ブックメーカー投資ソフトは聖杯なのか?

ブックメーカー投資は聖杯なのか?

過去の記事で、ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材を取り上げました。ワンナイトキャッシュについては、現時点で詳細不明ですので、同じ販売会社が過去に発売したブックメーカー投資ソフトについて、少しだけ記事で触れました。

その際に、このブックメーカー投資ソフトについてのお問い合わせを読者様より多数いただきました。

「以前から気になっていたが、本当に勝てるのか?」
「理論上、勝率100%というのは本当なのか?」
「ブックメーカー投資ソフトは詐欺なのか?」
「ブックメーカー投資をやってみたいが、リスクはないのか?」

そこで本日は、このブックメーカー投資について、私なりに少し掘り下げてみたいと思います。

ブックメーカーの本質は賭博(ギャンブル)

まず始めに、ブックメーカーの本質について述べたいと思います。ブックーメーカーの本質は賭博です。つまり純粋なギャンブルです。日本で言うところの、TOTO(サッカークジ)です。高校野球賭博や相撲賭博(日本では違法)などがイメージに近いですね。

TOTO(サッカークジ)を投資と捉えている人は、まずいないでしょう。不確定要素が多く、組み合わせも無数にあるため、狙いを定めてTOTOで高額当選を果たすことはまず不可能です。

例えば、テレビのCMでも有名なTOTO-BIG(トト-ビッグ)。

TOTO-BIG

TOTO-BIGの賞金は、最高6億円(1等は3億円、キャリーオーバーで6億円)です。指定されたJリーグ14試合の試合結果を、コンピューターがランダムに選択し、その結果を当てるというクジです。ランダムに選択された14試合の全ての結果を当てれば、1等(3億円)当選となります。

購入金額は、1口たったの300円です。ちなみに、1等(3億円)が当たる確率は、約1/4,800,000(480万)だそうです。この確率は、ジャンボ宝くじ当選確率(約1/10,000,000)よりも高いのです。

しかし、ランダムに選ばれた14試合の結果を狙って当てるのは、至難の業(わざ)です。こうしてみると、日本のTOTO(TOTOーBIG)は、ほとんど宝くじに近い性質を持っていることがわかります。

日本国内でのギャンブル(競馬、宝くじ、スポーツクジ)は、公営しか認められていないため、主催者=胴元という構図が明確です。

主催者以外が賭博行為を行うこと(ノミ行為)は法律で禁じられています。

ブックメーカーとは?

さて、ブックメーカーに話を戻しますが、海外のブックメーカーはノミ屋をイメージしていただくと分かりやすいです。日本では禁止されている”ノミ屋”が、イギリスなどの海外では”ブックメーカー”として国が公認しているわけです。

政府公認(免許制度)のノミ屋(ブックメーカー)が多数存在するため、1つの試合(スポーツギャンブル)に対して、ブックメーカーの数だけ複数のオッズが存在することになります。

ブックメーカー投資(アービトラージ)の理論上の解説

各社のオッズ比率を詳細に比較することで、”理論的”にどちらが勝っても利益が出る(勝率100%)賭けの組み合わせが出現するわけです。

サッカーの試合で、例を出してみましょう。プレミアリーグのマンチェスターユナイテッド(マンU)とチェルシーの試合が予定されているとします。

  • ブックメーカーA社のオッズは、マンU vs チェルシー 2.6倍 1.8倍
  • ブックメーカーB社のオッズは、マンU vs チェルシー 2.3倍 1.9倍

今回は説明のために分かりやすく、勝ちor負けという2つのオッズで説明します(※勝ち・負け・引き分けという3way方式もあります)。数字が2つ並んでいますが、マンUの地元(=ホーム)で試合がある場合に、左の数字は、マンUが勝つオッズ、右の数字がチェルシーが勝つオッズです。

ご覧の通り、A社とB社では、オッズの割合が異なりますね。仮にA社でマンUに賭け、B社ではチェルシーに賭けたらどうなるでしょうか?

賭け金はバランスを考えて設定します。元手が10,000円として…以下のように配分して賭けます。

  • A社でマンUに4,000円
  • B社でチェルシーに6,000円

仮に、マンUが勝ったとしましょう。すると…

A社の払戻・・・4,000円×2.6倍=10,400円
投資総額・・・10,000円
________________________________
差し引き合計・・・400円の利益

では、チェルシーが勝った場合はどうでしょうか?

