FXシグナル配信 黒山 【検証とレビュー】

FXシグナル配信”黒山”は投資助言代理業社のサービス

FXシグナル配信「黒山」は、投資助言代理業の登録をしている株式会社エスフィールドのFXシグナル配信サービスです。ちなみに「黒山」は「くろやま」ではなく「こくざん」と読ませるそうです。

月額配信料は50,000円です。ポンド円をメインとしたシグナル配信サービスです。配信頻度は月に10~15回程度です。

トレーダーのシグナルを、独自のシステム(PRC)でフィルタリングして、精度の高いシグナルのみを配信する仕組みのようです。シグナル配信は、フォワード成績でしかその優劣を判断できませんので、受けてみないとなんとも言えないですね。

無料お試し期間は21日間です。残念ながら、現在は募集終了しています。

過去成績では実力がわからない

FXシグナル配信「黒山」の過去成績はこんな感じですね。

2011年

  • 06月 246pips
  • 07月 380pips
  • 08月 909pips
  • 09月 425pips
  • 10月 557pips
  • 11月 181pips
  • 12月 228pips

2012年

  • 01月 259pips
  • 02月 796pips
  • 03月-148pips
  • 04月 277pips
  • 05月 434pips(←5月29日販売スタート)
  • 06月 187pips

過去成績は非常に安定しているように見えます。ただ、FXシグナル配信「黒山」の商品登録日は、2012年5月29日です。上記過去成績はほぼ全て販売前の成績ですので注意が必要です。

2012年6月以降の成績が、黒山の本当の実力を計る物差しになります。つまり、FXシグナル配信「黒山」は、フォワード実績をこれから積み上げていく、実力未知数のシグナル配信サービスということになります。

重要なのは販売後の成績推移だ

私はもともとシグナル配信サービスには否定的な立場です。しかもフォワード実績(販売後の成績)のほとんど存在しない配信サービスに、申し込むというリスキーな行為は私にはとうてい理解できません。

FXシグナル配信サービス「黒山」は月額50000円です。少なくとも数ヶ月~半年位は販売後の成績の推移を見守るべきではないでしょうか。

今後の成績が気になる方は、以下のブログをチェックしてみてはいかがでしょうか?配信者「黒山」氏の成績を掲載している(と思われるブログ)です。

楽をしたい人には永遠に天使は微笑まない

私がシグナル配信サービスに否定的なのは、成績だけが理由ではありません。シグナル配信サービスは、ロジックがブラックボックス(非公開)であるという点です。

ロジックが全くわからないままシグナルを受けても、あなたのトレードスキルは全く向上しません。考える努力や、苦しむ努力を放棄してしまっているからです。

「楽して稼ぎたい」という甘い考えを持っているようでは、いつまでたってもあなたの投資能力が向上することは決してありません。一方において、自身の血と汗を流しながら、必死にトレードスキルを向上させようとしている個人投資家も存在します。

半年後、1年後の両者を比較したときに、トレードスキルにおいて大きな差が開いていることは言うまでもありません。

シグナル配信の避けられない課題とは?

シグナル配信には、もう一つ避けられない課題が存在します。EA(自動売買システム)と同質の課題とも言えます。

毎月それなりの月会費を支払って、勝っている場合は、良いでしょう。しかし近い将来に、ドローダウンを発生させる可能性もあります。いつドローダウンが発生するか、誰にも予測できません。

そのときに、これまで通り配信会社を信じて、シグナルの通りにトレードを続けられるかどうか?それとも、配信サービスをストップするか?ユーザーは、選択を迫られます。成績の回復を信じて継続することによって、損失をさらに大きくしてしまう恐れもあります。

また配信サービスをストップさせれば、損失の拡大は防ぐことができますが、これまでの損失が確定することになります(この時点で、トータルプラスであれば、まだ救われます)。またゼロから配信サービスを探すという作業になります。トレードスキルは1ミリも向上していません。

楽して稼ぎたいユーザーと、相場と真剣に向き合うことを選択したユーザーとの差は、拡大する一方です。

できれば、少しでも多くの方に、マーケットに真剣に向き合っていただき、正しい投資スキルを学習し、身に付けていただきたいと思っています。そのためには、勝つことよりも、まず負けないこと(退場させられないこと)を、真っ先に学ぶべきです。

