ゲイスキャFX【検証とレビュー】

ゲイスキャFX【検証とレビュー】

ゲイスキャFX【検証とレビュー】

C評価

『ゲイスキャFX』検証とレビュー

本日は、クロスリテイリング株式会社が販売するFX商材『ゲイスキャFX』を検証レビューします。

ゲイスキャFX
ゲイスキャFX
販売元:クロスリテイリング株式会社
開発者:もってぃー
発売日:2019/05/15
公式サイト:https://motty-fx.s3.amazonaws.com/

「もってぃー」って誰?

もってぃーさんは、自称ゲイFXトレーダーとして活躍する、実力派です。来歴は異色ですが、その実力はなかなかのもので、業界ではそれなりに有名な方です。

もってぃーさんのSNSアカウントはこちら。

Twitterアカウント開設は2013年4月ですので、5年以上もFX関連の情報を発信していることになります。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

『ゲイスキャFX』はどのようなFX商材か?

長期足に同調する方向へ”押し目・戻り”で仕掛けるコツコツ型”1分足”スキャルピング

『ゲイスキャFX』は1分足専用のスキャルピングサインツールです。

まずは『ゲイスキャFX』をMetaTrader4に設定したチャートをご覧ください。

ゲイスキャFXチャート

ゲイスキャFXチャート

メインチャートに複数本の移動平均線(MA)が表示されています。帯のような太ラインの色(赤と青)によってトレンド方向を判断します(赤=上昇トレンド相場、青=下降トレンド相場)。

ストキャスティクスやMACDをフィルタリングにして、シグナルの取捨選択(ENTRY可否)や手仕舞い判断を行ういわば”半システム半裁量手法”

サブウィンドウは2つのテクニカルが表示されていますね。

ゲイスキャFXのストキャスティクスとMACD

ゲイスキャFXのストキャスティクスとMACD

  • 上段:ストキャスティクスと2本のライン
  • 下段:MACDのラインのみを表示

ストキャスティクスやMACDをフィルタリングにして、シグナルの取捨選択(ENTRY可否)や手仕舞い判断を行ういわば”半システム半裁量手法”といえます。

「グランビルの法則」を下敷きにした普遍性のあるロジック

『ゲイスキャFX』のベースロジックは、”グランビルの法則”です。

グランビルの法則は、移動平均線(MA=Moving Average)とレートの位置関係(乖離や方向性)によって相場を予測したり状況を把握する古典的なテクニカルです。

グランビルの法則をベースに、大きな時間足と同じ方向へ順張りで仕掛けるという”王道かつ普遍性の高いロジック”といえますね。

ゲイスキャFXはENTRYサインを目視で取捨選択

『ゲイスキャFX』は、1分足の”押し目や戻り”を細かく捉えてシグナルを点灯させ、”目視”でフィルタリング後にENTRYを行ないます。従いまして、”完全無裁量”ではありません。

フィルタリング(シグナルの取捨選択)には下段のストキャスティクスを活用します。ストキャスと2本のラインの位置関係を目視で確認し、ENTRY可否を判断します。

ゲイスキャFXのストキャスティクスとMACD

ゲイスキャFXのストキャスティクスとMACD

損切りポイントは直近”高値・安値”と堅実さがある

損切り(SL)の目安は直近の高値・安値です。特に奇抜さはなく教科書通りで堅実です。1分足ですので損切り幅はせいぜい10〜30pips前後です(通貨ペアやボラによる)。

小さな利益を積み上げるトレードを繰り返しつつ時々訪れるビッグトレンドで大きな利幅を得る

一方、狙える利幅は一定ではありません。小刻みな値動き(ボラ)ではわずかな利幅しか狙えません。一方、大きな値動き(トレンド発生時など)では、リスクに対するリワードが拡大し利幅もぐっと大きくなります。

小さな利益を積み上げるトレードを繰り返しつつ、時々訪れるビッグトレンドで大きな利幅を得る…いわば”コツコツ型”のスタイルといえます。

推奨通貨ペアは以下の6つ。

  1. USD/JPY(ドル円)
  2. EUR/JPY(ユーロ円)
  3. EUR/USD(ユーロドル)
  4. GBP/JPY(ポンド円)
  5. GBP/USD(ポンドドル)
  6. AUD/JPY(豪ドル円)

複数通貨ペアを同時に監視することで、トレードチャンスはかなり多いという印象です。ロンドン市場・NY市場だけでも1日50〜60回程度はあります。

「ラインチャート」の採用によってチャートからノイズの排除に成功

『ゲイスキャFX』の最大の特徴とも言えるのがランチャートにあります。ラインチャートは、レートの終値のみを1本の線でつなげて価格変動を表示したチャートです。こちらをご覧ください。