B社の払い戻し・・・6,000円×1.9倍=11,400円
投資総額・・・10,000円
________________________________
差し引き合計・・・1,400円の利益

ご覧のようにどちらが勝っても利益が発生します。この仕組みがブックメーカー投資(アービトラージ)における、よくある解説です。この解説だけ読めば「すごい!」と思いますよね。こんな説明をされれば、誰でも目を輝かせます。

「すごい! 絶対に損をしない仕組みだ!」
「こんなスゴイ投資があったとは!」

本当に理論上と同じ結果を得られるのか?

果たして、本当に理論上負けない投資が可能なのでしょうか?実は、この夢のような話には意図的に語られていない部分が存在します。

アービトラージの発生率が非常に低い

そもそも、どちらにベット(賭ける)しても勝てるパターン・組み合わせは、想像しているほど頻繁には発生しません。業者の説明では、ブックメーカーが多数存在するので、アービトラージが発生する頻度は高いと説明しています。まるで毎日、毎時間発生していると誤解させるような説明をしているところもありますね。

実際は信頼できるブックメーカーは限られていますし、アービトラージが発生する組み合わせを抽出することも簡単ではありません。

ちなみに、先日の記事に書いた株式会社バベル(ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-の販売会社)が販売している『TripleA-トリプルA』というブックメーカー投資ソフトは、アービトラージが発生する賭けの組み合わせを、自動抽出する仕組みだそうです。

利益はわずか…

仮にアービトラージが発生する組み合わせを発見できたとして、そこから生み出される利益は、思ったほど多くはありません。

これは、各ブックメーカーによって、賭け金の上限が定められているからです。絶対に勝てる組み合わせを見つけても、賭け金の上限があるため、大金を賭けることはできません。そうすると、確実に勝てたとしても少額です。オッズにもよりますが、せいぜい数ドル~数十ドル(数百円~数千円)程度です。

アービトラージ発生待ち時間も含め時給換算すれば、コンビニでバイトした方がよかった!ともなりかねません。そして、最大の問題点とは・・・

最大のリスク「MAXベット規制」とは?

ブックメーカー投資ユーザーにとって最大の課題は、MAXベット規制です。MAXベット規制とは、ユーザーアカウント毎に賭け金を制限される規制です。実質的なアカウント凍結のようなものですね。

一度でもブックメーカー側に目をつけられて規制をかけられれば、元に戻してもらうことはほぼ不可能です。しかも規制に対する申し立ても聞いてもらえません。MAXベット規制の基準も曖昧(あいまい)ですつまり、一方的な措置なのです。

賭け金の上限を厳しく定められれば、大きく賭けることができませんので、効率的なアービトラージ投資ができなくなります。MAXベット規制は、アービトラージ投資家を狙い撃ちしています。また、非常に勝率の高いユーザーも規制の対象になりやすいです。

結局のところ、ブックメーカー側にとって好ましくないユーザーを排除するためにMAXベット規制をかけているのです。ブックメーカーが最も排除したいユーザーとは・・・そうですね、アービトラージユーザーですね。

結論:ブックメーカー投資は儲からない

おわかりのとおり、ブックメーカー投資は思ったほど儲からないのです。「理論上損失が発生しない投資」と言うのは正しいと思います。しかし・・・大きく稼ぐとすぐにMAXベット規制によるアカウント制限がかけられます。連勝してもMAXベット規制の対象になります。

つまり大きく稼げない、そして連勝しすぎてもダメ、これがブックメーカー投資の真実です。

MAXベット規制を回避するために、あえて連勝を避けて適度に負けを演出し、大きく勝たずに投資頻度も押さえる・・・理論上勝てることがわかっていても、これでは大金は稼げません。

待機時間が長い割には、利益が小さいという投資です。普通にコンビニでバイトした方が、よっぽど時間対効果が高いと思いませんか?

