FXスキャレーダー【検証とレビュー】評価・・・C

FXスキャレーダー【検証とレビュー】

FXスキャレーダー【検証とレビュー】

「FXスキャレーダー」を販売するアイプロダクション(渡秀明氏)とは?

販売会社のアイプロダクションはADR(紛争解決委員会)案件の過去を持つ

販売会社のアイプロダクション(=株式会社フロンティア 代表取締役はどちらも渡秀明氏)は、個人投資家とのトラブルが国民生活センターADR(紛争解決委員会)に持ち込まれた過去があります。

詳細はこちらに記しています。

紛争の概要ですが国民生活センターの報道発表資料をまとめると以下のとおりです。

相談者は、株式会社フロンティア(投資助言代理業者 代表取締役 渡秀明氏)と投資顧問契約を結び、会費105万円を払いました。

そしてFXの運用資金62万円をFX会社の口座に入金をしました。

相談者は、システムを利用したトレードにより10日後に全ての資金を失いました。

相談者は、株式会社フロンティアに会費と運用資金の返還を求めました。

返還請求に対し、株式会社フロンティアは「新しい自動売買システムを提供するので、そのFXの利益で返還する努力をする」と回答しました。

相談者は、再度2万5000 円で運用を開始しましたがその資金も失ってしまいました。

相談者は国民生活センターのADR制度を利用し、株式会社フロンティアから投資顧問費用105万円と運用資金、システム利用料の合計167万円の返還を請求しました。

※この概要は国民生活センターの報道発表資料をまとめたものです。従いまして、相談者の一方的な話が中心であり、出来事の一面でしかありません。実際にこの通りであったかどうかは不明です。

紛争の詳細は以下のリンクをご覧ください。

この紛争(仲裁依頼)では、結局のところ株式会社フロンティアが話し合いに応じなかったため、ADRによる仲裁が失敗に終わっていますので、事の真相は不明です。

引用:FX錬金術(HIDE渡秀明)【検証とレビュー】

今回レビューするFXスキャレーダーは、渡秀明氏が代表を務めるアイプロダクションのFX商材となります。

FXスキャレーダー タイトル:FXスキャレーダー
販売:株式会社アイプロダクション
メディア:動画・PDF・インジケーター
発売日:2017年1月11日
FXスキャレーダー【公式サイト】

FXスキャレーダーは初心者向け「5分足スキャル」

FXスキャレーダーのロジックは5分足スキャルピングです。

FX初心者でも、楽しく簡単に、まるでゲームのよう!

かつてない超絶簡単なFXで、月収100万円、200万円以上を目指しませんか?

引用:FXスキャレーダー販売ページ

スキャルピングを「FX初心者」向けとして、「ゲームのよう」な感覚で「月収100万円以上」を目指すことを謳っています。

スキャルについてひとこと言いたい

最近、スキャル商材を多く見かけるので、私の考えを述べておきたいと思います。

スキャル=相場の瞬間的なノイズ(雑音)を予測し小さな利益を瞬時に刈り取る

FXトレード歴10年を超える私の感覚では、各トレードの難易度は次のとおりです。

  • スイングトレード = 中・初心者向け(難易度・・・低い)
  • デイトレード   = 上級者向け(難易度・・・高い)
  • スキャルピング  = 超上級者向け(難易度・・・非常に高い)

スキャルピングは超上級者向けトレードであり、難易度は非常に高いです。月数百万円を稼ぐ知人FXトレーダーも同じ意見です(スキャルはバカがやるものだと言っています)。トレード歴が長ければ長いほど「スキャルピングはやるもんじゃない」という認識に落ち着いてきます。

スキャルピングは、相場の瞬間的なノイズ(雑音)を予測し、小さな利益を瞬時に刈り取っていく手法です。少しでも気を緩めるとノイズ(雑音)にのみ込まれ損失を計上してしまいます。ポジションを持ったなら一瞬の気の緩みすら許されません。

相場のノイズ(雑音)には規則性がない

一回のスキャルで勝つことは可能ですが、長期的に利益をプラスにしていくことは、困難を極めます。なぜならノイズ(雑音)には規則性がないからです。

ノイズ(雑音)を予測するということは、つまりサイコロを転がすことに似ています。単純に賭ければ勝率は50%前後に落ちつくでしょう。損失(含み損)に動揺する人間の心理を考えれば、勝率はさらに下がります。結果的に「大数の法則」によってトレードすればするほど損失が膨らむことになるわけです。

では、スキャルで勝つことは不可能なのか?そんなことはありません。人間性を完全に排除し、機械的なトレードをすればスキャルで勝つこと(長期的に利益を出すこと)は可能です。「自分がほぼ機械になりきれる」か、もしくは「機械にトレードさせる=自動売買」ことができれば勝てます。

