FXスキャル・パーフェクトシグナルを稼働させてみた結果

FXスキャル・パーフェクトシグナルを稼働させてみた結果

FXスキャル・パーフェクトシグナルを稼働させてみた結果

B評価商材

FXスキャル・パーフェクトシグナルの検証

FXスキャル・パーフェクトシグナルをMT4に設定し、24時間フル稼働させてみましたので、その結果をまとめてみたいと思います。もちろん短い検証期間では、このツールのポテンシャルを完全に測ることは難しいですが、ある程度のクセ(勝ちパターンや負けパターン)が見えてくるはずです。そして勝ちパターンよりも「負けパターン」を詳しく検証することで、ツールの精度(ENTRYの確度)を高めることができます。

このツールはブレイクアウト系のトレンドフォローをロジックのベースとしていますので、負ける=ダマシに合う、ということになります。このダマシ回避こそ、トレンドフォロー系ツールの最大の課題となります。負けパターンの分析によって、ダマシを回避するための施策が見えてくるかもしれません。

検証にあっって

前回の記事にも記載したとおり、FXスキャル・パーフェクトシグナルは1時間足で相場の方向性・トレンド状況を把握し、5分足にて執行するというスタイルです。検証に用いた通貨ペアはUSDJPY(ドル円)です。24時間ツールを稼働させ、過去チャートからシグナルを拾っていきます。

とりあえず裁量を加えず、シグナルのみに従った結果をピックアップします。そのほうが、ツールの特性がわかりやすいからです。また、チャートテンプレートは背景が黒くて見にくいので、背景色をカスタマイズして見やすくしています。

FXスキャル・パーフェクトシグナルの”勝ちパターン”

まずは勝ちパターンを検証していきます。勝ちパターンとはすなわち、発生したトレンド(上昇・下降トレンド)を適切に捉えたということです。ブレイクの兆しを捉え、適切なポイントで仕掛けることができたことを意味します。

※8月20日AM9:00〜21日AM9:00の24時間での検証においては、負けトレードがありませんでした。したがいまして、負けトレードの検証につきましては次回の記事にてアップしたいと思います。

8月20日(木)15時00分〜(+10pips)

トレード1

最初の勝ちトレードです。1時間足で上昇トレンドシグナルを確認し、5分足のシグナルでエントリーです。65分後にレートがボリバン3シグマにタッチし、利食いをしています。約10pipsの利益となります。

5分足のシグナル(矢印)が21日移動平均線の付近で発生していて、ボリバン3シグマまでの距離があるので、サクッと利食いできるパターンです。

8月20日(木)17時35分〜(+11pips)

トレード2

2回めのトレードは、夕方17時35分のシグナルによるものです。約11pipsのプラスです。1時間足で下降トレンドを確認し、5分足のシグナルで「売り」で仕掛けます。その後レートがボリバン3シグマにヒットし、手仕舞いとなります。

このケースでもエントリーシグナルが移動平均線付近で発生しているため、慌てることなく仕掛けることができたはずです。ボリバンまでの幅もあるため、10pips前後は余裕で抜くことができるトレードだったでしょう。

先ほどのトレードも10pipsの利確(スプレッド除く)でしたが、こうして見てみるとまさに「FXスキャル・パーフェクトシグナル」の名のごとく、スキャルピングですね。USDJPYのようなボラティリティがそれほどない通貨ペアであれば、10pips前後の利益を積み重ねていくスタイルとなるでしょう。

8月20日(木)21時00分〜(+52pips)

トレード3

3回めのトレードは夜の21時にエントリー(売り)となります。この日の午後は大きなダウントレンドが発生しました。その波にうまく乗れたパターンですね。約52pipsのプラスです。

ダウントレンドに乗りつつも、何度か戻されましたが、ZIGZAGによるストップ切り上げ(トレイリングストップ)には引っかからず、トレンド終息(翌朝午前9時)までしっかりと取ることができました。理想的なトレードです。

この時の1時間足(21時〜)を見てみると、下向きの矢印が多数点灯しています。

トレード4

この1時間足でオレンジ色の下向き矢印を確認のうえ、5分足のシグナルで仕掛けたことで、大きなトレンドを捉えることに成功したパターンです。

勝ちパターンを総括

今回のUSDJPYは、3回のトレードチャンス全てにおいて勝つことができました。裁量なしでシグナルのみに純粋に従ったわりには、しっかりと利益を取ることができました。特に5分足におけるシグナルの精度の高さに関心しました。また、単純移動平均線(SMA21)に近いローソク足でシグナルが点灯するように感じます。

