ザ・イージー 【検証とレビュー】

海外ブローカーを使うバイナリーオプション商材

ザ・イージーは、マイクロジャパンのバイナリーオプション商材です。海外のブローカー「ChargeXP Investment Ltd.」を利用した、バイナリーオプションの自動売買ツールですね。

バイナリーオプション ザ・シークレットと同じです。ChargeXP Investment Ltd.というブローカーを使うことのリスクについては、こちらの記事にも詳しく書きました。

金融庁が認めていない無登録業者です。詳しくはこちらもご覧下さい。

販売会社マイクロジャパンについて

ザ・イージーの販売会社であるマイクロジャパンについては、当サイトでも何度かご紹介しています。

もともとは、ロト攻略商材を数多く販売していた会社です。最近は、バイナリーオプション関連の新商材を連続リリースしてますね。

価格が激安な理由とは?

ザ・イージーは先行販売で、2,980円で販売されていますね。FX商材にしては、激安価格です。ところで、ザ・イージーのアフィリエイト報酬は、2,622円です。さらに2ティア報酬(60円)をプラスすると、2,682円になります。そして、インフォトップの手数料(クレジットカードの場合8.8%+100円)=362円を合計すると・・・

  • 2,682円+362円=3,044円

つまり、アフィリエイター経由で1件売れると、販売者である「マイクロジャパン」は64円の赤字になります。マイクロジャパンは、ザ・イージーをこの金額で何本売っても、ほとんど利益はありません。

今回の先行販売(2,980円)で何百本売っても、利益はゼロです(アフィリエイター経由)。どうしてこんな非合理的なことを行うのでしょうか?もちろん、ボランティアなんかではありません。いくつか理由は考えられます。

まずは、リスト取り目的ですね。破格の値段で大量に売ることで、購入者リストを大量に集めることができます。そのコストは、ほぼゼロ円です。濃いリストを集めることで、高額のバックエンド商品などを、低コストで販売することが可能になります。

最近ではリスト収集コストが高騰しており、1件集めるのに500円~800円位のコストがかかります。しかし格安商品を販売することでリストを集めることができれば、そのコストは、相当低く抑えることが可能になります。

なかなか考えられた販売戦略ですね。

ブローカーからキックバックを受け取っている?

もう一つ考えられるのは、この業者(マイクロジャパン)が、海外のブローカー「ChargeXP Investment Ltd.」から、キックバックを受け取っている可能性です。ザ・イージーにしても、バイナリーオプション ザ・シークレットにしても、指定業者が「ChargeXP Investment Ltd.」です。

商材購入者は、このブローカーに口座開設しないと、商材を利用することができません。このブローカーへ口座開設させると、1件当たり、相当な額のキャッシュバックが、マイクロジャパンへ支払われている可能性があります。(私の推測ですので、間違っている可能性もあります)

私が知っている別の事例ですが、1口座開設あたり2万円~5万円のキックバックを、海外ブローカーから受け取っていたケースがあります。

仮に2万円のバックがあるとして、一度に、500口座開設させれば、

  • 2万円 × 500口座 = 1,000万円

1,000万円程度の現金を手に入れることができます。素晴らしい仕組みです。

IBのコストはユーザーが負担している

口座開設報酬以外にも、IB(Introducing Broker)が支払われている可能性も考えられます。

IBとは、ピップバック、スプレッドバックとも言われますが、ユーザーが取引する額に応じて、スプレッドの中からキックバックが支払われる仕組みです。海外では、比較的メジャーな仕組みです。いわゆる、ライフタイムコミッション(継続報酬型アフィリエイト)ですね。

このコストは、当然ですがユーザーが負担することになります。どちらにしても、このあたりのウラ事情は私の想像にすぎません。

ザ・イージーの(フォワード)実績

この商材がインフォトップに登録されたのは、2012年4月24日です。まだ販売されて1ヶ月程度しか経過していません。つまりフォワード実績は1ヶ月程度です。実績としては、ちょっと心もとないですね。