トレード歴の長いユーザーならば知っているはずです。過去には早朝スキャルピングEAが猛威を奮っていた時期があるのです。ボラティリティの少ない日本時間の早朝を狙い撃ちし、数ピプスを抜き去るEA(自動売買)が恐ろしいほどの利益を積み上げていたのです。

早朝の瞬間的なノイズ(雑音)から瞬時に数ピプスの利益を抜くことは機械(EA)だからこそできるトレードです。人間にはほぼ不可能でしょう。

これらの早朝スキャルEAは、証券会社が危機感を感じて完全に使用禁止となりました。それほど恐ろしく稼げていたのです。

スキャルはボラティリティの少ない時間帯(早朝)にこそ旨味がある

多くの早朝スキャルEAがそうであるように、スキャルピングの旨味はボラティリティの少ないヨコヨコ状態(レンジ相場)で逆張りトレードすることにあります。大半の日本人が眠りについている時間帯です。

ご存知のように、日中や夕方以降の時間帯は徐々にボラティリティが拡大します。レートの動きが大きくなっている時間帯にスキャルピングをするのは、戦略としては「正しくない」です。むしろボラを利用してトレンドに乗ったほうが利益を簡単に出せます。

ボラの拡大している時間帯にスキャルで利益を積み上げることは、簡単ではありません。数ヶ月程度スキャルをやればすぐに理解できる事実です。

「FXスキャレーダー」とはどんなFX商材か?

さて、FXスキャレーダーは5分足を使ったスキャルピングロジックを採用しています。仕掛けは逆張りです。推奨通貨ペアは全部で7つもあります。

  • USDJPY
  • EURJPY
  • GBPJPY
  • AUDJPY
  • EURUSD
  • GBPUSD
  • AUDUSD

MetaTrader4に専用のインジケーターを組み込み、チャート上に「矢印マーク」を点灯させるタイプですね。

FXスキャレーダー

FXスキャレーダー

指値・逆指値を設定することでエントリー後は自動で利確・損切りが可能です。

「FXスキャレーダー」の欠点

FXスキャレーダーのデメリットについて触れておきます。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

1.スキャルピングは「超上級者向け」であるという認識が必要

スキャルピングを初心者向けに販売することに抵抗を感じています。なぜならスキャルピングは「超上級者向け」ロジックだからです。たしかに1回1回を勝つ(利益を出す)のは簡単です。ただ長期的に(数カ月に渡って)トータル利益をプラスにすることは極めて難易度が高いです。これはやってみれば「実感」するはずです。

スキャルで長期的に(半年〜1年以上)利益を出し続けることのできるトレーダーは、資質があります。つまり凡人ではないということです。

ゲームセンターで見かける超絶絶技を繰り出すゲーマーのような存在です。あなたが凡人ならばスキャルは極めてハードルが高いトレードであるということを認識しておくべきでしょう。

2.シグナルツールを使い続けるならばスキルの向上は諦める

矢印型のシグナル点灯ツールを使い続けるということは、自らスキルアップを放棄していることになります。ましてや高度なスキルが求められるスキャルピングにおいてツールに頼り切るというのは矛盾しています。

今ひとつ
  • スキャルピングは「超上級者向け」であるという認識が必要
  • シグナルツールを使い続けるならばスキルの向上は諦める

「FXスキャレーダー」の評価ポイント

次にFXスキャレーダーの評価できるポイントです。

1.スキャルに初めて取り組むならば「洗礼」を受けるべきかもしれない

私がどれほど「スキャルの難易度」を語っても、初心者には伝わらないでしょう。だったら数カ月なりスキャルピングに取り組んでみるのも良いと思います。

大半のユーザーが打ちのめされるはずです。逆に数ヶ月(数十回のトレード)でトータル利益がプラスならば、あなたにはスキャルの素質があるかもしれません。

FXスキャレーダーは、スキャルの「洗礼」を受けるためには、好都合な商材かもしれません。

2.シグナル点灯を補助ツールとして使ってみる

矢印型のシグナルを鵜呑みにせずに、逆張りトレードの補助ツールとして使うというのはありかもしれません。様々な相場環境で、どのようなタイミングでシグナルが点灯するのか?検証し精査すればあなたの武器になるかもしれません。

ここがマル
  • スキャルに初めて取り組むならば「洗礼」を受けるべきかもしれない
  • シグナル点灯を補助ツールとして使ってみる

「FXスキャレーダー」総合評価

【結論】シグナル点灯型スキャルツールの精度は不明だが、初心者がスキャルピングの「洗礼」を受けるならば好都合な商材かもしれない

初心者向けスキャルピング商材が売り出されることに違和感を感じていますが、商売なのだから仕方がないのでしょうね。本当に「初心者」のことを考えるならば、もっと簡単に勝てるスイングトレード・デイトレードの商材を販売するべきだと感じています。

