会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件

また事件ですね。伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その元社員の逮捕です。その額7億円ともいわれています。

この手の横領事件は、今回に限らず、過去に何度も起きています。過去の事件をチェックしてみましょう。

過去に起きた「横領→FX投資=逮捕」事件

  • 2014年5月
    38歳会社員がFX投資を目的に240万円を横領しFXにつぎ込み逮捕、使途不明金は2億円
  • 2014年5月
    りそな銀行20代行員が顧客から1億5000万円を横領、FXで運用し大半を溶かす
  • 2014年4月
    京都職員が取引先から1100万円を騙し取り、FXにつぎ込み逮捕
  • 2013年6月
    ロボット製造会社社員が1億1000万円を着服、FXに投資し、逮捕
  • 2013年5月
    IBM関連会社の社員が3億円を横領しFX投資、逮捕
  • 2013年1月
    鋼材商社の社員が2億8000万円を横領、投資(FX・株)につぎ込み、逮捕

過去2年間だけでも、大きな事件がいくつかありますね。「FX 横領」で検索しただけで、軽くヒットしました。ニュースにならない横領事件は、もっと存在するでしょう。

JAバンクで9年間に発生した横領は187件

こんな驚くようなデータもあります。

「JAバンク」で知られる全国の農協の信用(金融)事業で、2004~12年度の9年間に、職員による貯金の横領などの不祥事が861件あり、被害額は187億円にのぼることがわかった。JAバンクをとりまとめる農林中央金庫(東京)が明らかにした。

引用:朝日新聞digital 2014年3月3日

JAバンクだけで、職員による861件の横領があり、被害総額が187億円だそうです。9年間で861件ということは、1年間で約95件も横領事件が発生していることになります。JAバンクだけで…。

これは社会全体から見れば、氷山の一角でしょう。少額の横領などを計上すれば、それこそとんでもない件数になりそうです。

お金を扱う役職と認知的不協和理論

なぜ、横領→投資(ギャンブル)事件はなくならないのでしょう?会社のお金を横領する人々は、横領できるポジションにいる人が多いですね。経理担当者であったりとか。帳簿をごまかしてお金を抜き取ることができる立場の人たちです。

最初は、後で返すつもりで、ちょっとだけお金を拝借したのかもしれません。この、「あとで返すつもり」という心理が、自分の行動(横領)を正当化してしまうのでしょうね。

この心理状態は、認知的不協和理論(congnitive dissonance theory)でも解説できます。認知的不協和理論とは、自分の中で生じた矛盾を解決するために新たな行動を起こしてしまうことを心理学的に解説した考え方です。

通常、横領そのものは「泥棒」なので、悪いことだと認識しています。魔が差して横領してしまった人間は、「泥棒をしてしまった」という自分のマイナスの心理を、「後で返せば大丈夫」というアイデアで、正当化しようとします。

特にFXなどの投資につぎ込む場合は、「うまくいけば、横領したお金を増やせる!そうすれば後で返せばいい。」と安易に考えてしまうのでしょうね。なので、罪(泥棒)の意識が希薄なのです。

しかしながら、投資はそんなに簡単ではありません。損失が徐々に膨らみ、その損失を埋めようとして、新たな横領をしてしまう。この繰り返しで、徐々に横領額が大きくなってしまう。そして発覚。額が大きければ告訴&逮捕。

大抵の横領事件の経緯は、こんな感じです。

横領に手を染めてしまうような人が、投資で勝てるわけがない

身も蓋もないのですが、そもそも横領する人が、投資で勝てるはずがありません。横領する人は大抵、意志が弱いので誘惑に打ち勝つことができません。だからお金を触れるポジション(経理担当など)にいると、人のお金だとわかっていても、つい手を出してしまうのです。

そんな意志薄弱な人間が、投資で勝てるわけがありません。投資においては、常に強い意思(マインド)が求められます。自分で決めたルールを守り続ける強靭な意思。プロスペクト理論に打ち勝つための揺ぎない選択眼。これらが備わっていなければ、あっという間に資金を溶かします。

