ボビー・オロゴンのFXトレーダーとしての実力は?

聡明なボビー・オロゴン

タレントのボビー・オロゴンさんが、トレーダー(投資家)というもう一つの顔を持っていることを知っている人は多いと思います。彼のテレビでのオトボケキャラに騙されてはいけません。彼はエリートであり、非常に頭の良いビジネスマンです。

ボビー・オロゴンの経歴

  • 1973年4月8日生まれ
  • ナイジェリア連邦共和国出身
  • ナイジェリアの国立大学経済学部卒業
  • 父親は貿易会社社長
  • 英語、フランス語、日本語、ナイジェリア語(ヨルバ語)の4か国語を話す
  • 日本に来日後、タレント活動の傍ら、株やFXなどの投資を趣味としておこなう

彼の投資歴は8年以上もあり、アベノミクスの上昇相場では、日経平均先物で儲けたお金で別荘を買ったことでマスコミにも取り上げられています。

彼のトレードを軽く取材したテレビ番組(有吉ゼミ)がこちらです。

FXトレードバトルに参戦しているボビー・オロゴン

そんな彼が、ザイFXが主催するトレードバトルに参戦しています。その名も「FX毎日バトル」です。

FX毎日バトル

期間は2014年11月1日から2015年5月31日までの半年間です。参加者はボビー・オロゴンさんの他に、

  • ひろぴーさん
  • 福田萌さん
  • 田畑昇人さん
  • こうちゃんママ★さん

田畑昇人さんといえば、最近『東大院生が考えたスマートフォンFX』という書籍を出版しています。

東大院生が考えたスマートフォンFX

東大院生が考えたスマートフォンFX 定価:1,512円

5人中3人が元本割れ…

合計5人でのバトルとなっています。直近の成績グラフはこちらです。

ご覧のとおり、3ヶ月半経過して元金の30万円を上回っている参加者は5人中たった2人という、惨憺たる結果です。たしかに相場としては難しい状況が続いていますので、なかなか大変な時期でのトレードレースだと思います。

ボビー・オロゴンさんの成績を見ると、1月中旬まで右肩下がりで資金を失っていますが、このところ少しだけ持ち直しているようです。

見た目と裏腹の、”堅実で手堅いトレード”

FXトレードバトルでは今ひとつなボビー・オロゴンさんですが、これはこのレースのルール縛りがあるからだと思います。このFX毎日バトルでは、資金の追加が認められていません。つまりスタート時の30万円を使うことしかできないのです。

しかしボビー・オロゴンさんのこれまでの投資スタイルを調べると、かなり大胆なトレードをおこなっています。勝負に出るタイミングがあれば、思い切って勝負するタイプですね。

また、彼のトレードスタイルはテクニカル一辺倒ではなく、ファンダメンタルズを重要視するスタイルであり、その点においては堅実性を兼ね備えています。日本経済新聞WEB刊に、彼のインタビュー記事が掲載されています。

投資をやるなら世界を見ないとダメです。
日本の人口は1億2000万人だけど、世界は70億人。日本の大企業は、日本で収まろうとしなかったから大企業になったんです。
日本から見る日本と、海外から見る日本は違います。
世界経済をひとつの家族だとすると、「お父さん」はどこだと思います? ダウ(米国)だろ? 「お母さん」は? そう、日経平均株価だ。
お父さんのことを分かっていれば、お母さんのことももっと分かりやすくなる。じゃあお兄さんは? 弟は?
世界のつながりに詳しくなってくるとお母さんの動きが見えるよね。そのときが勝負だ。

引用:日本経済新聞WEB刊

情報はスマートフォン(スマホ)やタブレットで常にチェックしています。
ブルームバーグや日経の電子版も見ますね。世界は24時間動いていますから。
夜中に世界の動きをのぞき見すれば朝の日経平均の動きはだいたい見えます。
予想を外したことはないです。下がると思ったら売っておけばいくら下がっても大丈夫。紙の新聞も一通り目を通します。
日経は難しいってよく言われる? みんな考えすぎです。僕なんか日本語が読めなかったころも日経だけは読めてたよ(笑)。

