バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?

   2015/01/14

12月26日、非常に気になる記事が掲載された

12月26日の日経新聞(日本経済新聞)夕刊に、バイナリーオプション自主規制の記事が掲載されていましたね。

ざっと読んだところ、前回の発表(12月13日)と大して変わらないように見えますが・・・

実は、今回発表された記事には、ある一文が抜けています。それは「High&Low禁止」に関する一文です。

以前の発表(日経新聞12月13日WEB版)では、

(1)判定時刻の相場が投資時点より高いか安いか(中略)を予想する商品が一般的だ。

(中略)

このうち最も単純な(1)の商品は賭博との線引きが難しいとの判断から禁止する。

という一文が明記されていましたね。つまり、High&Lowを禁止するという一文です。

バイナリーオプショントレーダーにとって、この内容が最も衝撃的だったと思います。

ところが、今回の日経新聞夕刊(12月26日)の記事では、何故か、High&Lowの禁止について一切触れられていません。

High&Low禁止の一文が削除されている

念のため、日本経済新聞のWEB版(12月26日)から全文を引用して掲載します。

FX、バイナリーオプションに自主規制案 賭博性の排除、明確に

2012/12/26 14:25

外国為替証拠金(FX)取引の「バイナリーオプション」に対する業界の自主規制案が明らかになった。

バイナリーオプションは、将来の相場の騰落を二者択一で選ぶ商品。例えば、「1時間後のドル・円レートが、現在よりも円高か円安か」を予想して投資する。予想が的中すれば、投資金額の2倍弱の払い戻しが受けられるが、外れれば投資金額はゼロになる。

バイナリーオプションは仕組みが単純で分かりやすいうえ、最低100円程度から投資できる手軽さから取引が急増している。しかし、業界内や当局から「賭博性が高い」との批判も出始めた。

金融先物取引業協会は9月からバイナリーオプションに関する作業部会を立ち上げ、自主規制案の骨子をまとめた。参加したFX会社の幹部は、「金融商品として賭博との線引きをはっきりさせること、投資家保護を徹底することなどが重視された」という。

では、今後、バイナリーオプションがどのように変わるのか。まず、開始から5分後、10分後を予測するといった超短期型の商品は禁止となり、「十分な取引期間」の設定が必要になった。また、現状では、一度購入したら結果を待つだけの商品が多いが、今後は取引期間中は常に価格が示され、自由に取引できるようになる。極めて高い払い戻し倍率となるレンジの設定や、FX会社の「総取り」となるレンジの設定もできなくなる

投資家保護のしくみも整備される。顧客の資産などに基づき、1日あたりの取引上限や許容損失額を設定。取引にのめりこんで大きな損失を出すリスクを減らす。ユーザー全体の総取引額や総利益額も定期的に開示し、平均的な利益水準を把握できるようにする。

こうした規制案にFX会社からは「長期的な市場拡大のために必要」とする声がある一方、「最大の魅力であるシンプルさがなくなり、顧客離れが起きる」との懸念もある。規制の詳細は今年度中にまとめる方針だ。

(日経マネー編集部)

[日本経済新聞夕刊12月26日付]

日本経済新聞WEB版より引用

いかがですか?掲載されている内容をまとめると・・・

  • 開始から5分後、10分後を予測するといった超短期型の商品は禁止
  • 今後は取引期間中は常に価格が示され、自由に取引できるようになる
  • レンジの設定や、FX会社の「総取り」となるレンジの設定もできなくなる
  • 1日あたりの取引上限や許容損失額を設定
  • ユーザー全体の総取引額や総利益額も定期的に開示

ご覧の通り、判定時刻の相場が投資時点より高いか安いかを予想する商品(High&Low)の禁止について、一切触れられていません。

日経新聞WEB版に、規制案をまとめた一覧表も掲載されていますが、やはりHigh&Low禁止については、一文も記載がありません。

バイナリーオプション自主規制案
出典:http://www.nikkei.com/money/features/26.aspx?g=DGXDZO5001655026122012ENB001

High&Low禁止以外の規制案は、前回とほぼ同様の内容です。

意図的にHigh&Low禁止の一文を削除しているように感じるのは、私だけでしょうか?

High&Lowは禁止されないのでは?

何故、今回の記事(12月26日)でハイロー(High&Low)禁止について記載がないのでしょうか?

ハイロー(High&Low)禁止に関する項目は、今回の自主規制案で最も重要なポイントだったはずです。

意図的に今回の記事から削られたような印象を受けます。

ここからは私個人の考えですが、もしかしたら、High&Lowは禁止されないのではないでしょうか?

前回の発表(12月13日)でHigh&Low禁止に対する反響が大きすぎて、業界も戸惑ったのかもしれません。

High&Lowを禁止すれば、せっかく盛り上がったマーケットに水を注ぐ結果になり、多くの個人投資家が海外へ流出してしまうことを恐れたのかも・・・

そこで今回の記事を掲載し、High&Low禁止の一文をあえて削除復活の布石を打ったのかもしれません。

規制「案」だから、内容の変更も十分あり得る

12月13日に公表されたバイナリーオプション規制の内容は、あくまで「案」です。一般的には「案」から大きく変更があることは少ないですが、「案」だからこそ、追加変更があってもおかしくありません。

High&Low禁止に対するネガティブな反響が大きすぎて、金融先物取引業協会も驚いたのかもしれませんね。

(このままでは、バイナリーオプションの市場が縮小してしまう!)
(まずい!)

