侍マトリックスのエクイティカーブ(資産増減曲線)から何がわかるか?

侍マトリックスの資産増減曲線について考えてみる

侍マトリックスの検証の続きです。前回の記事はこちら。

前回の記事において、侍マトリックスEAのフォワードデータ(?)から、このEAの特徴などを推測しました。今回はより詳しく精査するとともに、EAの優位性をどのように評価すれば良いのか、そのあたりを取り上げてみたいと思います。もう一度、侍マトリックスのフォワードデータを御覧ください。

侍マトリックス実績

侍マトリックスのフォワードデータ

EAを評価するためのデータとしては、あまりにも情報が少なすぎます。肝心の検証期間(運用期間)が不明であり、通貨ペアすら記載がありません。

エクイティカーブ(資産増減曲線)から何がわかるか?

データ内のグラフは、エクイティカーブと呼ばれます。いわゆる資産増減曲線ですね。簡単にいえば、口座のお金が増えたか?減ったか?を示すグラフです。通常はバックテストで使われる用語です。EAの性能が可視化されたグラフであり、優位性の判断において、最もわかりやすい指標の一つです。

右肩上がりになっていることが大前提であることは言うまでもありません。が、同じくらい重要な要素として、このエクイティカーブがどのような曲線を描いているのか?この点をチェックする必要があります。

EAをエクイティカーブの特徴でザックリと分類してみます(かなりザックリです)。

ナンピン・マーチンゲール型EA

例えばこんなエクイティカーブの場合。

w2c成績

赤いグラフがきれいな右肩上がりを描いています。

これは某EAのエクイティカーブです。このエクイティカーブは、ナンピン・マーチンゲール型EAに見られる特徴的なものです。細かな利確を繰り返しながら、淡々と利益を積み重ねていくタイプのEAです。

含み損を抱えつつも、多段階のナンピンとマーチンゲールによって一気に資産を回復させる力技です。レートが逆方向に行って戻らなければそのまま破綻する可能性があり、運用には細心の注意が必要とされます。

黄色い折れ線グラフが合わせて表示されていますが、これはエクイティグロウス(equitygrowth)、つまり正味の資産です。含み損を含めた資産ですね。このグラフの落ち込みが大きければ大きいほど、含み損がスゴイことになっています。上記グラフの後半(右端)をご覧ください。黄色いグラフがマイナスを計上してるのがわかります。

myfxbook-graf

レートが逆方向に行って戻らないためナンピン・マーチンによる含み損が巨大化し、原資を割っていることを表しています。つまり破綻寸前(事実上の破綻にちかい)であるということです。

口座のお金は増えている(右肩上がり)のですが、それを上回る含み損(黄色いグラフ)が発生していることになります。含み損を決済すれば口座は破綻し、原資を上回る損失が発生します。

非ナンピン・マーチン型EA

THESPIDER成績

このエクイティカーブはTHE SPIDERのものです。現在は運用がストップしています。

ギザギザを描きながらも、右肩上がりのグラフになっています。エクイティグロウス(黄色いグラフ)も、ほぼ同じラインを描いているのが特徴です。ナンピンやマーチンゲールを使わずに利益を出すEAは、このようなグラフを描きます。

EAがその時の相場にマッチしなければ、グラフは平行線を辿ったり、落ち込みを見せることもあります。その代わり、いったんEAのロジックにマッチする相場になれば、勝率も上がり、資産を増やしてくれます。

ただ気になるのはロット数ですね。後半(右側)において緑色の棒グラフが大きく上に伸びていますね。これはロット数を表すデータです。ロット数を意図的に(手動で)増やすことで後半の右肩上がりの資産を作った可能性があります。

損大利小型EA(侍マトリックス)

侍マトリックスのエクイティカーブをご覧ください。階段上になっているのがわかりますね。これは、その場所で大きな損切りが発生しているからです。

侍マトリックス実績

侍マトリックスのフォワードデータ

含み損をナンピンで取り戻しつつ小さな利食いを繰り返して利益を積み重ねていくので、直線的な右肩上がりになります。しかし所々で大きな落ち込みを見せています。これはナンピンでは取り戻せないほどの含み損が発生してしまい、機械的にロスカットしているからです。

結果的に利益は落ち込み、そこからまた再スタートします。ですので階段上になるわけです。つまり損大利小のEAということですね。

損切りをすることは、含み損による破綻を回避し資産を守るうえで重要です。どのレベルで損を確定させるか?このあたりはEA開発者の腕の見せどころです。

エクイティカーブを見るだけでも色々とわかる

ご覧のとおり、エクイティカーブ(資産増減曲線)を見るだけでも、EAの特徴がよくわかりますね。もう少し細かくチェックする(分ける)ことも可能ですが、とりあえずザックリと分けてみました。時間があれば、データから見るEAの優位性などについても記事にしてみたいと思います。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?

