バイナリーオプション関連記事まとめ

バイナリーオプション関連記事まとめ

バイナリーオプション関連記事まとめ

最近のアクセスをみてみると、バイナリーオプションの記事へのアクセスが増加している傾向があります。

これまでに多くの記事をアップしてきましたが、このあたりで一度バイナリーオプションの記事をまとめておきたいと思います。記事は投稿日時が古い順から紹介しています。

バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ)

>>バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ)

投資そのものがギャンブル的な要素を含んでいますが、バイナリーオプションはその極限です。期待値がマイナスであり、かつ継続的に50%を超える勝率が求められるゲームです。ギャンブルとしてもプレーヤーにとって非常に分が悪いゲームです。

資本家に搾取される、無知の民衆

>>資本家に搾取される、無知の民衆

FXのブーム低迷を受けて、業界が繰り出した隠し球、それがバイナリーオプションです。GMOクリック証券をはじめ、多くのブローカーがこの「現金製造機」に飛びつき、起死回生をはかりました。

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?

>>バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?

バイナリーオプションの仕組みを語るには、「半長博打(ばくち)」のお話が最適です。人気のハイアンドロー(High&Low)の仕組みと半長博打の仕組みは酷似しています。

胴元が存在し、テラ銭を徴収されることで、期待値がマイナスになる。そして2択に賭けて、外れれば掛け金は没収、当たれば2倍。まさに博打ですね。

博打で長期的に勝ち続けられるプレーヤーが存在しないのと同様に、バイナリーオプションにおいても長期的に勝ち続けることは数学的にも困難です。そのことを理解していない人が多すぎます。

バイナリーオプションの危険性

>>バイナリーオプションの危険性

バイナリーオプションがこれほどブームになるのは、日本人の国民性と深く関連があるのでは?という考察です。世界一の賭博場であるパチンコが存在する日本。そして競馬も大好きな日本人。根っからのギャンブル好きは、国民性なのかもしれません。

バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ

>>バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ

バイナリーオプションはオンラインカジノです。仮想空間で繰り広げられる半長博打ですね。しかも国が認めているので後ろめたさもありません。役人連中がまともな神経をしていれば、こんなギャンブルなど認めないはずです。

やはりここにも利権という名の「闇」がひそんでいるのでしょう。バイナリーオプションで国民がすっからかんにされている裏で、巨額のお金が政界や経済界を動き回っています。

GMOクリック証券が、バイナリーオプションの成績を公表しました

>>GMOクリック証券が、バイナリーオプションの成績を公表しました

バイナリーオプションに対する規制を受けて、大きな改革が行われました(自主規制)。その中で、月次成績を公表していく制度も設けられました。その一環としてGMOクリック証券が先陣を切って取引実績を公表しましたね。

しかしその中身は、見る人を欺くような数字のトリックがありました。毎月平均して約70%前後の口座(プレーヤー)が損失を被っているとのデータですが、これは「常に30%のプレーヤーが勝ち越している」というデータではありません。データを自分たち(ブローカー側)にとって都合の良いように見せています。

やはり年間を通じてどれくらいの口座(プレーヤー)が勝ち越しているのか?このデータを提示すべきです。バイナリーオプションは、一時的には勝ち越せても、継続的に勝ち越すことの難しいゲームです。その点を理解させるためのデータを公表すべきですが、ブローカー側がそんなことをするとは思えません。

結局、ブローカー側は、頭の悪い人々をターゲットにしているので、それでもよいのでしょう。

FXトレーダーは、社会の底辺組なのか?

>>FXトレーダーは、社会の底辺組なのか?

