FXシグナル配信 黒山 【検証とレビュー】

FXシグナル配信 黒山 【検証とレビュー】

FXシグナル配信 黒山 【検証とレビュー】

D評価商材

FXシグナル配信”黒山”は投資助言代理業社のサービス

FXシグナル配信「黒山」は、投資助言代理業の登録をしている株式会社エスフィールドのFXシグナル配信サービスです。ちなみに「黒山」は「くろやま」ではなく「こくざん」と読ませるそうです。

月額配信料は50,000円です。ポンド円をメインとしたシグナル配信サービスです。配信頻度は月に10~15回程度です。

トレーダーのシグナルを、独自のシステム(PRC)でフィルタリングして、精度の高いシグナルのみを配信する仕組みのようです。シグナル配信は、フォワード成績でしかその優劣を判断できませんので、受けてみないとなんとも言えないですね。

無料お試し期間は21日間です。残念ながら、現在は募集終了しています。

過去成績では実力がわからない

FXシグナル配信「黒山」の過去成績はこんな感じですね。

2011年

  • 06月 246pips
  • 07月 380pips
  • 08月 909pips
  • 09月 425pips
  • 10月 557pips
  • 11月 181pips
  • 12月 228pips

2012年

  • 01月 259pips
  • 02月 796pips
  • 03月-148pips
  • 04月 277pips
  • 05月 434pips(←5月29日販売スタート)
  • 06月 187pips

過去成績は非常に安定しているように見えます。ただ、FXシグナル配信「黒山」の商品登録日は、2012年5月29日です。上記過去成績はほぼ全て販売前の成績ですので注意が必要です。

2012年6月以降の成績が、黒山の本当の実力を計る物差しになります。つまり、FXシグナル配信「黒山」は、フォワード実績をこれから積み上げていく、実力未知数のシグナル配信サービスということになります。

重要なのは販売後の成績推移だ

私はもともとシグナル配信サービスには否定的な立場です。しかもフォワード実績(販売後の成績)のほとんど存在しない配信サービスに、申し込むというリスキーな行為は私にはとうてい理解できません。

FXシグナル配信サービス「黒山」は月額50000円です。少なくとも数ヶ月~半年位は販売後の成績の推移を見守るべきではないでしょうか。

今後の成績が気になる方は、以下のブログをチェックしてみてはいかがでしょうか?配信者「黒山」氏の成績を掲載している(と思われるブログ)です。

楽をしたい人には永遠に天使は微笑まない

私がシグナル配信サービスに否定的なのは、成績だけが理由ではありません。シグナル配信サービスは、ロジックがブラックボックス(非公開)であるという点です。

ロジックが全くわからないままシグナルを受けても、あなたのトレードスキルは全く向上しません。考える努力や、苦しむ努力を放棄してしまっているからです。

「楽して稼ぎたい」という甘い考えを持っているようでは、いつまでたってもあなたの投資能力が向上することは決してありません。一方において、自身の血と汗を流しながら、必死にトレードスキルを向上させようとしている個人投資家も存在します。

半年後、1年後の両者を比較したときに、トレードスキルにおいて大きな差が開いていることは言うまでもありません。

シグナル配信の避けられない課題とは?

シグナル配信には、もう一つ避けられない課題が存在します。EA(自動売買システム)と同質の課題とも言えます。

毎月それなりの月会費を支払って、勝っている場合は、良いでしょう。しかし近い将来に、ドローダウンを発生させる可能性もあります。いつドローダウンが発生するか、誰にも予測できません。

そのときに、これまで通り配信会社を信じて、シグナルの通りにトレードを続けられるかどうか?それとも、配信サービスをストップするか?ユーザーは、選択を迫られます。成績の回復を信じて継続することによって、損失をさらに大きくしてしまう恐れもあります。

また配信サービスをストップさせれば、損失の拡大は防ぐことができますが、これまでの損失が確定することになります(この時点で、トータルプラスであれば、まだ救われます)。またゼロから配信サービスを探すという作業になります。トレードスキルは1ミリも向上していません。

