ポンジ・スキームってなに?

ポンジ・スキームとは

ポンジ・スキームって何?

投資詐欺に関する記事をいくつかアップした関係か、ポンジ・スキームというキーワードでのアクセスが増えています。

そこで今回はポンジ・スキームについて解説したいと思います。まずはWikipediaからの引用を御覧ください。簡潔にわかりやすくまとまっています。

ポンジ・スキームとは、詐欺の一種で、「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

引用:Wikipedia

ひと言で言えば、出資詐欺ということになります。

最初から破綻させることを前提に、ウソをついて出資を募ります。集めたお金は投資など一切おこなわず、詐欺師連中の懐に入ります。出資者に対してはタコ足配当でしのぎ、しばらくしたら計画的に破綻させてドロンします。当然、出資したお金は戻ってきません。

ねずみ講(無限連鎖講)も計画的に破綻させる点においては、ポンジ・スキームの一種です。

シンフォニー事件ライフステージ事件が、ポンジ・スキーム(出資詐欺)かどうかは不明ですが、ポンジ・スキームを彷彿とさせる事件であったことは間違いありません。

稀代の詐欺師チャールズ・ポンジ

ポンジ・スキームという名前の由来ですが、アメリカの有名な詐欺師チャールズ・ポンジからきています。

チャールズ・ポンジ
出典:Wikipedia(チャールズ・ポンジ)

彼が詐欺師として暗躍したのは1920年台のアメリカです。国際返信切手のスキームを利用して90日で40%の利回りが得られると宣伝し、短期間で大金を集めました。しかしながらチャールズ・ポンジは集めたお金をほとんど運用せず、タコ足配当を繰り返していたのです。

最初から破綻させることを前提の出資を募っていたことが判明し、逮捕されます。

毎月配当を謳うポンジ・スキームは、巧妙なタコ足配当で投資家をダマす

ポンジ・スキームがなかなか露見しないのは、巧妙なタコ足配当をおこない、いかにもファンドから利益が出ているように見せるからです。

タコ足配当とは、本来は投資から得られる利益を出資者に配当すべきところを、集めた出資金からそのまま配当金を捻出し、配当金として分配することをいいます。タコが自らの足を食べる様に似ていることから、タコ足配当とよばれています。

ポンジ・スキームのタコ足配当は、表面的には順調に配当金が配られているように見えるため(見せるため)、なかなか見分けがつきません。投資家が気づいた時にはファンド会社にお金が一円も残っていなかった…というケースも多く見られます。

ポンジ・スキームの仕組みを動画で学ぶ

ポンジ・スキームの仕組みをわかりやすく解説した動画がありましたのでご紹介します。※動画作成者の広告は無視して解説のみを御覧ください。

 動画の中でポンジ・スキーム(出資詐欺)の特徴が5つ挙げられています。

ポンジ・スキーム 5つの特徴

  1. 高利回り(年30%〜をアピール)
  2. 少額から投資可能(数万円〜数十万円)
  3. 毎月配当を謳う(月1〜10%)
  4. 紹介料が高い(1〜5%)
  5. 信託されていない(イレギュラーな出資契約)
 これらの特徴に1つでも当てはまるような投資話があったら要注意です。

どうして普通の人がダマされるのか?投資詐欺はあなたの身近に常に存在する

それにしても、どうして多くの人が騙されるのでしょうか?あとから考えれば、怪しさ満載の話なのに、毎年のように大金が詐欺師の懐に消えていきます。

ニュース等でダマサれて悔しがっている人々を見て、

「馬鹿だな〜」

「情報弱者だな〜」

「欲深いからダマサれるんだよ」

などと思うかもしれません。

確かに、高配当という欲にかられて盲目的にお金を投じる人も多いです。しかし最近の投資詐欺は巧妙です。

大半の投資話というのは、実は身近な人から持ちかけられることが多いのです。会社の上司や同僚、ご近所さん、親戚、学生時代の友達などです。自分が普段信頼している人から投資の話しを持ちかけられるケースが多く、それが心理的なハードルを下げてしまっているのです。

しかも投資話を持ち掛けてくる人は、良かれと思って薦めてきます。つまり善意なのです。悪意を持って話を持ちかける人は、身近にはほとんどいません。だから、「ちょっと話を聞いてみようかな?」と気を許してしまうのでしょう。