バイナリーオプションの流行に合わせるようにFXブローカーのテレビCMがお茶の間を賑わせた時期がありました。CMに起用されるタレントは、若者に人気のあるアイドルが多かったようです。FXブローカーのCMをみて、消費者金融のCMとオーバーラップしたのは私だけではないと思います。

消費者金融のターゲット(顧客)と、FX・バイナリーオプションのターゲット(顧客)が、同じであることを暗に物語っています。社会的弱者、情報弱者、頭の悪ひ人々をターゲットにした娯楽、それがバイナリーオプションです。

【衝撃】イタリアでバイナリーオプション禁止令

>>【衝撃】イタリアでバイナリーオプション禁止令

カジノ先進国でもあるイタリアで、バイナリーオプションが全面禁止されたニュースです。イタリアでは、カジノが国によって公認されています。

日本でもカジノ法案の成立に向けて着々と外堀を埋めつつあります。日本でカジノが解禁されれば、パチンコ業界に匹敵するほどの巨額マネーが動きそうです。そうなれば一部権力者や利権者にとってバイナリーオプションは目障りな存在に変わってしまうかもしれません。いずれ日本でもバイナリーオプションが禁止される可能性もあるのではないか?と見ています。(もしくはさらに射幸心をそぎ落とし、ギャンブルとしての魅力を低下させるなど)

バイナリーオプションよりもTOTO-BIGをお薦めする理由

>>バイナリーオプションよりもTOTO-BIGをお薦めする理由

バイナリーオプションと宝くじを比較した記事です。どちらも娯楽として楽しめば良いと思います。しかしバイナリーオプションを投資と考えている人が少なからず存在します。

彼らに警鐘を鳴らすつもりで記事を書きました。

投資とギャンブルの”境界線”

>>投資とギャンブルの”境界線”

株式投資もFXもそしてバイナリーオプションも、リスクテイクすることでリターンを得るという意味においては、ギャンブルに含まれると考えています。しかし、同じギャンブルでも、プレーヤーが勝ちやすいゲームとほ、とんど勝ち目のないゲームが存在します。

勝ちやすいゲームとは、様々な要素を含み、運だけでなく経験やスキルを活かすことで「勝ち」を引き寄せることのできるゲームです。株式投資やFXなどが該当します。戦略や戦術を駆使することで他のプレーヤーを出しぬくことのできるゲームです。

一方のバイナリーオプションは、運の部分が大半を占めるため、経験やスキルを活かすことが困難なゲームです。期待値が常にマイナスであるため、50%を超える勝率を維持しつつけることが必然的に求められるゲームです。やってみればわかりますが、長期的に勝ち越すことは非常に困難です。つまり負けやすいゲーム、というよりも「負けて当然」のゲームなのです。

継続すればするほどお金を失うリスクが存在することを十分に理解し、ゲームとして楽しむならば良いと思います。しかしリスクを理解せずに盲目的にお金を投じることは危険です。

ギャンブルとは、プレーヤーがゲームの本質(期待値やリスクなど)を理解しておらず、起こりうるリスク(損失等)を精神的にも経済的にも許容できないゲームであると考えています。

バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

>>バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

自主規制後のバイナリーオプションは、かなり取引が落ち込んでいるようですね。

国内でのカジノ解禁が秒読み段階になった今、バイナリーオプションは衰退していく運命なのかもしれません。

無知で情弱な”社会の底辺の人々”をカモにしたサービス、それがバイナリーオプション

さて、いかがでしょうか?こうしてみるとバイナリーオプションをかなりデスっていますね。

決してバイナリーオプションに恨みがあるわけではありません。ただ私としては日本人の投資リテラシーを少しでも向上したいという願いから、これらの記事を書きました。

大半の日本人投資家は、証券会社やFXブローカーにとって、格好のカモです。日本人の投資リテラシーの低さにかこつけて、自分たちに都合の良い商品(サービス)を作り、あたかも投資家にメリットがあるかのように宣伝し、お金をむしり取ります。

極論ですが、バイナリーオプションは、FXブローカーにとっての現金製造機だと私は思います。もう、ウハウハでしょうね。なぜならサービスを提供するだけで、現金がどんどん集まる(投資からか徴収できる)からです。無知で情弱な連中が、連日、お金を貢いでくれるわけですから、笑いも止まらなかったでしょう。

