GOLD KOUSUI 【検証とレビュー】

金(ゴールド)専用のEA(自動売買ツール)

金(ゴールド)専用の自動売買ツール、それがGOLD KOUSUIです。

過去にも、以下のような同じタイプのEAがありましたね。

GOLD KOUSUIのロジックは他のEAと同じ

GOLD KOUSUIのロジックですが、これまで評価した商材(EA)とほぼ同じです。つまり「買いポジションしか持たない」というものです。

Strategy Tester Report(バックテスト)を見れば一目瞭然です。Short Positoins(売りポジション)は0%です。ナンピンやマーチンは行いませんが、損切り幅が深いため、逆行した場合に含み損を抱えやすいロジックです。とにかく、金(XAUUSD)を買い続けるという比較的シンプルなロジックになっています。

売りポジションは一切持ちませんので、金(XAUUSD)の上昇トレンドを前提にしたEAですね。

金の上昇トレンドは今後どうなるのか?

金の価格推移

上のグラフは、過去5年間の金価格の推移グラフです。ご覧の通り全体的には右肩上がりですね。しかし、この1年間はほぼ横ばいです。ここ数ヶ月は1,500~1,600ドルのレンジを行き来していますね。

来年(2013年)以降の金のトレンドは、上昇すると見るアナリストと、停滞から下降すると予測するアナリストで見解は二分しています。

上昇するとされる理由は?

まずは、金価格が上昇するであろうというアナリストの理由を見てみましょう。最もよく聞かれるのは、中国の金需要です。いわゆる「実需」と呼ばれるものです。世界的に見ても、中国とインドの金需要は突出しています。その規模はアメリカの4~5倍です。それから中国の金融機関が、金を買い漁っているという背景もあります。とにかく中国は、「金」が大好きみたいです。

もう一つの上昇理由としては、金融緩和の流れが世界規模で起きることによるものです。金融緩和は政策金利の利下げを意味します。ゼロ金利政策が続けば、利息を生まない金へ資金が流れ込む可能性も否定できません。

ただ、これらはあくまで予測であり、どうなるかは誰にもわかりません。それから、ポジショントークにも注意が必要です。

以前「ガイアの夜明け」というドキュメンタリー番組で世界的な大物投資家ジム・ロジャーズが言っていました。

「持っていた株はほとんど売った」、「これからの10年間、私は金(ゴールド)に注目しています」

そして番組の中でも実際に大量に金(ゴールド)の工芸品を買い付けていました。

こうした商品に今最も投資価値があるからだと言うのです。

ジム・ロジャーズは、ポジショントークが上手いことで有名です。踊らされないように注意が必要です。

また、金はこれ以上の上昇は見込めないのでは?という意見もあります。

金が下落するとすればその原因は?

金の下落要因として最も注目されているのは、中国のバブル崩壊です。最大の金実需国の一つである中国の経済が崩壊すれば、金の実需は大きく後退するでしょう。中国の個人投資家が大量に所有している金(現物)も、投げ売りが始まるかもしれません。

中国のバブルも「崩壊目前」と言われつつ、なんとなくズルズル来ているような気がしますね。先月(2012年7月)の新聞記事によれば、中国の経済成長率がとうとう8%を割り込んだそうです。中国は、国外へ発表する数字は相当盛っていますから、本当はもっと落ち込んでいる可能性もありますね。もしかしたら「中国バブル崩壊」は、秒読み段階かもしれません。

上昇要因の一つでもある中国経済が、金の動向を握っているということですね。

相場も経済も予測は困難

どちらにしても、経済も相場も予測することは困難です。GOLD KOUSUIのような金専用のEA(自動売買システム)が、金の上昇を前提にロジックが組まれている限り、金の下落が始まったときにロジックはたやすく崩壊します。その際にこれまでの利益を吹き飛ばすほどの損失が、発生する恐れもあり、最悪の場合は口座破綻です。

つまり、金が上昇する間はこのEAを使い続けて利益を出し、金が下落する直前にEAをストップさせることができれば、利益は最大限に大きくなるわけですね。しかしながら、金が下落(反転)するタイミングは誰にも予測ができないのです。

