リミットインベステージが破綻?

リミットインベステージに対し金融庁が警告

先日の記事で、FXファンドリミットインベステージのトラブルにつて取り上げました。

本日は、その続報です。2013年6月26日、まずは正式に金融庁が警告を発しました。

法令違反行為の内容は以下のとおりです。

ファンドの出資勧誘に関して顧客に対し、事実と著しく相違する内容を表示した勧誘資料等により、虚偽の告知を行い、自己の経費等に費消するなどし、ファンドの出資金を毀損させた。

無登録業者にファンド持分の取得勧誘を行わせていた。

金商法(金融商品取引法)違反ですね。どちらの法令違反も驚くような内容です。今後リミットインベステージに対して、なんらかの行政処分があるのかもしれませんね。刑事罰の対象になる可能性が高いのではないでしょうか。

事件になれば、破綻の実態が見えてきますね。

どんな勧誘内容だったのか?

リミットインベステージの勧誘内容が、徐々にですがわかってきました。

  • 一口50万〜1000万円
  • 毎月2.5%配当(25万円)
  • 配当は毎月、現金書留にておこなわれる
  • 基本はスキャルピングトレード(大きく毀損することはない)
  • 元本が80%まで減少した場合は、顧客に通知
  • その際、運用を継続するかストップするか選択可能
  • 紹介料あり(数%)

これは一例だと思われますので、他にも様々な方法(条件)での勧誘が行われていたようです。いかがですか?表面上は非常に魅力的なFXファンドですね。1000万円預ければ毎月25万円の配当です。年利30%(2.5%☓12ヶ月)ですので、1年で300万円の配当を手にすることが可能です。こんな美味しい話が本当にあるのでしょうか?

「すごい!毎月25万円入ってくる!」
「1年で300万円か!」

こんなふうに思える人は、投資に不向きです。投資リテラシーがある人は、必ず疑います。

「毎月2.5%? 本当かよ? そんなウマイ話があるはずがない!」
「年利30%? あり得ないね! 間違いなく詐欺だろうね!」
「毎月2.5%配当を維持できるわけがない! いつか破綻するよ!」

”リターン”と”リスク”はバランスしている

当たり前ですが、リターンとリスクはバランスしています。それなりのリターンがあるということは、相応のリスクが存在します。高配当は、常に高リスクを伴います。

年利30%の高配当を謳う投資商材に対するリスクは何でしょうか?1つは、投資詐欺の可能性ですね(可能性としての話です)。(そもそもの投資話が詐欺である、というリスク)

そしてもう1つは、投資運用の失敗による元本割れ(元本消失)です。今回のリミットインベステージ破綻は、このケースですね。

高配当を実現するために無理なトレードに陥りがちです。トレードミスによる巨額の損失が発生した場合、高配当を維持するために出資金を配当に回す、という自転車操業に陥る可能性が高いのです(いわゆるタコ足配当)。

ハイリターン・ミドルリスク、ハイリターン・ローリスクなど、経済社会(資本主義社会)においては、あり得ません。常に、ハイリスク・ハイリターンであり、ローリスク・ローリターンなのです。

FXファンドのマルチ勧誘に注意しましょう

前回の記事にも書きましたが、この手のファンドの多くは、友人・知人からの勧誘が行われることがあります。知人といっても、リアルな知り合いだけでなく、ネット上のコミュニティなども利用されます。

たとえば、今回のリミットインベステージでは、mixiのコミュニティが利用されていたというウワサがあります。投資系のコミュを立ち上げ、そこで巧みに勧誘を行うわけです。

そして、勧誘者には一定のマージンが入ることが通常です。出資者を一人勧誘出来れば、出資額に対して利回り0.5%〜2%前後の手数料(紹介料)が入るのです。(一例です)