12月26日気になる記事が掲載された 12月26日の日経新聞(日本経済新聞)夕刊に、バイナリーオプション自主規制の記事が掲載されていましたね。ざっと読んだところ、前回の発表(12月13日)と大して変わらないように見えます…

”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました

週刊SPA!と、疑惑のトレーダー”三村雄太” 業界が注目していた裁判の判決が出ました 少し古い情報で恐縮ですが、扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏の裁判において判決が出ていたようです。この裁判について、よく知らない方は以…

FXコピートレードの本質は「邪悪」&「搾取」

コピートレードの本質について考えてみる コピートレードの本質について、私の考え(持論)を述べたいと思います。 最近、FXのコピートレードサービスをよく見かけるようになりました。コピートレードですので、ユーザーは基本何もす…

インスタントFXシステム 【検証とレビュー】

インスタントFXシステムは高値安値ブレイクアウト法 少し古い商材(2008年12月登録)ですが、なぜか問い合わせが多いので取り上げてみます。 正式名称は、毎朝たった5分でOK!!超シンプルFX投資術インスタントFXシステ…

Pepperstone(胡椒)・24option・Smartoptionに対する”警告”

”海外”無登録業者に対する警告 関東財務局がPepperstone(ペッパーストーン、通称=胡椒)と24option・Smartoptionに対して、警告書を送りました(http://kantou.mof.go.jp/f…

バイナリーギミック(BINARY GIMMIC)検証とレビュー

バイナリーギミックは、VTTRADER(VTトレーダー)対応のシグナルツール バイナリーギミックは、MT4(メタトレーダー)ではなく、VTTRADER(VTトレーダー)というプラットホームに対応したシグナル点灯型ツールで…

FXで一億円!100時間動画でシステムトレーダー養成講座DVD 【検証とレビュー】

100時間のFX動画 100時間動画でシステムトレーダー養成講座ですが、投資の知識から始まり、エクセルでトレードシステムを組むまでを動画で解説したDVD教材です。内容はざっとこんな感じです。 動画でわかる株式投資 動画投…

『投資苑』のアレキサンダー・エルダーが来日講講演、98,000円のプラチナチケットは既に完売!

世界で500万部『投資苑』著者アレキサンダー・エルダー博士が来日(10月31日) 2015年10月31日(土)、あの名書『投資苑』の著者アレキサンダー・エルダーが来日公演します。 出典:http://www.alexan…

一撃バイナリー 【検証とレビュー】

一撃バイナリーは、クリック証券対応の自動売買ソフト 一撃バイナリーは、バイナリーオプションの自動売買ソフトです。GMOクリック証券のみに対応しており、EURJPY(ユーロ円)専用となります。販売ページには詳細が記載されて…

ニュートンFX【検証とレビュー】

ニュートンFXを購入した 気になるFX商材があったので購入してみました。ニュートンFXです。このツールの最大の売りは、”大衆心理演算ロジック”を搭載しているという点だそうです。なかなか仰々しい言い回しです。 大衆心理を演…

バイナリーオプション革命 【検証とレビュー】

ロジックを募集という試みがうまくいくか? バイナリーオプション革命 バイナリーオプション革命は、一般からトレードアイデアを募集し、その中から稼げそうなアイデアを選別して商材化して販売するというキャンペーンです。 7月5日…

【新たな投資詐欺の温床か?】金融庁、未上場株投資のネット勧誘5月に解禁

クラウドファウンディングによる小口資金調達スキームを構築 日本経済新聞WEB版のニュースです。 未上場株投資のネット勧誘、5月解禁 金融庁 金融庁は5月にインターネットを通じた未上場株の投資勧誘を解禁する。不特定多数から…