投資助言代理業者との紛争(トラブル)

投資助言代理業者との紛争(トラブル)

投資助言代理業者との紛争(トラブル)

国民生活センターとADR制度

国民生活センターには、多くのトラブル相談が寄せられています。FXに関する相談も増えているようです。

当サイトでも過去に国民生活センター関連の記事をアップしています。

そしてトラブル解決には、国民生活センターのADR制度が使えることをお伝えしました。

ADRとは裁判外紛争解決手続きのことです。国民生活センターが消費者と事業者の間に立って紛争の解決を図ってくれます。ADRの利用は完全無料です。

FXトラブルに巻き込まれた消費者は、その多くが泣き寝入りをしていると思われます。しかし、このADRを活用すれば、多少なりとも解決の糸口をつかめる可能性が高まります。

国民生活センターADRに相談された案件

今回はそのADRに寄せられたFXトラブルをご紹介します。トラブル先は、情報商材販売者であり投資助言代理業者です。結論から先に申し上げると、ADRによる仲裁が上手く機能しませんでした。相談事案の概要は以下のとおりです。

相談者は、株式会社フロンティア(投資助言代理業者)と投資顧問契約を結び、会費105万円を払いました。そしてFXの運用資金62万円をFX会社の口座に入金をしました。

相談者は、システムを利用したトレードにより、10日後に全ての資金を失いました。相談者は、株式会社フロンティアに会費と運用資金の返還を求めました。

返還請求に対し、株式会社フロンティアは、「新しい自動売買システムを提供するので、その FX の利益で返還する努力をする」と回答しました。

相談者は、再度2万5000 円で運用を開始しましたが、その資金も失ってしまいました。

相談者は国民生活センターのADR制度を利用し、株式会社フロンティアから投資顧問費用105万円と、運用資金、システム利用料の合計167万円の返還を請求しました。

株式会社フロンティアとは?

上記概要に出てくる株式会社フロンティアですが、当サイトでも商材レビュー(FXトレンドレーダー 【検証とレビュー】)をしていますね。

そして、投資助言代理業者(関東財務局長(金商)第 2450 号)でもあります。渡秀明さんという方が運営責任者のようです。

最近ではコピートレードも販売しています。このコピートレードは、6ヶ月コースで120,000円です。

事業者の対応

さて、相談者からの依頼を受けて、国民生活センターは、株式会社フロンティアに接触を試みます。最初は、配達証明郵便の発送です。

これに対し、ADRを通じて解決を図る意志があるとの意思表示(口頭)がありました。 ADRの仲介委員が書面での回答を求めたところ、株式会社フロンティアからの回答はありませんでした。

仲介委員は、再度出席を求める出席要求書を送付しました。しかし期日までに、株式会社フロンティアからの回答はありませんでした。つまり、株式会社フロンティアはADRの手続きには応じなかったわけです。

こうなってしまうと、ADRとしてはどうしようもありません。ADRに強制力はないからです。

事業者側が応じなければ、真偽は闇の中

結局、相手方が話し合いのテーブルに着かなかったため、トラブルの真偽は不明のままです。消費者(相談者)側の言い分が正しいのか?それとも間違っているのか?このことすら明らかになっていません。

もしかしたら、消費者側の勘違い(もしくは事実と異なる)であった可能性も否定できません。しかしながら、事業者側が応じなければこの辺りの事実は見えてきません。

ADR(裁判外紛争解決手続)の限界

この一連のやりとりを見ると、ADRにも限界があることがわかりますね。ADRはあくまで和解の仲裁、仲介が業務ですので、裁判のような強制力はありません。先方が話し合いに応じなければ、どうすることもできません。つまり、先方の考え方(方針)次第ということになります。

では、まったくADRは使えないのか?とは思えません。一連のやり取り(事案)はADRに記録として残されます。記録された情報は、データ(資料)として一般公開されていて、ネットから自由に閲覧可能です。つまり、「○○○(事業者名) ADR」と検索すれば、Googleの検索結果に表示されます。

我々消費者は、こうした情報をチェックすることで、事業者側の姿勢(態度)などを確認することができます。事業者が提供する商品やサービスの購入判断に活かせるのではないでしょうか。

最近ネットを賑わせている株式会社バベルとグレートジャイアンバイナリーに関するトラブルも、ADRを利用してみてはいかがでしょうか?

