Flash Zone FX【検証とレビュー】

Paul Zimon(ポール・ジモン)監修のFlash Zone FX

Flash Zone FXというFX商材がランキングを賑わせているようです。販売ページを見ましたが、なかなか興味深い商材です。Paul Zimon(ポール・ジモン)という人物による監修商材です。

動画を見るかぎり、見た目は白人系外国人ですが日本語がペラペラです。彼は元SMBキャピタルでトレーダーとしての経歴があるとのことです。

SMBキャピタル(New York)という会社

SMBキャピタルは米国New Yorkにある資産運用会社のようですね。調べると公式WEBサイトもありました。ニューヨークのSMBキャピタルは、ここしかヒットしなかったので、おそらくこの会社ではないかと考えられます。

SMBCapital

http://www.smbcap.com/

会社の所在地もニューヨークです。ウォール街(ウォールストリート)ではありません。

SMBキャピタル会社所在地

残念ながら、私達がPaul Zimon(ポール・ジモン)氏の言葉の真偽を確かめることはできません。SMBキャピタル(SMBCapital)について調べてみると、ファンド会社ではなく、プロップファーム(プロップハウス)のようですね。

プロップファーム(プロップハウス)とは、会社の自己口座の資産のみを運用して収益を上げることを目的とした会社です。つまり自己リーディング会社のことです。

proprietary trading firm(自己勘定取引会社)を略して、プロップファーム(あるいはプロップハウス)と呼びます。一般的なファンド会社は不特定多数の投資家から資金を募り、その資金を代行して運用し利益を上げて手数料で収益を上げますが、プロップファームは自己資金のみを運用して利ざやを稼ぐことを目的としています。

個人ではなく組織として自己資金を運用すれば、それはプロップファームと呼べるので、決して珍しいスタイルではありません。日本でも小さなプロップファーム(プロップハウス)はたくさん存在します。

Paul Zimon(ポール・ジモン)氏はプロップファーム出身のトレーダー

Paul Zimon(ポール・ジモン)氏は、ウォール街のプロップファームで揉まれた生粋のトレーダーとのことです。余談ですが、『フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち』にもプロップファームの話がでてきますね。

フラッシュボーイズ

Amazon:フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち

この本ですが、すごく面白いのでお薦めです。内容は以下のAmazon紹介を御覧ください。

証券市場の民主化によってニューヨーク証券取引所とNasdaq以外の証券取引所が乱立するようになった2009年ぐらいから、ディーラーたちは不思議な現象に悩まされる。

コンピュータスクリーンが映し出す各証券市場の売値と買値で取引しようとすると、ふっと売り物や買い物が消えてしまうのだ。その値が消えて、買う場合だったらば、必ずそれより高い値で、売る場合だったらばそれより低い値で取引が成立してしまう。

ウォール・ストリートの二軍投資銀行に務めるブラッド・カツヤマは、ドンキホーテのように、単身調査に乗り出す。

するとそこには、私たちの注文を10億分の1秒の差で先回りしていく超高速取引業者「フラッシュ・ボーイズ」の姿があったのだ。

引用:Amazon:フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち

Flash Zone FXは半裁量・半システムの逆張りトレード

そんなPaul Zimon(ポール・ジモン)氏が監修したFlash Zone FXとは、いったいどのようなFX商材なのでしょうか?一言で言えば、Flash Zone FXは半裁量・半システムの逆張りトレードです。

販売ページを読むと、完全裁量トレードのように読み取れそうですが、トレンドの転換タイミングを判断するためにフィボナッチも使用しますので、半裁量・半システムと考えて良いと思います。

逆張りなので、下がったタイミングで「買い」を仕掛け、上がったタイミングで「売り」を仕掛けます。その仕掛けのタイミングを見極めるために、フィボナッチ・リトレースメントを利用します。

その他の特徴としては、

  • ENTRY時に、リミットとストップを設定
  • リスクリワードは、1:2〜10
  • 勝率60%
  • 1日に平均して5〜10回のトレードチャンス
  • 執行時間を選ばないので、5分足、30分足、日足、週足でも可能
  • 月利12%〜

”逆張り”はリスクリワードバランスがすべて

気になるのは、Flash Zone FXが逆張り手法の割に、勝率がそれほど高くない(60%)という点です。一般的な逆張りの勝率は70〜80%以上です。その際のリスクリワードは、1:1くらいでしょうか。

リスクリワードを2:1くらいにすれば勝率さらに高まります。しかし、一度の負けで資金の大半を失う可能性があります。逆張りの割に勝率が高くないのは、リスクリワードバランスによるものでしょう。

Flash Zone FXでは、このリスクリワードバランスを、1:2〜10としています。リスク1に対し、リワード(利益)を2〜10としています。だから勝率は60%前後に落ち着くわけですね。

勝率は高くないかわりに、リワードバランスが優れているため、心臓に優しいトレードができます。逆張りでは、このリスクとリワードのバランスが重要です。EAの大半は逆張りロジックを採用していますが、最終的なEAの優劣を左右する要素は、ストップとリミットの最適値をどこに設定するか?にかかっていると言っても過言ではありません。

リミット・ストップが最適値(最適解)になければ、勝率が高くてもトレード回数が増えるごとに資産を減らしてしまうことにもなりかねません。Flash Zone FXははたして、最適解を見つけられているのか?この点が非常に気になる点ですね。

Flash Zone FXは”トレンドフォロー手法”を否定しているのか?