もう少しフォワード実績の推移を見極めてからでも、遅くはありません。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

為替鬼コピートレード「鬼式」 【検証とレビュー】

為替鬼コピートレード「鬼式」の募集期間 為替鬼コピートレード「鬼式」の募集が再開されるようですね。募集期間は、6月19日までの3週間のみです。募集終了まで、段階的に値段を上げていくようです。 先行販売終了までのカウンター…

ユダヤ式バイナリーオプション アルティメット 【検証とレビュー】

22万8000円の自動売買システム ユダヤ式バイナリーオプション アルティメットは、GMOクリック証券専用の自動売買システムです。販売価格は22万8000円です。かなりの高額商材ですね。 バイナリーオプションは、ギャンブ…

3次元FX【検証とレビュー】

3次元FXは”日経225先物”と”ドル円”の相関関係を利用したトレード手法 3次元FXという商材について問い合わせをいただいています。手法としては、日経225先物とドル円の相関関係を利用したトレードとなります。相関関係と…

秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」の優位性を真剣に考えてみる

秋田式トレーダー育成プログラムの優位性 読者の方から、秋田式Winner’s FXに関するお問い合わせを頂きました。「秋田式のロジックは本当に優位性があるのか?」「秋田式のモニターの成績は本当か?」という問い合わせです。…

バイナリーオプション規制を受けて各社の動き

HIGH-LOW取り扱い廃止のお知らせ 最新記事(2012年12月28日)はこちら バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? 過去の記事はこちら バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに! バイナリ…

リミットインベステージが破綻?

リミットインベステージに対し金融庁が警告 先日の記事で、FXファンドリミットインベステージのトラブルにつて取り上げました。 100億円の被害か? FXファンド「リミットインベステージ」 本日は、その続報です。2013年6…

FX成績の偽装・改ざんテクニックをご紹介します

FX講師や販売者の経歴や実績は本当なのか? 先日、扶桑社の架空トレーダー疑惑について記事をアップしましたところ、かなりの反響を頂きました。高額FXセミナーを開催している様々な講師の履歴を調べて欲しいというメールが大半です…

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・

顧客の70%が儲かってるFX会社? 古い記事ですが、2012年8月31日の日経新聞(日経電子版)に、ちょっとビックリするような記事が掲載されていました。 記事のタイトルは、顧客の7割がもうかるFX会社、その「意外な真実」…

落ちるナイフをつかむな!ドル円が歴史的な下落(ナイアガラ)を記録

ドル円が歴史的な下落を記録 為替も株も、大変なことになっています。今でこそ119円まで盛り返したドル円(USDJPY)は、一時的に116円台に突入しました。その様は、まさにナイアガラ状態です。 最大下落幅は約8円です。こ…

【逮捕速報】ソーシャルサポートが無登録でFXファンドへの投資勧誘の疑い

ソーシャルサポートの実質的経営者が逮捕 2014年1月29日のNHKニュースからの情報です。東京都中央区にあるFX投資会社「ソーシャルサポート」の実質的経営者が逮捕されました。容疑は、無登録でFXファンドへ投資勧誘した金…

【新たな投資詐欺の温床か?】金融庁、未上場株投資のネット勧誘5月に解禁

クラウドファウンディングによる小口資金調達スキームを構築 日本経済新聞WEB版のニュースです。 未上場株投資のネット勧誘、5月解禁 金融庁 金融庁は5月にインターネットを通じた未上場株の投資勧誘を解禁する。不特定多数から…

東大卒プロポーカープレイヤーの勝負哲学が興味深い

必読!東大卒ギャンブラーの「勝負哲学」 ネット上で良記事を発見しましたので、みなさんにご紹介したいと思います。FXトレーダー必読の記事です。 東大卒プロポーカープレイヤーの勝負哲学(東洋経済オンライン記事) このサイトで…