【神リッチプロジェクト】ir投資スクール購入者からのメール

   2015/06/17

ir投資スクールと神リッチプロジェクト

関連記事:
>>神リッチプロジェクト【検証とレビュー】
>>あまり知られていない、神王リョウ氏の投資戦略とは?

7年前に”ir投資スクール”を受講した方からメールをいただきました

先日の記事で、神リッチプロジェクトはir投資スクールの焼き直しではないか?という記事を書いたところ、読者様から興味深いメールを頂きました。

>>神リッチプロジェクト販売ページを見てみる

読者様の了解を得て、そのメールの一部を掲載させていただきます。

===========ここから===========

いつも楽しく記事を読ませて頂いております。
私は約7年前にir投資スクールを受講したものです。
同スクールではスパイダー投資法なるものが紹介されていましたが、肝となる手法は一切公開されておらず、終始心構えなどが延々と語られていたスクールでした。
要するに「基礎的(その辺で売られている本のレベルです)なことは教えるが、後は自分でアレンジしてください」というスタンスでした。

(中略)

あの16万円(だったような)を投資資金にすればよかったと後悔しています。
販売ページから察するに、今回の神リッチプロジェクトはir投資スクールの焼き直しという可能性が非常に大きいです。

===========ここまで===========

※あくまで一個人の感想ですのでご注意下さい。

今回、神リッチプロジェクトをご検討されている方にとっては、とても参考になるご意見だと思います。

様々な見解の中の一つの見方だと思っていただくと良いのではないでしょうか。

ir投資スクールは非常に素晴らしい商材で、投資スキルアップにつながったよ!というご意見をお持ちの方からのメールもお待ちしております。

ネガティブな意見もポジティブな意見もあって良い

様々なご意見があって良いと思います。そのほうが健全ではないでしょうか。

情報商材は中身が非公開のものが多く、ましてや高額商材となれば事前にある程度の概要がわからなければ、購入判断をすることが困難です。

購入検討者のために、販売ページにしっかりと中身が開示され、より具体的なカリキュラムなどの解説があれば良いのですが、なかなかそこまでしてくれる販売会社は多くはありません。

良い意見も、ネガティブな意見もあってこそ、ユーザーは適切な購入判断ができるのだと考えています。

高額投資商材は、もっと情報開示が求められるべき

ご存じの通り、高額投資商材を購入する方にとっては、大きなリスクが内在します。

10万円、20万円という金額は、一般ユーザーにとっては、相当大きな金額です。

万が一その投資商材の中身が、自分の投資スタイルに合わなければ、支払った高額の購入代金が無駄になる可能性があります。

そのリスクを回避してあげるために、販売者は高額商材の中身をしっかりとユーザーに開示すべきだと私は考えます。

  • どのような投資スキルが身につくのか?
  • 投資スタイルはどのようなものか?(スキャル?デイトレ?スイング?)
  • 教えてもらえるロジックのベースは?
  • この投資ノウハウの実績はあるのか?
  • 実績の裏付けは?
  • 投資手法は、第三者が再現できる内容なのか?

これらの内容を、販売ページ内で詳しく解説してもらえれば、盲目的に購入してしまう人が減るのではないかと思います。

購入者は、もっと慎重になるべき

一方の購入者も、販売ページの内容を盲目的に信頼して購入決断することは、控えるべきです。

  • 今の自分の投資レベルで、その商材は必要なのか?
  • 商材や塾は自分の投資スタイル(ライフサイクル)とマッチしている?
  • 本当に自分の役に立つ商材なのか?
  • 商材の実績はあるのか?実績の裏付けはあるのか?
  • 自分にも再現できる投資手法なのか?

投資商材を購入するという行為から、すでに投資活動は始まっています。

大金を投じるリスクに見合うだけのリターン(スキルアップなど)が得られなければ、その投資行為は失敗です。

そもそも、最初からそんな失敗をしてしまうのは、
あなたに投資を行う資質が足りないという可能性も考えられます。

本番の投資を行う前に、最初の投資(商材購入という投資行為)で致命的なミスを犯しているからです。

事前にしっかりとリサーチし、場合によっては販売者に直接確認をし、内在するリスクを減らしていくという行為が求められます。

その商材(投資塾)が、自分にとってプラスをもたらしてくれる可能性が高いと判断できるまで調査を行い、同時に顕在化したリスクを理解した上で、購入をするべきです。

自分で調べるという姿勢

インターネットの普及により、大抵のことはネットで調べることができます。

その気になれば、短時間で様々な情報を得ることが可能です。

そのちょっとした手間を面倒くさがる人や、第三者の言い分をそのまま鵜呑みにしてしまうような人は、投資に不向きなので、投資などやめたほうが良いです。

投資以外にもお金を増やす方法は、いくらでもあります。

商材購入も投資行為の一つと考え、事前にしっかりと自分で調べるという姿勢を身につけましょう。

>>神リッチプロジェクト販売ページを見てみる

関連記事:
>>神リッチプロジェクト【検証とレビュー】
>>あまり知られていない、神王リョウ氏の投資戦略とは?