だからこそ、勧誘者は必死になって多くの人を勧誘するわけですね。それなりに人を集められる人間(投資ブログ運営者など)が選ばれ、勧誘者としてスカウトされます。

すでに数百人規模のコミュニティを持っている人などは、適任ですね。

さらに、紹介者が自分の下に紹介者を設置し、自分の紹介料の一部を提供しているケースもあります。

つまり、

ファンド運営者…紹介料として3%を支払う

紹介者(1段目)…紹介料2%を受け取る

紹介者(2段目)…紹介料1%を受け取る

出資者

上記は分かりやすく”例(モデル)”として記載しました。勧誘の構造はネットワークビジネスに似ています。紹介者は100人くらい集めればウハウハです。紹介料だけで毎月大金が入ってきます。ただし運用が成功していれば、ですけどね。

こんな仕組みがあるからこそ、あっという間に億を超える大金(出資金)が集まるわけです。

美味しい話はまず疑うこと

とにかく、美味しい話が舞い込んできたらまず疑うことです。そして、以下の話を思い出してください。

今後、もしあなたがスゴイ儲け話に遭遇したら、どうすればよいでしょうか?

その話を持ってきた人にこう伝えて下さい。

「スゴイね! 是非やるよ!」
「でも今お金がないから、君が俺にお金を貸してくれない?」
「だって絶対に儲かるんだよね?!儲けの中から返済するよ!」

もしも相手が、持ち合わせ(お金)がないと言ったら・・・

「だったら、いまから消費者金融に行って、君がお金を借りてきてよ」
「そのお金を、俺に貸してよ」

ここまで言えば、大半の詐欺師(話をもってきた本人も被害者かも)は、あきらめます。

そして、話を持ってきた(ダマされていることがわかっていない)被害者も、儲け話のバカバカしさに気付くでしょう。

ちなみに、この話は、古典落語をもじったものです。

儲け話は参加者が増えれば増えるほど利益は減るという当たり前の法則

すごく当たり前の話なのですが、儲け話は、参加者が増えれば増えるほど一人あたりの利益は減ります。

1億円を10人で分けるケースと、1000人で分けるケースを考えてみてください。10人で分ければ一人あたり1000万円です。でも1000人で分ければ10万円です。

もちろん、投資の場合は”規模のメリット”があるので一概には言えませんが、基本的には同じです。

本来は利益は薄まるはずなのに、参加者を大量に募ることで主催者側の利益が増大する仕組みがあるからこそ、こうした行為が行われるわけです。

読者様からの貴重な情報をご紹介します

先日の記事について、読者様から貴重な情報をいただきましたので、シェアしたいと思います。※掲載許可を頂いております。

いつも大変参考にさせていた頂いてます。

それと、毎日早く更新されてないかと楽しみにております。
こちらのブログを拝見させて頂き随分と勉強させて頂きました。
ということで、7/2付けのブログ更新記事でも共感いたしました。

と言うのも、私も昨年9月よりタミキュラなるファンドで1口100万円で月利2.5%と言うものを運用しておりました。
今年の5月(3/10~4/10)の運用分まではきちんと配当がありました。

しかしながら、今日の不安定な相場懸念からこれ以上はリスクが高いと思い、4月末時点で解約、投資金償還申請しておりました。
担当者にも確認したところ、4月下旬の解約申請で4/10までの運用で、4/10よりの運用はしないで6/10に運用資金全額を償還しますということでした。

ところが、6/10になっても返金されず、確認したところ5月運用で大ドローダウンしたとの事です。
当然私の資金は5月の運用分は関係ないと思われたのですが、償還する資金もないとのこと・・・・

こんなことがまかり通るのでしょうか?

メール文中の「タミキュラファンド」とは、リミットインベステージが海外で運用しているTemeculaFXファンドのことです。運用当初(2012年9月)から今年の年初にかけては配当があったようですが、4月以降、雲行きが怪しくなっていますね。

この方は、その時点で解約を申し入れても返金処理が行われず、結果的に5月のドローダウンを理由に償還できない、と通告されています。

推測ですが、今年(2013年)前半(1〜3月)の時点で、海外ファンド運用にトラブル(大きなドローダウン等)があったのではないでしょうか?