ゲイスキャFX ラインチャート

ゲイスキャFX ラインチャート

通常のローソク足チャートがこちら。

ゲイスキャFX ローソク足チャート

ゲイスキャFX ローソク足チャート

ローソク足ではなく、ラインチャートでトレードすることのメリットは以下の2点。

  1. 1本のラインで相場の動きの傾向(大局)を瞬時に視覚的に把握できる
  2. ヒゲ(高値・安値)非表示なのでノイズが消えて値動きに集中できる

日本ではあまり見かけないラインチャートですが、海外ではバーチャートの次に使われているほどで比較的馴染みがあります。

『ゲイスキャFX』は、ラインチャート採用によってセンシティブで動きの激しい1分足から不要なノイズを排除し、純粋にトレンドの方向と仕掛けのタイミングのみを浮き上がらせることに成功しました。

スキャルに苦手意識のあるFX初心者トレーダーにこそ使ってほしいツールです。

クロス社ならではの充実したサポートで購入後の不安はゼロ

『ゲイスキャFX』を購入すると、購入者専用サイトへのアクセス権が付与されます。実際の会員ページがこちら。

ゲイスキャFX購入者専用サイト

ゲイスキャFX購入者専用サイト

提供されるコンテンツは主に動画(ムービー)です。前半は、初歩的なFXの基礎から始まり、資金管理や投資マインドまで、初心者向きの講義動画です。

  • 学習の進め方
  • FXの基礎知識
  • FXの基礎用語
  • トレードを始める
  • 資金管理とマインド

後半は、いよいよ『ゲイスキャFX』のロジック解説〜応用編(裁量テクニック)など具体的なトレード動画で構成されています。

  • ゲイスキャFX「基本ロジック」
  • ゲイスキャFX「応用ロジック」
  • ゲイスキャFX「裁量テクニック」
  • もってぃーからのメッセージ

さらに、付属コンテンツとして以下のものが提供されます。

  1. リアルトレード動画「10本」
  2. オンラインセミナー(期間内に全5回を予定)

FX初心者から中級者まで、全方位的にカバーしたコンテンツが充実しています。まあ、サポートに定評のあるクロスリテイリング社ですので、購入後のサポートの心配はありませんね。

ゲイスキャFX
ゲイスキャFX
販売元:クロスリテイリング株式会社
開発者:もってぃー
発売日:2019/05/15
公式サイト:https://motty-fx.s3.amazonaws.com/

『ゲイスキャFX』の欠点

まず『ゲイスキャFX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

FX商材の欠点(デメリット)

ボラの少ない時間帯やレンジ相場では旗色が良くない

基本的には長期足へ同調する順張りですので、レンジ幅で推移する相場やボラティリティの少ない時間帯では、分が悪いです。ボラティリティありきの1分足スキャルです。勝てない相場を見極め、スルーできる”忍耐力”が求められます。

FX商材の欠点(デメリット)

慌てたくないならチャートへの張り付きは必須

1分足スキャルですので、ある程度のチャート張り付きは必要です。予告シグナル(予備サイン)は点灯しますが、本シグナル点灯後も、目視でフィルタリングする作業があるので、PCの前でチャートを常時監視しておいたほうが慌てないはず。

FX商材の欠点(デメリット)

数pipsの利益をコツコツ積み上げていく地道なトレードは人を選ぶ

1分足の小刻みな値動きの中から数pipsの利益を積み上げつつ、時折発生するトレンド相場で大きな利益を狙う、コツコツ型のトレードスタイルです。リスクリワードはボラが少ないほど悪化します。利益幅を大きく狙えないため、薄利(はくり)もしくは”損切り”になってしまいます。

地道さと忍耐が要求されるコツコツ型のトレードが性に合わないトレーダーには、おすすめできません。

FX商材の欠点(デメリット)

目視によるフィルタリングは”慣れ”が必要

『ゲイスキャFX』は完全無裁量ではありません。チャート上のサインを、各種テクニカルの目視でフィルタリングする、半裁量システムです。

ENTRYサインは、ストキャスティクスと重ね合わせた2本のラインとの位置関係を目視で判断します。ルール通りにフィルタリングするには相応の慣れ(場数を踏むこと)が必要です。

FX商材の欠点(デメリット)
  1. ボラの少ない時間帯やレンジ相場では旗色が良くない
  2. 慌てたくないならチャートへの張り付きは必須
  3. 数pipsの利益をコツコツ積み上げていく地道なトレードは人を選ぶ
  4. 目視によるフィルタリングは”慣れ”が必要

『ゲイスキャFX』の評価点

次に『ゲイスキャFX』の評価できるポイントを解説します。

FX商材の良点(メリット)

センシティブで動きの激しい1分足から不要な”ノイズ”を排除し純粋にトレンドの方向と仕掛けのタイミングのみを浮き上がらせた「ラインチャート」

1分足の細かなノイズを排除し仕掛けるべきポイントを適切にあぶり出すラインチャートの採用こそが、『ゲイスキャFX』の最大の特徴です。終値のみをつなげた1本のラインによって、トレンド方向を瞬時に把握でき、ノイズ(長短のヒゲ)排除によって値動きに集中しやすくなります。

