マジックボックスFX 【検証とレビュー】

マジックボックスFXをチャートに設定してみた

マジックボックスFXをMT4に設定してみました。通貨ペアや時間足は制限がないため、とりあえずUSDJPY(ドル円)の1分足・5分足・15分足・30分足に設定してみました。

マジックボックスFXUSDJPY

左上の1分足チャートを拡大してみます。

マジックボックスFX1分足

シンプルな画面で視認しやすいですね。ちなみに上のチャート図では売りシグナルの条件が揃っていますが、エントリータイミング次第では損切りになっていた可能性があります。

”ラインブレイク”と”ダウ理論”によってトレンドの転換点を捉える

マジックボックスFXのベースにあるロジックは、

  1. ダウ理論
  2. ラインブレイク

この2つです。チャート上に表示される(赤と青の)ボックスは、このロジックに基づいて点灯します。ラインブレイク及びダウ理論で、トレンド転換の”兆し”を捉えます。

ダウ理論に関しては、多くの方がご存知だと思います。いわゆる高値切り上げ(高値が更新され安値が更新されない=上昇トレンド)や安値切り下げ(安値が更新され高値が更新されない=下降トレンド)です。

そしてラインブレイクですが、マジックボックスFXでは3つのラインブレイク(トリプル・トレンドライン・ブレイク)を取り入れています。つまりラインを3度ブレイクするという意味です。

  1. トレンドラインをブレイク
  2. ダウ理論発動後の傾斜角の低いトレンドラインを再ブレイク
  3. 直近高安値をブレイク

この3つのブレイクをトリプル・トレンドライン・ブレイク(3TLB)と呼んでいます。詳しくはくまひげ先生の公式サイトであるプライスアクションJAPANに詳しく記載があります。

※ログイン不要で誰でもアクセスできるのでネタバレではないと考えていますが、もしも問題があれば上記リンクは削除します。

ボックス点灯は第一段階にすぎない

ボックス点灯で”即エントリー”、ではありません。ボックスの点灯はトレンド転換の兆しにすぎません。ボックスが点灯した段階で、もう一つのフィルターであるパワーキャンドルのチェックを行ないます。パワーキャンドルとは、ローソク足の上に表示される色付きバーです。

マジックボックスFXパワーキャンドル

陽線パワーキャンドルは水色で表示され、陰線パワーキャンドルはオレンジ色で表示されます。

ボックスとパワーキャンドルの組み合わせでエントリー判断を行なう

マジックボックスFXでは、先ほどのボックスとパワーキャンドルのパターンで、エントリーの可否を判断します。

例)
条件1:ボックス点灯
条件2:パワーキャンドルの●●をチェック(詳細はマニュアルに記載)
↓↓↓↓
エントリー or 見送り

エントリー可否の判断基準は非常に明確に定められており、迷うことはまずありません。慣れれば数秒もかからずに判断できます。

マジックボックスFXの利益確定と損切り

フィボナッチによる段階的ターゲット設定

マジックボックスFXでは、段階的に利確のポイントを定めています。時間足や相場状況に応じて3段階〜5段階程度のターゲット設定をし、段階的に手仕舞いを行ないます。この段階的ターゲット設定にはフィボナッチリトレースメントを使います。

フィボナッチを使用したターゲット設定はトレード手法として一般的ですが、マジックボックスFXではいわゆるフィボナッチ数列(0%、23.6%、38.2%、50%、61.8%…)を使用しません。単純にボックスの縦幅を基準にしたターゲット設定となります。

損切りラインはボックス上下辺+数pips

一方のストップラインですが、トレンドと逆側のボックス辺(上昇トレンドであればボックス下辺)に数pipsをプラスしたラインとなります。つまりエントリータイミングとボックスサイズによって、ストップ幅はその都度変動することになります。この点は非常に理にかなっています。

チャートに表示させた第一印象は、トレードチャンスが少ない(良い意味で)

マジックボックスFXをチャートに設定させてみた第一印象ですが、トレードチャンスがかなり限られているということです。ボックスは点灯しますが、パワーキャンドルフィルターによって見送りになるケースがあります。このフィルターによって50〜70%位は見送りになるのではないでしょうか。

もちろん、マニュアル内では条件が揃わなくても一定条件クリアで慎重に仕掛ける方法などが紹介されており、トレードスタイルや熟練度に応じてシグナルを裁量判断することが可能です。

