デイトレンドFX 【検証とレビュー】

デイトレンドFX 【検証とレビュー】

デイトレンドFX 【検証とレビュー】

C評価商材

ルールが明確な裁量系デイトレ商材

デイトレンドFXは、2008年8月から販売されていて未だに地味に売れている商材です。チャート上に複数のテクニカル指標を表示させ、厳密なルールに従ってエントリー・エグジットを行います。

ルールはガチガチに縛りがあるため、サインに迷うことはないと思いますが、慣れるまではルールの確認がとても面倒に感じるかもしれません。販売者のトレードルールを、購入者の方に100%再現してもらうために、そうとう苦心して商材を作成していると思います。結果的に、ルールが緻密になってしまったのだと感じます。

デイトレンドFXには「エントリールール早見表とエグジットルール早見表」がついているので、慣れるまでは早見表をチェックしながら行うと良いでしょう。早見表はフローチャートで、無駄なくまとめられています。

極めて王道的なロジック

デイトレンドFXの基本的なロジックはトレンドフォローです。1時間足でトレンドを確認し、5分足でエントリーを行います。1分足も確認に使用します。

推奨通貨ペアは、USDJPY(ドル円)、EURUSD(ユーロドル)、EURJPY(ユーロ円)の3通貨ペアです。これは単純にスプレッドの狭さから選択されています。トレードチャンスは1時間に1~2回程度です。

使用するテクニカル指標は、移動平均やボリンジャーバンド、平均足など一般的なものが中心です。当初はVTやCT専用のインディケータしか配布されていませんでしたが、現在はメタトレーダー用のインディケータも配布されています。

使用してみた印象ですが、ルールが厳密ですので「待つFX」というイメージです。チャートに表示されるテクニカル指標をチェックしながら、ルールが適合するまでひたすら待ちます。シグナルが出るタイプではないので、目視によるチェックです。

各時間足毎に複数のインディケータを使用して目視で判断していくため、慣れるまでは時間がかかります。とはいっても1週間デモトレードを行えば十分に覚えられます。

フライングしてしまうとダマシに合いやすいので、しっかりとルール適合を待つ必要があります。ルール通りにエントリーを行えば、比較的勝率は高いです。勝率は7割前後というところでしょうか。

「チャートを開いたらすぐにトレードしたい!」という方には向いていません。じっくりとチャートに向き合うことができて、待つことが苦痛でない方向きですね。

リミットやストップも明確にルール化されていて、迷うことはありません。

厳選されたマニュアルの中身

デイトレンドFXのマニュアルはすべてPDFテキストです。本編は52ページありますが、その他に応用編としてスキャルピングやトレンドラインなどについて説明したPDFも付いています。全体的なボリュームは多くないですが、無駄がなく十分な情報量です。

実践的なサポートサイト

デイトレンドFX特典で用意されている購入者専用サポートサイトがあります。丁寧な作りで、ユーザーからの質問とそれに対する回答がわかりやすくまとめてあります。また、追加(補足)ファイルなども随時アップされています。

メールサポートはかなり迅速に返事が返ってきます。このあたりもユーザーにとっては嬉しい部分です。

結論:地味だが、王道

デイトレンドFXは、すたれることのない王道ロジックを採用した正統派の商材です。ロジックがわからないEAや商材を買うより、こちらの商材を買った方がよっぽど健全です。マスターすればしっかりとしたチャートリーディング能力が身につきます。

ただ、チャートの監視が必須ですので、それが苦痛な方は向いていません。真剣に相場と向き合うことができない人には、苦痛以外のなにものでもありません。

最近は、こういった手間のかかる手法は敬遠されがちです。楽して稼ぐという方向に皆が向いているため、「バイナリーオプション」のようなものが流行ってしまうんでしょうね・・・

