2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

与沢翼さんの会社が税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ

与沢翼さんの会社が税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ

与沢翼さんの会社”フリーエージェントスタイル”が資金ショートに陥る

もうみなさんご存知だと思いますが、情報商材界の超大物与沢翼さんの会社フリーエージェントスタイルが資金ショートを起こし、その経緯をブログにて報告されています。

ちなみに、「与沢翼さんが破産」とのブログ記事をアップしている方々が沢山いますが、破産はしていません。資金難による税金滞納です。その結果として、与沢さんの会社「フリーエージェントスタイル」が東京国税局の管理下に置かれた、ということです。

2013年8月期決算の法人税、住民税、及び事業税2億5千305万の支払いのうち約1億1千万円並びに2012年8月期の修正申告分の税として8940万7200円を追加で計約2億円支払い、並びに2014年8月期決算予定納税の一部を支払い、フリーエージェントスタイルの資金が完全にショートしました。
そのため、今日時点において、既にフェラーリ、ロールスロイス、ベントレー3台を売却し、住宅なども全て解約しております。

出典:与沢翼公式ブログ

2019年:【最新】FX情報商材ランキング発表
FX商材ランキング【2019年最新版】
 

与沢さんが資金ショートに至るまでの経緯

与沢翼さんの公式ブログによると、資金ショートに至るまでの経緯は以下の通りです。

  • 2013年8月  2012年度の決算月を迎える
  • 2013年9月  納税額を知る(約2億5000万円)
  • 2014年1月  海外FX投資を行う(役員から紹介)海外FX投資失敗で元本の90%を失う 麻布税務署から国税局へ債権移転
  • 2014年2月   2億5000万円のうち1億1000万円と修正申告分8940万円を国税局へ納税する
  • 2014年2月末 提携クレジットカード決済代行会社倒産により2月以降の売上債権が消失
  • 2014年2月末 税金を滞納(資金ショート)し本社ビル及び与沢氏の自宅が差し押さえ滞納額 1億円超 → 東京国税局の管理下へ
  • 2014年4月末 本社ビル(六本木)を退去、新宿へ移転予定

1億4000万円を滞納か?

税金の総額が2億5000万円、さらに修正申告分が8940万円。合計で約3億3900万円もの税負担です。

税金の1億1000万円と修正申告8940万円の合計約2億円を払ってもなお、1億3900万円の支払い(税金)が残ります。約1億4000万円もの滞納(資金ショート)が、フリーエージェントスタイルの経営を圧迫した模様です。

結果、資金ショートに陥り、高級外車(フェラーリ、ロールスロイス、ベントレー)の売却、自宅引き払い、会社移転となったようですね。

気になる海外FX投資での失敗

私が気になるのは、2014年1月の海外FX投資での失敗です。

また、弊社グループの役員に、自分も投資をしているからということで紹介された月利5~10%という海外FXに、香港にまで行って1月上旬に投資をしたところ、1月末ごろには利益が出るどころか1か月で元本の90%を失ったと言われ、多大な損害を出してしまいました。

出典:与沢翼公式ブログ

与沢さんは、ブログの中で次のように語っています。

投資の詐欺的行為にあった…

月利5〜10%の海外FXファンドに投資し、1ヶ月もたたないうちに元本の90%を失ったそうです。どれほどの資金をファンドに投じたのかは不明ですが、与沢翼さんの会社の売り上げを鑑みれば相当量の資金だったのではないでしょうか。

結果的に多大な損失を出してしまったわけですが、資金ショートに陥っていた与沢翼さんにとってはかなり堪えたでしょうね。

はたして与沢翼さんの言うような”詐欺的行為”だったのか?それとも単なる投資失敗だったのか?実態は不明です。月利5〜10%を謳ったファンドという時点で疑ってかかるべきだと思うのですが、そんな余裕もなかったのかもしれません。

会社再建を目指す与沢翼さん

税金の滞納額はあるものの、会社そのものは倒産していません。事業を縮小された上で、フリーエージェントスタイルの再建を進められるようです。滞納している税金についても、東京国税局管理のもと、今後の事業から支払いをされると明言をされています。

現状から逃げないで向き合う姿勢は、経営者として素晴らしいと思います。

プロダクトローンチの中毒性について言及

与沢さんは、今回のブログ記事内で、プロダクトローンチの中毒性について言及をしています。

情報業界のプロダクトローンチで高額商品を売ると億を超えるお金が1か月で作れてしまうことも意外に容易だったりします。
だから、中毒性を持っています。
軸がないのにマーケティングだけで売れてしまうと人格が崩壊します。
何度も何度も売らなければと思ってしまう依存性があるからです。
ただ、ローンチをしている人、していく人を批判しているわけではありません。自分が今後ずっとやっていくのは、もう無理だと考えたということです。
これからの時代のメーンステージは、高額少数の時代ではなく、少額多人数の時代であり、売り込みではなく、口コミの時代になるかと思います。

出典:与沢翼公式ブログ

与沢さんといえば、プロダクトローンチの第一人者でもある人物です。その与沢翼さんがプロダクトローンチの中毒性について言及をしているのは非常に興味深いですね。私も与沢さんの意見には共感できる部分が大いにあります。

FX情報商材業界でもプロダクトローンチマーケティングが盛んにおこなわれています。プロダクトローンチは、段階的なアプローチマーケティングでユーザーの興味付けと煽(あお)りを行い、一種の洗脳状態に陥らせます。結果的に高価格帯の商材が飛ぶように売れてしまう場合があります。

商材の中身が価格に見合っていれば問題ないのですが、中には価格とのバランスが取れていない酷い商材もあるようです。

与沢さんの言われるように、”軸がないのにマーケティングだけで売れてしまうと人格が崩壊します”というのは、本当のような気がします。

軸とは、商材の価値であり商材の本質だと考えています。価値の低いものをマーケティングだけで売りさばいてしまうと、いずれ心は荒むのではないでしょうか。

今後の与沢翼さんに期待したい

これだけ世間を賑わせてきた与沢翼さんですが、私は今後に大きな期待をしています。与沢翼さんは非常に実力のある方です。今後も情報商材業界で活躍されるのであれば、その実力を大いに発揮していただき、情報商材業界を正しい方向に導いてほしいですね。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら