W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

ヴァージョンアップして販売再開

過去記事でも何度か取り上げたW2C-Clipper(クリッパー)ですが、ヴァージョンアップして販売を再開したようです。

W2C-Clipper(ver1.05.ex4)は、自由度を高め、改良を加えた上で、W2C-CLIPPER_ver2.00として、投資助言代理業の登録完了とともに、販売を再開しております。

引用:2014年1月20日株式会社トリロジーからのお知らせメール

投資助言代理業に登録をした㈱トリロジー

W2C-Clipperの販売者は、当初投資助言代理業への未登録業者でした。EA販売には投資助言代理業への登録が望ましいとの当局の見解を受け、登録完了までEA(W2C-Clipper)の販売を中止する決断をされました。そして2013年7月25日に投資助言代理業への登録が完了したようです。

投資助言・代理業登録2013年7月25日

金融商品取引業近畿財務局長(金商)第372号

出典:株式会社トリロジーWEBサイト

過去に残念な結果を残しているがリスクコント−ロールは優れていたW2C-Clipper

ご存じの方も多いと思いますがW2C-Clipper(クリッパー)は、過去に口座全損(※)という残念な結果を残したEAです。

もともとナンピン&マーチンゲールというハイリスクなEAでしたので、口座破綻のリスクは常に抱えつつ、運用をされていた方が多いと思います。

中でもW2C-Clipperはリスクそのものをコントロール下に置いていた優秀なEAです。一方的なトレンド相場には弱いですが、どこまで行けば破綻するのか?が運用者側で完全に把握できるからです。またW2C-Clipperの設定値(建玉)を変更することで、その破綻ラインを運用者自身がコントロールできるというダブルでのリスクヘッジ可能なEAでした。

なぜW2C-Clipperは破綻したのか?

それほど優秀なEAがなぜ破綻したのか?2012年後半から2013年前半にかけての一方的な上昇相場。これが破綻要因です。

W2C-Clipperに代表されるナンピン&マーチンEAは、押し目や戻しをほとんど作らない一方的な相場には滅法弱いのです。

W2C-Clipper公式成績が破綻したのは2013年1月です。週足をご覧いただければおわかりの通り、めったに見られないような超絶トレンドです。

ドル円の週足

ナンピン&マーチン型EAは、ひとたまりもありません。リスクを配下に置いたEAですら破綻する。つまり聖杯などない、ということですね。

どこがヴァージョンアップしたのか?

旧W2C-Clipperは、初期ロット数を変更することでリスクコントロールを行っていました。初心者でも運用しやすいように、変更できるパラメーターは初期ロット部分のみでした。

今回のヴァージョンアップでは、変更可能なパラメーターが大幅に増えています。

ナンピン幅とその系数、初期ロットからの増加係数、リミット値、最大ナンピン回数を任意に設定可能

引用:2014年1月20日 株式会社トリロジーからのお知らせメール

新W2C-Clipper変更可能なパラメーターは次のとおり。

  • ナンピン幅
  • ナンピン係数
  • 初期ロットからの増加係数
  • リミット値
  • 最大ナンピン回数

変更できるパラメータが増えたことで設定は面倒になりますが、通貨ペア毎に最適なパラを設定できるなど、運用の自由度が大幅にアップしています。

自由度が高いぶん、初心者というよりは中上級者向けのEAという印象ですね。対応通貨ペアも増えているので、各自でのリスクコントロールが不可欠です。

もちろんしっかりとした販売者さんですので、初心者に対してもわかりやすいアプローチを用意していると思います。

旧W2C-Clipperご購入者へは無償提供

また、過去にクリッパーを購入したユーザーには、新クリッパーを無償で提供してくれるようです。購入者には連絡が届いていると思いますが、まだ確認されていない方は㈱トリロジーに連絡してみてはいかがでしょうか。


オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

「さや取り達人」ツールに優位性はあるのか?

「さや取り達人」の優位性 池田式・サヤ取り投資マスター塾で提供される「さや取り達人」ツールの性能や優位性が気になりますね。 株式さや取りソフト「さや取り達人」公式サイト 発売から6年以上経過していて現在も販売されていると…

【危険】池田式・サヤ取り投資マスター塾を検討するならば「サヤ取り」のリスクを知っておくべき

さや取りは「聖杯」か? 池田式・サヤ取り投資マスター塾を連日レビューしています。 池田式・サヤ取り投資マスター塾【検証とレビュー】 池田式・サヤ取り投資マスター塾で提供されるツール「さや取り達人」とは? 「さや取り達人」…

FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万8000円〜

超高額になったTPS第3期 先日、FX商材「FX裏技攻略塾TPS第3期」のオプトイン広告をご紹介しましたが、その販売価格が判明しました。 銀行振込  49万8000円 カード決済 54万8000円 ≫FX裏技攻略塾TPS…

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件 また事件ですね。伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その元社員の逮捕です。その額7億円ともいわれ…

松井証券に賠償命令〜18秒の遅延は債務不履行〜

ブローカーの遅延により1400万円をロスカット 注目を集める判決が下されました。 FX取引で証券会社に賠償命令 18秒の約定遅延「債務不履行」  2013/10/16 18:54 インターネットを通じた外国為替証拠金(F…

クイックFX 【検証とレビュー】 

ブローカー各社のレートをリアルタイム表示 本日は、ちょっと面白いツールをご紹介します。 クイックFXです。クイックFXは、国内の主要証券会社のレートを一つの画面で同時表示できるツールです。言葉で説明するよりも画面を見てい…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】その2

井手式7daysFXへのご質問と回答 読者様から井手式7daysFXに関するご質問を頂いたので、シェアしたいと思います。 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その1 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その3 井…

USDJPY_EURUSD PRO 【検証とレビュー】

HUAU氏のEAの中でも、抜群の安定感 このEAの作者はHUAUという方で、相当な数のEAを販売されています。プロフィールには、 4年半の間、EAの開発だけに時間を費やし、1000種類近いEAを制作して参りました。 私が…

全力FX大学 【検証とレビュー】

全力FX大学は月額課金のFXオンラインスクール 全力FX大学は、月額課金制のFXオンラインスクールです。 講師はFX全力男さんです。FX全力男さんは、過去に全スキャFXや全スタFXなどを販売されていますね。 全スタFXの…

今年もやってきた!『リアルトレード頂上決戦グランプリ』

賞金総額1000万円を奪い取れ インヴァスト証券が主催する『リアルトレード頂上決戦グランプリ』の季節がやってきました。 今年も開催されます。リアルトレードグランプリの概要は以下の通りです。 開催期間:2017年6月12日…

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝を見終わった

ようやく「輝」本編を見終わった 前回の記事に引き続き、今回も「ぷーさん式トレンドフォロー手法」のレビューです。 ぷーさん式手法トレードマニュアル輝(全体編) ぷーさん式手法トレードマニュアル輝(基礎動画編) 優位性を目で…