でも、これは逆にチャンスと捉えることもできます。多くの人が、面倒なスキル習得を放棄して、EAやシグナル配信、シグナル点灯型の商材に逃げている一方で、あなたは、逃げずにしっかりとした商材で学ぶことで、相当なアドバンテージを手にすることができます。

楽に逃げ込んでいる大勢の人を、カモにできるわけです。FXはゼロサムゲームに非常に近いため、あなたが勝つためには、多くのカモ(勝てない人)が必要になります。ゼロサムゲームとは、その市場に存在する人々の勝ちと負けの総和がゼロになるゲームのことです。つまり、あなたの勝ちは、誰かの負けからもたらされるということになります。

楽に逃げ込まず、一生涯のスキルを手にするために、相場と向き合い、今の苦労を受け入れる覚悟があれば、きっとマーケットはほほえんでくれると思います。

C評価商材

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FXスキャレーダー
FXスキャレーダー【検証とレビュー】

「FXスキャレーダー」を販売するアイプロダクション(渡秀明氏)とは? 販売会社のアイプロダクションはADR(紛争解決委員会)案件の過去を持つ 販売会社のアイプロダクション(=株式会…

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画【第2回目】が公開
FX博士式マスタープログラム【検証とレビュー】

【FX博士】って・・・ FX商材業界がまた過熱しています。良くない方向に。 もうなんでもありですね。とうとう「FX博士」の登場です。FX博士式マスタープログラムを開発したとされる茶…

侍マトリックス(EA)のロジックについて考えてみる

侍マトリックスはEA(自動売買システム) リベルタス合同会社が販売している侍マトリックスがランキング1位(2014年9月9日)ですね。私は購入していませんので販売ページを見て気にな…

マナブ式FX完全マスタープログラム THVの使い方

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHVシステムを使ってみよう 前回の記事で、THVシステムのダウンロード&設定方法を解説しました。 THVシステムのダウンロード&設定方法 マナ…

ニューロFX 【検証とレビュー】

ニューロFXは未来のレートを予測する? ニューロFXは、メタトレーダーに設定して使用する半裁量ツールです。 ニューロFXは、未来のレートを予測してくれるそうです。最短で5分後のレー…

ライスキャFX
ライスキャFX DX完全版【検証とレビュー】

「ライスキャFX」は”IQ190”の天才が開発したライントレード手法だ IQ(知能指数)190の梶真英氏によるライスキャFX(ライントレードスキャルピングFX)DX完全版をレビュー…

TREND RIDE SCALPING NEO 【検証とレビュー】

TREND RIDE SCALPING NEOは意外と真面目な商材 ド派手な販売ページとは裏腹に、商材そのものは真面目です。 TREND RIDE SCALPING NEOは、メタ…

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に

ドル円が92円台まで上昇 円が92円台をうろうろしています。アベノミクスによる円安誘導が明らかに機能していますね。国内株式も円安につられるように株高が進行しています。約2ヶ月半で8…

FXで一億円!100時間動画でシステムトレーダー養成講座DVD 【検証とレビュー】

100時間のFX動画 100時間動画でシステムトレーダー養成講座ですが、投資の知識から始まり、エクセルでトレードシステムを組むまでを動画で解説したDVD教材です。内容はざっとこんな…

セルジオトレーダー 【検証とレビュー】

セルジオトレーダーはコピートレードシステム 読者様から依頼のあった商材を取り上げてみたいと思います。今回は、セルジオトレーダーです。 MT4(Metatrader4)を使用したコピ…

FXバックドラフトPRO 【検証とレビュー】

FXバックドラフトの動画に、まどわされないように このFXバックドラフトPROですが、非常に売れているみたいですね。販売ページの動画を始めて見た方は、きっと驚くと思います。ピンポイ…

Free Tribe(フリートライブ) 【検証とレビュー】

会員50人に1億円以上稼がせたFreeTribe 今回も、読者様からの情報を元に、記事を書いています。ご紹介する商材は、FreeTribe(フリートライブ)です。とりあえず、こちら…