一般的にこの手のシグナルは、レートがグンと伸びたところで点灯するケースが多いのですが、FXスキャル・パーフェクトシグナルの5分足シグナルは、レートが伸びる前に点灯するように感じられます。ラインブレイクで仕掛けるのではなく、ボラティリティブレイクで仕掛けるからこそ、可能なのでしょう。

ボラティリティブレイクアウトとは、ボリンジャーバンドの2シグマ等をレートが抜けたタイミングで仕掛ける手法です。スクイーズからエクスパンションに移行するタイミングを狙い撃ちします。おそらくFXスキャル・パーフェクトシグナルの5分足シグナルは、ボリバンブレイク(ボラティリティブレイク)をベースロジックにしているのではないかと考えられます。

1通貨ペアにつき24時間で3回のトレードチャンスというのは少なく感じるかもしれませんが、裁量を加えることで増やすことも可能です。

トレンドが発生すれば勝てるのは当然だが…

FXスキャル・パーフェクトシグナルはトレンドフォロー系のツールですので、トレンドが発生すれば利益を大きく伸ばすことは可能です。つまりトレンド時は””勝てて当然”なのです。小さな損切り(ダマシ)を繰り返しながら、トレンド発生時に大きくプラスに転じる、これがトレンドフォロー手法の王道パターンです。必然的に、トレンドフォロー手法の勝率はかなり低くなります。一般的には40%前後ではないでしょうか。

24時間での検証ですので、検証期間は十分ではありません。勝率やダマシ回避などについてはもっと長期的な検証期間が必要です。

FXスキャル・パーフェクトシグナルの負けパターンの考察は次回に持越し

今回はたまたま3戦全勝でしたので、負けパターンの検証はできませんでした。次回の記事にて、負けパターンの検証をおこない、このツールの特性を見極めたいと考えています。

B評価商材

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

The Secret FX
ザ・シークレットFXは現代版「酒田五法」だ

ザ・シークレットFX(The Secret FX)は現代版「酒田五法」だ ローソク足の並びで体系的な相場予測法を構築 前回のレビューでザ・シークレットFX(The Secret F…

禅FX(ZEN-FX)【検証とレビュー】

ZEN-FXはサポート&レジスタンスを使ったブレイクアウト系手法 ZEN-FXは、Metatrader4用のインディケーターです。チャート上に表示させたインディケーターを使って、目…

プライス乖離FX
乖離率を使ったトレード手法

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら… 先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 乖…

FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万8000円〜

超高額になったTPS第3期 先日、FX商材「FX裏技攻略塾TPS第3期」のオプトイン広告をご紹介しましたが、その販売価格が判明しました。 銀行振込  49万8000円 カード決済 …

FXトレンドレーダー 【検証とレビュー】

FXトレンドレーダーはMT4対応のシグナルツール FXトレンドレーダーは、メタトレーダーで使用するインディケーターですね。チャート上に矢印を点灯させるタイプのよく見かけるツールです…

Bear Time FX
Bear Time FX【検証とレビュー】

Bear Time FXはどんな商材か? 「Bear Time FX」は日本企業の実需による”ドル円の売買”’を利用して安定的に稼ぐEAだ 今回レビューする「Bear Time F…

池辺雪子の1億円投資家倶楽部【検証とレビュー】

池辺雪子のFX塾の入会費は200万円!? あの池辺雪子さんが高額FXスクールを始めました。「池辺雪子の1億円投資家倶楽部」という名称です。コースは2つ。 通常コース(6ヶ月)288…

FXコア 【検証とレビュー】

FXコアの成績について 問い合わせの多い商材です。FXコアは口座縛りのあるEA(自動売買システム)ですね。多くのユーザーの方から「FXコアを使って、今のところ勝っていますがどうでし…

W2C-Clipper クリッパー 【検証とレビュー】

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に 94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻 W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開 EA販売に投資助言代理の届…

優秀なEAを選ぶシンプルな方法とは?

EAは【成績】が全て 昨日の記事でORION FXを取り上げ、EAの優位性を証明するデータが不十分であることを記載しました。 ORION FX 【検証とレビュー】 EAを提供される…

井手式7daysFXに6月30日期限の特典が追加されました

井手式7daysFXの特典について(6月30日期限) 「井手式7daysFX」に、無料特典が追加されました。井手式7daysFXに関しましては、過去にレビューしていますので、以下の…

Winning formula FX
Winning formula FX【検証とレビュー】

「Winning formula FX」は汎用性の高い”王道裁量手法”を学ぶFX商材 「Winning formula FX~9年連続プラス収支、年間6000PIPSをコンスタント…