そもそも、投資とはリスクを取って利益を追求する行為です。つまり、リスクを支配下におけるかどうか?自分でコントロールできているか?ということです。

横領(犯罪)というコントロールできない超ハイリスクを背負って、投資に望んでいる時点で、投資不適格者ですね。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

白船誕生FX 【検証とレビュー】

”白船誕生FX” と ”黒船再来FX” 今回は、読者様から提供して頂きました情報をもとに、FX商材を検証していきたいと思います。 その名も「白船誕生FX」です。・・・どこかで聞いたことのある名前ですね。数年前に「黒船再来…

TRY/JPY(トルコリラ円)という「鬼門」を開けたFXプライム

FXプライムもTRY/JPY(トルコリラ円)を開始 GMO傘下のFXプライムがTRY/JPY(トルコリラ円)の取扱を開始したとのニュースが流れました。 株式会社FXプライムbyGMO(代表取締役社長 安田和敏、以下FXプ…

ロケットブレイクFX 第2期【検証とレビュー】

ロケットブレイクFX第2期の募集がスタート ロケットブレイクFXと呼ばれる投資塾が第2期のメンバーを募集しています。 第1期の募集がおこなわれたのはちょうど1年前(2015年12月)です。その時は大々的なプロモーション(…

今週末は注意が必要、中国で何かが起きるかも・・・

約24兆円(1兆5000億元)の償還が焦げ付く? ご存知の方も多いと思いますが、中国の金融機関がヤバそうです。 6月下旬(今週)に、約24兆円を超える中国の高利回り金融商品が、償還の期日を迎えます。ところが、中国の一部の…

現金発生装置「アルケミーシステム」はバイナリーオプション商材

スマホをタップするだけの現金発生装置…アルケミーシステム 意味不明な販売ページに関するご質問を頂きました。そのページとはこちらになります。 アルケミーシステム 時代を逆行するかのような派手な販売ページです。具体的な内容は…

バイナリーオプション ザ・シークレット 【検証とレビュー】

”弁証法”を使った販売ページ バイナリーオプション ザ・シークレットの販売ページですが、非常に上手いですね。これは、弁証法という技術(テクニック)を使っています。恐らく多くの方が販売ページを読むと、思わず、引き込まれてし…

ストップ狩りとは?

ストップ狩りの真実 先日の記事(FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】)でストップ狩りについて触れたところ、ストップ狩りとは何か?ストップ狩りは実在するのか?という問い合わせを多数頂きました。 今回はストップ…

2012年(昨年)のFX業界を振り返る

2012年のFX業界を振り返ってみる 明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。 2013年最初の記事です。本日は今さらですが2012年をざっと振り返ってみたいと思います。何故なら、201…

逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

逆転FX Trend GetterはPips Getterの兄弟分 今回は、逆転FX Trend Getterを取り上げてみたいと思います。以前、 逆転FX「Pips Getter」というFX商材がありましたが、同じ販売…

ポリバレントFX 【検証とレビュー】

ポリバレントFXはシグナル点灯ツール ポリバレントFXは、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツールですね。 ボリバレントではなく、ポリバレントです。ポリバレント(polyvalent)の和訳は、”万能の”という形容詞ですね…

クイックFX 【検証とレビュー】 

ブローカー各社のレートをリアルタイム表示 本日は、ちょっと面白いツールをご紹介します。 クイックFXです。クイックFXは、国内の主要証券会社のレートを一つの画面で同時表示できるツールです。言葉で説明するよりも画面を見てい…

投資に欠かせないファンダメンタルズ情報をどこから収集するか?

ファンダメンタルズを疎かにしていないか? FXでは短期トレーダーが多いので、テクニカル一辺倒の投資家が大半だと思います。せいぜいチェックしても重要な経済指標くらいではないでしょうか?特にFX情報商材を購入する層は、ほぼ1…