ステイブルバイナリー 山本有花 【検証とレビュー】

倍掛けマーチンのBOシグナル配信

ステイブルバイナリーは、バイナリーオプションの商材です。基本的には、以前レビューした「一撃バイナリー」という商材とほとんど同じです。

どちらの商材もGMOクリック証券を使います。ちなみに5ミニッツバイナリーもGMOクリック証券用の商材ですね。そして、倍掛けマーチンの手法も同じです。倍掛けマーチンを行うことで、バイナリーオプションが本来もっているギャンブル性をより高める可能性がありますので注意が必要です。

ステイブルバイナリー購入者の検証結果

この商材を実際に購入した人がいました。その結果を検証してみましょう。

1.ナンピン・マーチンなしでシグナルに従った場合

結果・・・38勝48敗 (10回負け越し 勝率44.1%)

2.ナンピン・マーチンを1回のみ行った場合
結果・・・56勝30敗(26回勝ち越し 勝率65.1%)

3.ナンピン・マーチンを2回行った場合
結果・・・71勝15敗(56回勝ち越し 勝率82.5%)

※全て「ステイブルバイナリー」のシグナル通りのトレード結果だそうです。

さて、この結果を見てどう思われましたか?「ナンピン2回で71勝15敗って、スゴイ勝率! 儲かるじゃん!」なんて思った方は、リスクが見えていません。非常に危険です。

まず、1の結果については明らかですね。10回も負け越しているので話になりません。100円で勝負した場合、マイナス1,000円です。次に2のケースですが、26回も勝ち越してますね。しかし1敗した場合、次は倍掛けとなりますので、2回目の掛け金は倍の200円です。その上で、30敗しているというとは、(100円+200円)×30敗=9,000円、つまり負けの総額は9,000円です。一方勝ちの方は、56勝ですから、100円×56勝=5,600円、勝ちの総額は5,600円です。トータル3,400円の負けです。56勝30敗でも3,400円負けているわけです。意外に思いました?

同様に3のケースを検証しましょう。計算方法は2と同じです。勝ちは71回なので、100円×71勝=7,100円、つまり勝ちの総額は7,100円です。負けは、15回ですが、2回ナンピンをしていますので、(100円+200円+400円)×15敗=10,500円、負けの総額は10,500円となります。勝ち負けトータルで3,400円の負けとなります。71勝15敗でも3,400円の負けです。勝率82%でも負け越しているんです。

ナンピン倍掛けマーチンは、連敗しても、次の勝負で勝てば、トータルでプラスになります。無限にかけ続けることが可能であれば、理論上勝率は100%になります。しかし、無限にかけ続けることは現実的に不可能です。

ステイブルバイナリーでは、最大5回までしかナンピン(倍がけマーチン)を行いません。

仮説の検証

ここからは仮説です。最大5回のナンピンをしたとして、どれほどの勝率であれば勝ち越せるのでしょうか?ちょっと計算してみましょう。

100円勝負の場合、最大5連敗すると負けの総額は、100円+200円+400円+800円+1,600円+3,200円=6,300円になります。勝ち越すためには6,300円を超えなければいけないので、64回の勝ちが必要になります。つまり、64勝1敗で、勝ちが6,400円に対し負けが6,300円。ようやく100円の勝ち越しとなります。このときの勝率はいくらでしょうか?

64÷(64+1)=98.4%

つまり勝率は98%以上必要ということになります。あなたが初めて100円を賭けて、いきなり5連敗すると、あなたはの口座は6,300円のマイナスになります。

(100円+200円+400円+800円+1,600円+3,200円=6,300円)

この負けを取り戻すには、少なくとも64回の勝ちが必要になります。これはあくまで64回連勝できるという前提です。64回の勝ちを得る間に、また連敗してしまえば、さらに勝ちの数が必要になります。仮に運良く64連勝しても次に5連敗すると、トータル100円の負けとなります。これが倍がけマーチンの怖さ(リスク)です。リスクが見えてきましたでしょうか?