検証済みFX商材ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

54034
TFAI インパルス 【検証とレビュー】

TFAI インパルスは、コピートレード TFAIインパルスは、コピートレードシステムです。 TFAIアジア統括プロデューサーは、池田秀樹氏という人物です。池田秀樹氏の会社、NetWayz Private Limited […]

hp_47573
ステイブルバイナリー 山本有花 【検証と評価】

倍掛けマーチンのBOシグナル配信 ステイブルバイナリーは、バイナリーオプションの商材です。基本的には、以前レビューした「一撃バイナリー」という商材とほとんど同じです。>>一撃バイナリー 【検証と評価】の記事は […]

hp_47165
ドラゴンアタックFX 【検証と評価】

フィボナッチボリバンを使った逆張りスキャル ドラゴンアタックFXは、フィボナッチボリンジャーバンドを使った逆張りスキャルです。 フィボナッチボリンジャーバンドを使う商材は以前にもありましたね。こちらです。 >&gt […]

富豪ファミリープロジェクト第3期
富豪ファミリープロジェクト第3期 【検証とレビュー】

富豪ファミリープロジェクト第3期は、セミナー形式による株式投資塾 読者様からの検証依頼が殺到している商材(塾)のご紹介です。 >>富豪ファミリープロジェクト 販売元の株式会社カーロットは、過去にFX関連の商材 […]

53443
為替鬼コピートレード「鬼式」 【検証とレビュー】

為替鬼コピートレード「鬼式」の募集期間 為替鬼コピートレード「鬼式」の募集が再開されるようですね。 募集期間は、6月19日までの3週間のみです。募集終了まで、段階的に値段を上げていくようです。 ・先行販売終了までのカウン […]

クイックFX
クイックFX 【検証とレビュー】 

※クイックFXは販売を終了しているようです。 ブローカー各社のレートを、リアルタイム表示 本日は、ちょっと面白いツールをご紹介します。 クイックFXです。 クイックFXは、国内の主要証券会社のレートを一つの画面で同時表示 […]

チャンピオンシグナル
チャンピオンシグナル 天羽義治 【検証と評価】

シグナル配信サービス運営の難しさ 毎年のように、新しいシグナル配信サービスが登場しますが、半年以上まともに成績を維持できたものって、ほとんど記憶にありません。 シグナル配信サービスを提供することは、相当大変だと思います。 […]

51051
プレシャスFX 【検証とレビュー】

前作「ラグジュアリーFX」の後継サービス プレシャスFXは、ツール型のシグナル配信サービスです。前作、ラグジュアリーFXの後継機という位置づけですね。 チャンピオンシグナル配信者でもある、天羽義治氏の関連商材です。 前作 […]

media-upload
津島式FXトレード塾 【検証と評価】

初心者向けFXセミナー動画 津島式FXトレード塾は、いわゆるFXの動画教材です。読者モデルを生徒にして、初心者向けのFXセミナーを撮影し、編集した内容になっています。 動画は9時間くらいあるのですが、本当の初心者を集めて […]

hp_48858
FXコアがドローダウン

FXコアが、最大30%ものドローダウン 先日検証した有限会社サウザンドフェイスのFXコアですが、6月15日(先週の金曜日)にドローダウン(損失)を発生させた模様です。 スタート時期によって、ドローダウンの規模が異なるよう […]

56716
爆裂プロフィットファクターFX 【検証とレビュー】

爆裂プロフィットファクターFXの実績は不明 読者様からの検証依頼がありました。爆裂プロフィットファクターFXです。 EA(自動売買ツール)ですが、残念ながら実績が不明です。 EAはフォワード(実績)が全てだと言って良いで […]

バイナリーギミック
バイナリーギミック(BINARY GIMMIC)検証とレビュー

バイナリーギミックは、VTTRADER(VTトレーダー)対応のシグナルツール バイナリーギミックは、MT4(メタトレーダー)ではなく、VTTRADER(VTトレーダー)というプラットホームに対応したシグナル点灯型ツールで […]