W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

C評価商材

ヴァージョンアップして販売再開

過去記事でも何度か取り上げたW2C-Clipper(クリッパー)ですが、ヴァージョンアップして販売を再開したようです。

W2C-Clipper(ver1.05.ex4)は、自由度を高め、改良を加えた上で、W2C-CLIPPER_ver2.00として、投資助言代理業の登録完了とともに、販売を再開しております。

引用:2014年1月20日株式会社トリロジーからのお知らせメール

投資助言代理業に登録をした㈱トリロジー

W2C-Clipperの販売者は、当初投資助言代理業への未登録業者でした。EA販売には投資助言代理業への登録が望ましいとの当局の見解を受け、登録完了までEA(W2C-Clipper)の販売を中止する決断をされました。そして2013年7月25日に投資助言代理業への登録が完了したようです。

投資助言・代理業登録2013年7月25日

金融商品取引業近畿財務局長(金商)第372号

出典:株式会社トリロジーWEBサイト

過去に残念な結果を残しているがリスクコント−ロールは優れていたW2C-Clipper

ご存じの方も多いと思いますがW2C-Clipper(クリッパー)は、過去に口座全損(※)という残念な結果を残したEAです。

もともとナンピン&マーチンゲールというハイリスクなEAでしたので、口座破綻のリスクは常に抱えつつ、運用をされていた方が多いと思います。

中でもW2C-Clipperはリスクそのものをコントロール下に置いていた優秀なEAです。一方的なトレンド相場には弱いですが、どこまで行けば破綻するのか?が運用者側で完全に把握できるからです。またW2C-Clipperの設定値(建玉)を変更することで、その破綻ラインを運用者自身がコントロールできるというダブルでのリスクヘッジ可能なEAでした。

なぜW2C-Clipperは破綻したのか?

それほど優秀なEAがなぜ破綻したのか?2012年後半から2013年前半にかけての一方的な上昇相場。これが破綻要因です。

W2C-Clipperに代表されるナンピン&マーチンEAは、押し目や戻しをほとんど作らない一方的な相場には滅法弱いのです。

W2C-Clipper公式成績が破綻したのは2013年1月です。週足をご覧いただければおわかりの通り、めったに見られないような超絶トレンドです。

ドル円の週足

ドル円の週足

ナンピン&マーチン型EAは、ひとたまりもありません。リスクを配下に置いたEAですら破綻する。つまり聖杯などない、ということですね。

どこがヴァージョンアップしたのか?

旧W2C-Clipperは、初期ロット数を変更することでリスクコントロールを行っていました。初心者でも運用しやすいように、変更できるパラメーターは初期ロット部分のみでした。

今回のヴァージョンアップでは、変更可能なパラメーターが大幅に増えています。

ナンピン幅とその系数、初期ロットからの増加係数、リミット値、最大ナンピン回数を任意に設定可能

引用:2014年1月20日 株式会社トリロジーからのお知らせメール

新W2C-Clipper変更可能なパラメーターは次のとおり。

  • ナンピン幅
  • ナンピン係数
  • 初期ロットからの増加係数
  • リミット値
  • 最大ナンピン回数

変更できるパラメータが増えたことで設定は面倒になりますが、通貨ペア毎に最適なパラを設定できるなど、運用の自由度が大幅にアップしています。

自由度が高いぶん、初心者というよりは中上級者向けのEAという印象ですね。対応通貨ペアも増えているので、各自でのリスクコントロールが不可欠です。

もちろんしっかりとした販売者さんですので、初心者に対してもわかりやすいアプローチを用意していると思います。

旧W2C-Clipperご購入者へは無償提供

また、過去にクリッパーを購入したユーザーには、新クリッパーを無償で提供してくれるようです。購入者には連絡が届いていると思いますが、まだ確認されていない方は㈱トリロジーに連絡してみてはいかがでしょうか。

C評価商材

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FXスキャレーダー
FXスキャレーダー【検証とレビュー】

「FXスキャレーダー」を販売するアイプロダクション(渡秀明氏)とは? 販売会社のアイプロダクションはADR(紛争解決委員会)案件の過去を持つ 販売会社のアイプロダクション(=株式会…

レパトリEA 【検証とレビュー】

他メディア記事の改ざん行為が目に余る 今回も読者様からの検証依頼です。レパトリEAという自動売買ツールですね。レパトリEAの販売ページですが、気になるところがいくつかあります。久々…

The Secret FX
The Secret FX(ザ・シークレットFX)【購入レビュー】

The Secret FX(ザ・シークレットFX)を購入した クロスリテイリング株式会社の新商材「The Secret FX」を購入しました。FX仙人こと須藤一寿氏によるFX手法を…

優秀なEAを選ぶシンプルな方法とは?

EAは【成績】が全て 昨日の記事でORION FXを取り上げ、EAの優位性を証明するデータが不十分であることを記載しました。 ORION FX 【検証とレビュー】 EAを提供される…

マナブ式FX完全マスタープログラム THVの使い方

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHVシステムを使ってみよう 前回の記事で、THVシステムのダウンロード&設定方法を解説しました。 THVシステムのダウンロード&設定方法 マナ…

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝を買う前に読んでほしい

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝の中身 先日、ざっくりとご紹介した「ぷーさん式トレンドフォロー手法」ですが、今回は商材の中身を具体的にレビューしていきます。 ぷー…

SnakeFX 【検証とレビュー】

SnakeFXの実績は今のところ不明 SnakeFXは6月19日に登録されたEA(自動売買)システムです。EURUSD専用のEAですね。マーケットオープンとクローズ時間をターゲット…

AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウトに優位性はあるか?

アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトに優位性はあるのか? 前回の記事でAmbushFXと類似する手法として、アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトをご紹介しました。 Ambush…

プライス乖離FX
プライス乖離FXの優位性について考察してみる

プライス乖離FXは 178,000円! プライス乖離FXがいよいよ販売スタートしますね。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 プライス乖離FXのロジックはATRだった! 販売期間は…

白船誕生FX 【検証とレビュー】

”白船誕生FX” と ”黒船再来FX” 今回は、読者様から提供して頂きました情報をもとに、FX商材を検証していきたいと思います。 その名も「白船誕生FX」です。・・・どこかで聞いた…

FXコア 【検証とレビュー】

FXコアの成績について 問い合わせの多い商材です。FXコアは口座縛りのあるEA(自動売買システム)ですね。多くのユーザーの方から「FXコアを使って、今のところ勝っていますがどうでし…

FX風林火山 【検証とレビュー】

分速FXの小出万吉さんが総監修したFX商材 とても気になる内容のFX商材です。販売ページの中に以下の一文があります。 今回、正式にその全貌をマニュアル化するにあたり、私のFXの師匠…