結局、ある意味「運任せ」のEAであると言えます。そのことを十分にわかった上で、自己責任で運用するのであれば、良いのではないでしょうか。

金の上昇を見込むのであれば”現物”を買うという選択肢もある

金が今後も上昇することを前提にしているGOLD KOUSUIですが、現物の金(金地金や金貨)を買うという選択肢もあります。

現に、中国の富裕層などは、上昇を見込んで金の宝飾品を買い漁ってます。金ドル(XAUUSD)に投資するよりも、金そのものを買うということです。純金積み立てでも良いかもしれません。

上昇することを前提に投資を行う、という点では全く同じ行為です。でも、高値つかみにならないように、注意して下さいね。

※GOLD KOUSUIの公式成績が破綻しています。(2013年3月12日)

GOLD KOUSUI (幸水)の公式成績が破綻した



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テク 【検証とレビュー】

FXで8億円以上の利益を上げている現役トレーダーの新商材 今回ご紹介するのは、池辺雪子さんの倍加テクという商材です。池辺雪子さんといえば、あの有名な巨額脱税容疑で起訴された主婦ですね。その後、執行猶予が確定しています。 …

FX自動売買ソフト「不知火(しらぬい)」【検証とレビュー】
金融庁がバイナリーオプション規制を強行!

金融庁によるBO規制が正式発表された! 衝撃的な記事です。2013年4月21日付けのウォールストリートジャーナル(WEB版)の記事です。 金融庁は19日、外国為替相場の騰落を二者択一で予想するデリバティブ(金融派生商品)…

押尾学さんがFX情報商材の広告塔に!?

押尾学、FX情報商材屋に神輿として担がれた? 巷で噂の押尾学さんを神輿(みこし)に担いた情報商材セールスページを見てきました。 https://oco-fx.invregister.com/op_01 今年で38歳の押尾…

GMOクリック証券と自動売買ツールの今後

GMOクリック証券に最適化された自動売買ツールが増えている 今日も、ちょっと気になる情報を聞いたので、みなさんとシェアしたいと思います。 最近GMOクリック証券での(バイナリーオプション)自動売買ツールが増えていますね。…

”キプロスで預金封鎖” の余波

FXブローカーの楽園”キプロス”が事実上の破綻 驚きのニュースです。キプロス共和国で預金封鎖が行われました。 ギリシャ問題を発端とした欧州経済危機の余波は、地中海の小国”キプロス共和国”の経済を大きく揺るがしました。キプ…

60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件

60万円の自動売買システムが問題だった 気になる記事を見つけたので、ちょっとご紹介します。 個人投資家が60万円という高額なFX自動売買ツール(コピートレードツール)を購入したのですが、実は運用などまったくされていなかっ…

トレンドラインpro 【検証とレビュー】

トレンドラインproはラインを自動描写するインディケータ トレンドラインproという商材をご紹介します。MetaTraderで動作するライン自動描写ツール(インディケータ)です。実際のチャート画面はこんな感じです。 ご覧…

3次元FX【検証とレビュー】

3次元FXは”日経225先物”と”ドル円”の相関関係を利用したトレード手法 3次元FXという商材について問い合わせをいただいています。手法としては、日経225先物とドル円の相関関係を利用したトレードとなります。相関関係と…

脱税で起訴されるということについて

脱税で起訴されるといこと 先日は、クロスリテイリング代表山口氏が法人税法違反により在宅起訴されたニュースを取り上げました。このニュースで疑問を感じた方も多いと思いますが、そもそも脱税した人が全員起訴されるということはあり…

オートオーダー(GMOクリック証券専用) 検証とレビュー

GMOクリック証券のバイナリーオプション専用自動売買”ツール” 今回は、読者様からの情報を元にレビューをしてみたいと思います。今さら感があるのですが、GMOクリック証券に最適化したバイナリーオプション専用自動売買ツールで…

GMOクリック証券に業務改善命令

関東財務局より業務改善命令 10月12日に、GMOクリック証券に対し、関東財務局より業務改善命令が下されました。 金融商品取引法第40条第2号によるものです。金融商品取引業等に係る電子情報処理組織の管理が十分でないと認め…

プライス乖離FXの優位性について考察してみる

プライス乖離FXは 178,000円! プライス乖離FXがいよいよ販売スタートしますね。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 プライス乖離FXのロジックはATRだった! 販売期間は1月8日から22日までの15日間のみです…