”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました

業界が注目していた裁判の判決が出ました

少し古い情報で恐縮ですが、扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏の裁判において判決が出ていたようです。この裁判について、よく知らない方は以下の記事をお読み下さい。

判決は2013年(平成25年)12月6日に出されています。※三村雄太という氏名は、ハンドルネーム(本名ではない)です。

判決文は裁判所のデータベースから閲覧できます

まずは判決文を読んでみましょう。実際の判決文は裁判所のWEBサイトで閲覧が可能です。

右サイドバーのメニューから裁判例情報をクリックし、事件番号「平成24年(ワ)第14492号」を入力して検索します。すると…

平成24年(ワ)第14492号

見つかりました。扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏の裁判の判例です。判決文はPDFにて閲覧できます。

原告(渋谷氏)の請求をいずれも棄却する

肝心の判決ですが、「原告の請求をいずれも棄却する」、つまり渋谷高雄氏(原告)の全面敗訴です。

判決文

この裁判は、原告である渋谷高雄氏の書籍が、被告の書籍(同時期)出版によって売れ行きが落ちた、つまり逸失利益が発生したことに対する損害賠償訴訟です。

競合本を出版することは、全く問題ないのですが、扶桑社(三村氏)の書籍が、

表紙,帯及び本文には,その内容,品質について誤認をさせるような表示をした部分がある

ことから、出版したこと自体が、不正競争防止法・独禁法違反である、という主張です。渋谷氏の書籍は、「月100万円儲ける!『株』チャートパターン投資術」です。

月100万円儲ける!「株」チャートパターン投資術: 渋谷 高雄

そして、三村雄太氏(扶桑社)の書籍は、「平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます!」ですね。

平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます!: 三村 雄太

渋谷高雄氏の主張とは?

原告(渋谷氏)は、三村雄太氏の実績(2年3か月で30万円を3億円にすることができた)が虚偽である、と主張していました。

本件書籍の著者である被告Cには,その表示どおりの実績が存在しないのであるから,本件書籍に「2年3か月で30万円を3億円にすることができた投資手法」や,「実際に2年3か月で平凡な大学生が資金を1000倍にすることができた株式投資手法」など記載されているはずがない。
よって,30万円を3億円にすることが「できた」投資手法そのものが存在しないということになるところ,上記表示が,一般需要者の購入の選択を誤らせるものであることは,本件書籍に本件表示がなければ,19万部もの販売部数を達成し得なかったであろうことからも明らかである。

平成24年(ワ)第14492号判決文より引用

渋谷氏が三村氏の実績を虚偽であると考える理由については、いくつかあります。口座開設時の年齢や、複数の取引における食い違い(矛盾)等を指摘しています。詳しくは判決文をお読み下さい。

3億円達成時の口座残高画像も修正された可能性がある、と主張しています。

3億円を超える残高を表示する口座画像が掲載されているが,上記画像のうち,「前日比」欄の2箇所の金額の数字(180万2700円と2301万2500円)がかけ離れすぎており,いずれかの数字が修正された画像である可能性が高い。

平成24年(ワ)第14492号判決文より引用

まるで、FX情報商材業界のようですね。

三村雄太氏の実績は本物だったのか?

裁判の争点はいくつかありますが、私が一番気になったのは、三村氏の実績が本物かどうか?という点です。おそらく、他の方も、同様なのではないでしょうか?

三村雄太氏は、当初、母親名義の口座で取引をスタートしたようです。20万円を4900万円まで増やした後に、自分名義の口座に資金を移動したそうです。その後、三村氏の資金は3億2000万円まで増えました。

この裏付けとなるデータとして、三村雄太氏とその母親名義口座の特定口座年間取引報告書や、入出金記録、そして資産推移一覧表を提出しています。

これらを裁判所が認めている(本物であると推定されると判断)ことから、三村氏の実績は疑うには不十分だとしています。つまり、実績は本物だと推測される、と判断したわけです。

裁判所の判決の中身

それでは裁判所の判決を具体的に見て行きましょう。(ざっくりとまとめていますので、詳細は判例をお読み下さい)

1.三村氏の書籍について

三村氏の書籍は、単なる「読み物」としての域を出ないとしています。投資指南書ではなく投資エッセイ本ですね。つまり、エッセイ(散文)的なものであり、社会通念的に考えれば全てが事実であると考えるのは早計すぎるということですね。

その全部が著者の経験した事実に基づいてありのままに記載されたものであるとまで認識するものとは解されない

平成24年(ワ)第14492号判決文より引用

投資エッセイ本であるから、本の中に書かれたことの中にはフィクション(架空の話)も含まれている、と読者が考えることは普通であるという判断です。これはちょっと、驚きですね。読者の意識が求められています。

 2.三村氏の実績は?