スキャル専用ツールは「中・上級者向け」商材として出すほうがニーズは高いはずです。過去には多くの早朝スキャルEA(自動売買)が高額で販売され、海外だけでなく日本のトレーダーにも愛用されました。

とはいえ、ユーザーの多様性を考えれば、「初心者向けスキャル商材」があっても良いのかもしれません。スキャルをやりたいと思う初心者ユーザーが存在するから「初心者向けスキャル商材」が売れるのでしょうね。

今ひとつ
  • スキャルピングは「超上級者向け」であるという認識が必要
  • シグナルツールを使い続けるならばスキルの向上は諦める
ここがマル
  • スキャルに初めて取り組むならば「洗礼」を受けるべきかもしれない
  • シグナル点灯を補助ツールとして使ってみる

「FXスキャレーダー」を購入したほうが良い人

  • 初心者でスキャルに取り組んでみたいと思う人
  • 小さな利益を積み上げていきたい人
  • シグナル点灯ツールを求めている人
  • スキャルピングを極めたいと考える人

「FXスキャレーダー」を購入しないほうが良い人

  • スキャルピングを苦手(苦痛)とする人
  • 小さな利益をコツコツ積み上げることを苦手とする人
FXスキャレーダー タイトル:FXスキャレーダー
販売:株式会社アイプロダクション
メディア:動画・PDF・インジケーター
発売日:2017年1月11日
FXスキャレーダー【公式サイト】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 よく読まれている記事

FX自動売買ソフト「不知火(しらぬい)」【検証とレビュー】
為替予約取引の経験を活かして6ヶ月で5000万円を稼いだ方法

為替予約取引の経験をFX取引に活かす 為替予約取引をご存知でしょうか?為替予約取引とは、企業等が為替リスクを軽減するために、予め条件を決めて為替の売買を行なうことをいいます。為替先…

FXハイブリッド 【検証とレビュー】

FXハイブリッドは”コピートレード(EA)” 実績のあるコピートレードをご紹介します。株レモン投資顧問が販売するFXハイブリッドです。 EURUSD専用のEA(コピートレード)です…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】

井手式7daysFXは、全編「動画」教材 非常にオーソドックス(王道)な商材が販売されました。井手式7daysFXです。 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その2 井手式7d…

指標トレードほどスリル満点なゲームはない

指標トレードほどスリル満点なゲームはない 指標トレードをやってみればわかりますが、あまりのスリルに心臓がはちきれそうになります。レートの動き方が通常とは異なります。特に重要指標発表…

IQ190 超速スキャルFX
IQ190 超速スキャルFX【検証とレビュー】評価・・・B

「IQ190 超速スキャルFX」とはどんなFX商材か? 「IQ190 超速スキャルFX」はスキャルピングとブレイクアウトを巧みに融合させたロジックだ 作者の梶真英氏はIQ190の頭…

タイムゾーンブレークアウト 【検証とレビュー】

MAX氏のブレイクアウト系商材 タイムゾーンブレークアウトは、6月1日に発売以来インフォカートランキングで常に上位にありますね。ロジック考案者のMAX氏は、これまでにも数多くの商材…

最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方

自主規制の最終報告が出た! ついに最終報告書が発表(2013年4月24日)されました!報告書の正式タイトは以下の通りです。 通貨(通貨指標)を原資産とする個人向け店頭バイナリーオプ…

GMOクリック証券に業務改善命令

関東財務局より業務改善命令 10月12日に、GMOクリック証券に対し、関東財務局より業務改善命令が下されました。 金融商品取引法第40条第2号によるものです。金融商品取引業等に係る…

FX成績の偽装・改ざんテクニックをご紹介します

FX講師や販売者の経歴や実績は本当なのか? 先日、扶桑社の架空トレーダー疑惑について記事をアップしましたところ、かなりの反響を頂きました。高額FXセミナーを開催している様々な講師の…

FX-navi 【検証とレビュー】

FX-naviはトレンドフォロー系裁量ロジック FX-naviの販売ページですが、一般的なことがさらっと書いてあるだけで、具体的な手法についての説明は全くありません。購入検討者はど…

含み損をかかえた「全コピFX」が募集を再開?

全コピFXのその後 前回の記事で全コピFXが壊滅的な状態になっていることをお伝えしました。 全コピFXで強制ロスカットが続発 全コピFXの主力トレーダーである全力男氏が莫大な含み損…

ストップ狩りとは?

ストップ狩りの真実 先日の記事(FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】)でストップ狩りについて触れたところ、ストップ狩りとは何か?ストップ狩りは実在するのか?という問い…