Flash Zone FXの販売ページではいわゆる「トレンドフォロー」を否定するかのような記述が散見されます。たとえば…

トレンドフォローとは、このように上昇トレンドに沿ってトレードしていく手法ですが、これはほとんどの負けているトレーダーが使う手法です。

(中略)

トレンドフォロー手法を一言で言えば、FXでよく言われるコツコツ勝ってドカンと負ける『コツコツドカン型』のトレード手法です。

(中略)

トレンドフォローはリスクが低いように見えて、実は“ハイリスク・ローリターン”で大きく負けやすいという特徴があるのです。

(中略)

事実、トレンドフォローを実践している95%の人間は中々資産を増やせていないどころか着実に資産を溶かし続けているというのが現状です。

引用:Flash Zone FX販売ページ

これらの記述を読んで、「トレンドフォロー」って敗者の手法でダメダメなのか…などと思い込まないでください。ここで勘違いしないでいただきたいのですが、トレンドフォローにも様々なスタイルがあるということを知っておいていただきたいのです。

私自身、トレンドフォローですが、私の手法は、MTF(マルチタイムフレーム)を意識した押し目・戻りを狙い撃ちするスタイルです。私が仕掛ける押し目買いポイント、戻り売りポイントは、小さなスパンで見れば(執行時間で見れば)、完全な逆張りです。大きな時間足に同調する方向へ仕掛ける前提で、小さな時間足の押し目や戻りを狙う、というスタイルも、いわゆるトレンドフォローと呼んでもおかしくありません。

Flash Zone FXも、ロジックのベース(基本的なアイデア)は押し目買いです。大きな時間足に同調する方向へ仕掛けるのであれば、逆張りというよりは「トレンドフォロー」なわけです。

ですので、単に「トレンドフォローがダメ」「逆張りが正しい」などと断定はできないのです。このことをしっかりと理解した上で販売ページを読んでほしいと思います。

Flash Zone FXの具体的な中身について

Flash Zone FXを入手しましたので、具体的なトレードロジックや、その優位性等についての検証・レビューは、次回以降の記事にて公開したいと思います。

リミットとストップのバランスや、仕掛けの精度などを、しっかりと見極めたいと思います。


オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

勝率80%について考察してみる【アルケミーシステム】

二択ゲームにおいて勝率80%は可能なのか? ハイローバイナリーのシステムを提供するアルケミーシステムですが、その勝率は平均80%であるそうです。 宣伝サイトでは80%勝率というフレーズが何度も横田裕行氏の口頭から発せられ…

ゆるスキャDX 【検証とレビュー】

ゆるスキャDXはEURUSD専用のシグナル点灯ツール ゆるスキャDXは、EURUSDを推奨通貨ペアとした、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツール(インディケーター)です。使用する足は1分足ですので、スキャルピングですね。…

ステイブルバイナリー 山本有花 【検証とレビュー】

倍掛けマーチンのBOシグナル配信 ステイブルバイナリーは、バイナリーオプションの商材です。基本的には、以前レビューした「一撃バイナリー」という商材とほとんど同じです。 一撃バイナリー 【検証と評価】 どちらの商材もGMO…

トリニティスキャルパーFX 【検証とレビュー】

Mr.Brain氏のトリニティスキャルパー 注目のEAが登場しました。トリニティスキャルパーFXです。開発者はMr.Brain氏ですね。これまでも数々のEAを制作・販売してきた実績を持っています。 当サイトでもレビューし…

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった 先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプションのようですね。 ネクストバイナリーアカデ…

スパッとスナイパーFX 【検証とレビュー】

FX孔明氏の為替塾の塾生が開発したインディケータ…スパッとスナイパーFX スパッとスナイパーFXというシグナルツールが販売されています。MT4専用のシグナル点灯インディケータです。どうやら開発者のFXりう氏(奥谷隆一さん…

デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証する

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証 最近、デブトレFXに関して問合せが増えています。その大半が、NYダウ平均とUSD…

窓埋めで7月だけで219万円の利益確定した現役大学院生が、先日の大暴落で破綻した!?

2015年7月だけで219万3040円の利益を出した東大院生 先週の週刊SPAで興味深い記事を見つけました。 常勝トレーダーの取引履歴を大公開 「7月の利益?219万3040円でした」 取引履歴を片手にこう振り返るのは、…

秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」【実践編】DVDのレビュー

秋田式2枚目DVD【実践編】収録時間25分 先日の【基礎編】DVDのレビューに続いて、今回は【実践編】のレビューです。  秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」販売ページ 【実践編】動画の収録時間は約1…

大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その2

「大市民流FX資産構築メソッド」の中身を解説 PDFファイル107ページ(本編60ページ、特典・特別レポート47ページ) さっそく「大市民流FX資産構築メソッド」の中身を解説していきます。商材の中身はPDFテキストです。…

TradeMax Zillion 【検証とレビュー】

書籍も出されている柳原卓丸氏のEA TradeMax Zillionは、榊原卓丸氏による自動売買システム(EA)です。榊原卓丸氏といえば、以前に書籍を出版されていましたね。「ほったらかしでも月100万円儲かるFX自動売買…

ビクトリーメソッドアドバンス 【検証とレビュー】

全てのFX情報商材の”試金石”的な商材 2006年に発売されてからすでに8年が経過していますが、未だに売れ続けている怪物のような商材、それがビクトリーメソッドアドバンスです。FX商材の草分け的存在であり、その後発売される…