ポンジ・スキームってなに?

ポンジ・スキームとは

投資詐欺に関する記事をいくつかアップした関係か、ポンジ・スキームというキーワードでのアクセスが増えています。

そこで今回はポンジ・スキームについて解説したいと思います。まずはWikipediaからの引用を御覧ください。簡潔にわかりやすくまとまっています。

ポンジ・スキームとは、詐欺の一種で、「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

引用:Wikipedia

ひと言で言えば、出資詐欺ということになります。最初から破綻させることを前提に、ウソをついて出資を募ります。集めたお金は投資など一切おこなわず、詐欺師連中の懐に入ります。出資者に対してはタコ足配当でしのぎ、しばらくしたら計画的に破綻させてドロンします。当然、出資したお金は戻ってきません。

ねずみ講(無限連鎖講)も計画的に破綻させる点においては、ポンジ・スキームの一種です。シンフォニー事件ライフステージ事件が、ポンジ・スキーム(出資詐欺)かどうかは不明ですが、ポンジ・スキームを彷彿とさせる事件であったことは間違いありません。

稀代の詐欺師チャールズ・ポンジ

ポンジ・スキームという名前の由来ですが、アメリカの有名な詐欺師チャールズ・ポンジからきています。

チャールズ・ポンジ
出典:Wikipedia(チャールズ・ポンジ)

彼が詐欺師として暗躍したのは1920年台のアメリカです。国際返信切手のスキームを利用して90日で40%の利回りが得られると宣伝し、短期間で大金を集めました。しかしながらチャールズ・ポンジは集めたお金をほとんど運用せず、タコ足配当を繰り返していたのです。

最初から破綻させることを前提の出資を募っていたことが判明し、逮捕されます。

毎月配当を謳うポンジ・スキームは巧妙なタコ足配当で投資家をダマす

ポンジ・スキームがなかなか露見しないのは、巧妙なタコ足配当をおこない、いかにもファンドから利益が出ているように見せるからです。

タコ足配当とは、本来は投資から得られる利益を出資者に配当すべきところを、集めた出資金からそのまま配当金を捻出し、配当金として分配することをいいます。タコが自らの足を食べる様に似ていることから、タコ足配当とよばれています。

ポンジ・スキームのタコ足配当は、表面的には順調に配当金が配られているように見えるため(見せるため)、なかなか見分けがつきません。投資家が気づいた時にはファンド会社にお金が一円も残っていなかった…というケースも多く見られます。

ポンジ・スキームの仕組みを動画で学ぶ

ポンジ・スキームの仕組みをわかりやすく解説した動画がありましたのでご紹介します。※動画作成者の広告は無視して解説のみを御覧ください。

 動画の中でポンジ・スキーム(出資詐欺)の特徴が5つ挙げられています。

ポンジ・スキーム「5つの特徴」

  1. 高利回り(年30%〜をアピール)
  2. 少額から投資可能(数万円〜数十万円)
  3. 毎月配当を謳う(月1〜10%)
  4. 紹介料が高い(1〜5%)
  5. 信託されていない(イレギュラーな出資契約)
 これらの特徴に1つでも当てはまるような投資話があったら要注意です。

どうして普通の人がダマされるのか?投資詐欺はあなたの身近に常に存在する

それにしても、どうして多くの人が騙されるのでしょうか?あとから考えれば、怪しさ満載の話なのに、毎年のように大金が詐欺師の懐に消えていきます。

ニュース等でダマサれて悔しがっている人々を見て、「馬鹿だな〜」「情報弱者だな〜」「欲深いからダマサれるんだよ」などと思うかもしれません。確かに、高配当という欲にかられて盲目的にお金を投じる人も多いです。しかし最近の投資詐欺は巧妙です。

大半の投資話というのは、実は身近な人から持ちかけられることが多いのです。会社の上司や同僚、ご近所さん、親戚、学生時代の友達などです。自分が普段信頼している人から投資の話しを持ちかけられるケースが多く、それが心理的なハードルを下げてしまっているのです。

しかも投資話を持ち掛けてくる人は、良かれと思って薦めてきます。つまり善意なのです。悪意を持って話を持ちかける人は、身近にはほとんどいません。だから、「ちょっと話を聞いてみようかな?」と気を許してしまうのでしょう。

投資詐欺は決して他人ごとではなく、常にあなたの身近に存在します。世の中にうまい話など、そうそうないことを肝に命じましょう。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に
オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある オプザイル撲滅運動が盛んです。この勢いだとオプザイルは年内にはこの世から消えてしまうのではないでしょうか? 投資家集団オプザイルが…

BBF Advance 【検証とレビュー】
株式投資家がFX投資家を見下す行為は、目くそ鼻くそを笑うようなもの

投資とギャンブルの境界線 以前、投資とギャンブルの境界線という記事を書きました。 投資とギャンブルの境界線 その中で、ギャンブルとは、 ”プレーヤーがゲームの本質(期待値やリスクな…

PAMM(パム)って何だ?

あなたはPAMM(パム)を知っていますか? PAMM(通称パム)という言葉を聞いたことはありますでしょうか?PAMM(Percent Allocation Management M…

TREND RIDE SCALPING NEO 【検証とレビュー】
FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか?

あなたは真似できますか?損切りしない戦略 先日の記事でFX資産総額7300万円!のIcchan3氏をご紹介しました。彼の戦略で特徴的なのは以下の2点です。 損切りしない 低レバレッ…

投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウン始まる
投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウン始まる

”投資集団オプザイル”またもや地上波(NHK)登場 オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある 投資家集団オプザイルが”NHKデビュー” あの投資家集団オプザイルがとうとうN…

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件 また事件ですね。伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その…

ウッディズCCI (woodies cci) のご紹介
【松井証券社長】敗訴のコメントが意味するもの

松井証券敗訴 松井証券の社長が先日の敗訴に関してコメントしていましたね。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、FX約定遅延訴訟の敗訴「控訴しない」 201…

年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ

投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Investmentとの奇妙な関連性 【深い闇】シンフ…

「初心者でもわかる実践チャート術」が素晴らしい件【必読!】

オススメ!「初心者でもわかる実践チャート術」 今回はFX商材のご紹介記事ではありません。 FX初心者の方にちょっと有益な情報をご紹介します。外為オンラインが無料で提供している「FX…

資本家に搾取される無知の民衆
FX成績の偽装・改ざんテクニックをご紹介します

FX講師や販売者の経歴や実績は本当なのか? 先日、扶桑社の架空トレーダー疑惑について記事をアップしましたところ、かなりの反響を頂きました。高額FXセミナーを開催している様々な講師の…

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・
投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・

顧客の70%が儲かってるFX会社? 古い記事ですが、2012年8月31日の日経新聞(日経電子版)に、ちょっとビックリするような記事が掲載されていました。 記事のタイトルは、顧客の7…

玄人工房株式会社のEAは自動売買の聖杯なのか?
「20歳の誕生日おめでとう!良い投資話があるけど興味ない?」

LINEで「儲け話あるけど、どう?」 20歳になった若者を狙い撃ちする投資詐欺が増えています。詐欺に使われるのは誰もが利用している無料通信アプリ「LINE(ライン)」。 誕生日LI…