは当然のことですよね。

本当に取引明細や収支明細があるのであれば、それをコピペして貼れば良いだけです。そんな簡単な作業を情報商材販売者が行わないのは、見せたくない事情が存在するからです。

ウソの取引明細を偽造したり、捏造する業者が後を絶ちません。ユーザーをだます気まんまんですね。悪質業者を駆除しない限り、業界の健全化は望めません。悪質な業者を放置し続ければ、結果的に行政の指導(規制)が入ってしまうことになるでしょう。すべてのFX商材の場合、金融庁や財務局からの規制によって、投資助言代理業に登録している会社しか販売できなくなるなど・・・

そうすれば、本当に素晴らしい商材であっても、私たちが手に入れることが難しくなる可能性もあります。当然、インフォトップの売上にも大きな影響が出ると思います。

今後に期待したい

ようやく、インフォトップが本腰を入れ始めたようですので、今後の健全化に期待したいところです。

ゴミ商材を紹介しているアフィリエイターも悪質業者と同罪です。アフィリエイターの意識改善も、今後の課題かもしれませんね。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ

投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Investmentとの奇妙な関連性 【深い闇】シンフォニー事件いよいよ立件へ【消えた50億円…

FXKousui Baggioが口座全損

GOLD KOUSUIに続き、FXKousui Baggioまで破綻か? 本日は読者様からの情報をもとに記事を書いています。 以前このサイトでも取り上げた金(ゴールド)専用の自動売買ツールGOLD KOUSUIですが、金…

FXスキャル・パーフェクトシグナルが、世界的なドル売り市場でトレンドを捉え”圧勝”

世界的なドル売りでUSDJPYが続落中 先先週後半(8月21日)からドルが続落しています。世界的なドル売り優勢は今週に入っても終わりそうにありません。主な原因は世界同時株安ですね。ニューヨークダウも続落中です。 FXスキ…

ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプション 【検証とレビュー】

ゴルスパ1分バイナリーは24optionに最適化 ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプションは、大ヒットしたゴールデンスパイダーFXのバイナリーオプション版ですね。 ゴールデンスパイダーFX【検証とレビュー】記事を見て…

8000万円を横領、FXで溶かした郵便局員を逮捕

郵便局員が8000万円超を横領してFX投資・・・ またまた横領&FX投資という残念な事件が発生しました。今回は郵便局員(千葉県茂原市、本納郵便局)です。 1300万円に加え、余罪として6800万円の着服も明らかになってい…

投資は「90%の苦痛」と「10%の安堵感」で構成されているって知ってた?

EAはまるでゲーム世界のアイテム EA使ってる人、多いですね。たしかに自動売買システム(EA)は使い始めると面白いし、その奥深さにハマると思います。複数のEA(システム)を稼働させて資金を増やしていく過程は、まるでゲーム…

ドラゴンストラテジーFXの優位性を高める工夫

SQIとの組み合わせで優位性を高める方法 過去の記事でドラストFXと当サイトの特典であるSQIが、非常に相性が良いことを解説しました。 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴンストラテジーF…

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?

バイナリーオプションは本当にフェアか? バイナリーオプションの危険性 バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) 投資とギャンブルの”境界線” バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ バイナリーオプ…

GMOクリック証券11月4日より新バイナリーオプションのデモ取引スタート

新ルールBOスタート間近 バイナリーオプションの自主規制ルールに基づいた新BOが、どんどんリリースされていますね。2013年11月末には、新ルールへの完全移行が義務付けられています。 現段階での各証券会社のスケジュールを…

FX−STS 【検証とレビュー】

FX-STSは月額39,800円のコピートレード FX-STSは、コピートレードです。当たり前ですが、コピートレードもシグナル配信も結果が全てです。 残念ながらFX-STSは、現時点ではめざましい結果を出せていないようで…

現金発生装置「アルケミーシステム」はバイナリーオプション商材

スマホをタップするだけの現金発生装置…アルケミーシステム 意味不明な販売ページに関するご質問を頂きました。そのページとはこちらになります。 アルケミーシステム 時代を逆行するかのような派手な販売ページです。具体的な内容は…

ACBオートキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】

Smart Optionに最適化された自動売買 ACBオートキャッシュバイナリーは、Smart Optionという海外のバイナリーオプション商品に特化した自動売買システムです。 Smart Optionってご存じですか?…