パラダイム・トレーダーFX【検証とレビュー】その3

パラダイム・トレーダーFXをMetaTrader4に設定してみた

今回はパラダイム・トレーダーFXの具体的なトレードルールとロジックに踏み込んでレビューをしていきます。

まずはチャート(MetaTrader4)にインディケータを設定した画面を御覧ください。使用しているMT4はFXDDのデモチャートです。USD/JPYの5分足チャートを表示させています。

パラダイム・トレーダーFXチャート画像1

ビジュアル的にも見やすそうなチャートです。しっかりとした開発スキルに裏付けされたインディケータという印象です。チャートの左側に様々なテクニカルメーターが表示されていて、一覧性も確保されています。

パラダイム・トレーダーFXは順張り(トレンドフォロー)ロジック

このツールのロジックの特徴をまとめると以下のようになります。

パラダイム・トレーダーFXチャートのロジック

チャート上には複数のラインが自動で描写され、相場状況を確認できるようになっています。まずは、ラインブレイク用の「赤いライン」と「青いライン」が描写されています。このラインがパラダイム・トレーダーFXの最も重要な指標であり、ENTRYのベースとなります。

パラダイム・トレーダーFXチャート02
※解説用に15分足を表示させています。

さらに上値抵抗線と下値支持線の役割を担う「青いカラーバンド」と「赤いカラーバンド」が表示されています。このバンドのベースはボリンジャーバンドですね。ボリバンのパラメータ等をカスタマイズして表示させています。

パラダイム・トレーダーFXチャート01

ベースがボリバン(ボリンジャーバンド)ですので、基本的にはボリバンと同じような指標として捉えます。つまり幅(帯)が縮小すれば”レンジ”状態を示し、帯が拡大すれば”トレンド”状態を示します。また帯の傾きがそのままトレンドの方向を示しています。

こうしてみると一見複雑なチャート表示に見えますが、ロジックのベースは極めてシンプルであることが読み取れます。

前日のある時間帯の高値安値で囲まれたボックスを上抜け・下抜けでエントリーし、カスタマイズしたボリバンでフィルタリングをかけたり手仕舞いのタイミングを図っていくというものです。

最も簡単なトレードルールを紹介

パラダイム・トレーダーFXでは、相場の状況に応じた様々なトレードルールが解説されているのですが、ここでは最もシンプルで簡単なルールを紹介します。

このシンプルルールを見ていただければ、パラダイム・トレーダーFXがどのようなツールなのか理解できるはずです。

  1. 赤ラインの下で「売り」(ラインブレイク、ラインに押し戻されたとき)
  2. 青ラインの上で「買い」(ラインブレイク、ラインに支えられたとき)
  3. なるべくラインの付近でエントリーする
  4. 決済は、まずはカラーバンドの一本ずつを目指す
  5. ゾーンを超えたり、ゾーンが傾いたりしている場合は損切を動かし利益を確保しながら、次の日のラインタッチまで持ち越す

赤or青ラインを抜けたタイミングで”ENTRY”

まずはエントリーの解説です。

パラダイム・トレーダーFXチャート02

上図チャートの赤いライン(ラインブレイク用)を下抜けし、さらにその赤ラインにローソク足が押し戻された時が「売り」のタイミングです。

一方、青いライン(ラインブレイク用)を上抜け、さらにその青いラインにローソク足が支えられた時が「買い」のタイミングです。

ライン抜けしてすぐに仕掛けるのではなく、最初のブレイク(抜け)は極力見送ります。なぜなら最初のライン抜けは戻されることが多いからです。

一旦抜けたレートが少し戻されて、もう一度トライするタイミング(押しや戻り)で仕掛けるのがポイントとなります。

カラーバンドタッチで”EXIT”

決済は、「買い」の場合は「青いカラーバンド」、「売り」の場合は「赤いカラーバンド」でおこないます。カラーバンドにタッチするタイミングが第一の決済ポイントとなります。