ゲイスキャFX ラインチャート

ゲイスキャFX ラインチャート

ノイズに惑わされやすいFX初心者にこそ、ラインチャートをオススメします。

FX商材の良点(メリット)

”逆張り”に見えて実は”順張り”なので1分足でもトレンド発生時に大きな利幅を狙える

シグナル点灯箇所を拾うと逆張りのように見えますが、長期足と同調する方向へ仕掛ける”順張り”トレードです。押し目・戻りなど、順張りの深いところから長期足方向に仕掛けるので、トレンドが発生すればたとえ1分足でも比較的大きな利益を狙いやすいメリットがあります。

FX商材の良点(メリット)

FX初心者でも相場環境をひと目で把握しやすいビジュアルチャート

ノイジーな1分足チャートですが、トレンド転換をひと目で把握できる工夫がなされています。雲のような移動平均線が上昇相場と下降相場で色が変わり(赤=上昇トレンド、青=下降トレンド)、FX初心者でも容易に相場転換を把握しやすいビジュアルチャートです。

FX商材の良点(メリット)
  1. センシティブで動きの激しい1分足から不要な”ノイズ”を排除し純粋にトレンドの方向と仕掛けのタイミングのみを浮き上がらせた「ラインチャート」
  2. ”逆張り”に見えて実は”順張り”なので1分足でもトレンド発生時に大きな利幅を狙える
  3. FX初心者でも相場環境をひと目で把握しやすいビジュアルチャート

『ゲイスキャFX』総合評価

C評価

【結論】”押し目&戻り”のポイントで長期足に同調する方向へ順張りエントリーする王道”1分足”スキャルピング
難易度が高いとされる”1分足スキャル”だが、ノイズを排除した「ラインチャート」や「ビジュアルMA(移動平均線)」を組み込み、初心者でも取り組みやすいツールとして完成させた点は高く評価できる
ENTRYチャンスは多いがシグナルの絞り込みは繊細な裁量判断(目視)が求められるので”慣れ”は必要だ
リスクリワードバランスは相場環境に大きく依存し利幅も常に変動するので、ポジションサイズを含めた資金管理は欠かせない

『ゲイスキャFX』は、押し目・戻りのタイミングで長期足に同調する方向へ順張りに仕掛ける王道”1分足”スキャルピングツールです。

ノイズだらけの1分足チャートからわずかな規則性を見出し、利益が見込めるタイミング(押し目・戻り)でサインを表示させます。サインはストキャスとMACDによってフィルタリングし、精度の高いサインのみを選択してENTRY・EXITします。

1分足トレードなので、利幅は小さくなるケースが大半です。小幅の利益だけでは、損切り含めるとトータルでわずかなプラスにしかなりません。リスクリワードは相場環境によって変動し、当然ヨコヨコ相場(レンジ)では芳しくありません。

ビッグトレンドを1回でも捉えられなければ、大半の時間をわずかな利益獲得に費やすことになり、徒労感だけが残ります。最低でも1日に一回以上大きなトレンドを捉えるために、一定時間のチャート張り付きは必須といえます。

数pipsの細かな利益をコツコツと積み上げつつ、時々訪れるビッグトレンドをひたすら待つ…というスタイルです。

1分足の細かなノイズを排除し仕掛けるべきポイントを適切にあぶり出す「ラインチャート」の採用によって、初心者でも容易に取り組めるツールに仕上げたセンスは、さすがトレード経験の長い「もってぃー」&優秀な開発陣を持つ「クロスリテイリング社」ならではという印象です。

FX商材の良点(メリット)
  1. センシティブで動きの激しい1分足から不要な”ノイズ”を排除し純粋にトレンドの方向と仕掛けのタイミングのみを浮き上がらせた「ラインチャート」
  2. ”逆張り”に見えて実は”順張り”なので1分足でもトレンド発生時に大きな利幅を狙える
  3. FX初心者でも相場環境をひと目で把握しやすいビジュアルチャート
FX商材の欠点(デメリット)
  1. ボラの少ない時間帯やレンジ相場では旗色が良くない
  2. 慌てたくないならチャートへの張り付きは必須
  3. 数pipsの利益をコツコツ積み上げていく地道なトレードは人を選ぶ
  4. 目視によるフィルタリングは”慣れ”が必要

『ゲイスキャFX』を購入したほうが良い人

  • 初心者でスキャルピングを学びたい人
  • スキャルピングのサインツールを探している人
  • トレードチャンスが多いFX商材を探している人

『ゲイスキャFX』を購入してはいけない人

  • スキャルピングは取り組みたくないと考えている人
  • 完全無裁量のサインツールを探している人
ゲイスキャFX
ゲイスキャFX
販売元:クロスリテイリング株式会社
開発者:もってぃー
発売日:2019/05/15
公式サイト:https://motty-fx.s3.amazonaws.com/

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

広告(スポンサーリンク)
FX商材ランキング【2019年最新版】

 

FX情報商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全FX商材評価一覧はこちら