ブックメーカーは純粋にギャンブルとして楽しむべき

ですのでブックメーカーは、純粋にスポーツギャンブルとして楽しんだ方が、面白いと思います。ただ、日本から、海外の賭けに参加することはグレーゾーンですので、純粋にTOTO(サッカークジ)をすれば良いと思います。

TOTO(サッカークジ)の1等が3億円です。しかも、キャリーオーバーの6億円は、すでに200人以上も生まれています。こっちのほうが、よっぽど楽しいし、夢がありますね。

ブックメーカー詐欺に注意

先日の記事にも書きましたが、ブックメーカー詐欺が横行してます。この詐欺ですが、頭の良い人ほど引っ掛かるそうです。理論的に100%勝てる、という点がキャッチーなのでしょうね。

先にも書きましたが、MAXベット規制があるため、月利10%~というのは現実的ではありません。もう一度、スピーシー事件(日本最大のブックメーカー詐欺事件)をご覧下さい。

スピーシー事件の集団訴訟の概要は、以下をご覧下さい。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

俺の口座、凍結されたよ!

俺の口座、凍結されたよ! 今日は、口座凍結に関するウワサを検証したいと思います。 表題の「俺の口座、凍結されたよ!」というのは、私の知人が電話口で発した第一声です。 彼は、某ブローカー口座で非常に大きな枚数でスキャルをし…

スキャルピングFXプロ 【検証とレビュー】

半裁量・半システムの”王道スキャル” スキャルピングFXプロの販売開始時期は2007年ですね。今でも売れ続けているので、相当なロングランヒットです。スキャルピングFXプロ開発者の青木陽一さんですが、雑誌「YenSPA! …

バイナリーオプションの自動売買ツール 【検証とレビュー】

GMOクリック証券対応のバイナリーオプション自動売買ツール 読者様からの情報です。GMOクリック証券対応のバイナリーオプション自動売買ツールです。商材名は不明です。 販売ページを見てみる インフォトップやインフォカートで…

爆裂プロフィットファクターFX 【検証とレビュー】

爆裂プロフィットファクターFXの実績は不明 読者様からの検証依頼がありました。爆裂プロフィットファクターFXです。EA(自動売買ツール)ですが、残念ながら実績が不明です。EAはフォワード(実績)が全てだと言って良いでしょ…

FXヤバイいよ、うわああああああああああああ!!!!!

含み損▲650万円超からの復活劇 先日の記事で、Yahoo!ファイナンスの伝説男「hawaii023」を取り上げ、4000万円を超える含み損を抱えていることをお伝えしました。 hawaii023劇場【第二幕】▲4300万…

FX24リアルトレード!24グランプリを知っていますか?

第2回リアルトレードコンテストが開催された 鉄板マスタートレンドを販売しているMR.コージ氏が、米国カレンシー選抜トレーダーであるという話を聞いて、ちょっと思い出したことがあります。(MR.コージ氏と直接関係のある話では…

ロケットブレイクFX 第2期【検証とレビュー】

ロケットブレイクFX第2期の募集がスタート ロケットブレイクFXと呼ばれる投資塾が第2期のメンバーを募集しています。 第1期の募集がおこなわれたのはちょうど1年前(2015年12月)です。その時は大々的なプロモーション(…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】

井手式7daysFXは、全編「動画」教材 非常にオーソドックス(王道)な商材が販売されました。井手式7daysFXです。 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その2 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その3 井…

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法 【検証とレビュー】

6年以上売れている超ロングラン商材 マーフィーの最強スパンモデルFX投資法ですが、かなり前から販売されている商材ですね。登録日が2008年7月14日ですので、今年の7月で5年目に入ります。時々ランキングにも上がってきます…

【スクープ】与沢翼さんの周辺を探偵が調査している…?

与沢翼さんの会社が、税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ 探偵ファイルに目をつけられた与沢翼さん このブログでも取り上げた与沢翼さんですが、周辺で何かが起こりそうな予感です。探偵ファイルという人気サイトに、与沢翼さん…

EA販売に投資助言代理の届け出が必要となる

EA販売にも規制の手が・・・ ご存じのように、EAを含む自動売買システムの販売やレンタルは制限付きで禁止されています。「制限付き」とは、会員制での販売またはレンタルを行う場合は投資助言代理業の登録が必要であるという意味で…

バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリーオプションの5月の取引高の落ち込みが半端ない 一般財団法人金融先物取引行協会が2014年6月13日に発表した、個人向け店頭バイナリーオプション取引月次データが、非常に興味深いです。以下のデータをご覧ください。 …