GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました

GMOクリック証券の外為オプション実績が公表された

FXトレード・ファイナンシャルに続いてGMOクリック証券も、バイナリーオプションの月別実績を公表しましたね。

GMOクリック証券外為オプション実績
出典:GMOクリック証券外為オプション取引の月次取引実績

注目すべきは「取引口座に対する損失発生口座の割合」です。毎月平均して70%弱の投資家がバイナリーオプションで負けを喫していることになりますね。

いかがですか?私は、思いの外負けている投資家の割合が少ないな、と感じました。3割を超える投資家が月別でプラスだったということです。

FXTRADEと比較して10ポイント以上の好成績

GMOクリック証券のデータは、FXトレード・ファイナンシャルが公表したデータと比較しても、優れていることがわかります。

平成24年12月の当社BO取引【HIGH・LOW】及び【HIGH・LOW MAJOR】に関する顧客全体の損益実績の状況

取引を行なった口座数に対する損失が発生した口座数の割合 = 78.4%

引用:FXトレード・フィナンシャル 個人向けバイナリーオプション取引 [ 顧客全体のマクロ的な損益実績の状況 ]

ご覧の通り、FXトレード・ファイナンシャルでは約78%の口座において損失が発生しています(2012年12月のみのデータ)。

一方、GMOクリック証券では、同月(2012年12月)を比較すると67.46%の口座で損失が発生しています。

損失口座数割合において、約10ポイント以上もの開きがあります。

この公表データをどう見るか

GMOクリック証券のバイナリーオプションは、間違いなく日本一の顧客数を有しているはずです。最大の顧客を有するGMOクリック証券において、約3割の顧客が月別で勝っているというのは、ちょとした驚きです。

ただし、このデータはかなりバイアスがかかっているので注意が必要です。このデータは、単純に毎月全体の3割程度の口座がプラスだったというデータに過ぎません。

2012年1月はマイナス、2月はプラス、3月はマイナスだった場合、トータルで見ればマイナスであったりします。もちろん逆もあります。では、10人で考えてみましょう。

GMOクリック証券年間損益発生口座割合

上記の表は、かなり適当かつ恣意的に作っています。10人(A〜J)の口座が存在しその内1人は常勝トレーダーとした場合、残り9人は、トータル(12ヶ月)で負け越していることを表した表です。(かなり恣意的ですね。実際には退場者や新規参入者も存在するのでこのようにはなりません。)

1年間で勝ち越したものは10人中たった1人です。それでも、月別の「取引口座に対する損失発生口座の割合」は1月から12月まですべて70%です。

ご覧のとおり「毎月、全体の30%の口座がプラスだった」ということは、「全体の顧客の30%が年間トータルで勝ち越している」ということとは全く違うということです。

年間で勝ち越した口座数の割合を公表すべき

重要なのは、12ヶ月(1年間)を通じてトータルで(金額ベースで)勝ち越した口座数の割合がどれくらい存在したのか?ということです。

結局のところ、月別の「取引口座に対する損失発生口座の割合」を公表しても、ほとんど(というか全く)意味がないということになります。さらに言えば、ある口座(顧客)の月別勝敗が、1年間で7勝5敗(2勝ち越し)であっても、5敗した月のトータル損失額が、7勝した月のトータル利益額を上回っていれば、年間を通じて損益はマイナスということになります。

つまるところ、こんなデータを公表したところで何の参考にもならないということです。

公表すべきデータは、12ヶ月(1年間)を通じてトータルで(金額ベースで)勝ち越した口座数の割合です。10万口座のうち1年を通じてプラスだった口座はいくつあったのか(何パーセント)?というデータです。

各証券会社はこれらの数字(データ)を持っています。おそらくこの数字は30%を大きく下回るのではないでしょうか?1%すらないかもしれません。そして、各証券会社は、絶対にこのデータは公表しないでしょう。公表すれば、バイナリーオプションでトレードする人がいなくなります。

月別の取引口座に対する損失発生口座の割合が7割弱であるというデータを見て、「3割のトレーダーは勝ってるんだ!」と思うのは思考停止状態です。

公表されているデータは、かなりバイアスがかかっています。鵜呑みにして思考停止に陥らないようにしましょう。

 よく読まれている記事

ボリ平式ドラゴンとスーパーボリンジャーは、どちらが優れているか?