管轄の財務局に相談する

また相手方が投資助言代理業者であれば、管轄の財務局に相談するという手段もあります。その事業者の管轄財務局に連絡をし、トラブル内容を伝えて相談することは有効です。

参考までに、各財務局の連絡先を記載しておきます。

各地の財務局の連絡先

財 務 局 (担当課) 所在地 電話番号
関東財務局
(証券監督第二課)
〒330-9716
さいたま市中央区新都心1-1 さいたま新都心合同庁舎1号館
048
(600)1156
近畿財務局
(証券監督課)
〒540-8550
大阪市中央区大手前4-1-76 大阪合同庁舎第4号館
06
(6949)6367
北海道財務局
(金融監督第三課)
〒060-8579
札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎
011
(709)2311
東北財務局
(金融監督第三課)
〒980-8436
仙台市青葉区本町3-3-1 仙台合同庁舎
022
(263)1111
東海財務局
(金融監督第三課)
〒460-8521
名古屋市中区三の丸3-3-1
052
(951)2498
北陸財務局
(金融監督第一課)
〒921-8508
金沢市新神田4-3-10 金沢新神田合同庁舎
076
(292)7855
中国財務局
(金融監督第三課)
〒730-8520
広島市中区上八丁堀6-30 広島合同庁舎第4号館
082
(221)9221
四国財務局
(金融監督第一課)
〒760-0008
高松市中野町26-1
087
(831)2131
九州財務局
(金融監督第三課)
〒860-8585
熊本市西区春日2-10-1 熊本地方合同庁舎
096
(353)6351
福岡財務支局
(金融監督第三課)
〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎
092
(411)7281
内閣府 沖縄総合事務局
(金融監督課)
〒900-8530
那覇市前島2-21-7 カサセン沖縄ビル
098
(866)0031

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝説を作る【hawaii023】
わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝説を作る【hawaii023】

30分で1億4300万円を失いファイナンススタジアムで伝説つくった「hawaii023」氏 早朝のFOMC(米連邦公開市場委員会)は当初の予想通り利上げは見送られ、現状維持(金利据…

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・
投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・

顧客の70%が儲かってるFX会社? 古い記事ですが、2012年8月31日の日経新聞(日経電子版)に、ちょっとビックリするような記事が掲載されていました。 記事のタイトルは、顧客の7…

第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー
FX24リアルトレード!24グランプリを知っていますか?

第2回リアルトレードコンテストが開催された 鉄板マスタートレンドを販売しているMR.コージ氏が、米国カレンシー選抜トレーダーであるという話を聞いて、ちょっと思い出したことがあります…

コピートレードのトラブルと和解事例
【逮捕】江角マキコを心酔させたクエストキャピタルマネージメント詐欺事件首謀者

クエストキャピタルマネージメント詐欺事件首謀者と江角マキコがズブズブの不倫関係に? 2016年秋にメディアを賑わしたクエストキャピタルマネージメント詐欺事件が新たな展開を見せていま…

【川合美智子】4月後半から5月前半にかけての注目通貨ペアはズバリ「ユーロ/米ドル」

”ストラテジスト”を上手に活用していますか? FX情報商材の業界ではテクニカルトレーダーが幅を利かせていますね。MT4のインジケーターやプライスアクションなど、チャートのみでトレー…

脱税で起訴されるということについて
脱税で起訴されるということについて

脱税で起訴されるといこと 先日は、クロスリテイリング代表山口氏が法人税法違反により在宅起訴されたニュースを取り上げました。このニュースで疑問を感じた方も多いと思いますが、そもそも脱…

FXB-Manual 【検証とレビュー】
為替予約取引の経験を活かして6ヶ月で5000万円を稼いだ方法

為替予約取引の経験をFX取引に活かす 為替予約取引をご存知でしょうか?為替予約取引とは、企業等が為替リスクを軽減するために、予め条件を決めて為替の売買を行なうことをいいます。為替先…

資本家に搾取される無知の民衆
FX成績の偽装・改ざんテクニックをご紹介します

FX講師や販売者の経歴や実績は本当なのか? 先日、扶桑社の架空トレーダー疑惑について記事をアップしましたところ、かなりの反響を頂きました。高額FXセミナーを開催している様々な講師の…

投資DVD業者に”業務停止命令”
投資DVD業者に”業務停止命令”

【要注意!】大学生に広がる投資DVD問題とは? ようやく業務停止命令が… 大学生をターゲットに投資DVDを販売していた業者に、とうとう業務停止命令措置が取られました。 出典:東京都…

【2017年版】日本長者番付発表!第一位はやっぱりあの人!

2017年、日本一の金持ちは誰だ?! アメリカの経済誌「フォーブス」が毎年発表している世界長者番付。その中で日本人のみを抜き出してランキングした日本長者番付がフォーブスのWEBサイ…

投資助言代理業者との紛争(トラブル)
【業務停止命令】みんなのクレジットのお粗末な実態とは?

証券取引等監視委員会が「みんなのクレジット」の行政処分を勧告 2017年3月24日、証券取引等監視委員会が「株式会社みんなクレジット」を行政処分するよう金融庁に勧告を行いました。 …

週刊SPA!と疑惑のトレーダー”三村雄太”

※2013年12月6日裁判の判決が出ました。 ”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました 週刊SPA!の投資記事で裁判勃発 本日は、気になる情報をご紹介します。 F…