脱税で起訴されるということについて

脱税で起訴されるといこと

先日は、クロスリテイリング代表山口氏が法人税法違反により在宅起訴されたニュースを取り上げました。このニュースで疑問を感じた方も多いと思いますが、そもそも脱税した人が全員起訴されるということはありません。通常は脱税額の金額やその手口によって起訴されるかどうか決まるようです。1億円を超える脱税をおこなった場合は、間違いなく起訴されます。

今回のニュースでは、「約1億9300万円の所得を隠し、法人税約4900万円を免れた(※日本経済新聞WEB版より)」とされていますが、法人代表である山口氏と法人(クロスリテイリング)の両者が在宅起訴されました。

起訴されたときの有罪率は98.8%

下記の引用記事によれば、通常脱税で起訴されればほぼ100%に近い確率で有罪判決となるようです。

脱税の裁判の傾向

裁判所の司法統計によると、平成25年に第一審において所得税法違反及び法人税法違反で有罪となった件数は159件、無罪となった件数は2件、公訴棄却等が0件で、有罪率は98.8%となっています。

内訳をみると、実刑判決は70件(43.5%)、執行猶予判決は89件(55.3%)、無罪は2件(1.2%)となっています。

このことから、執行猶予が付される可能性が比較的高い傾向にあるといえます。

引用:日比谷ステーション法律事務所

刑罰は、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金又はその併科とされています(所得税法第238条、法人税法第159条)。

懲役刑はあるのか?

起訴され有罪判決を受けても、懲役刑を受けるかどうかはまた別の問題です。一般的には脱税総額が3億円を超えると懲役刑(つまり実刑)となる可能性が高くなるようです。脱税金額の規模が小さければ罰金刑で済むことも多く、仮に懲役刑を受けたとしても当然執行猶予がつくようです。

FXトレーダーによる脱税と懲役刑

過去には脱税したFX投資家が懲役刑(執行猶予付き)を受けたことがありますね。池辺雪子さんは、8億円を超える利益をFXトレードで稼いだ後、脱税額1億400万円で、懲役1年6ヶ月(執行猶予3年)罰金刑3500万円を受けています。

またFXで10億円を稼いだとされる磯貝清明氏は、1億6000万円を脱税し懲役1年6ヶ月(執行猶予3年)罰金3500万円という判決を受けています。共に1億円を超える額を脱税していたため、重い刑である懲役刑(執行猶予付き)が科せられています。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・

顧客の70%が儲かってるFX会社? 古い記事ですが、2012年8月31日の日経新聞(日経電子版)に、ちょっとビックリするような記事が掲載されていました。 記事のタイトルは、顧客の7割がもうかるFX会社、その「意外な真実」…

【続報】シンフォニー事件(伊藤正明容疑者)と闇に消えた60億円

60億円が闇へ…投資家は泣き寝入り 前回お伝えしたFX事件(シンフォニー事件)の続報です。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者であ…

【懲役14年】シンフォニー投資詐欺事件に判決【追徴金14億円】

シンフォニー投資詐欺事件主犯に対し懲役14年の判決 このブログで何度もお伝えしてきた「シンフォニー」事件ですが、ようやく判決が出ました。 懲役14年と非常に重たい判決です。 FX投資詐欺で懲役14年=117億円集金の元経…

投資は「90%の苦痛」と「10%の安堵感」で構成されているって知ってた?

EAはまるでゲーム世界のアイテム EA使ってる人、多いですね。たしかに自動売買システム(EA)は使い始めると面白いし、その奥深さにハマると思います。複数のEA(システム)を稼働させて資金を増やしていく過程は、まるでゲーム…

富豪ファミリープロジェクトが再募集を始めたが、こんな人は参加すると100%後悔する

富豪ファミリープロジェクトが再募集をスタート 一旦は募集を閉めきっていた(4月21日締め切り)富豪ファミリープロジェクトが、昨日から限定再募集をスタートしています。募集締め切りは明日、5月13日(水)とのことです。 全額…

ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる

ドラゴン・ストラテジーFXとSQI 先日の記事に引き続き、ドラゴン・ストラテジーFXについて検証しています。 ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴンストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順 …

W2C-Clipper クリッパー 【検証とレビュー】

ナンピン・マーチンゲール型のEA(自動売買ツール) 私は2010年から2011年にかけてEAを700個くらい作ったことがあります。基本的に私のトレードスタイルはシステムトレード(自動売買ではない)ですが、自身のポートフォ…

デブトレFX【検証とレビュー】その2

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない 前回の記事では、デブトレFXのアウトラインをご紹介しました。ロジックそのものはシンプルであり、表示させるインディケータも非常にスッキリしていて拍子…

10万円を6億円にしたトレーダーGFF氏が金銭トラブル?

GFF氏を覚えていますか? GIFF氏(通称「グフフ」)を覚えていますか?以前、このブログでもご紹介しました。たった3ヶ月で、10万円を6億円にまで増やしたFXトレーダーです。 10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダ…

SocialFXが破綻

SocialFXが破綻 以前このサイトでご紹介したSocialFXという面白い試みですが、2014年9月16日に破綻していたようです。 約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは? 【他人のお金でFX】の成績ww…

Flash Zone FX【検証とレビュー】

Paul Zimon(ポール・ジモン)監修のFlash Zone FX Flash Zone FXというFX商材がランキングを賑わせているようです。販売ページを見ましたが、なかなか興味深い商材です。Paul Zimon(…

100円を目前にしたUSDJPYに気になるEAは息をしているか?

99円台の攻防が続くドル円 ドル円がまた、すごいことになっていますね。 キプロスショック後から、あらためて急上昇しているのがわかります。この急激なドル円の上昇(円安)は、市販されているEAにも少なからず影響を与えたようで…