”ボリ平式ドラゴン”と”スーパーボリンジャー” 先日の記事で、ボリ平式ドラゴンの詳細について記載しました。 ボリ平式バイナリーオプション講座 【検証と評価】 このボリ平式ドラゴンですが、マーフィー(柾木利彦)氏のスーパー…

trading made simple01
Trading Made Simpleがシンプルで素晴らしい件

Trading Made Simpleという手法 今回も、前回に引き続き、海外フォーラムからの手法をご紹介します。Trading Made Simpleです。FOREXFACTORYのスレッドはこちらです。 Tradin…

TAMURA式1分足トレード法と乖離トレード

One Minute’s FX TAMURA式 1分足トレード法 【検証とレビュー】 ワンミニFXを別角度から検証してみる TAMURA式1分足トレード法と乖離トレード 先日、TAMURA式1分足トレード法のレビュー記事…

カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テク 【検証とレビュー】

池辺雪子の倍加テクを、別の角度から解説【検証とレビュー】その2 FXで8億円以上の利益を上げている現役トレーダーの新商材 今回ご紹介するのは、池辺雪子さんの倍加テクという商材です。池辺雪子さんといえば、あの有名な巨額脱税…

ボリンジャーバンドブレイクアウトの優位性について考えてみる

FXスキャル・パーフェクトシグナルと”ボリバンブレイクアウト” 最近検証しているFXスキャル・パーフェクトシグナルですが、ロジックのベースはボリンジャーバンドブレイクアウトです。ボリバン(ボリンジャーバンド)ブレイクアウ…

Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か?

Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か? 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた…

あゆみ式 A Teachert FX AcademyにSQIを重ねてみた【検証とレビュー】その3

関連記事: あゆみ式 A Teachert FX Academyを購入した【検証とレビュー】その1 あゆみ式 A Teachert FX Academyを稼働させてみる【検証とレビュー】その2 あゆみ式 A Teache…

ロケットブレイクFX 第2期【検証とレビュー】

ロケットブレイクFX第2期の募集がスタート ロケットブレイクFXと呼ばれる投資塾が第2期のメンバーを募集しています。 第1期の募集がおこなわれたのはちょうど1年前(2015年12月)です。その時は大々的なプロモーション(…

バイナリーオプションよりもTOTO-BIGをお薦めする理由

60セカンズは期待値が最初からマイナスのゲーム 先日紹介した60セカンズは、60秒後に結果がわかるバイナリーオプションです。60セカンズを投資と捉えている人は、さすがにいないと思いますが、あなたはどうでしょうか? 60セ…

デブトレFX【検証とレビュー】

デブトレFX【検証とレビュー】その2 デブトレFXを購入しました デブトレFXを購入しましたので詳しく検証していきます。 マニュアルやツール(インディケータ)は、IDとパスワードでアクセスできるユーザー専用サイトにて配布…

あゆみ式 A Teachert FX Academyを稼働させてみる【検証とレビュー】その2

関連記事: あゆみ式 A Teachert FX Academyを購入した【検証とレビュー】その1 あゆみ式 A Teachert FX AcademyにSQIを重ねてみた【検証とレビュー】その3 あゆみ式 A Teac…

トレンドラインpro 【検証とレビュー】

トレンドラインproはラインを自動描写するインディケータ トレンドラインproという商材をご紹介します。MetaTraderで動作するライン自動描写ツール(インディケータ)です。実際のチャート画面はこんな感じです。 ご覧…