会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

   2015/01/14

横領事件 伊藤忠商事

伊藤忠元社員による7億円着服事件

また事件ですね。

伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その元社員の逮捕です。

その額、7億円ともいわれています。

この手の横領事件は、今回に限らず、過去に何度も起きています。

ちょっと過去の事件をチェックしてみましょう。

過去に起きた「横領→FX投資=逮捕」事件

2014年5月
38歳会社員がFX投資を目的に240万円を横領しFXにつぎ込み逮捕、使途不明金は2億円

2014年5月
りそな銀行20代行員が顧客から1億5000万円を横領、FXで運用し大半を溶かす

2014年4月
京都職員が取引先から1100万円を騙し取り、FXにつぎ込み逮捕

2013年6月
ロボット製造会社社員が1億1000万円を着服、FXに投資し、逮捕

2013年5月
IBM関連会社の社員が3億円を横領しFX投資、逮捕

2013年1月
鋼材商社の社員が2億8000万円を横領、投資(FX・株)につぎ込み、逮捕

過去2年間だけでも、大きな事件がいくつかありますね。「FX 横領」で検索しただけで、軽くヒットしました。ニュースにならない横領事件は、もっと存在するでしょう。

JAバンクで9年間に発生した横領は、187件

こんな驚くようなデータもあります。

「JAバンク」で知られる全国の農協の信用(金融)事業で、2004~12年度の9年間に、職員による貯金の横領などの不祥事が861件あり、被害額は187億円にのぼることがわかった。JAバンクをとりまとめる農林中央金庫(東京)が明らかにした。

引用:朝日新聞digital 2014年3月3日

JAバンクだけで、職員による861件の横領があり、被害総額が187億円だそうです。

9年間で861件ということは、1年間で約95件も横領事件が発生していることになります。JAバンクだけで…。

これは社会全体から見れば、氷山の一角でしょう。少額の横領などを計上すれば、それこそとんでもない件数になりそうです。

お金を扱う役職と認知的不協和理論

なぜ、横領→投資(ギャンブル)事件はなくならないのでしょう?

会社のお金を横領する人々は、横領できるポジションにいる人が多いですね。経理担当者であったりとか。帳簿をごまかしてお金を抜き取ることができる立場の人たちです。

最初は、後で返すつもりで、ちょっとだけお金を拝借したのかもしれません。この、「あとで返すつもり」という心理が、自分の行動(横領)を正当化してしまうのでしょうね。

この心理状態は、認知的不協和理論(congnitive dissonance theory)でも解説できます。認知的不協和理論とは、自分の中で生じた矛盾を解決するために新たな行動を起こしてしまうことを心理学的に解説した考え方です。

通常、横領そのものは「泥棒」なので、悪いことだと認識しています。魔が差して横領してしまった人間は、「泥棒をしてしまった」という自分のマイナスの心理を、「後で返せば大丈夫」というアイデアで、正当化しようとします。

特にFXなどの投資につぎ込む場合は、「うまくいけば、横領したお金を増やせる!そうすれば後で返せばいい。」と安易に考えてしまうのでしょうね。

なので、罪(泥棒)の意識が希薄なのです。

しかしながら、投資はそんなに簡単ではありません。損失が徐々に膨らみ、その損失を埋めようとして、新たな横領をしてしまう。この繰り返しで、徐々に横領額が大きくなってしまう。

そして発覚。額が大きければ告訴&逮捕。

大抵の横領事件の経緯は、こんな感じです。

横領に手を染めてしまうような人が、投資で勝てるわけがない

身も蓋もないのですが、そもそも横領する人が、投資で勝てるはずがありません。

横領する人は大抵、意志が弱いので誘惑に打ち勝つことができません。だからお金を触れるポジション(経理担当など)にいると、人のお金だとわかっていても、つい手を出してしまうのです。

そんな意志薄弱な人間が、投資で勝てるわけがありません。

投資においては、常に強い意思(マインド)が求められます。自分で決めたルールを守り続ける強靭な意思。プロスペクト理論に打ち勝つための揺ぎない選択眼。これらが備わっていなければ、あっという間に資金を溶かします。

そもそも、投資とはリスクを取って利益を追求する行為です。

つまり、リスクを支配下におけるかどうか?自分でコントロールできているか?ということです。

横領(犯罪)というコントロールできない超ハイリスクを背負って、投資に望んでいる時点で、投資不適格者ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

99円台
100円を目前にしたUSDJPYに、気になるEAは息をしているか?