なお、エントリーポイントからカラーバンドまでの幅が小さい場合は見送ります。これは利幅が小さいためリスクが大きくなるからですね。

パラダイム・トレーダーFXチャート03

”損切り”は、赤or青ラインの少し下に置く

損切りポイントは、エントリー時に利用した赤or青ラインの少し下に置きます。ラインブレイクが不発に終わった場合のリスクを最小限にするためですね。ブレイクが発生すれば利益は大きくなることが予想されます。いわゆる損小利大のロジックとなります。

パラダイム・トレーダーFXチャート04

シンプルなラインブレイクだが、様々な応用編が用意されている

こうしてパラダイム・トレーダーFXの簡単ルールを解説してみると、シンプルに感じますね。ただ、会員サイトでは応用的な様々なトレードルールが動画で解説されています。

基本はラインブレイクなのですが、ラインとカラーバンドで読み取れる相場状況に応じて、ルールを応用していきます。

次回はもう少し複雑なルールをご紹介します。


オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

FXで含み益が5億円を超えたという猛者を検証

マネパで5億円超の含み益を公開した猛者 2ちゃんねるのニュー速板に、FXで含み益が5億円を超えたという猛者が現れました。 FXの含み益が5億円を超えたからそろそろ利益確定しようと思う その証拠画像らしきものがこちら。 出…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】…

エルドラドBO 【検証とレビュー】

バイナリーオプションは金融庁公認ギャンブル エルドラドBOは、バイナリーオプションの自動売買ツールです。エルドラドBOの販売ページには、以下の様の記載されています。 あくまでもバイナリーオプションは投資です。 バイナリー…

hawaii023劇場【第二幕】▲4300万円の含み損の行方・・・

hawaii023の含み損が630万円→4100万円にまで拡大(汗) Yahoo!ファイナンスの伝説男「hawaii023」の一人舞台はまだ続いています。 わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝…

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝を見終わった

ようやく「輝」本編を見終わった 前回の記事に引き続き、今回も「ぷーさん式トレンドフォロー手法」のレビューです。 ぷーさん式手法トレードマニュアル輝(全体編) ぷーさん式手法トレードマニュアル輝(基礎動画編) 今回は、本編…

損切りしない戦略と”トラップリピートイフダン”

損切りしない戦略 ここ数日、損切りしない戦略について記事をアップしてきました。 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 4億7000万円稼いだカリスマ主婦…

ニューロFX 【検証とレビュー】

ニューロFXは未来のレートを予測する? ニューロFXは、メタトレーダーに設定して使用する半裁量ツールです。 ニューロFXは、未来のレートを予測してくれるそうです。最短で5分後のレートから、最長で12時間先までの予測を行う…

津島式FXトレード塾 【検証とレビュー】

津島式FXトレード塾は初心者向けFXセミナー動画 津島式FXトレード塾は、いわゆるFXの動画教材です。読者モデルを生徒にして、初心者向けのFXセミナーを撮影し編集した内容になっています。 動画は9時間くらいあるのですが、…

日本最大手は外為どっとコム?それともGMOクリック証券?

本当にGMOクリック証券が日本一? 前回、GMOクリック証券の取引高が世界一になったという記事を書きましたが、 「日本の最大手は、外為どっとコムじゃないの?」 「外為どっとコムが一番だと思ってました・・・」 という質問を…

FXライントレード・マスタースクール
FXライントレード・マスタースクール【検証とレビュー】

「FXライントレード・マスタースクール」とはどんなFX商材か? FXライントレード・マスタースクール(ライマス)はあらゆる相場環境に順応できる”王道ロジック” FX−Jin氏が体系化したとされる3つのライントレード理論・…

マイルストーンFX 【検証とレビュー】

派手さのないマイルストーンFX マイルストーンFXですが、販売ページを読むと、なかなか理想論的な話が続きます。過去の運用成績に派手さはなく、むしろ堅実なトレードというイメージを持ちます。マイナス月もあるので成績はデコボコ…

タイムゾーンブレークアウト 【検証とレビュー】

MAX氏のブレイクアウト系商材 タイムゾーンブレークアウトは、6月1日に発売以来インフォカートランキングで常に上位にありますね。ロジック考案者のMAX氏は、これまでにも数多くの商材を出されています。MAX氏の名前を冠した…