投資詐欺は決して他人ごとではなく、常にあなたの身近に存在します。

世の中にうまい話など、そうそうないことを肝に命じましょう。

関連記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールを購入した
両建てを駆使する66歳のFXトレーダーが5000万円を利確

FXに再チャレンジした66歳が5000万円もの利益を手にするまで All Aboutに掲載されていたFXトレーダーのインタビュー記事が面白い。 FXで5000万円を利確した66歳長者の負けないトレード Sさんという66歳 […]

バイナリーオプションとカジノ法案
バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリーオプションの5月の取引高の落ち込みが半端ない 一般財団法人金融先物取引行協会が2014年6月13日に発表した、個人向け店頭バイナリーオプション取引月次データが、非常に興味深いです。 以下のデータをご覧ください。 […]

バイナリーオプションは本当にフェアか?

関連記事: >>バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは? >>バイナリーオプションの危険性 >>バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) >>投資とギャン […]

「20歳の誕生日おめでとう!良い投資話があるけど興味ない?」
「20歳の誕生日おめでとう!良い投資話があるけど興味ない?」

LINEで「儲け話あるけど、どう?」 20歳になった若者を狙い撃ちする投資詐欺が増えている。詐欺に使われるのは誰もが利用している無料通信アプリ「LINE(ライン)」だ。 誕生日LINEで「どう?」 投資詐欺、狙われる20 […]

キャッシュバック金請求事件
サイバーエージェントFXが【キャッシュバック金請求事件】で敗訴

190万円の支払いをサイバーエージェントFXに求める裁判の判決が出た 非常に興味深い事件(裁判)の判決が出ました。 裁判の名前は、「キャッシュバック金請求事件」(平成25年(ワ)第23093号)です。 出典:http:/ […]

High&Lowは禁止されない
バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?

12月26日、非常に気になる記事が掲載された 12月26日の日経新聞(日本経済新聞)夕刊に、バイナリーオプション自主規制の記事が掲載されていましたね。 ざっと読んだところ、前回の発表(12月13日)と大して変わらないよう […]

外為どっとコムオンラインセミナー
重要経済指標【米雇用統計】に合わせて川合美智子さんがオンラインセミナー開催

混沌とした世界情勢の中でのアメリカ雇用統計発表で、何かが起こる? 本日10月2日は、重要経済指標であるアメリカの雇用統計が21時30分に発表されます。 その30分前(21時)から、外為どっとコムにて川合美智子さんによるオ […]

【速報】楽天証券がFXCMジャパンを買収
【速報】楽天証券がFXCMジャパンを買収

楽天証券が73億円でFXCMジャパンを買収 またまたFX会社の統廃合に関するニュースです。 楽天証券、米FX取引会社の日本法人を買収 73億円で 楽天証券は25日、米大手外国為替証拠金(FX)取引会社のFXCMの日本法人 […]

GMOクリック証券に業務改善命令

関東財務局より業務改善命令 10月12日に、GMOクリック証券に対し、関東財務局より業務改善命令が下されました。 金融商品取引法第40条第2号によるものです。金融商品取引業等に係る電子情報処理組織の管理が、十分でないと認 […]

投資とギャンブルの”境界線”
含み損8000万円を1000万円まで圧縮【貯金3億円男★大先生】

”8000万円の含み損”解消まであと少し! FXネット界を賑わせる貯金3億円男★大先生ですが、このところのNZDJPY、AUDJPYの上昇によって、含み損の大幅な改善が見られます。 直近のTwitterの呟きでは、 NZ […]

「豊洲カジノリゾート」が現実味を帯びてきた?
「豊洲カジノリゾート」が現実味を帯びてきた?

豊洲市場”頓挫”で現実味を帯びる「豊洲カジノリゾート」 先日、カジノ法案成立がカウントダウンを始めたという記事を書いた。 【カジノ法案大詰め】その裏で息の根を止められるパチンコ業界 カジノ法案が成立したとしても、実際のカ […]

バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ)

バイナリオプションは博打(バクチ)と同じ 最近、バイナリオプションの情報商材が増えてきてます。 バイナリオプションは、証券会社が個人投資家からお金を合法的に巻き上げるために作った金融商品(賭博場)だと私は考えています。 […]