TURBO FX 【検証とレビュー】

TURBO FX 【検証とレビュー】

TURBO FX 【検証とレビュー】

TURBO FXは、+15pipsスキャルの進化版

TURBO FX~3ステップ・トレードシステム~という商材が発売されました。

販売元は、酒井謙光さんという個人の方ですね。システムを開発されたのは石塚勝博さんという方です。どうやら、以前+15pipsスキャルという商材を販売されていた方のようです。

こちらの+15pipsスキャルは、2013年11月23日に販売が終了しています。そして、新たなシグナルツールとしてTURBO FXが新発売されました。TURBO FXも前回同様、シグナル点灯ツールです。

turbo-fx

画像引用:TURBOFX販売ページ

ちなみに、以下のチャート図は、+15pipsスキャルのものです。

15pipsFX

15pipsFXチャート画面

どちらも、エントリーシグナルと決済シグナルが表示されるタイプです。おそらく、今回のTURBO FXは、前回の商材(+15pipsスキャル)の正常進化版と言えそうです。

前回の商材と異なる点は?

さて、どこが進化したのでしょうか?どちらも、スキャルピング商材ですが、前回の+15pipsスキャルでは1分足を使用したのに対し、今回のTURBO FXでは、1分足に加え5分足にも対応をしています。より、トレードの幅が広がるわけですね。

シグナルのみ無裁量で約4800ドルを獲得した?

販売ページには、以下のように表示があります。

たったの3ヶ月、しかも1通貨のみのトレードで、約4800ドル(日本円で約490,000円)を獲得しました。

しかもシグナルのみの無裁量トレードでの成績です。

引用:TURBO FX販売ページ

すばらしい成績ですね。エントリーポイントも、リミットポイント(シグナルと、指値)も、ストップ(逆指値)も、すべて明確です。ただ、シグナルのみの無裁量トレードで利益を出せるならば、そのままEA化(自動売買化)したものを提供して欲しいですね。

マニュアル内では、シグナルのフィルタリングを行うための、裁量ノウハウも紹介されているようです。販売ページ内の実践者の声では、PIVOTラインなどを参考にしてシグナルの取捨選択をするような記載もあります。

それでも、EAを提供してもらうことでロジックの弱点(苦手な相場)と優位点(得意な相場)を、論理的にデータ化して検証することが可能になります。 是非、購入者にはEAを無償提供していただきたいです。

TURBO FXのロジックは公開

販売ページ内には、

しかもロジック公開!

シグナルが出るタイプの商材ではロジック非公開のことが多く、 負けが続くと信頼できず続かないのですが、「+15pipsスキャルFX」では納得してトレードできるため、今も続けることができています。

引用:TURBO FX販売ページ

なんと、ロジックが公開されているとの記載があります。シグナル点灯ツール(インディケーター)商材で、ロジックが公開されているのは驚きです。ロジック公開の商材こそ、購入者にとって本当に役立つ商材だと私は考えています。(もちろん、優位性のあるロジックであることが大前提です)

販売者の姿勢は、非常に評価できますね。

ロジック解説ページも提供

TURBO FXのおおまかなロジックは、別ページにて詳しく解説されています。

解説ページを読めば、ある程度のロジックがわかります。基本的には短期ブレイクのトレンドフォローですね。

エントリートリガーは、サポレジのブレイクではないかと思います。直近の高値や安値をブレイクで、トリガーが発動されている感じです。当サイトのオリジナル特典である、SQ-BOXとロジックは似ていますね。もしかすると相性が良いかもしれません。

リミットとストップの具体的なロジックですが、おそらくフィボナッチ・リトレースメントを使っているのではないかと推測しています。

直近のレンジ幅に対するフィボナッチラインを引き、利食い(TP)は、161.8、損切り(ST)は38.2辺りなど(適当です)。もちろん指値・逆指値も用意されていますので、複数のポイントに対し先に達したほうが優先される仕組みですね。

そのほか、トレンド方向を別のテクニカル(長期の時間足における平均足など)でシグナルをフィルタリングして精度をアップさせる工夫などがなされています。

優位性を確認するには、EAによる長期的なバックテストが不可欠

この手のシグナルツールは、実際に使ってみないとわかりません。本当に優位性があるかどうかは、EAによる長期的なバックテストが不可欠です。3ヶ月程度のバックテストだけでなく、1年〜3年程度のバックテストの結果も見てみたいですね。

その上で、負けている相場と、勝てている相場を分析し、TURBO FXの得意な場面(相場)を見極める必要があると思います。また、トレンドフォロータイプのロジックですので、レンジ相場のダマシをいかに回避するか、という点も重要になります。

購入者専用に、是非EAを無償提供して欲しいですね。


オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 よく読まれている記事

The Secret FX
The Secret FX(ザ・シークレットFX)サインツールをおすすめしない理由

ザ・シークレットFX(The Secret FX)に付属するインディケータははたして使えるものなのか? ザ・シークレットFX(The Secret FX)のサインツール The S…

FX投資ソフト販売で337億円【オール・イン 逮捕】
Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か?

Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か? 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 損切りしないIcc…

FXB-Manual 【検証とレビュー】
30歳で年収1000万円超の企業一覧【隣の家の芝は青かった】

30歳で年収1000万円に達する企業とは? 転職情報サイトVorkersが30歳で年収1000万円を狙える企業を発表しました。30歳で1000万円というのは、エリート中のエリートと…

GMOクリック証券と自動売買ツールの今後
リミットインベステージが破綻?

リミットインベステージに対し金融庁が警告 先日の記事で、FXファンドリミットインベステージのトラブルにつて取り上げました。 100億円の被害か? FXファンド「リミットインベステー…

ワンミニFXを別角度から検証してみる

ワンミニFXは ”乖離トレード”か? 先日ご紹介した乖離トレードに対する問い合わせを多数いただいています。 One Minute’s FX TAMURA式 1分足トレード法 【検証…

玄人工房株式会社のEAは自動売買の聖杯なのか?
「20歳の誕生日おめでとう!良い投資話があるけど興味ない?」

LINEで「儲け話あるけど、どう?」 20歳になった若者を狙い撃ちする投資詐欺が増えています。詐欺に使われるのは誰もが利用している無料通信アプリ「LINE(ライン)」。 誕生日LI…

ゴールデンアルティメットトレード【検証とレビュー】

ロスカット不要論、再燃 FXにおけるロスカット不要論を唱える商材がまた出てきました。ゴールデンアルティメットトレードです。 ゴールデンアルティメットトレード公式サイト 損切りをしな…

ZERO DRIVE FX 【検証とレビュー】

ZERO DRIVE FXはMT4用のインディケータ ZERO DRIVE FXは、MetaTrader用のシグナル(サイン点灯)ツールです。 販売ページを見てみる 限定100名で…

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?
実在しないFX自動売買ソフトで詐欺容疑

実在しない自動売買ソフトで集客か? オール・イン幹部逮捕の続報です。 FX投資ソフト販売で337億円【オール・イン 逮捕】 オール・インが337億円を集めた方法ですが、どうやら実在…

FXコア 【検証とレビュー】

FXコアの成績について 問い合わせの多い商材です。FXコアは口座縛りのあるEA(自動売買システム)ですね。多くのユーザーの方から「FXコアを使って、今のところ勝っていますがどうでし…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”
与沢翼さんの会社が税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ

与沢翼さんの会社”フリーエージェントスタイル”が資金ショートに陥る もうみなさんご存知だと思いますが、情報商材界の超大物与沢翼さんの会社フリーエージェントスタイルが資金ショートを起…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 …