しかしながら、バイナリーオプション自主規制後は旨みもそうとう消えてしまったようです。海外ブローカーに対する風当たりもキツくなっている昨今、バイナリーオプションそのものも風前の灯なのかもしれません。

しかし、バイナリーオプションが消えても、新たなサービスが生まれるでしょう。無知で情報弱者で社会の底辺にいる人々を狙ったサービスが…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

海外FXフォーラムのススメ

海外フォーラムのご紹介 みなさんも薄々気付いていると思いますが、残念ながら、日本の個人投資家のレベルは非常に低いです。これは日本の教育や、国民性の違いなど、様々な要因があると思います。ですので、一朝一夕に各人のレベルが上 […]

横領事件 伊藤忠商事
会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件 また事件ですね。 伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その元社員の逮捕です。 その額、7億円とも […]

スイスフランショック
【速報】アルパリが破綻

スイスフラン(CHF)ご乱心でアルパリが破綻した スイスの中央銀行である国立銀行が相場介入を廃止(対ユーロの上限を撤廃)する発表を受けて、為替相場が大荒れしました。 スイスフラン日本円(CHFJPY)は、ご覧のとおりです […]

FX取引法人倍率規制のニュース
【金融庁】FX取引で法人もレバレッジ規制へ

法人口座もレバレッジ規制の対象に とうとうきました… ウワサはありましたが、FX取引において法人もレバレッジ(倍率)規制が導入されるようです。昨年(2015年)1月に起きたスイスフランショックによって多くの法人が損失を出 […]

GMOクリック証券に業務改善命令

関東財務局より業務改善命令 10月12日に、GMOクリック証券に対し、関東財務局より業務改善命令が下されました。 金融商品取引法第40条第2号によるものです。金融商品取引業等に係る電子情報処理組織の管理が、十分でないと認 […]

FXトレードコンテスト
優勝賞金1000万円!のFXトレーディングコンテスト(トレコン)が開催

優勝賞金1000万円のトレードコンテスト(トレコン)が開催される 優勝賞金1000万円のFXトレーディングコンテスト(トレコン)が日本で開催されます。 主催は、フロフィットホールディングス株式会社。 2014年9月22日 […]

ライントレード商材を比較
松井証券社長、敗訴のコメントが意味するもの

松井証券、敗訴 松井証券の社長が先日の敗訴に関してコメントしていましたね。 当サイトの記事>>松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、FX約定遅延訴訟の敗訴「控訴しない」 2013/10 […]

GMOクリック証券のデータ
GMOクリック証券が、バイナリーオプションの成績を公表しました

GMOクリック証券の外為オプション実績が公表された FXトレード・ファイナンシャルに続いてGMOクリック証券も、バイナリーオプションの月別実績を公表しましたね。 出典:GMOクリック証券外為オプション取引の月次取引実績 […]

わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝説を作る
わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝説を作る【hawaii023】

30分で1億4300万円を失いファイナンススタジアムで伝説つくった「hawaii023」氏 早朝のFOMC(米連邦公開市場委員会)は、当初の予想通り利上げは見送られ、現状維持(金利据え置き)だった。 その発表の裏で、ファ […]

40代女性トレーダーが月300万円を稼ぐ方法
40代女性トレーダーが月300万円を稼ぐ方法は「損切りしない」ことだった!

過去に計3000万円もの損切りを経験 All Aboutで月300万円を稼ぐ40代の凄腕FXトレーダーが取り上げられていた。しかも女性だ。 彼女がFXを開始したのは2000年。しかし初期の頃に大きな失敗を二度も犯している […]

GMOクリック証券が、とうとう世界一

驚きのニュース ちょっと驚いたニュースがあります。 GMOクリック証券が、2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングにおいて、世界一になったというニュースです。 リテールFX取引高とは、個人投資家を対象 […]

キプロスショック
キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー

キプロスショックのその後 キプロスショックで案の定、窓を開けましたね。 ※EURJPY15分足チャート その後、窓埋めに向かいましたがまだ完全には埋めきっていない状態です。 キプロス支援策の方向転換 前回の記事で、キプロ […]