正しい投資の知識は、真っ当な教材(商材)からしか学べません。

可能であればポジション解説などして欲しい

もしも可能であれば、ポジションを持った理由や、クローズした理由などを、相場背景とともに解説して欲しいですね。そうすれば、シグナル配信であったとしても、勉強になると思います。

  • なぜこのタイミングでポジションを保有したのか?
  • 今どのような相場環境なのか?
  • どうしてポジションを積みまししたのか?
  • なぜ今、一部のポジションをクローズしたのか?
  • このタイミグで利確した理由な何なのか?

FXシグナル配信黒山も、専属トレーダーの解説を交えながらシグナルを配信してもらえれば、とても有意義だと思いますし、投資スキルの向上にもつながると思います。

是非、検討して欲しいですね。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

ライフステージ(FX投資コンサル会社)が無登録で146億円を集金

会社名(株式会社ライフステージ)が報道された 先日の記事で、新宿のコンサル会社が無登録で百数十億円を集めたニュースを記事にしました。 【無登録の投資会社】FXへの投資うたい百数十億円集めたか? NHKの速報だったのですが…

GMOクリック証券と自動売買ツールの今後

GMOクリック証券に最適化された自動売買ツールが増えている 今日も、ちょっと気になる情報を聞いたので、みなさんとシェアしたいと思います。 最近GMOクリック証券での(バイナリーオプション)自動売買ツールが増えていますね。…

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった 先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプションのようですね。 ネクストバイナリーアカデ…

侍マトリックス(EA)のロジックについて考えてみる

侍マトリックスはEA(自動売買システム) リベルタス合同会社が販売している侍マトリックスがランキング1位(2014年9月9日)ですね。私は購入していませんので販売ページを見て気になる点を記事にしてみたいと思います。 販売…

Dealing FX 【検証とレビュー】

Dealing FXは現代版「酒田五法」か Dealing FXは、裁量系の商材です。プライスアクショントレードマニュアルとあるように、レート(値)のアクション(動き)やチャートパターンを読み取って、その先の方向性を予測…

FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万8000円〜

超高額になったTPS第3期 先日、FX商材「FX裏技攻略塾TPS第3期」のオプトイン広告をご紹介しましたが、その販売価格が判明しました。 銀行振込  49万8000円 カード決済 54万8000円 ≫FX裏技攻略塾TPS…

ネクストバイナリーアカデミー【検証とレビュー】

ネクストバイナリーアカデミーは、ゲーム攻略本だ 絶対空間零(村上公一)氏によるネクストバイナリーアカデミーに関する問い合わせをいただきました。私はこのブログで一貫してバイナリーオプション攻略の難しさを説いてきました。それ…

脱税で起訴されるということについて

脱税で起訴されるといこと 先日は、クロスリテイリング代表山口氏が法人税法違反により在宅起訴されたニュースを取り上げました。このニュースで疑問を感じた方も多いと思いますが、そもそも脱税した人が全員起訴されるということはあり…

エッセンシャルFX【検証とレビュー】

エッセンシャルFXは、チャートマスターが販売元だ 株式会社チャートマスターは、金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。 登録番号:関東財務局長(金商)第2086号 このブログでもチャートマスターが販売してきたFX情報…

ゴールデンアルティメットトレード【検証とレビュー】

ロスカット不要論、再燃 FXにおけるロスカット不要論を唱える商材がまた出てきました。ゴールデンアルティメットトレードです。 ゴールデンアルティメットトレード公式サイト 損切りをしないFXトレーダーといえば、あの池辺雪子さ…

ゆるスキャDX 【検証とレビュー】

ゆるスキャDXはEURUSD専用のシグナル点灯ツール ゆるスキャDXは、EURUSDを推奨通貨ペアとした、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツール(インディケーター)です。使用する足は1分足ですので、スキャルピングですね。…

指標トレードほどスリル満点なゲームはない

指標トレードほどスリル満点なゲームはない 指標トレードをやってみればわかりますが、あまりのスリルに心臓がはちきれそうになります。レートの動き方が通常とは異なります。特に重要指標発表時にはありえない動きをします。スリッペー…