楽して稼ぎたいユーザーと、相場と真剣に向き合うことを選択したユーザーとの差は、拡大する一方です。

できれば、少しでも多くの方に、マーケットに真剣に向き合っていただき、正しい投資スキルを学習し、身に付けていただきたいと思っています。そのためには、勝つことよりも、まず負けないこと(退場させられないこと)を、真っ先に学ぶべきです。

正しい投資の知識は、真っ当な教材(商材)からしか学べません。

可能であればポジション解説などして欲しい

もしも可能であれば、ポジションを持った理由や、クローズした理由などを、相場背景とともに解説して欲しいですね。そうすれば、シグナル配信であったとしても、勉強になると思います。

  • なぜこのタイミングでポジションを保有したのか?
  • 今どのような相場環境なのか?
  • どうしてポジションを積みまししたのか?
  • なぜ今、一部のポジションをクローズしたのか?
  • このタイミグで利確した理由な何なのか?

FXシグナル配信黒山も、専属トレーダーの解説を交えながらシグナルを配信してもらえれば、とても有意義だと思いますし、投資スキルの向上にもつながると思います。

是非、検討して欲しいですね。

D評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

ニュートンFXがインディケータロジックを公開した【検証とレビュー】

ニュートンFX【検証とレビュー】 ニュートンFXのロジックを解説【検証とレビュー】 ニュートンFXがインジケータの詳細なロジックを公開 ニュートンFXの販売者から以下のようなメール…

kakuseiDVD
FX専業トレーダー覚醒DVD【検証とレビュー】

「FX専業トレーダー覚醒DVD」は”裁量ライントレード学習DVD” 「3つの黄金ライン」をあぶり出し、FX初心者でも7日間で神トレーダーに覚醒する!【FX専業トレーダー覚醒DVD】…

ドラゴンストラテジーFX
ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴン・ストラテジーFXの優位性を高める工夫 ドラゴンストラテジーF…

ポジションへの執着がコツコツドカンの元凶というお話「ビクトリーメソッドアドバンス」

毎回読み応えのある「トレードと凡事のお話」 当サイトでイチ押しの「ビクトリーメソッドアドバンス」ですが、購入すると定期的にメルマガが届くようになります。そのメルマガとは「FXトレー…

モンスター・トレンドゾーンFX
モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )【検証とレビュー】

『モンスター・トレンドゾーンFX(モントレFX )』検証とレビュー 『ドラゴンストラテジーFX』(ドラストFX)、『Black AIストラテジー FX』(ブラストFX)に続く、第三…

チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのアービトラージ手法 今回紹介するチーティングトレーダー育成プロジェクトは、読者様から検証依頼のあった商材です。 チーティングトレーダー育成プロジェクトは、マー…

The Secret FX
The Secret FX(ザ・シークレットFX)サインツールをおすすめしない理由

ザ・シークレットFX(The Secret FX)に付属するインディケータははたして使えるものなのか? ザ・シークレットFX(The Secret FX)のサインツール The S…

FXプレミアムトレード ~Ultimate~
FXプレミアムトレード(プレトレ)~Ultimate~【検証とレビュー】

「FXプレミアムトレード(プレトレ)~Ultimate~」検証レビュー わずか2年で5本ものFX商材をリリース FXプレミアムトレード15Mの後継商材である「FXプレトレ~Ulti…

大市民流FX資産構築メソッド
大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その1

「大市民流FX資産構築メソッド」を購入した パチンコ攻略に長けた人物による”FX投資ノウハウ” 大市民流FX資産構築メソッドを手に入れたので検証レビューします。大市民という人物によ…

トレンドラインpro 【検証とレビュー】

トレンドラインproはラインを自動描写するインディケータ トレンドラインproという商材をご紹介します。MetaTraderで動作するライン自動描写ツール(インディケータ)です。実…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 …

Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと

Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしい 前回の記事で、FlashZoneFXの具体的なロジックについて解説をおこないました。 Flash Zone FX【検証と…