GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました

GMOクリック証券の外為オプション実績が公表された

FXトレード・ファイナンシャルに続いてGMOクリック証券も、バイナリーオプションの月別実績を公表しましたね。

GMOクリック証券外為オプション実績
出典:GMOクリック証券外為オプション取引の月次取引実績

注目すべきは「取引口座に対する損失発生口座の割合」です。毎月平均して70%弱の投資家がバイナリーオプションで負けを喫していることになりますね。

いかがですか?私は、思いの外負けている投資家の割合が少ないな、と感じました。3割を超える投資家が月別でプラスだったということです。

FXTRADEと比較して10ポイント以上の好成績

GMOクリック証券のデータは、FXトレード・ファイナンシャルが公表したデータと比較しても、優れていることがわかります。

平成24年12月の当社BO取引【HIGH・LOW】及び【HIGH・LOW MAJOR】に関する顧客全体の損益実績の状況

取引を行なった口座数に対する損失が発生した口座数の割合 = 78.4%

引用:FXトレード・フィナンシャル 個人向けバイナリーオプション取引 [ 顧客全体のマクロ的な損益実績の状況 ]

ご覧の通り、FXトレード・ファイナンシャルでは約78%の口座において損失が発生しています(2012年12月のみのデータ)。

一方、GMOクリック証券では、同月(2012年12月)を比較すると67.46%の口座で損失が発生しています。

損失口座数割合において、約10ポイント以上もの開きがあります。

この公表データをどう見るか

GMOクリック証券のバイナリーオプションは、間違いなく日本一の顧客数を有しているはずです。最大の顧客を有するGMOクリック証券において、約3割の顧客が月別で勝っているというのは、ちょとした驚きです。

ただし、このデータはかなりバイアスがかかっているので注意が必要です。このデータは、単純に毎月全体の3割程度の口座がプラスだったというデータに過ぎません。

2012年1月はマイナス、2月はプラス、3月はマイナスだった場合、トータルで見ればマイナスであったりします。もちろん逆もあります。では、10人で考えてみましょう。

GMOクリック証券年間損益発生口座割合

上記の表は、かなり適当かつ恣意的に作っています。10人(A〜J)の口座が存在しその内1人は常勝トレーダーとした場合、残り9人は、トータル(12ヶ月)で負け越していることを表した表です。(かなり恣意的ですね。実際には退場者や新規参入者も存在するのでこのようにはなりません。)

1年間で勝ち越したものは10人中たった1人です。それでも、月別の「取引口座に対する損失発生口座の割合」は1月から12月まですべて70%です。

ご覧のとおり「毎月、全体の30%の口座がプラスだった」ということは、「全体の顧客の30%が年間トータルで勝ち越している」ということとは全く違うということです。

年間で勝ち越した口座数の割合を公表すべき

重要なのは、12ヶ月(1年間)を通じてトータルで(金額ベースで)勝ち越した口座数の割合がどれくらい存在したのか?ということです。

結局のところ、月別の「取引口座に対する損失発生口座の割合」を公表しても、ほとんど(というか全く)意味がないということになります。さらに言えば、ある口座(顧客)の月別勝敗が、1年間で7勝5敗(2勝ち越し)であっても、5敗した月のトータル損失額が、7勝した月のトータル利益額を上回っていれば、年間を通じて損益はマイナスということになります。

つまるところ、こんなデータを公表したところで何の参考にもならないということです。

公表すべきデータは、12ヶ月(1年間)を通じてトータルで(金額ベースで)勝ち越した口座数の割合です。10万口座のうち1年を通じてプラスだった口座はいくつあったのか(何パーセント)?というデータです。

各証券会社はこれらの数字(データ)を持っています。おそらくこの数字は30%を大きく下回るのではないでしょうか?1%すらないかもしれません。そして、各証券会社は、絶対にこのデータは公表しないでしょう。公表すれば、バイナリーオプションでトレードする人がいなくなります。

月別の取引口座に対する損失発生口座の割合が7割弱であるというデータを見て、「3割のトレーダーは勝ってるんだ!」と思うのは思考停止状態です。

公表されているデータは、かなりバイアスがかかっています。鵜呑みにして思考停止に陥らないようにしましょう。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

”損切りしないFX”における最大のリスクとは○○だ

損切りしないFXの”リスク”とは 損切りをしない戦略について、これまで何度か取り上げてきました。 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 4億7000万円…

【松井証券社長】敗訴のコメントが意味するもの

松井証券敗訴 松井証券の社長が先日の敗訴に関してコメントしていましたね。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、FX約定遅延訴訟の敗訴「控訴しない」 2013/10/24 17:54 松井証券の松…

キューティーバイナリー 【検証とレビュー】

キューティーバイナリーの「佐藤あき」さん… 証券会社出身の佐藤あきさんの写真が、でかでかと掲載されていますね。証券会社出身だそうですが、できればどこの証券会社名か記載して欲しいですね。 ところで、投資情報商材には様々な経…

ワンミニFXを別角度から検証してみる

ワンミニFXは ”乖離トレード”か? 先日ご紹介した乖離トレードに対する問い合わせを多数いただいています。 One Minute’s FX TAMURA式 1分足トレード法 【検証とレビュー】 TAMURA式1分足トレー…

3ヶ月前の「みんなのクレジット」社長インタビューと現実(行政処分勧告)が乖離しすぎてて笑えない

みんなのクレジット代表取締役白石伸生氏のインタビュー記事が興味深い 先月3月24日に行政処分(業務停止命令)勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、出資金の一部が社長である白石伸生氏の個人口座に振り込まれていた事実が判…

金価格の暴落が止まらない…

金価格の暴落が止まらない… 金が暴落し続けています。2013年に入って、すでに25%も暴落しています。2013年7月についで、またも1200ドルを割り込みました。 出典:http://chartpark.com/gold…

ヴィッキースマイル 【検証とレビュー】

ヴィッキースマイルはポンド円専用EA ユニークな名前のEAが登場しました。ヴィッキースマイルというEAです。ポンド円(GBPJPY)専用の自動売買システムですね。 証券会社フリー版(49,800円)と指定証券会社対応版(…

マジックミラービジネスが「景品表示法」に抵触する理由を挙げていく

誇大広告のデパート 中川鉄平氏が提供するマジックミラービジネスの公式ページをみていると頭がクラクラします。あらゆる表現を使って煽り立てていますね。まさに誇大広告のデパートです。 マジックミラービジネス公式サイト 誰がやっ…

侍マトリックス(EA)のロジックについて考えてみる

侍マトリックスはEA(自動売買システム) リベルタス合同会社が販売している侍マトリックスがランキング1位(2014年9月9日)ですね。私は購入していませんので販売ページを見て気になる点を記事にしてみたいと思います。 販売…

GMOauto 【検証とレビュー】

GMOautoを使うとアカウント凍結のリスク GMOautoは、GMOクリック証券のバイナリーオプションに対応した自動売買ソフトです。MT4(Metatrader4)と連動して稼働するように作られています。 このサイトで…

ニュートンFXがインディケータロジックを公開した【検証とレビュー】

ニュートンFXがインジケータの詳細なロジックを公開 ニュートンFXの販売者から以下のようなメールをいただきました。 また、今回遅くなりましたが、 ニュートンFXの「インディケーターの詳細なロジック」を動画にて会員サイト内…

第3回24グランプリ
第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー

注目の”第3回24グランプリ”がスタート! 2013年5月1日に待望のインヴァスト証券24グランプリの第3回大会がスタートしました。大会期間は、5月1日~7月31日の3ヶ月間です。 24グランプリの公式ページでは第3回大…