【2022年8月版】優位性の高いFX商材 Best5

1
マーケティングFX
2
FXismデイトレ大百科
3
岡安盛男のFX 極
4
FXismプロコントローラー改
5
1秒スキャルFX

全FX商材評価一覧はこちら

MetaTrader4にインジケーターを入れる方法を解説します

MetaTrader4にインジケーターを入れる方法

カスタムインジケーターなどを既存のメタトレーダー4に入れて稼働させる方法を解説します。

当サイトのオリジナル特典は圧縮ファイルで提供されます

当サイトのオリジナル特典は、すべて圧縮ファイル(.zip)で提供されます。特典ダウンロードページから任意のダウンロードリンク(URL)をクリックすると、自動的にダウンロードが開始されます。

圧縮ファイルを解凍してデスクトップに保存します

圧縮ファイル(ZIPファイル)はそのままでは使用できませんので、必ず解凍を行ないます。解凍方法は次の通り(Windowsでデスクトップに保存する場合)。

  1. ZIPファイル上で右クリック
  2. 表示された一覧から「すべて展開」を選択
  3. 「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開」ウィザードが起動するので「展開先選択とファイルの展開」でデスクトップを指定
  4. 「展開ボタン」をクリック

上の手順によって、デスクトップ上に解凍されたフォルダが保存されます。このフォルダの中にインジケーターやテンプレートが入っています。

解凍したフォルダの中身を確認します

デスクトップ上に解凍したフォルダが保存された状態からスタートします。

フォルダをダブルクリックして開きます。以下の2つのフォルダが入っています(特典によってはIndicatorフォルダのみの場合もあります)。

  1. Indicatorsフォルダ
  2. templatesフォルダ

Indicatorsフォルダの中には、

  • ○○○.mq4
  • ○○○.ex4  ※特典によって中身は異なります。

templatesフォルダの中には

  • ○○○.tpl

といった拡張子のついたファイルが入っています。ここまでが最初のステップです。

各ファイルをMT4へコピペします

メタトレーダー4を起動させ、メニューバーの「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

メタトレーダー4

ファイル形式によって、入れる(コピペする)場所が異なりますので注意が必要です。

○○.mq4 ○○.ex4ファイル

データフォルダから「MQL4」→「Indicators」と進みます。デスクトップ上の解凍済みの「○○.mq4 ○○.ex4ファイル」をコピーして、「Indicators」にペーストして貼り付けます。

メタトレーダー4

※コピペではなく、ドラッグ&ドロップでも大丈夫です。

○○○.tpl

データフォルダから「templates」と進みます。「templates」フォルダの場所は少しわかりにくいのですが、「MQL4」と同じ階層にあります。

メタトレーダー4

デスクトップ上の解凍済みの「○○○.tplファイル」をコピーして、「templates」にペーストして貼り付けます。

メタトレーダー4

※コピペではなく、ドラッグ&ドロップでも大丈夫です。

MT4にインジケーターを認識させます

最後のステップです。先ほど追加したインジケーター(mq4、ex4)をMetaTrader4に認識させます。方法は2つあります。

  1. MetaTrader4を再起動させる
  2. MT4のナビゲーター内の「インディケータ」上で右クリックし、表示されたメニューから「更新」する

1番目は簡単ですね。ここでは2番目の方法を解説します。

ナビゲーターの中の「インディケーター」上で右クリックします。表示された一覧の中の「更新」をクリックします。

メタトレーダー4

これで、追加したインジケーターが、MetaTrader4に認識され、使えるようになりました。ナビゲーターのインジケーターの中に、追加したインジケーターが表示されているはずです。

既存のインジケーター同様、チャート上にドラッグ&ドロップすることで、チャートに表示させることが可能になります。

タイトルとURLをコピーしました