もちろん、2択型の賭けですので、勝率は大数の法則で50%に近づきます。ただ、それも机上の仮説にすぎません。勝率50%だとしても、5連敗する可能性はゼロではありません。このあたりが、バイナリーオプションの難しいところだと思います。

数字のカラクリ(トリック)が見える?

それから、これらの仮説にはもう一つ数字のカラクリ(トリック)が隠されています。それがわかった方は、投資のリテラシーが高いと言えます。わからない方は、ちょっと危険ですね。

倍がけマーチンのBO商材を検討される際は、しっかりとリスクも見極めたうえで、購入ましょう。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

海外のシンプルトレードをご紹介

こんなシンプルな手法でも勝てます 海外フォーラムのFOREXFACTORYには、様々なトレードアイデアが投稿されています。このサイトでも、過去にいくつかご紹介してきました。 Spuds Stochastic Thread…

がんばれニッポンゴールド 【検証とレビュー】

がんばれニッポンゴールドは金ドル専用EA がんばれニッポンゴールドは、金ドル(XAU/USD)専用のEA(自動売買)です。 前回、Gold Rush Forex – Ultimateを検証した際に、こちらの商材の問い合わ…

BO Daily Kingdom 【検証とレビュー】

BO Daily Kingdomの実績 BO Daily Kingdomは、その名の通りバイナリーオプションの商材です。2011年11月に販売スタートしてますので、まだ2ヶ月くらいしか経過してません。 いくつかの検証サイ…

Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説します

Flash Zone FXを買ったので中身を公開します 先日に引き続き、Flash Zone FXを検証・レビューしていきます。このFX商材も、ワンストップ型でのサービス提供となっています。つまり会員専用WEBサイトを用…

AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウトに優位性はあるか?

アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトに優位性はあるのか? 前回の記事でAmbushFXと類似する手法として、アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトをご紹介しました。 AmbushFX 検証とレビュー AmbushFXを…

バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ)

バイナリオプションは博打(バクチ)と同じ 最近、バイナリオプションの情報商材が増えてきてます。バイナリオプションは、証券会社が個人投資家からお金を合法的に巻き上げるために作った金融商品(賭博場)である考えています。 ギャ…

第3回24グランプリ
第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー

注目の”第3回24グランプリ”がスタート! 2013年5月1日に待望のインヴァスト証券24グランプリの第3回大会がスタートしました。大会期間は、5月1日~7月31日の3ヶ月間です。 24グランプリの公式ページでは第3回大…

優秀なEAを選ぶシンプルな方法とは?

EAは【成績】が全て 昨日の記事でORION FXを取り上げ、EAの優位性を証明するデータが不十分であることを記載しました。 ORION FX 【検証とレビュー】 EAを提供されるのであれば、最低限でも以下の2つのデータ…

クロスファイアFX 【検証とレビュー】

ロングラン販売中のクロスファイアFX このEAですが、2010年の3月から販売開始して、未だに売れ続けていますね。販売当初は49800円でしたが、今は10000円で販売されています。開発者はMr.Brain氏です。よく名…

株式投資家がFX投資家を見下す行為は、目くそ鼻くそを笑うようなもの

投資とギャンブルの境界線 以前、投資とギャンブルの境界線という記事を書きました。 投資とギャンブルの境界線 その中で、ギャンブルとは、 ”プレーヤーがゲームの本質(期待値やリスクなど)を理解しておらず、起こりうるリスク(…

カナダドル王FX配信 【検証とレビュー】

月額課金制のシグナル配信サービス 月額課金制のシグナル配信サービスです。カナダドル円の1通貨ペアに絞って、月に6~10回程度ポジション情報が配信されます。月額利用料金は、48,000円です。 カナダドル王FX配信の実績サ…

アキュレートバイナリー 【検証とレビュー】

アキュレートバイナリーは、FXトレードファイナンシャル専用の自動売買ツール GMOクリック証券バイナリーオプション対応の自動売買ツールが鳴りを潜めたと思ったら、今度はFXトレードファイナンシャルのHigh&Low専門の自…