バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリーオプションの5月の取引高の落ち込みが半端ない

一般財団法人金融先物取引行協会が2014年6月13日に発表した、個人向け店頭バイナリーオプション取引月次データが、非常に興味深いです。以下のデータをご覧ください。

バイナリーオプション取引高推移

出典:http://www.ffaj.or.jp/performance/binary_monthly.html

4月に比べて、5月の取引高・取引代金の落ち込みが半端なく大きいです。

  • 4月…1,175億円
  • 5月… 687億円(▲488億円)

実に488億円もダウン(縮小)しています。約41%もの落ち込みです。4月までは順調に伸ばしていたのに、5月に急激に落ち込んでいるのが見て取れます。

GMOクリック証券の取引ルール変更が原因か?

5月の大幅な落ち込み原因は、よく分かりません。あえて原因を探してみるとすれば、GMOクリック証券が外為オプション取引の取引ルールを一部改定したことでしょうか?ルール改定は5月12日であり、発表があったのは4月28日です。

6月は盛り返すのか?それとも、さらなる落ち込みを見せるのか?状況が気になります。バイナリーオプションそのものが飽きられたのでしょうか?投機性が削られた商品にユーザーが面白さを感じなくなっているのかもしれません。バイナリーオプションがすでに”オワコン”状態ならば、次に生まれるブームは何でしょうか?

日本にも本格カジノが誕生する日が近い

私は、バイナリーオプションはギャンブルであるという持論を繰り返し主張してきました。

それから、日本人のギャンブル好きが国民性だとも述べました。そんなギャンブル好きな日本人にとって、喜ばしいNEWSです。いよいよ日本でカジノが解禁される日が現実味を帯びてきました。

国会でIR推進法案(通称:カジノ法案)の審議が本格的に開始されます。さすがにすぐにこの法案が成立するとは思えませんが、審議スタートで、一気に業界が活気づきそうです。IR推進法のIRとは、Integrated Resortの略で、統合型リゾートのことです。統合型リゾートは、ホテルやショッピングモール、劇場や映画館、それにカジノが一体となったリゾート施設のことです。つまり、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズのような施設です。

マリーナベイサンズ

あの、ビルの上にプールがある施設です。で、ここには大きなカジノが併設されています。安部首相も先月、このカジノを視察しています。2020年の東京オリンピックまでには、日本の各地で、マリーナ・ベイ・サンズのような施設がオープンするのではないでしょうか?ギャンブル好きにとっては、たまらないですね!

カジノ解禁によって、潰されるバイナリーオプション業界

カジノ解禁に伴い、様々な利権もからんで、巨額のお金(カジノマネー)が裏で動きそうな予感です。バイナリーオプションの規制も、このカジノ法案(IR推進法案)に合わせておこなわれた、というのは考え過ぎでしょうか。

バイナリーオプション規制が2013年12月、そしてカジノ法案の提出が2014年5月。あまりにもタイミングが良すぎませんか?

ヨーロッパでも、過去に、カジノビジネスを拡大するために、乱立するブックメーカーに規制をかけたことがあります。同じことが日本でもおこなわれているのかもしれません。なにしろ、巨額のカジノマネーが動きますからね。パチンコ業界の比ではないかもしれません。

ちなみにパチンコ業界最大手のマルハンもカジノビジネスに参入する気まんまんです。バイナリーオプションを拡大するよりもカジノを作りまくる方が、どう考えても懐が潤う人が多そうですね。政治家や、警察幹部、土建屋、パチンコ業界、広告代理店…みな、ウハウハでしょう。

一方のバイナリーオプションの人気で得する連中は、証券会社だけ。どちらが得か?誰の目にも明らかです。

カジノ利権に群がる連中にとって、オンライン上の賭博場(バイナリーオプション)は、目の上のたんこぶです。結局、バイナリーオプションは潰される(さらなる縮小をよぎなくされる)運命にあるのかもしれません。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

BINARY Capture 14’ 【検証とレビュー】

海外バイナリーオプション業者を使うBO商材 日本国内のバイナリーオプション規制がスタートしてからというもの、バイナリーオプション商材も息を潜めている印象です。特に、GMOクリック証券に最適化されたBO商材は完全に姿を消し…

プライス乖離FX【検証とレビュー】

FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長がFX商材を販売 FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんがプライス乖離FXという商材を販売されています。 プライス乖離FXの販売ページはこちら ちなみにFXCMジャ…

白鳥式バイナリーオプションプログラム【検証とレビュー】

オプザイルがネットを賑わせている今、バイナリーオプション商材販売をおこなうことの愚 若者投資家集団オプザイル。まだまだ燃えそうな予感がします。 投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウ…

HUAU×IS. jr PRO2 5PAIR 【検証とレビュー】

初心者には不向きのマニアックなEA HUAUさんのEA(自動売買)です。HUAUさんは、これまでにも数多くのEAを作成されていますね。このサイトでも紹介済みのUSDJPY_EURUSD PROもHUAUさんのEAです。 …

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】…

5minutes binary(5ミニッツバイナリー) 【検証とレビュー】

5minutes binary(5ミニッツバイナリー)の成績 5minutes binary(5ミニッツバイナリー) の成績ですが、販売ページには以下のように記載があります。 6ヶ月で805万円の純利益を獲得・・・ 月平…

リミットインベステージが破綻?

リミットインベステージに対し金融庁が警告 先日の記事で、FXファンドリミットインベステージのトラブルにつて取り上げました。 100億円の被害か? FXファンド「リミットインベステージ」 本日は、その続報です。2013年6…

FXスキャル・パーフェクトシグナルが、世界的なドル売り市場でトレンドを捉え”圧勝”

世界的なドル売りでUSDJPYが続落中 先先週後半(8月21日)からドルが続落しています。世界的なドル売り優勢は今週に入っても終わりそうにありません。主な原因は世界同時株安ですね。ニューヨークダウも続落中です。 FXスキ…

ZERO DRIVE FX 【検証とレビュー】

ZERO DRIVE FXはMT4用のインディケータ ZERO DRIVE FXは、MetaTrader用のシグナル(サイン点灯)ツールです。 販売ページを見てみる 限定100名で販売した後は、値上げをするみたいです。販…

e-Learning FX 【検証とレビュー】

e-Learning FXは、FXアカデミーの進化版 e-Learning FXは、FXエントリー&FXアカデミーで有名な小室陽一氏の新しい商材です。 FXエントリー&FXアカデミー【検証とレビュー】 インフォカートでは…

ポンジ・スキームってなに?

ポンジ・スキームとは 投資詐欺に関する記事をいくつかアップした関係か、ポンジ・スキームというキーワードでのアクセスが増えています。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW…

東大卒プロポーカープレイヤーの勝負哲学が興味深い

必読!東大卒ギャンブラーの「勝負哲学」 ネット上で良記事を発見しましたので、みなさんにご紹介したいと思います。FXトレーダー必読の記事です。 東大卒プロポーカープレイヤーの勝負哲学(東洋経済オンライン記事) このサイトで…