バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリーオプションの5月の取引高の落ち込みが半端ない

一般財団法人金融先物取引行協会が2014年6月13日に発表した、個人向け店頭バイナリーオプション取引月次データが、非常に興味深いです。以下のデータをご覧ください。

バイナリーオプション取引高推移

出典:http://www.ffaj.or.jp/performance/binary_monthly.html

4月に比べて、5月の取引高・取引代金の落ち込みが半端なく大きいです。

  • 4月…1,175億円
  • 5月… 687億円(▲488億円)

実に488億円もダウン(縮小)しています。約41%もの落ち込みです。4月までは順調に伸ばしていたのに、5月に急激に落ち込んでいるのが見て取れます。

GMOクリック証券の取引ルール変更が原因か?

5月の大幅な落ち込み原因は、よく分かりません。あえて原因を探してみるとすれば、GMOクリック証券が外為オプション取引の取引ルールを一部改定したことでしょうか?ルール改定は5月12日であり、発表があったのは4月28日です。

6月は盛り返すのか?それとも、さらなる落ち込みを見せるのか?状況が気になります。バイナリーオプションそのものが飽きられたのでしょうか?投機性が削られた商品にユーザーが面白さを感じなくなっているのかもしれません。バイナリーオプションがすでに”オワコン”状態ならば、次に生まれるブームは何でしょうか?

日本にも本格カジノが誕生する日が近い

私は、バイナリーオプションはギャンブルであるという持論を繰り返し主張してきました。

それから、日本人のギャンブル好きが国民性だとも述べました。そんなギャンブル好きな日本人にとって、喜ばしいNEWSです。いよいよ日本でカジノが解禁される日が現実味を帯びてきました。

国会でIR推進法案(通称:カジノ法案)の審議が本格的に開始されます。さすがにすぐにこの法案が成立するとは思えませんが、審議スタートで、一気に業界が活気づきそうです。IR推進法のIRとは、Integrated Resortの略で、統合型リゾートのことです。統合型リゾートは、ホテルやショッピングモール、劇場や映画館、それにカジノが一体となったリゾート施設のことです。つまり、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズのような施設です。

マリーナベイサンズ

マリーナベイサンズ

あの、ビルの上にプールがある施設です。で、ここには大きなカジノが併設されています。安部首相も先月、このカジノを視察しています。2020年の東京オリンピックまでには、日本の各地で、マリーナ・ベイ・サンズのような施設がオープンするのではないでしょうか?ギャンブル好きにとっては、たまらないですね!

カジノ解禁によって、潰されるバイナリーオプション業界

カジノ解禁に伴い、様々な利権もからんで、巨額のお金(カジノマネー)が裏で動きそうな予感です。バイナリーオプションの規制も、このカジノ法案(IR推進法案)に合わせておこなわれた、というのは考え過ぎでしょうか。

バイナリーオプション規制が2013年12月、そしてカジノ法案の提出が2014年5月。あまりにもタイミングが良すぎませんか?

ヨーロッパでも、過去に、カジノビジネスを拡大するために、乱立するブックメーカーに規制をかけたことがあります。同じことが日本でもおこなわれているのかもしれません。なにしろ、巨額のカジノマネーが動きますからね。パチンコ業界の比ではないかもしれません。

ちなみにパチンコ業界最大手のマルハンもカジノビジネスに参入する気まんまんです。バイナリーオプションを拡大するよりもカジノを作りまくる方が、どう考えても懐が潤う人が多そうですね。政治家や、警察幹部、土建屋、パチンコ業界、広告代理店…みな、ウハウハでしょう。

一方のバイナリーオプションの人気で得する連中は、証券会社だけ。どちらが得か?誰の目にも明らかです。

カジノ利権に群がる連中にとって、オンライン上の賭博場(バイナリーオプション)は、目の上のたんこぶです。結局、バイナリーオプションは潰される(さらなる縮小をよぎなくされる)運命にあるのかもしれません。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

Rise Binary 【検証とレビュー】

バイナリーオプションの問い合わせが増えている 最近、バイナリーオプションに関するお問い合わせを、多数頂くようになりました。その大半が、 「バイナリーオプション商材でお勧め商材を教え…

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?
バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?

バイナリーオプションは本当にフェアか? バイナリーオプションの危険性 バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) 投資とギャンブルの”境界線” バイナリオプションは金融庁…

SBAサインツール
SBAサインツール【検証とレビュー】

「SBAサインツール」はバイナリーオプション専用シグナルツールだ SBA(シューティング・バイナリー・アカデミー)ツールをレビューします。 名前の通り、バイナリーオプション専用のシ…

バババババイナリー 【検証とレビュー】その1

噂のバババババイナリーについて バババババイナリーという商材が一部で大きなウワサになっているようで、私にも検証依頼が殺到しています。 販売ページを見てみる 販売ページを見ると、GM…

バイナリーオプションの危険性
【衝撃】イタリアでバイナリーオプション禁止令

イタリアでバイナリーオプション禁止! なかなか衝撃的なニュースです。EU加盟国のイタリアがバイナリーオプションの禁止に踏み切ったようです。具体的には、イタリア国内で営業するバイナリ…

バイナリーオプション自主規制案でGMOクリック証券が涙目な件
バイナリーオプション自主規制案でGMOクリック証券が涙目な件

クリック証券の”賭博場(カジノ)”が閉鎖 昨日の衝撃的なニュースから一夜明けました。 バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに! 今朝の日本経済新聞(朝刊)にもバイナリーオプシ…

タートル・トリック バイナリーオプション 【検証とレビュー】

タートル流バイナリーオプション? どこかで聞いたことのある商材名です。その名も… 伝説のトレーダー集団タートル流タートル・トリック バイナリーオプション 商材の中身は、スマートオプ…

キューティーバイナリー 【検証とレビュー】

キューティーバイナリーの「佐藤あき」さん… 証券会社出身の佐藤あきさんの写真が、でかでかと掲載されていますね。証券会社出身だそうですが、できればどこの証券会社名か記載して欲しいです…

バイナリーオプションの危険性
バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ

バイナリーオプションの本質は”コイントスゲーム” あいかわらずバイナリーオプションが人気です。 趣味の一環としてバイナリーオプションを楽しむのでしたら、私は良いと思います。バイナリ…

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?
バイナリーオプション「二択型消滅」は規定路線なのか?それとも・・・

二択型禁止について情報が錯綜している? こんな記事を見つけました。 バイナリーオプションの[二択型]消滅のその後は? 日刊SPA!というネット雑誌系の記事(2013年1月23日)で…

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった 先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプション…

バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!
バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!

バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? HIGH&LOWが禁止に! 本日(2012年12月13日)は重大ニュースがありましたね。バイナリーオプション自主規制の決…