三村氏の実績は、楽天証券の特定口座年間取引報告書が本物であるとの推定されるとの判断から、2年間で3億円の利益を手にした点を疑うことは難しいとしています。

乙10ないし12(特定口座年間取引報告書)には,いずれも楽天証券の押印があるから,真正に成立したものと推定される

(中略)

株取引により,平成16年及び平成17年の2年間で合計3億円を超える差益金を得たことが認められる

平成24年(ワ)第14492号判決文より引用

つまり、疑うには不十分だということですね。原告側(渋谷氏)に立証責任(証明責任)があるため、裁判官に不法行為の確信を抱かせないといけないわけです。

まとめると

裁判所の判断をまとめると、

  1. 三村氏の書籍は、軽い読み物の域を出ない
  2. 三村氏の実績(3億円)も、疑うには不十分
  3. 不正競争防止法・独禁法違反であるとは認められない

結果として、原告の請求を棄却しています。

判決文

渋谷氏の思惑とはズレた判決

渋谷氏としては、不正競争防止法違反という争点を足掛かりにして、扶桑社と三村雄太氏の疑惑を公(おおやけ)にすることが目的だったのではないでしょうか。ところが判決では、三村氏の実績を疑うほどの証拠がない、とされました。

また、実績を裏付ける証拠を検証するべきだという原告(渋谷氏)の主張も、そもそも単なる読み物(エッセイ)としての域を出ない書籍においては不要である、と一蹴しています。

渋谷氏が、この裁判を通じて一番実現したかったことは、実績を裏付ける証拠の検証だったはずです。この検証が不要だと判断されたことは、渋谷氏にとっては痛恨の極みでしょうね。

しかしながら、現時点で、渋谷氏が控訴したというウワサは聞いていません。実際のところ、控訴しても判決を覆すのは難しそうです(素人の感想ですが)。

この件に関する渋谷高雄氏のコメントは、以下のサイトにあります。

週刊SPA!と疑惑のトレーダー”三村雄太”

 よく読まれている記事

ニュートンFXがインディケータロジックを公開した【検証とレビュー】

ニュートンFXがインジケータの詳細なロジックを公開 ニュートンFXの販売者から以下のようなメールをいただきました。 また、今回遅くなりましたが、 ニュートンFXの「インディケーター…

FXバーザスM10 【検証とレビュー】

FXバーザスM10はインディケータの集合体 FXバーザスM10は、メタトレーダー(MT4)で使用するインディケーターです。販売ページは、非常に凝った作りになっていますね。 販売ペー…

損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた!

損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた… 損切りせずに資産7300万円超の資産を築いていたIcchan3氏ですが、正念場に立たされています。 損切りせずに資産7…

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法 【検証とレビュー】

6年以上売れている超ロングラン商材 マーフィーの最強スパンモデルFX投資法ですが、かなり前から販売されている商材ですね。登録日が2008年7月14日ですので、今年の7月で5年目に入…

億超えスキャルピング【検証とレビュー】
【注意】BOBOXでトラブル続出

BOBOXをプッシュする記事に注意 最近よく見かけませんか?BOBOXの記事。その大半が、BOBOXをお薦めする記事ばかりです。中には「BOBOXの必勝法を教えます」と宣伝して、口…

年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ

投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Investmentとの奇妙な関連性 【深い闇】シンフ…

【逮捕速報】ソーシャルサポートが無登録でFXファンドへの投資勧誘の疑い

ソーシャルサポートの実質的経営者が逮捕 2014年1月29日のNHKニュースからの情報です。東京都中央区にあるFX投資会社「ソーシャルサポート」の実質的経営者が逮捕されました。容疑…

Basic FX 【検証とレビュー】

Basic FXはたんなる”FX学習教材” 読者様からの検証依頼です。Basic FX(ベーシックFX)です。 販売ページを見てみる 本格的FX学習教材… 販売ページより引用 本格…

4DFX
4DFX -錬金スキャルロジック-【検証とレビュー】

「4DFX -錬金スキャルロジック-」とはどんなFX商材か? 4DFXはボラティリティブレイクアウトを捉えるチャートシステム チャート画面にローソク足を表示させずに、インジケーター…

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった 先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプション…

山本有花 FXトレーディングサロン【検証とレビュー】

FXで勝率100%=損切りしない手法という「オチ」 山本有花さんといえば過去にステイブルバイナリーを始めとした様々なFX(BO)商材をリリースしてきた女性トレーダーですね。 今回は…

ゴールデンスパイダーFX 【検証とレビュー】

”天才トレーダー”イサム氏のゴルスパFX ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプション【検証と評価】 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】 のべ3000人の弟子を持つ天才トレー…