GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました

GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました

GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました

GMOクリック証券の外為オプション実績が公表された

FXトレード・ファイナンシャルに続いてGMOクリック証券も、バイナリーオプションの月別実績を公表しましたね。

GMOクリック証券外為オプション実績
出典:GMOクリック証券外為オプション取引の月次取引実績

注目すべきは「取引口座に対する損失発生口座の割合」です。毎月平均して70%弱の投資家がバイナリーオプションで負けを喫していることになりますね。

いかがですか?私は、思いの外負けている投資家の割合が少ないな、と感じました。3割を超える投資家が月別でプラスだったということです。

FXTRADEと比較して10ポイント以上の好成績

GMOクリック証券のデータは、FXトレード・ファイナンシャルが公表したデータと比較しても、優れていることがわかります。

平成24年12月の当社BO取引【HIGH・LOW】及び【HIGH・LOW MAJOR】に関する顧客全体の損益実績の状況

取引を行なった口座数に対する損失が発生した口座数の割合 = 78.4%

引用:FXトレード・フィナンシャル 個人向けバイナリーオプション取引 [ 顧客全体のマクロ的な損益実績の状況 ]

ご覧の通り、FXトレード・ファイナンシャルでは約78%の口座において損失が発生しています(2012年12月のみのデータ)。

一方、GMOクリック証券では、同月(2012年12月)を比較すると67.46%の口座で損失が発生しています。

損失口座数割合において、約10ポイント以上もの開きがあります。

この公表データをどう見るか

GMOクリック証券のバイナリーオプションは、間違いなく日本一の顧客数を有しているはずです。最大の顧客を有するGMOクリック証券において、約3割の顧客が月別で勝っているというのは、ちょとした驚きです。

ただし、このデータはかなりバイアスがかかっているので注意が必要です。このデータは、単純に毎月全体の3割程度の口座がプラスだったというデータに過ぎません。

2012年1月はマイナス、2月はプラス、3月はマイナスだった場合、トータルで見ればマイナスであったりします。もちろん逆もあります。では、10人で考えてみましょう。

GMOクリック証券年間損益発生口座割合

GMOクリック証券年間損益発生口座割合

上記の表は、かなり適当かつ恣意的に作っています。10人(A〜J)の口座が存在しその内1人は常勝トレーダーとした場合、残り9人は、トータル(12ヶ月)で負け越していることを表した表です。(かなり恣意的ですね。実際には退場者や新規参入者も存在するのでこのようにはなりません。)

1年間で勝ち越したものは10人中たった1人です。それでも、月別の「取引口座に対する損失発生口座の割合」は1月から12月まですべて70%です。

ご覧のとおり「毎月、全体の30%の口座がプラスだった」ということは、「全体の顧客の30%が年間トータルで勝ち越している」ということとは全く違うということです。

年間で勝ち越した口座数の割合を公表すべき

重要なのは、12ヶ月(1年間)を通じてトータルで(金額ベースで)勝ち越した口座数の割合がどれくらい存在したのか?ということです。

結局のところ、月別の「取引口座に対する損失発生口座の割合」を公表しても、ほとんど(というか全く)意味がないということになります。さらに言えば、ある口座(顧客)の月別勝敗が、1年間で7勝5敗(2勝ち越し)であっても、5敗した月のトータル損失額が、7勝した月のトータル利益額を上回っていれば、年間を通じて損益はマイナスということになります。

つまるところ、こんなデータを公表したところで何の参考にもならないということです。

公表すべきデータは、12ヶ月(1年間)を通じてトータルで(金額ベースで)勝ち越した口座数の割合です。10万口座のうち1年を通じてプラスだった口座はいくつあったのか(何パーセント)?というデータです。

各証券会社はこれらの数字(データ)を持っています。おそらくこの数字は30%を大きく下回るのではないでしょうか?1%すらないかもしれません。そして、各証券会社は、絶対にこのデータは公表しないでしょう。公表すれば、バイナリーオプションでトレードする人がいなくなります。

月別の取引口座に対する損失発生口座の割合が7割弱であるというデータを見て、「3割のトレーダーは勝ってるんだ!」と思うのは思考停止状態です。

公表されているデータは、かなりバイアスがかかっています。鵜呑みにして思考停止に陥らないようにしましょう。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

レボリューションバイナリー 【検証とレビュー】

一般公募したロジックで商材を作成 FX商材とは本来、確率的に優位性のある手法を使って実績を継続的に出しているトレーダーが、その手法を再現性のある形で提供することに価値があると考えて…

ネクストバイナリーアカデミー【検証とレビュー】

ネクストバイナリーアカデミーは、ゲーム攻略本だ 絶対空間零(村上公一)氏によるネクストバイナリーアカデミーに関する問い合わせをいただきました。私はこのブログで一貫してバイナリーオプ…

バイナリー大百科 【検証とレビュー】

バイナリー大百科は、裁量商材 バイナリー大百科は、バイナリーオプション商材にしては珍しい裁量系のマニュアルです。販売者であるニーノ氏は、ブログも運営されていますね。  バイナリーオ…

バイナリー専用シグナル配信システム-Everything-【検証とレビュー】

60セカンズ・ペイアウト率70%ブローカー対応の商材 バイナリー専用シグナル配信システム「Everything」は、海外ブローカーに特化した商材です。60セカンズ(60秒後のレート…

バイナリーオプション風林火山 【検証とレビュー】

風林火山は裁量系マニュアル 風林火山はバイナリーオプションのシグナルツールです。システムですが、トレードするかどうかを判断するのは購入者なので、どちらかと言えば裁量系のマニュアルで…

バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?

12月26日気になる記事が掲載された 12月26日の日経新聞(日本経済新聞)夕刊に、バイナリーオプション自主規制の記事が掲載されていましたね。ざっと読んだところ、前回の発表(12月…

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開
バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開

BOWG会合を受けて解説動画(第2弾)が公開された バイナリーオプション自主規制を取りまとめている、バイナリーオプションワーキンググループ(BOWG)の会合(第6回目)が、2013…

タートル・トリック バイナリーオプション 【検証とレビュー】

タートル流バイナリーオプション? どこかで聞いたことのある商材名です。その名も… 伝説のトレーダー集団タートル流タートル・トリック バイナリーオプション 商材の中身は、スマートオプ…

ACBオートキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】

Smart Optionに最適化された自動売買 ACBオートキャッシュバイナリーは、Smart Optionという海外のバイナリーオプション商品に特化した自動売買システムです。 S…

バババババイナリー 【検証とレビュー】その1

噂のバババババイナリーについて バババババイナリーという商材が一部で大きなウワサになっているようで、私にも検証依頼が殺到しています。 販売ページを見てみる 販売ページを見ると、GM…

バババババイナリー評価に対する「反論メール」が的を得ていない件

バババババイナリー評価に対するご意見を頂きました 以前ご紹介したバババババイナリー【検証・レビュー】記事に、複数のご意見を頂いています。 バババババイナリー 【検証とレビュー】その…

Apple「おまいら、今日からバイナリーオプション禁止ね」

海外のApp Store審査ガイドラインにおいてBOアプリ提供が「 許容されない行為」として全面禁止に・・・ App Store審査ガイドラインをご存知でしょうか?Appleがアプ…