その後は、ニュースで報道された通りです。

2013年6月に、配当がストップ

海外ファンド投資の失敗が発覚

証券取引等監視委員会による検査

法令違反が発覚

金融庁による警告(←今ここ)

刑事事件?

リミットインベステージ事件は、今後まだまだ大きくなりそうな予感がします。今後のニュースに注目しておきましょう。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

FX INNOVATION CLUBと”ウォルフ波動”

日本にも「ウォルフ波動」トレーダーがいた! 先日とりあげたFX INNOVATION CLUBですが、この商材で学べる手法は、ウォルフ波動にダイバージェンスを組み合わせたロジックであると推測しました。 このウォルフ波動と…

ポイントFXシグナルシリーズが販売を中止

金融庁の指摘により販売を中止 これまでに多くのシグナル配信系商材を販売してきた株式会社ギガリンクですが、金融庁から有料課金サービスに対する指摘があったとのことです。 先日、金融庁より連絡がありまして売買配信履歴とは言えリ…

インスタントFXシステム 【検証とレビュー】

インスタントFXシステムは高値安値ブレイクアウト法 少し古い商材(2008年12月登録)ですが、なぜか問い合わせが多いので取り上げてみます。 正式名称は、毎朝たった5分でOK!!超シンプルFX投資術インスタントFXシステ…

チャンピオンシグナル 天羽義治 【検証とレビュー】

シグナル配信サービス運営の難しさ 毎年のように、新しいシグナル配信サービスが登場しますが、半年以上まともに成績を維持できたものって、ほとんど記憶にありません。 シグナル配信サービスを提供することは、相当大変だと思います。…

【画像あり】FXで稼いだ1億5000万円を出金したよ

iFOREX(アイフォレックス)で億った人が”億の通帳”を公開 iFOREX(アイフォレックス)で1億5000万円を出金して普通口座に入金した強者が通帳を公開して話題になっています。まずはその通帳をご覧ください。 日付は…

バイナリーオプション自主規制はほぼ決定

【最新情報】 2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。以下の記事をご覧下さい。 バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに! バイナリーオプション自主規制へ もうご存じの方も多いと思いますが、バイナ…

最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方

自主規制の最終報告が出た! ついに最終報告書が発表(2013年4月24日)されました!報告書の正式タイトは以下の通りです。 通貨(通貨指標)を原資産とする個人向け店頭バイナリーオプション取引にかかる自主規制の在り方(最終…

為替予約取引の経験を活かして6ヶ月で5000万円を稼いだ方法

為替予約取引の経験をFX取引に活かす 為替予約取引をご存知でしょうか?為替予約取引とは、企業等が為替リスクを軽減するために、予め条件を決めて為替の売買を行なうことをいいます。為替先物予約とも呼ばれています。 予め決めた期…

ワンナイトキャッシュOneNightCashの販売者、株式会社バベルについて

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-ってなんだ? なんだかよくわからない商材が、ランキング上位に入っています。ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材?がなんと1位です。しかもすごい売り文句…

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か? 前回の記事でポンドの大暴落を取り上げました。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) Flash crash(瞬間暴落)の原因は定か…

【逮捕】江角マキコを心酔させたクエストキャピタルマネージメント詐欺事件首謀者

クエストキャピタルマネージメント詐欺事件首謀者と江角マキコがズブズブの不倫関係に? 2016年秋にメディアを賑わしたクエストキャピタルマネージメント詐欺事件が新たな展開を見せています。 【113億円】クエストキャピタルマ…

ゴールデンアルティメットトレード【検証とレビュー】

ロスカット不要論、再燃 FXにおけるロスカット不要論を唱える商材がまた出てきました。ゴールデンアルティメットトレードです。 ゴールデンアルティメットトレード公式サイト 損切りをしないFXトレーダーといえば、あの池辺雪子さ…