GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました

GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました

GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました

GMOクリック証券の外為オプション実績が公表された

FXトレード・ファイナンシャルに続いてGMOクリック証券も、バイナリーオプションの月別実績を公表しましたね。

GMOクリック証券外為オプション実績
出典:GMOクリック証券外為オプション取引の月次取引実績

注目すべきは「取引口座に対する損失発生口座の割合」です。毎月平均して70%弱の投資家がバイナリーオプションで負けを喫していることになりますね。

いかがですか?私は、思いの外負けている投資家の割合が少ないな、と感じました。3割を超える投資家が月別でプラスだったということです。

FXTRADEと比較して10ポイント以上の好成績

GMOクリック証券のデータは、FXトレード・ファイナンシャルが公表したデータと比較しても、優れていることがわかります。

平成24年12月の当社BO取引【HIGH・LOW】及び【HIGH・LOW MAJOR】に関する顧客全体の損益実績の状況

取引を行なった口座数に対する損失が発生した口座数の割合 = 78.4%

引用:FXトレード・フィナンシャル 個人向けバイナリーオプション取引 [ 顧客全体のマクロ的な損益実績の状況 ]

ご覧の通り、FXトレード・ファイナンシャルでは約78%の口座において損失が発生しています(2012年12月のみのデータ)。

一方、GMOクリック証券では、同月(2012年12月)を比較すると67.46%の口座で損失が発生しています。

損失口座数割合において、約10ポイント以上もの開きがあります。

この公表データをどう見るか

GMOクリック証券のバイナリーオプションは、間違いなく日本一の顧客数を有しているはずです。最大の顧客を有するGMOクリック証券において、約3割の顧客が月別で勝っているというのは、ちょとした驚きです。

ただし、このデータはかなりバイアスがかかっているので注意が必要です。このデータは、単純に毎月全体の3割程度の口座がプラスだったというデータに過ぎません。

2012年1月はマイナス、2月はプラス、3月はマイナスだった場合、トータルで見ればマイナスであったりします。もちろん逆もあります。では、10人で考えてみましょう。

GMOクリック証券年間損益発生口座割合

GMOクリック証券年間損益発生口座割合

上記の表は、かなり適当かつ恣意的に作っています。10人(A〜J)の口座が存在しその内1人は常勝トレーダーとした場合、残り9人は、トータル(12ヶ月)で負け越していることを表した表です。(かなり恣意的ですね。実際には退場者や新規参入者も存在するのでこのようにはなりません。)

1年間で勝ち越したものは10人中たった1人です。それでも、月別の「取引口座に対する損失発生口座の割合」は1月から12月まですべて70%です。

ご覧のとおり「毎月、全体の30%の口座がプラスだった」ということは、「全体の顧客の30%が年間トータルで勝ち越している」ということとは全く違うということです。

年間で勝ち越した口座数の割合を公表すべき

重要なのは、12ヶ月(1年間)を通じてトータルで(金額ベースで)勝ち越した口座数の割合がどれくらい存在したのか?ということです。

結局のところ、月別の「取引口座に対する損失発生口座の割合」を公表しても、ほとんど(というか全く)意味がないということになります。さらに言えば、ある口座(顧客)の月別勝敗が、1年間で7勝5敗(2勝ち越し)であっても、5敗した月のトータル損失額が、7勝した月のトータル利益額を上回っていれば、年間を通じて損益はマイナスということになります。

つまるところ、こんなデータを公表したところで何の参考にもならないということです。

公表すべきデータは、12ヶ月(1年間)を通じてトータルで(金額ベースで)勝ち越した口座数の割合です。10万口座のうち1年を通じてプラスだった口座はいくつあったのか(何パーセント)?というデータです。

各証券会社はこれらの数字(データ)を持っています。おそらくこの数字は30%を大きく下回るのではないでしょうか?1%すらないかもしれません。そして、各証券会社は、絶対にこのデータは公表しないでしょう。公表すれば、バイナリーオプションでトレードする人がいなくなります。

月別の取引口座に対する損失発生口座の割合が7割弱であるというデータを見て、「3割のトレーダーは勝ってるんだ!」と思うのは思考停止状態です。

公表されているデータは、かなりバイアスがかかっています。鵜呑みにして思考停止に陥らないようにしましょう。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

タートル・トリック バイナリーオプション 【検証とレビュー】

タートル流バイナリーオプション? どこかで聞いたことのある商材名です。その名も… 伝説のトレーダー集団タートル流タートル・トリック バイナリーオプション 商材の中身は、スマートオプ…

バババババイナリー 【検証とレビュー】その3

バババババイナリーの購入者からの声  前回、バババババイナリー購入者の声を掲載させていただきましたところ、大きな反響がありました。 バババババイナリーは、将来的にASPで販売開始さ…

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash- 【検証とレビュー】

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-は、バイナリーオプション商材だった ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-の全容が明らかになりましたが、バイナリーオプショ…

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開
バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開

BOWG会合を受けて解説動画(第2弾)が公開された バイナリーオプション自主規制を取りまとめている、バイナリーオプションワーキンググループ(BOWG)の会合(第6回目)が、2013…

バイナリーオプションの危険性
【衝撃】イタリアでバイナリーオプション禁止令

イタリアでバイナリーオプション禁止! なかなか衝撃的なニュースです。EU加盟国のイタリアがバイナリーオプションの禁止に踏み切ったようです。具体的には、イタリア国内で営業するバイナリ…

ACBオートキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】

Smart Optionに最適化された自動売買 ACBオートキャッシュバイナリーは、Smart Optionという海外のバイナリーオプション商品に特化した自動売買システムです。 S…

バイナリードミネーション 【検証とレビュー】

バイナリードミネーションは、クリック証券専用の自動売買ツール バイナリードミネーションは、GMOクリック証券に対応した自動売買システムです。 販売会社は、株式会社クラウンホールディ…

ヒルズバイナリー(FX MAO)【検証とレビュー】

ヒルズバイナリーの推薦者であるFX孔明氏 ヒルズバイナリーの推薦者は、一部の商材でよく見かける人ばかりですね。 販売ページを見てみる その中のお一人、FX孔明氏については、このブロ…

クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更
クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(2013年4月22日)より変更

レンジ外総取りの”撤廃”とペイアウト率の変更 ご存じの通り本日(2013年4月22日)よりGMOクリック証券のバイナリーオプションルールが変更されました。ルール変更は2点です。 レ…

バイナリーオプション規制を受けて各社の動き
バイナリーオプション規制を受けて各社の動き

HIGH-LOW取り扱い廃止のお知らせ 最新記事(2012年12月28日)はこちら バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? 過去の記事はこちら バイナリーオプシ…

Rise Binary 【検証とレビュー】

バイナリーオプションの問い合わせが増えている 最近、バイナリーオプションに関するお問い合わせを、多数頂くようになりました。その大半が、 「バイナリーオプション商材でお勧め商材を教え…

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?
バイナリーオプション「二択型消滅」は規定路線なのか?それとも・・・

二択型禁止について情報が錯綜している? こんな記事を見つけました。 バイナリーオプションの[二択型]消滅のその後は? 日刊SPA!というネット雑誌系の記事(2013年1月23日)で…