引用:日本経済新聞WEB刊

投資で大事なのは勝負する時機を見極めることです。
今はみんなバブリーだけど、僕はみんなが盛り上がってるときには様子を見ていたいタイプ。

引用:日本経済新聞WEB刊

いかがですか?テレビでみる”おとぼけキャラ”からは想像できないほどの、投資家としての顔をのぞかせています。日経新聞の取材記事なので日経の太鼓持ちみたいな記事になっていますが、それでもなかなか言っていることは”まとも”です。

もちろんファンダメンタルズだけを見ていてもダメで、結局勝負するタイミングで勝負できるかどうか?という度胸も必要です。

日本経済新聞WEB刊の《私の投資論》というコーナーは、様々なジャンルで活躍している人がインタビューを受けていて、読んでいてとても興味深いです。不定期ですがチェックしてみてください。

※無料登録しないと閲覧できません。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

【賞金総額100万ドル】FXの世界一を決めるトーナメントがXMで絶賛開催中

賞金総額は100万ドル=約1億円 海外FXブローカー「XM」が世界的なトレードバトルを開催しています。その名もXMのFXワールドチャンピオンシップ。賞金総額は100万ドル、日本円にして約1億円です。 予選ラウンド→準決勝…

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールを購入したので中身を詳しく紹介します

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールを購入 岩本式FXアダムセオリーマスタースクールを購入しました。前回のレビュー記事と合わせてご覧ください。 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクール【検証とレビュー】 岩本…

全スタFX 【検証とレビュー】

全スタFXは、カウンタートレード 全スタFXはのシグナル点灯ツールです。逆張りと紹介しているアフィリエイターが多いですが、逆張りではありません。カウンタートレードです。ロジックとしてはFXバックドラフトPROに似ています…

バイナリーオプションの危険性

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは? バイナリーオプションは本当にフェアか? バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) 投資とギャンブルの”境界線” バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノ…

全力男コピートレード週間レポートが残念な件(全コピFX)

全力男氏のトレードが崩壊? お馴染みの全コピFXに関する続報です。全コピFXについては、当サイトでも何度も取り上げてきました。 全コピFX【検証とレビュー】 コピートレードのトラブルと和解事例 全コピFXでロスカットが続…

乖離率を使ったトレード手法

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら… 先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 乖離率を使ったトレード手法は、目新しく映る…

あゆみ式 A Teachert FX Academyを購入した【検証とレビュー】その1

東京理科大(理工学部)卒のエリート女史がFXで5000万円 販売と同時に一気に上位にランクインした「あゆみ式 A Teachert FX Academy」を購入しました。購入すると会員専用サイトへのアクセス権(IDとパス…

FX情報商材業者やアフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!?

関東財務局が海外ブローカーに対する注意喚起をおこなっています 2014年6月19日に、関東財務局がWEB上で、「海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!」という注意喚起をおこないました。 海外に所在する無…

殺人通貨「ポンド」の被害者の一人”堺商人”は1800万円を失う

1日で1800万円を飛ばした「堺商人」 ポンドの瞬間暴落(Flash crash) に関しては連日お伝えしていますが、新たな被害者がネットで話題になっています。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash cra…

がんばれニッポンゴールド 【検証とレビュー】

がんばれニッポンゴールドは金ドル専用EA がんばれニッポンゴールドは、金ドル(XAU/USD)専用のEA(自動売買)です。 前回、Gold Rush Forex – Ultimateを検証した際に、こちらの商材の問い合わ…

秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」の優位性を真剣に考えてみる

秋田式トレーダー育成プログラムの優位性 読者の方から、秋田式Winner’s FXに関するお問い合わせを頂きました。「秋田式のロジックは本当に優位性があるのか?」「秋田式のモニターの成績は本当か?」という問い合わせです。…

ストップ狩りとは?

ストップ狩りの真実 先日の記事(FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】)でストップ狩りについて触れたところ、ストップ狩りとは何か?ストップ狩りは実在するのか?という問い合わせを多数頂きました。 今回はストップ…