FXスキャル・パーフェクトシグナルを稼働させてみた結果

FXスキャル・パーフェクトシグナルの検証

FXスキャル・パーフェクトシグナルをMT4に設定し、24時間フル稼働させてみましたので、その結果をまとめてみたいと思います。もちろん短い検証期間では、このツールのポテンシャルを完全に測ることは難しいですが、ある程度のクセ(勝ちパターンや負けパターン)が見えてくるはずです。そして勝ちパターンよりも「負けパターン」を詳しく検証することで、ツールの精度(ENTRYの確度)を高めることができます。

このツールはブレイクアウト系のトレンドフォローをロジックのベースとしていますので、負ける=ダマシに合う、ということになります。このダマシ回避こそ、トレンドフォロー系ツールの最大の課題となります。負けパターンの分析によって、ダマシを回避するための施策が見えてくるかもしれません。

検証にあっって

前回の記事にも記載したとおり、FXスキャル・パーフェクトシグナルは1時間足で相場の方向性・トレンド状況を把握し、5分足にて執行するというスタイルです。検証に用いた通貨ペアはUSDJPY(ドル円)です。24時間ツールを稼働させ、過去チャートからシグナルを拾っていきます。

とりあえず裁量を加えず、シグナルのみに従った結果をピックアップします。そのほうが、ツールの特性がわかりやすいからです。また、チャートテンプレートは背景が黒くて見にくいので、背景色をカスタマイズして見やすくしています。

FXスキャル・パーフェクトシグナルの”勝ちパターン”

まずは勝ちパターンを検証していきます。勝ちパターンとはすなわち、発生したトレンド(上昇・下降トレンド)を適切に捉えたということです。ブレイクの兆しを捉え、適切なポイントで仕掛けることができたことを意味します。

※8月20日AM9:00〜21日AM9:00の24時間での検証においては、負けトレードがありませんでした。したがいまして、負けトレードの検証につきましては次回の記事にてアップしたいと思います。

8月20日(木)15時00分〜(+10pips)

トレード1

最初の勝ちトレードです。1時間足で上昇トレンドシグナルを確認し、5分足のシグナルでエントリーです。65分後にレートがボリバン3シグマにタッチし、利食いをしています。約10pipsの利益となります。

5分足のシグナル(矢印)が21日移動平均線の付近で発生していて、ボリバン3シグマまでの距離があるので、サクッと利食いできるパターンです。

8月20日(木)17時35分〜(+11pips)

トレード2

2回めのトレードは、夕方17時35分のシグナルによるものです。約11pipsのプラスです。1時間足で下降トレンドを確認し、5分足のシグナルで「売り」で仕掛けます。その後レートがボリバン3シグマにヒットし、手仕舞いとなります。

このケースでもエントリーシグナルが移動平均線付近で発生しているため、慌てることなく仕掛けることができたはずです。ボリバンまでの幅もあるため、10pips前後は余裕で抜くことができるトレードだったでしょう。

先ほどのトレードも10pipsの利確(スプレッド除く)でしたが、こうして見てみるとまさに「FXスキャル・パーフェクトシグナル」の名のごとく、スキャルピングですね。USDJPYのようなボラティリティがそれほどない通貨ペアであれば、10pips前後の利益を積み重ねていくスタイルとなるでしょう。

8月20日(木)21時00分〜(+52pips)

トレード3

3回めのトレードは夜の21時にエントリー(売り)となります。この日の午後は大きなダウントレンドが発生しました。その波にうまく乗れたパターンですね。約52pipsのプラスです。

ダウントレンドに乗りつつも、何度か戻されましたが、ZIGZAGによるストップ切り上げ(トレイリングストップ)には引っかからず、トレンド終息(翌朝午前9時)までしっかりと取ることができました。理想的なトレードです。

この時の1時間足(21時〜)を見てみると、下向きの矢印が多数点灯しています。

トレード4

この1時間足でオレンジ色の下向き矢印を確認のうえ、5分足のシグナルで仕掛けたことで、大きなトレンドを捉えることに成功したパターンです。

勝ちパターンを総括

今回のUSDJPYは、3回のトレードチャンス全てにおいて勝つことができました。裁量なしでシグナルのみに純粋に従ったわりには、しっかりと利益を取ることができました。特に5分足におけるシグナルの精度の高さに関心しました。また、単純移動平均線(SMA21)に近いローソク足でシグナルが点灯するように感じます。

一般的にこの手のシグナルは、レートがグンと伸びたところで点灯するケースが多いのですが、FXスキャル・パーフェクトシグナルの5分足シグナルは、レートが伸びる前に点灯するように感じられます。ラインブレイクで仕掛けるのではなく、ボラティリティブレイクで仕掛けるからこそ、可能なのでしょう。

ボラティリティブレイクアウトとは、ボリンジャーバンドの2シグマ等をレートが抜けたタイミングで仕掛ける手法です。スクイーズからエクスパンションに移行するタイミングを狙い撃ちします。おそらくFXスキャル・パーフェクトシグナルの5分足シグナルは、ボリバンブレイク(ボラティリティブレイク)をベースロジックにしているのではないかと考えられます。