トレードチャンスが少ないという点は、私は評価できると考えています。いわゆるポジポジ病を改善することができますし、1つ1つのトレードに対して真剣に向き合うことができるようになります。

シグナルの精度についてはこれから検証予定

マジックボックスFXのシグナル精度につきましては、これから24時間フル稼働させてみて検証していきます。この手のツールは短期間での検証でポテンシャルを測ることは難しいです。ある程度中長期的にデータをチェックしていく必要があると考えられます。

まずは、数日程度のシグナルの出現頻度そしてシグナルの正確性などを、次回のレビュー記事で取り上げたいと考えています。


オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

マジックミラービジネスが「景品表示法」に抵触する理由を挙げていく

誇大広告のデパート 中川鉄平氏が提供するマジックミラービジネスの公式ページをみていると頭がクラクラします。あらゆる表現を使って煽り立てていますね。まさに誇大広告のデパートです。 マジックミラービジネス公式サイト 誰がやっ…

資本家に搾取される無知の民衆

バイナリーオプションのお祭りもそろそろ終わり? GMOクリック証券のバイナリーオプションが登場してから、1年が経過しました。(2011年3月22日スタート) ようやく、バイナリーオプション系の商材も落ち着いてきた感じです…

「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス

「トレードと凡事のお話」を読んでいないなんて、もったいない! 本日は「トレードと凡事のお話」をご紹介します。 「トレードと凡事のお話」とは佐野裕氏のメルマガコンテンツとして提供されている読み物の一つです。佐野裕氏はビクト…

俺の口座、凍結されたよ!

俺の口座、凍結されたよ! 今日は、口座凍結に関するウワサを検証したいと思います。 表題の「俺の口座、凍結されたよ!」というのは、私の知人が電話口で発した第一声です。 彼は、某ブローカー口座で非常に大きな枚数でスキャルをし…

富豪ファミリープロジェクト第3期 【検証とレビュー】

富豪ファミリープロジェクト第3期は、セミナー形式による株式投資塾 読者様からの検証依頼が殺到している商材(塾)のご紹介です。 富豪ファミリープロジェクト 販売元の株式会社カーロットは、過去にFX関連の商材などもリリースし…

パトリオット 【検証とレビュー】

パトリオットは、ちょっと特殊なEA 今回ご紹介するパトリオットですが、このEAはちょっと変わっています。一言で言えばセミオーダーEAということになります。 設定項目が多くユーザーが自分で設定をアレンジできます。変更できる…

ビクトリーメソッドアドバンスの販売会社が変更になった

ビクトリーメソッドアドバンスの販売会社変更が変更になりました 当サイトで高い評価のビクトリーメソッドアドバンス(VMA)ですが、2014年9月1日より販売会社が変更になりました。 変更前:FXVICTORCOM 変更後:…

グランドセオリーFX【検証とレビュー】

グランドセオリーFX販売の背景 グランドセオリーFXは、FX情報商材アフィリエイトサイトを運営されている「らいく」氏が満を持して発売したFX裁量マニュアルです。らいく氏の運営されているサイトはこちらです。 FX情報商材レ…

W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

ヴァージョンアップして販売再開 過去記事でも何度か取り上げたW2C-Clipper(クリッパー)ですが、ヴァージョンアップして販売を再開したようです。 W2C-Clipper(ver1.05.ex4)は、自由度を高め、改…

バイナリースコープ 【検証とレビュー】

Smart Option対応の自動売買ツール 高額な商材をご紹介します。158,000円の自動売買ツールです。バイナリースコープは、Smart Optionの60秒バイナリーに対応したツールですね。Smart Optio…

【速報】アルパリが破綻

スイスフラン(CHF)ご乱心でアルパリが破綻した スイスの中央銀行である国立銀行が相場介入を廃止(対ユーロの上限を撤廃)する発表を受けて、為替相場が大荒れしました。スイスフラン日本円(CHFJPY)は、ご覧のとおりです。…

全力FX大学 【検証とレビュー】

全力FX大学は月額課金のFXオンラインスクール 全力FX大学は、月額課金制のFXオンラインスクールです。 講師はFX全力男さんです。FX全力男さんは、過去に全スキャFXや全スタFXなどを販売されていますね。 全スタFXの…