99円台の攻防が続くドル円 ドル円がまた、すごいことになっていますね。 キプロスショック後から、あらためて急上昇しているのがわかります。 この急激なドル円の上昇(円安)は、市販されているEAにも少なからず影響を与えたよう […]

セブンインベスターズ行政処分
セブンインベスターズに業務停止命令

セブンインベスターズに業務停止命令 先日、イニシア・スター証券が登録取り消し→破産開始手続きとなった話題をアップしました。 >>イニシア・スター証券が、かなり悪質である件 イニシア・スター証券に限らず、まだま […]

”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました
海外で人気のFXポータルサイトをご紹介

FXポータルサイト 本日はちょっと趣向を変えて、海外で人気の高いFXポータルサイトをご紹介します。 そもそもFXポータルサイトとは、FXに関する情報を総合的に提供するサイトのことです。 ちなみに日本で有名なFXポータルサ […]

外為どっとコムオンラインセミナー
重要経済指標【米雇用統計】に合わせて川合美智子さんがオンラインセミナー開催

混沌とした世界情勢の中でのアメリカ雇用統計発表で、何かが起こる? 本日10月2日は、重要経済指標であるアメリカの雇用統計が21時30分に発表されます。 その30分前(21時)から、外為どっとコムにて川合美智子さんによるオ […]

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か
ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か? 前回の記事でポンドの大暴落を取り上げた。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) Flash crash(瞬間暴落)の原因は定かでは […]

両建てを駆使する66歳のFXトレーダーが5000万円を利確
両建てを駆使する66歳のFXトレーダーが5000万円を利確

FXに再チャレンジした66歳が5000万円もの利益を手にするまで All Aboutに掲載されていたFXトレーダーのインタビュー記事が面白い。 FXで5000万円を利確した66歳長者の負けないトレード Sさんという66歳 […]

池辺雪子のFXの学校
兵庫県で投資詐欺(ポンジ・スキーム)被害総額は108億円

関連記事: ポンジ・スキームってなに? 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Inve […]

016
10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダーGFF氏の手法を解説

わずか3ヶ月で10万円を6億円にした男 GFF氏を知っていますか?今では伝説のように語り継がれるGFF氏。 彼を一躍有名にしたのは、ニコニコ生放送での「トレード生中継」です。 GFF氏は、わずか10万円の元手を、たった3 […]

option99のトラブル
option99を名指しでリスク言及【毎日新聞】

option99に対する相談が急増しているらしい 先日に引き続きバイナリーオプションのニュースです。バイナリーオプション取引の危険性について国民生活センターが警鐘を鳴らしてるという記事を書きました。 >>国民 […]

第3回24グランプリ
第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー

注目の”第3回24グランプリ”がスタート! 2013年5月1日に、 待望のインヴァスト証券24グランプリの第3回大会がスタートしました。   大会期間は、5月1日~7月31日の3ヶ月間です。     […]

003
FX24リアルトレード!24グランプリを知っていますか?

第2回リアルトレードコンテストが開催された 鉄板マスタートレンドを販売しているMR.コージ氏が、米国カレンシー選抜トレーダーであるという話を聞いて、ちょっと思い出したことがあります。(MR.コージ氏と直接関係のある話では […]

touketu
俺の口座、凍結されたよ!

俺の口座、凍結されたよ! 今日は、口座凍結に関するウワサを検証したいと思います。 表題の「俺の口座、凍結されたよ!」というのは、私の知人が電話口で発した第一声です。 彼は、某ブローカー口座で非常に大きな枚数でスキャルをし […]