W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

ヴァージョンアップして販売再開

過去記事でも何度か取り上げたW2C-Clipper(クリッパー)ですが、ヴァージョンアップして販売を再開したようです。

W2C-Clipper(ver1.05.ex4)は、自由度を高め、改良を加えた上で、W2C-CLIPPER_ver2.00として、投資助言代理業の登録完了とともに、販売を再開しております。

引用:2014年1月20日株式会社トリロジーからのお知らせメール

投資助言代理業に登録をした㈱トリロジー

W2C-Clipperの販売者は、当初投資助言代理業への未登録業者でした。EA販売には投資助言代理業への登録が望ましいとの当局の見解を受け、登録完了までEA(W2C-Clipper)の販売を中止する決断をされました。そして2013年7月25日に投資助言代理業への登録が完了したようです。

投資助言・代理業登録2013年7月25日

金融商品取引業近畿財務局長(金商)第372号

出典:株式会社トリロジーWEBサイト

過去に残念な結果を残しているがリスクコント−ロールは優れていたW2C-Clipper

ご存じの方も多いと思いますがW2C-Clipper(クリッパー)は、過去に口座全損(※)という残念な結果を残したEAです。

もともとナンピン&マーチンゲールというハイリスクなEAでしたので、口座破綻のリスクは常に抱えつつ、運用をされていた方が多いと思います。

中でもW2C-Clipperはリスクそのものをコントロール下に置いていた優秀なEAです。一方的なトレンド相場には弱いですが、どこまで行けば破綻するのか?が運用者側で完全に把握できるからです。またW2C-Clipperの設定値(建玉)を変更することで、その破綻ラインを運用者自身がコントロールできるというダブルでのリスクヘッジ可能なEAでした。

なぜW2C-Clipperは破綻したのか?

それほど優秀なEAがなぜ破綻したのか?2012年後半から2013年前半にかけての一方的な上昇相場。これが破綻要因です。

W2C-Clipperに代表されるナンピン&マーチンEAは、押し目や戻しをほとんど作らない一方的な相場には滅法弱いのです。

W2C-Clipper公式成績が破綻したのは2013年1月です。週足をご覧いただければおわかりの通り、めったに見られないような超絶トレンドです。

ドル円の週足

ナンピン&マーチン型EAは、ひとたまりもありません。リスクを配下に置いたEAですら破綻する。つまり聖杯などない、ということですね。

どこがヴァージョンアップしたのか?

旧W2C-Clipperは、初期ロット数を変更することでリスクコントロールを行っていました。初心者でも運用しやすいように、変更できるパラメーターは初期ロット部分のみでした。

今回のヴァージョンアップでは、変更可能なパラメーターが大幅に増えています。

ナンピン幅とその系数、初期ロットからの増加係数、リミット値、最大ナンピン回数を任意に設定可能

引用:2014年1月20日 株式会社トリロジーからのお知らせメール

新W2C-Clipper変更可能なパラメーターは次のとおり。

  • ナンピン幅
  • ナンピン係数
  • 初期ロットからの増加係数
  • リミット値
  • 最大ナンピン回数

変更できるパラメータが増えたことで設定は面倒になりますが、通貨ペア毎に最適なパラを設定できるなど、運用の自由度が大幅にアップしています。

自由度が高いぶん、初心者というよりは中上級者向けのEAという印象ですね。対応通貨ペアも増えているので、各自でのリスクコントロールが不可欠です。

もちろんしっかりとした販売者さんですので、初心者に対してもわかりやすいアプローチを用意していると思います。

旧W2C-Clipperご購入者へは無償提供

また、過去にクリッパーを購入したユーザーには、新クリッパーを無償で提供してくれるようです。購入者には連絡が届いていると思いますが、まだ確認されていない方は㈱トリロジーに連絡してみてはいかがでしょうか。


オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか?

あなたは真似できますか?損切りしない戦略 先日の記事でFX資産総額7300万円!のIcchan3氏をご紹介しました。彼の戦略で特徴的なのは以下の2点です。 損切りしない 低レバレッジ レバレッジを1〜2倍程度に押さえるこ…

FXスキャルマスター 【検証とレビュー】

王道ロジックを採用した順張りスキャル 2009年の10月から販売されていて、今でも売れ続けているヒット商材です。オリジナルインディケータとPDFマニュアル(全113ページ)で構成されています。 FXスキャルマスターのロジ…

ロケットブレイクFX 第2期【検証とレビュー】

ロケットブレイクFX第2期の募集がスタート ロケットブレイクFXと呼ばれる投資塾が第2期のメンバーを募集しています。 第1期の募集がおこなわれたのはちょうど1年前(2015年12月)です。その時は大々的なプロモーション(…

FX INNOVATION CLUBと”ウォルフ波動”

日本にも「ウォルフ波動」トレーダーがいた! 先日とりあげたFX INNOVATION CLUBですが、この商材で学べる手法は、ウォルフ波動にダイバージェンスを組み合わせたロジックであると推測しました。 FX INNOVA…

ヒロセ通商がバイナリーオプションへの対応を発表

業界「第9位」のヒロセ通商の開示データ 預かり残高業界第9位(2012年8月データ)のヒロセ通商が、バイナリーオプションへの対応をWEB上で発表しました。 【ヒロセ通商】バイナリーオプション取引 規制骨子と当社における対…

損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは?

FXでの資産総額7300万円! 2ちゃんねるで話題のIcchan3氏をご存知ですか?彼の現在(2015年12月16日)の資産総額は73,364,684円です。下の画像はファイナンススタジアムのものです。 出典:ヤフーファ…

FXハイブリッド 【検証とレビュー】

FXハイブリッドは”コピートレード(EA)” 実績のあるコピートレードをご紹介します。株レモン投資顧問が販売するFXハイブリッドです。 EURUSD専用のEA(コピートレード)ですね。指定口座はFXDDで初期資金は50万…

スイングマスターFX 【検証とレビュー】

スイングマスターFXの実績 スイングマスターFXは、読者様より検証依頼を頂いた商材です。 残念ながらスイングマスターFXの販売ページには、東正太郎氏の実績を裏付ける証拠は掲載されていません。2010年から2012年にかけ…

ジャンル別オススメFX商材のご案内

毎日、多くの方からご質問を頂きますので、ジャンル別におすすめ商材をご案内させていただきます。 手法やロジックなどによってジャンルを分けて、おすすめできるFX商材をランキングしました。 裁量トレード FX商材ランキング 裁…

FX投資塾タートルズから学ぶべきこととは?

”FX投資塾タートルズ”の流れを振り返る 先日の記事で、2010年頃にネットを賑わしたFX投資塾タートルズについて触れました。意外と反響があったので、もう少し掘り下げておきたいと思います。 というのは、最近になって、同じ…

600万円の含み損を抱えつつ「hawaii023劇場」はまだまだ終わらない模様

1億4000万円を失ってもなお果敢に攻めるhawaii023 前回の記事で、わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝説を作るったhawaii023氏を取り上げました。 わずか30分間で1億4300…

金の延べ棒
「金」が過去30年で最大の下げ幅を記録

30年来のゴールドの暴落 ゴールドの下落が止まりません。まさに、ナイアガラ状態です。 出典:http://chartpark.com/gold.html 直近1週間のチャートを見てみましょう。 出典:http://cha…