1通貨ペアにつき24時間で3回のトレードチャンスというのは少なく感じるかもしれませんが、裁量を加えることで増やすことも可能です。

トレンドが発生すれば勝てるのは当然だが…

FXスキャル・パーフェクトシグナルはトレンドフォロー系のツールですので、トレンドが発生すれば利益を大きく伸ばすことは可能です。つまりトレンド時は””勝てて当然”なのです。小さな損切り(ダマシ)を繰り返しながら、トレンド発生時に大きくプラスに転じる、これがトレンドフォロー手法の王道パターンです。必然的に、トレンドフォロー手法の勝率はかなり低くなります。一般的には40%前後ではないでしょうか。

24時間での検証ですので、検証期間は十分ではありません。勝率やダマシ回避などについてはもっと長期的な検証期間が必要です。

FXスキャル・パーフェクトシグナルの負けパターンの考察は次回に持越し

今回はたまたま3戦全勝でしたので、負けパターンの検証はできませんでした。次回の記事にて、負けパターンの検証をおこない、このツールの特性を見極めたいと考えています。


オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

株式投資家がFX投資家を見下す行為は、目くそ鼻くそを笑うようなもの

投資とギャンブルの境界線 以前、投資とギャンブルの境界線という記事を書きました。 投資とギャンブルの境界線 その中で、ギャンブルとは、 ”プレーヤーがゲームの本質(期待値やリスクなど)を理解しておらず、起こりうるリスク(…

Gorgeous FX System(ゴージャスFXシステム) 【検証とレビュー】

Gorgeous FX Systemのフォワード成績を見てみたい Gorgeous FX System(ゴージャスFXシステム)をご紹介します。比較的古いEAですが、なぜか複数の読者様からの検証依頼がありました。販売ペー…

損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは?

FXでの資産総額7300万円! 2ちゃんねるで話題のIcchan3氏をご存知ですか?彼の現在(2015年12月16日)の資産総額は73,364,684円です。下の画像はファイナンススタジアムのものです。 出典:ヤフーファ…

みんなでFX -Rising Sun-
「みんなでFX -Rising Sun-」のチャートを無料インジケーターで再現してみたところ…完全一致だった件

「みんなでFX -Rising Sun-」が無料配布インジケーターと酷似していることについて 先日みんなでFXのレビュー記事をアップしましたが、そのなかで「2010年に無料配布されているカスタムインジケーター(FiboZ…

グランドセオリーFXは中級以上の裁量トレーダー向け商材だ

グランドセオリーFX【CBMロジック】についての”おさらい” 前回に引き続きらいく氏のグランドセオリーFXのレビューです。今回のレビューでは具体的なロジックの中身に踏み込んで解説していきます。 この商材は、裁量マニュアル…

キプロス拠点のFX業者を一覧でまとめてみた

キプロス拠点のFXブローカーが気になる? キプロスショックのニュースが連日ネットを賑わせています。 ”キプロスで預金封鎖”の余波 キプロスショックとFXブローカー 当サイトにもキプロスに関する問い合わせが来ています。大半…

ザ・イージー 【検証とレビュー】

海外ブローカーを使うバイナリーオプション商材 ザ・イージーは、マイクロジャパンのバイナリーオプション商材です。海外のブローカー「ChargeXP Investment Ltd.」を利用した、バイナリーオプションの自動売買…

シンフォニーやっぱり投資詐欺だった!

FX投資詐欺容疑でシンフォニー実質経営者を再逮捕 何度かこのブログでも取り上げているシンフォニー事件ですが、やはり投資詐欺だったようです。 香港に口座、運用偽装か FX詐欺容疑、25日にも再逮捕 FX(外国為替証拠金取引…

e-Learning FX 【検証とレビュー】

e-Learning FXは、FXアカデミーの進化版 e-Learning FXは、FXエントリー&FXアカデミーで有名な小室陽一氏の新しい商材です。 FXエントリー&FXアカデミー【検証とレビュー】 インフォカートでは…

スキャルピングFXプロ 【検証とレビュー】

半裁量・半システムの”王道スキャル” スキャルピングFXプロの販売開始時期は2007年ですね。今でも売れ続けているので、相当なロングランヒットです。スキャルピングFXプロ開発者の青木陽一さんですが、雑誌「YenSPA! …

プライス乖離FX【検証とレビュー】

FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長がFX商材を販売 FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんがプライス乖離FXという商材を販売されています。 プライス乖離FXの販売ページはこちら ちなみにFXCMジャ…

ゆるスキャDX 【検証とレビュー】

ゆるスキャDXはEURUSD専用のシグナル点灯ツール ゆるスキャDXは、EURUSDを推奨通貨ペアとした、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツール(インディケーター)です。使用する足は1分足ですので、スキャルピングですね。…