と思ったのかもしれません。

そこで、あえてこの時期、12月26日にHaigh&Low復活の下準備をしたのかも・・・

・・・うーん、私の考え過ぎかもしれません。

単に、日経新聞の記者が見落としたか、単純に書き漏らしたという可能性もありますね。もしくは、High&Low禁止は「ほぼ」確定事項だから、あえて書く必要はないと判断したのかも。

High&Low復活のシナリオは?

ここからは、High&Lowg復活するという(超楽観的)予測で、今後のシナリオを考えてみましょう。

もしも、High&Lowが禁止されないことが決定されれば、年明けにもその件が発表されるかもしれません。2013年3月末までに、まだまだ二転三転する可能性がありそうです。

最終的には、現在の超短期High&Lowではなく、中長期的High&Lowとしてルール改定されたものが承認される可能性もありますね。

5~10分の超短期ではなく、30分~1時間~4時間~24時間などの中長期的な予測をベースとしたHigh&Lowです。

さらに、レンジ外での総取りや作為的な完売が禁止された公平性のあるHigh&Lowとして復活する可能性がありそうです。

今後も、業界の動向に目が離せないですね。

関連記事:
>>バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!
>>バイナリーオプション自主規制案で、GMOクリック証券が涙目
>>バイナリーオプション自主規制で何が変わるか?
>>バイナリーオプション規制を受けて各社の動き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

binary2
BINARY×BINARY 【検証とレビュー】

60秒バイナリーに特化したMT4ツール BINARY×BINARYは、60秒バイナリー(60セカンズ)に最適化された、Metatrader4対応のツール(インディケーター)です。 60セカンズは、その名の通り60秒で勝敗 […]

モバイルバイナリー
モバイルバイナリー【検証とレビュー】

スマホトレード用シグナルシステム「Mobile Binary」を販売する投資助言代理業者 金融商品取引業者であるトレードサイクロン株式会社がバイナリーオプションツールを販売している。 近畿財務局長(金商)第319号 トレ […]

投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウンが始まる
投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウン始まる

投資家集団オプザイルが”NHKデビュー” あの投資家集団オプザイルがとうとうNHKにも目をつけられた。 謎の投資グループの実態は 9月20日 19時54分 若者たちがホテルでパーティなどを楽しんでいる「リッチな生活」の写 […]

56435
バイナリードミネーション 【検証とレビュー】

バイナリードミネーションは、クリック証券専用の自動売買ツール バイナリードミネーションは、GMOクリック証券に対応した自動売買システムです。 販売会社は、株式会社クラウンホールディングスジャパンです。この会社は以前、トリ […]

投資とギャンブルの”境界線”
投資とギャンブルの”境界線”

ギャンブルって何? 私が常日頃チェックしているブログにChikirinの日記があります。そのブログに興味深いエントリー(記事)がありました。こちらです。 ギャンブルって何? 「ギャンブルって何?」への反応まとめ 上記記事 […]

株式投資家がFX投資家を見下す行為は、目くそ鼻くそを笑うようなもの
ネクストバイナリーアカデミー【検証とレビュー】

ネクストバイナリーアカデミーは、ゲーム攻略本だ 絶対空間零(村上公一)氏によるネクストバイナリーアカデミーに関する問い合わせをいただいた。 私はこのブログで一貫してバイナリーオプション攻略の難しさを説いてきた。それでもな […]

hp_49332
トラップリピートイフダンは本当に稼げるか?

チリ積もFXは、”トラップリピートイフダン” チリ積もFXのという商材についてのお問い合わせを多数頂いています。販売ページをみただけで、勘の良い人はすぐにわかります。 >>販売ページを見てみる そうです。トラ […]

ライントレード商材を比較
FXのロスカットに関する貴重な判例

ロスカット裁判の前例があった 先日の記事で、松井証券のロスカット遅延による損害賠償訴訟を取り上げました。 >>松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ >>松井証券社長、敗訴のコメントが意味 […]

ライントレード商材を比較
投資助言代理業者との紛争(トラブル)

国民生活センターとADR制度 国民生活センターには、多くのトラブル相談が寄せられています。FXに関する相談も増えているようです。 >>国民生活センター 当サイトでも過去に国民生活センター関連の記事をアップして […]

ライントレード商材を比較
MetaTrader(メタトレーダー)はもっと評価されるべき

MetaTrader、使ってますか? 言わずと知れたMetaTrader(メタトレーダー)。 FXシステムトレードには欠かせないと言っても過言ではないほど、充実したプラットホームです。 数年前までは、海外ブローカーや一部 […]

投資とギャンブルの”境界線”
含み損8000万円を1000万円まで圧縮【貯金3億円男★大先生】

”8000万円の含み損”解消まであと少し! FXネット界を賑わせる貯金3億円男★大先生ですが、このところのNZDJPY、AUDJPYの上昇によって、含み損の大幅な改善が見られます。 直近のTwitterの呟きでは、 NZ […]

30歳で年収1000万円超の企業一覧
30歳で年収1000万円超の企業一覧【隣の家の芝は青かった】

30歳で年収1000万円に達する企業とは? 転職情報サイトVorkersが30歳で年収1000万円を狙える企業を発表した。30歳で1000万円というのは、エリート中のエリートといえるだろう。人生の勝ち組と言っていい。 一 […]